akkoto さん プロフィール

  •  
akkotoさん: トルコで箏(琴) Turkiye de Koto
ハンドル名akkoto さん
ブログタイトルトルコで箏(琴) Turkiye de Koto
ブログURLhttp://ameblo.jp/torukotoakko/
サイト紹介文トルコで箏(こと)を奏でながら、出会い、感動、カルチャーショック・・・
自由文トルコ(イスタンブール、イズミル、アンカラ)を拠点としながら、箏(こと)の演奏活動をしています。トルコの音楽事情、演奏家との共演エピソード、コンサートの紹介など、箏(こと)弾きが経験した感動やカルチャーショック、発見などをシェアしたいと思ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2014/08/21 16:29

akkoto さんのブログ記事

  • 箏 VS ゴジラ
  • 来週、トルコ国営ラジオ局の生放送に出演するのですが、そこで、箏とゴジラが対決!!があり得るか・・・TRTラジオ3というクラシック音楽番組が主なチャンネルで「音楽外交官」(ちょっと訳がヘンですが)外国人演奏家とその国の大使や文化外交官がゲスト。私の演奏曲の他に、日本人作曲家の選曲を依頼されました。そこで選んだ曲がゴジラヽ(*'0'*)ツご存じのように「ゴジラ」映画音楽は日本のクラシック音楽界を鼓舞された素晴 [続きを読む]
  • オーケストラコンサート舞台裏
  • 来週金曜日には国立ブルサシンフォニーオーケストラとのトルコ日本友好コンサートが開催されます。 海外のオーケストラが日本の伝統楽器との共演してくださること、とても、とても嬉しく感動しながら演奏しています。トルコでは4回目となるオーケストラとの共演。回を増すごとに表現が深まり、指揮者の指示も変化しています。私が指揮者に叱られることも多くなってきました(゚_゚i)それだけ指揮者との信頼関係も深まって [続きを読む]
  • 着付け講習会
  • コンサートの時にいつも着付けをしてくださる友人藤本亮子さんは、アートキルト作家でもあり、彼女の色彩感覚と手先の器用さは感動ものです。。。 藤本亮子アートキルト展より ARPYAMATOLIA(アープヤマトリア)写真撮影時も亮子さんの着付けとセンスにお任せしました。演奏者一同からの感謝! お弟子さんたちの着付けもお世話になっております。メリハリのあるナイスバディあり、被り物あり・・・など [続きを読む]
  • トルコで箏に精進するお弟子さんのために
  • 私のところへレッスンにいらしているお弟子さんたちは、本当に箏が好きで、トルコ人には珍しく(失礼(^_^;)忍耐強くコツコツ学ぶタイプの女性たちです。最近、日本人留学生も加わりレベルアップしています。 私としてはできるときに少しでも伝達したいとレッスンの時間も延長し、回数を増やし(レッスン料は増やさずに;)彼女たちを質のよいコンサートに出演させるべく自己負担で努力したり・・・(そんなことはお弟子さんに [続きを読む]
  • イケメン書家とのコラボレーション
  • 毎年スカイツリーで書き初めパフォーマンスと展示会をされている書家 鈴木猛利氏との初コラボレーションが3月に開催されます。 日本では何かのCMにも登場されていてイケメン書家として名が通っておられるようです。もちろんルックスだけではなく、書家としての活動に熱い視線が注がれています。ミラノ万博やニューヨークでも展示会をされおられますが、私的には、彼の作品のテーマに心惹かれます。 コラボレ [続きを読む]
  • 友好コンサートの舞台裏は壮絶;))
  • ちょっと大げさなタイトルですけど。。。トルコ日本友好コンサートの舞台裏の私は....穏やかに本番を迎えたことはあるかしら??(・Θ・;)ほとんどいつも頭を熱くさせられます(・_・;) ARPYAMATOLIAコンサートの前日のこと。コンサートでは笛とアナトリアの弦楽器担当のFさんが、曲間に曲の解説をトークするのですが、その日本語訳をスクリーンに映したらいいね〜と、Fさんは私に、「短い簡単な文章だから翻訳できるよね?」ど [続きを読む]
  • 居住ビザ更新の簡単&簡潔さに感激!
