つじりん さん プロフィール

  •  
つじりんさん: 凸凹三児母さんの子育てと「私」記録
ハンドル名つじりん さん
ブログタイトル凸凹三児母さんの子育てと「私」記録
ブログURLhttp://ameblo.jp/mosamasa-4153/
サイト紹介文三人の広汎性発達障害児のママ。子供のこと、自分のことも。多分、一家揃って自閉・ADHD傾向あり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/08/23 17:17

つじりん さんのブログ記事

  • 次男、やることリストと初めての忘れ物
  • 入学式の直前に、朝のやることリストをつくったことをアップしました。でも本当はね、どちらかというと必要性が高いの次男の場合はこっちなんですよね... っていうことで、作りました。『かえってからやることリスト』..初めての小学校生活、しかも支援の先生なしでの普通級。それだけでもしんどいと思うので、一気にやらせなくていいかな、朝の様子や、帰ってきてからの本人のを見てからにしようと。少し時期をずらしてのスタート [続きを読む]
  • 娘の中学入学式
  • 昨日に続き、今日は娘の入学式のこと。娘の小学校の入学式は、雨でした。しかもかなりの本降り。そして今回もまた...雨でした(泣)..全く、、どんだけ日頃の行いが悪....ハッ(゜ロ゜;.....??????..いえ、それでもなんとか小降りの間に学校に着けて、入学式の立札の前で2枚だけ写真も撮れたからよしです?。..娘は、母のなんとなくの不安をよそに、中学入学をとても楽しみにしていました。新しいリュック、真っ白の運動靴、ダ [続きを読む]
  • 末っ子次男の入学式
  • 今週は月曜が次男の小学校入学式、火曜が娘の中学校入学式と、続いておりました。なのに私ったら、、、まさかの人生初のギックリ腰に日曜になってしまい。そりゃあもう、痛くて辛くて(>_それでも、なんとか、(私は無事でなかったけれど)末っ子、娘ともに、無事入学式を終えました。まずは次男。まだ春休み中の娘も次男の式に出ることにし、まともに歩けない私の代わりにお姉ちゃんに手をつないでもらっての登校。式はね、ほとんど [続きを読む]
  • 次男の入学式の下見へ
  • 少し前に学校とデイの先生とで次男の支援会議を開いて下さったときに、入学式下見 のことをお願いしていて、昨日行って来ました。次男は、決まった流れがあればそれに沿って大体は動けるので入学式 もきっと大丈夫だろうとは思っているのですが。何よりも、幼稚園とは違って、加配の先生がつかない状態での普通級。ウンチの時の不安もまだあり。ちっこくて歩くのも遅い、体力なし、、いろいろと、つまずきそうな場面の経験を一緒に [続きを読む]
  • 次男の入学準備
  • 昨日1日かけて、なんとか次男の入学準備 終わりました??..ランドセル置き場をまず作らねば!.だったのですが。そう言えば、お着替えも園服じゃなくなるし、一応#視覚支援 っぽいのちょっとしといた方がいいんかな、、って。こういうの、春休みのもうちょっと早い段階でして練習しておくべきなんだろうけど。..掃除してたら娘が2年生の時にあまりに普通に生活できなくて作ったものが出てきたのでとりあえず作ってみました。(マス [続きを読む]
  • 世界自閉症啓発デー&発達障害啓発週間 番外編
  • 世界自閉症啓発デー &発達障害啓発週間にちなんで。まだの方は、よければひとつ前の記事も併せて読んでくださいませ(^-^)昨日は真面目に書いたので??、今日は番外編でおまけです。だって、自閉症=暗いとかしんどいとか障害とか、そんなイメージは嫌いなんです。与えられた人生、与えられた能力、特性、環境、そんなものは変えられない部分も多いかもしれないけれど。与えられたものを、めいっぱい楽しまなきゃ??ってことで。 [続きを読む]
  • 世界自閉症啓発デーに自分なりの祈りを込めて
  • うちの子達は3人みんな自閉症スペクトラムです。ちなみにダンナも。そして私も多分、ADHD寄りではあるけど自閉症スペクトラムではあるでしょうね。だけどみんな、話すこともできるし、とても分かりにくいくらい、その特性は目立たない。見方によっては、軽度と言われるものなのかもしれない。(何をもって軽度とするか、には疑問がありますが)まだ、どういうものなのか、私自身良くわかってもいないのかもしれないし、私なんかが語 [続きを読む]
  • 娘の中学進学のための支援会議
  • 娘の中学進学のための支援会議、昨日無事に終わりました。・・・えっ?無事に!?...って自分でつっこんどこか。はい、満身創痍でした(笑)。精神的にね。書き留めたいのに頭の整理ができないまま昨日は寝てしまいましたが、また今日もバタバタで記憶が書き換えられて薄れていきそうなのでなんとか今のうちに、、。..緊張したのなんの。メンバーは、小学校で3年間担任していただいた先生、両学校の特支コーディネーターの先生と擁 [続きを読む]
  • 大好きな先生へのプレゼント
  • 今日でまたひとつ、療育終了になりました。(3月に入ってから、娘の方で既に二つ終了になってます。)次男が幼稚園に入園する前の1年間、週2で通ったデイサービス。デイの方は未就園児対象なのですが、入園してからも、月に3回ペースでお遊び会的な時間を作ってくれ。同じように幼稚園に通いながら、幼稚園が終わったあとに先生たちと少人数グループでゆったり遊んでもらう時間。次男には、この時間がとても大事だったのですよ。 [続きを読む]
  • 娘のハンパない器用さ
  • . 3/24 豆粒折紙 : ふと、娘の小銭入れから出てきた。 「凄いなー」って言ったら、 「(お友達の)○○ちゃんもこの大きさ折れるよ。」っていう娘。 ちなみに、お友達の○○ちゃんは、ピアノの天才で。 少し前のピアノコンクールで入賞して全国大会にいくんだとかなんとか言ってたっけ... . 娘は聴覚過敏があり多分絶対音感らしきものも持っているけれど、練習時の癇癪ひどすぎてピアノは3年生の始めにやめました。 でも [続きを読む]
  • 卒園、卒業式、そして・・
  • 次男の卒園式、娘の卒業式を無事に終えることができました。インスタでアップしたものですが。最後に少し加筆しますね。...................3/16 卒園式 :とりあえず、次男の卒園式が無事に終わりました。明日は娘の卒業式で、もちろんまだバタバタで。それも終わっても、サポートブックに中学校との面談、園の存続に関して御協力下さったところへの挨拶回り...まだまだやり残してることはたくさんあって。だからホッとして [続きを読む]
  • 自己肯定感って?
  • 幼稚園の帰り道、いつもの坂道を歩きながら、ふと次男が言った。 「ボク、あんまり自分のこと好きじゃない。」ショックでした。正直。発達ちゃんを育てている親たちにとって、結局最終的にいきつくところって、ここだと思う。子育て に、子供の未来に、いろんな夢を描いてスタートした道のどこかで、他の子との違いや育てにくさを感じまず思う。 「なんで?」「なんで出来ないの?」「私の子育てがダメなの?」 発達障がいがあると [続きを読む]
  • 長男の1年半ぶりの診察メモ
  • 金曜日は長男の診察でした。1年半ぶりというのは、ただでさえ超混み混みの市の発達支援センター、一回の診察から次の診察までの間がなんともまあ、開きすぎて.なのに前回はその貴重な一回を、ギリギリまで覚えてたのにその日になってすっかり度忘れしてすっぽかすという失態をはたらいた私....まあ、長男の主治医の先生とは娘の診察でも年に数回だけある発達女子限定療育でも、そしてペアトレでもお会いできてるのでまだ不安感も [続きを読む]
  • 次男お友達との関わりの成長記録
  • 卒園間近ですが、ここへきて次男がようやくお友達と関わりたいモードになっているので、母もちと頑張ってみてます。水曜は4人の園のお友達がきてくれました。今回は午前保育の日に、それぞれおにぎり持参してもらって途中までママたちなしのお子ちゃまのみの長時間お預りだったので、少しじっくり観察しつつ...(笑)。 次男含めて男子二人、女子三人うちなんと双子ちゃんひと組で。賑やかだけどかわいいのなんのって..このメンバー [続きを読む]
  • オススメブロガーさん&性についての本
  • .インスタのフォロワーさんのpostで、性についてのことが少し書かれていて。どうされていますか?って。で、思い出したのでとりあえず自分のメモがわりにも?..私が2年以上前から読み続けてきたブロガーさんのおすすめです。自閉症スペクトラムの男の子のママさんでもあり、支援センターで数多くの発達ちゃんをみてこられた療育のプロでもある『浜田悦子さん』。今は、おうち療育アドバイザーとして、そしてこどもの心のコーチン [続きを読む]
  • 人の繋がる原点を、子供達はきっと知っている(長男将棋大会より)
  • 『未来のライバル』:長男の将棋の大会。次男を連れて行くのは大変なので、いつもはこういう時はダンナにお任せまたはダンナがいないときは送迎だけして長男一人で参加させるのですが。昨日はダンナが休みで、さらにダンナが他に子供達との予定を入れていたので、珍しく私×長男で参加。去年のこの大会以来です、長男が家と実家以外で将棋をさすのをみるのは。そりゃあもう、、..カッコいいんですよ、長男。いつもはあんなにだらん [続きを読む]
  • 『発達障害(児)』という存在について改めて考える