  • 1年に一度の居住ビザ更新時期が来ました。ところが、今年はあまりに簡単で驚き。。。昨年はシステムが変更した直後のためコンピューターもなかなか稼働せず、翻弄されましたが、今年はあまりにサクサクっといってしまい、驚きました。自分でも移民局ウエブサイト上からできるのですが、私は昨年のトラウマがあり、移民局前にある保険代理店で20トルコリラで代行してもらいました。このネット上の申し込みが完了したら、申込書を [続きを読む]
  • 爆笑&切れそうなラジオ生出演
  • 昨日、トルコ国営ラジオ局(TRTラジオ)の番組に出演しました。2週間前に顔見世公演をしたARPYAMATOLIAアープヤマトリア コンサートの模様とおしゃべりの1時間生放送 パーソナリティはソフトなハスキーボイスの素敵なギュルさん(向かって左) オンエアのランプが点灯し、ギュルさんのソフトな声でオープニングの語りがあり、箏のソロの演奏で始まるサプライズな出だしの予定。ところが、隣室で音楽を流す担当者 [続きを読む]
  • 一人の市長が街を変えた!伝説のエスキシェヒル市!
  • 以前からその素晴らしい偉業は耳にしており、いつか機会があればお会いしたいと憧れていたエスキシェヒル市長さん??チャンス到来!! エスキシェヒル市立シンフォニーオーケストラによるトルコ日本友好コンサート開催。ポスターはちょっと残念な仕上がりですが・・涙・・(ノ_-。) 常任指揮者のエンダール氏はエスキシェヒル市長の文化顧問。ソリストたちと関係者で市長さんを表敬訪問。 Prof.Dr.Yilmaz Buyukersens [続きを読む]
  • お弟子さんをコンサートに出演させる苦労;)
  • 先週のARPYAMATOLIA新春コンサート開始前に、お弟子さんたちが2曲お披露目をしました。雅な着物姿の綺麗どころ(トルコ人3名、日本人1名)はプレスの目を惹き、ARPYAMAYOLIA男性陣より写真撮られたかも? たった2曲ですが、それでも15分ほど舞台で聴かせる演奏をすることは、簡単ではありません。BGMと違うことは、お客様が音楽を聴こうとして期待しておられること。アマチュアであるとか、初めてまだ短期間であることは [続きを読む]
  • 感動的なスタート!ARPYAMATOLIA新春コンサート
  • 2017年1月14日トルコの首都アンカラにある土日基金文化センターは熱気に包まれました!ARPYAMATOLIA アープヤマトリア新春コンサートと同時に旗揚げ公演400席の客席は開場と同時に満席になり、立ち見のお客様も溢れ、通路もびっしりで窮屈な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。。。 トルコ各地に伝わる民謡を洗練されたアレンジで、美しく、優しく、ときに激しく。。。トルコの民謡には、独立戦争での激しい戦いの [続きを読む]
  • 厳重警戒の中でオーケストラコンサート
  • 新年のお祝いムードに包まれた元旦早々イスタンブルでナイトクラブがテロリストに襲撃され、数日後にはイズミルの法務局前で自爆テロが起こるという、悲しさと憤りで幕開けしたトルコの2017年・・・非常事態宣言はさらに3ヶ月間延長となり、人々の気持ちも不安や苛立ちが目立ちます。そのような状況の中、1月6日に国立アンタルヤシンフォニーオーケストラによる「トルコ日本友好コンサート」リハーサルのため、1月2日にはアンタル [続きを読む]
  • 素敵!アルジェリアの日本大使公邸
  • 新年明けましておめでとうございます!2016年はトルコも世界もテロや内紛が多く、不安や心痛む一年でしたが、個人的には12月までのなすべき仕事を終え、旦那さんの健康問題はハラハラしながらも、無事お正月を迎えることができ、感謝と安堵の中におります。ブログを通じての皆さまの温かい応援にとても励まされてきました。2017年が皆さまにとっても、この世界にとっても平安と希望のある1年でありますように! 2017年最初の [続きを読む]
  • 箏姫さんのトルコ料理教室 ”CREA webにて紹介していただきました!”
  • イスタンブルで素敵なトルコ料理教室を開催されているひろみさん日本人に合うライトでヘルシー&お洒落なトルコ料理です! ひろみさんは、箏姫さんでもあります。。。「イスタンブル芙蓉の会」の主要メンバーのお一人でいつも粋なお着物姿で演奏に華を添えています〜 トルコでの大変なことも、ひろみさんを経由するとどこかユーモラスになって、笑わせてくれます〜ひろみさんのご活躍が、CREA web に掲載されました!&n [続きを読む]
  • こだわりのプロジェクト『ARPYAMATOLIA』
  • 来年1月14日にオープニングコンサートを予定している新しいプロジェクトARPYAMATOLIA(アープヤマトリア)こだわりのプロジェクトです しかし、ARPYAMATOLIA という言葉は造語ですのでそれをインパクトある言葉で説明する必要があります。。。 パンフレットに掲載する文章はトルコ人で万葉文学、源氏物語という古典文学研究者Esin Esen(エシン・エセン)女史にお願いしました。仕上がった原稿を期待してい [続きを読む]
  • アルジェリアって・・・トルコだけでも大変なのに・・・
  • 今日はアルジェリア大使館に行ってきましたが、やれやれ・・・窓口の担当者がトルコ人だからか、あるいはアルジェリアもこうなのか・・・ 私が招待されている「アンダルシア国際音楽祭」はアルジェリア政府の文化省が主催なので、昨日届いた招待状を手に、入国ビザを取得するためにアルジェリア大使館に行きました。アルジェリア大使館は我が家から徒歩2分のところ〜しかし・・・ ビザ受付の入り口は狭く、暗く、取調室 [続きを読む]
  • 名手の心に触れた曲〜いつくしみ深き〜
  • 最近、近親者を亡くされた親しい方々から涙のお電話を受けることが続きました・・・箏による慰めの音楽をお贈りできたら・・・と思い、讃美歌「いつくしみ深き」をFecebookでシェアし、その友人をタグつけしながら、「そうだあの人も・・・」と最近、近親者を亡くされたお友達をタグつけしたところ13名ほどに上りました。。。改めて、お一人お一人を思い浮かべながら、残されたご家族に、神様からの慰めと生きる力をお祈りさせてい [続きを読む]
  • ベルガマの魅力その2〜医学薬学の父ガレノス生誕地〜
  • エーゲ地方の小さな街ベルガマ(ペルガモン)から、世界に発信された大きな業績のひとつが「医学薬学」「医学薬学の父」ガレノスの生誕地であり、彼が活躍した病院跡があります。(世界3大病院のひとつ) アスクレピオンと言われる病院跡水滴の音を利用した音楽療法も行われていたとか・・・ ガレノス先生・・・なかなか厳しそうですね:) 詳しくは『日本ガレノス協会』のサイトをご参考くださいv(^-^)v素晴 [続きを読む]
  • 聖書に登場する街ベルガマ(ペルガモン)
  • 観光大国トルコには世界中から観光客が訪れますが、有名観光地は賑やか過ぎて疲れる・・・という方にお勧めの、素敵なスポットもたくさんあります。先日、初めてベルガマを訪問する機会に恵まれました!! ペルガモン(トルコ語Bergama ベルガマ)ユネスコ世界遺産に登録された街 有名観光地にはない隠れ家的観光地の魅力を味わえます。羊毛カーペット屋さん(右の家) トルコ西部でエーゲ海に面したイズミル県は超 [続きを読む]
  • トルコ音楽に悩まされてます;))
  • 今日は、少しトルコ音楽の世界へご案内します〜トルコ音楽は演奏者の即興が聴かせどころで、特にイントロの部分が即興で始まることが多いのですが、演奏曲とまったく違う音楽性の即興もよくあり、その格差には、いまだカルチャーショック・・・ヽ(*'0'*)ツ12月に演奏するトルコ音楽を練習中ですが、この2曲、同じ曲と思えないですよね〜こちらは、ほぼオリジナル。珍しく即興はなく、上品な演奏ですね〜ピアノとカーヌーンの奏者の [続きを読む]
  • 難民キャンプ視察とコンサート
  • 10月下旬にトルコ東南部の熱い街アダナで、コンサートと難民キャンプ視察をしてきました。コンサートを開催した教会がシリア難民を支援しており、日本の教会の牧師さんが寄付金を運んできてくださったのです。その牧師さんは、日本でも震災復興支援の働きをされており愛の心を実践し、はるばるトルコまで来てくださったことに感激。。。私も初めて訪問するシリア難民キャンプ・・・衛生環境は劣悪ですが、そのような中次々赤ちゃん [続きを読む]
  • この日本人は何なんだ!
  • 非常事態宣言が延長され1月までとなり、とにかく周囲は沈滞ムードですが、私は、今日すべきことを精一杯することにしています。とはいえ、このところ、直前決定事項が多くとにかく追いつかない(w_−;ブログ村にもなかなか入村できず、今もブロ友皆さんの記事を横目に見ながら、読みたいけれど、また後日ゆっくり。。。まずは23日と24日のコンサートが無事できますように〜23日はアダナでの教会、24日はニーデの大学です [続きを読む]
  • コミカルなコンサートになりそう;))
  • 始まりはシリアスだったのですが・・・ARPYAMATOLIA コンサート数千年の時を超えて出会うアナトリアと大和の音楽先日写真撮影をしました。ステージではこんな感じになります。。。ところが、写真撮影しているうちに・・・コミカルなことが好きなトルコ人(^▽^;)撮影だけのはずが、盛り上がり即興コンサート;))さらに、「akkoto パーカッション叩いてみて!」「日本女性の強さを表して!」「よ〜し!やっぱり日本の太鼓がいいな [続きを読む]