  • 一昨日インスタでpostしたものですが、それに頂いたコメントでまた少し考えさせてもらったというか。まずは私の書いたもの。.......................................2/5 読書記録という名の現実逃避 : .昨日一昨日で読んだ本。発達本ではないんですが、宣伝の内容を見て、脳科学的分野からの視点が入ってて面白そうだったので買ってしまった。一般的子育て本なんだけどさ、、、なんだこの繋がってきた感??..娘が小さいときも、 [続きを読む]
  • 春を感じた日の言葉
  • .昨日は立春でしたね。温かかったので、春っぽい写真をと、家の庭の梅の蕾を撮りました。がバタバタで昨日はアップし損ねました(^^;土曜の午後は娘のスイミングと次男のピアノで慌ただしい、というのを先週書きましたが。実はそれにプラスして、月一回だけですが、娘と長男は学習支援というやつに2年間通わせてきました。親の会繋がりでご縁があり。大阪府で特別支援級の先生を長い間されていて、臨床心理士でもある先生。その先 [続きを読む]
  • 当たり前だけど大事なこと
  • お見苦しいものをいきなりすみません。一昨日まで履いてた長男の靴です。ブログの方では去年の4月にもアップしましたね、長男のボロボロの靴。長男は、赤ちゃんのときから不器用で、動きのこちなさを感じてきた子でした。自閉症スペクトラムであると同時に、発達性協調運動障害でもあります。でも、外でお友達と遊ぶのが大好きで。 (ちょっと距離感近すぎるよ...っていう部分もあるけれど)三人きょうだいの真ん中で、性格は穏やか [続きを読む]
  • 発達ちゃんと習い事
  • 発達ちゃんの習い事、、多分、苦戦したり悩んでる方も多いのじゃないかと。うちの娘もそうでした。見通しがつかないので、ちょっときっかけがあるとなんでもすぐに「やりたい」って思っちゃう人なんです。でも、人見知り激しい、対人スキル弱い、疲れやすい、 学校と宿題でいっぱいいっぱいだったりして家での練習が必要なものは不向き、、。 今でこそ親の私がそういうこと、分かるようになりましたが、発達障がいに気付くまでは分 [続きを読む]
  • 長男のたまに見せる天才ぶり 〜by親バカ部員
  • 不覚にも、また長男のことを、『コイツ、天才か!?』と思ってしまった。ごくごくたま〜にだけ、あるんですよ、これ(笑)。視覚優位、映像思考、ことばは拙くお喋りもゆっくり、覚え間違いも多い。未だにちっちゃい『っ』の位置が分かってない。音の記憶が弱い。勉強は算数「だけ」好き(ただし算数でも書くのは嫌い)。不器用、発達性協調運動障害で動きがぎこちない、幼稚園でスキップが出来るようになったのは多分クラスで一番最後 [続きを読む]
  • 育て、共感力!
  • 自閉症スペクトラムの子(人)は、脳の、共感の感情を司る部分(=ミラーニューロン)のはたらきが弱いというのが最近は分かっているらいしですね。うちの次男も、共感力の弱さはもっと小さなときから目立っていました。昨日の夕方の写真です。娘と長男が通っている、月一回だけのお遊び的な英語教室。ママ友つながりの知り合いの、元高校の英語の先生がご厚意でしてくれていて。もう、何年かな、、5年以上だと思う。娘の発達のことも [続きを読む]
  • 幸せを感じた雪の日のきょうだい
  • 土曜にはこの調子で一晩降ったらどうなることかと少し心配した雪でしたが、昨日の朝起きたら思ったほどには積もってませんでした。ほんのり濃いめの薄化粧というくらいかな。それでも子供たちは大はしゃぎで。 「雪ちょっと積もってるよ〜」の声に真っ先に反応して着替えて飛び出したのは長男=お外大好き感覚鈍麻男子(多分寒いとか冷たいの感覚も相当鈍い)続いて娘も起きて珍しく早々と着替えを済ませて飛び出す。いろいろと、本当 [続きを読む]
  • 今年初の満月パワーを・・・
  • . 1/12 今宵の月 : 療育帰り。 今日は午前中みっちり園のことで出掛け、午後は二人分の療育送迎と、フルに頑張りました . . 車から見えた月があまりに丸くて大きくて綺麗だったので、頑張ったご褒美に家に着いてからの束の間お写真タイム . . 前に月撮影チャレンジしたときは全く撮れなかったけれど。 今日は少しマシなのが撮れたので . . これをマシというかどうかは分からないけれど、初心者で250ミリのキットレンズな [続きを読む]
  • 成長を信じること
  • 昨日は始業式で園のお迎えまであっという間ぎてお買い物に行けなかったので、次男の療育帰りにお買い物に付き合ってもらうことにしました。次男は今でこそ随分落ち着きはしたけれど、もっと小さい頃はなかなかに多動な感じで。歩けるようになってすぐくらいから、出掛ける度に建物内走り回るわ迷子になるわ、迷子になって親からはぐれても泣かなくて平気で、だからなかなか見つからなくて。お出掛けが本当に大変な子でした。私にと [続きを読む]