* 蓮華 * さん プロフィール

  •  
* 蓮華 *さん: 明日は晴れるといいな。
ハンドル名* 蓮華 * さん
ブログタイトル明日は晴れるといいな。
ブログURLhttp://ameblo.jp/kagayakinohibi-1/
サイト紹介文日々感じた事やライフスタイル、思想、希望の詩を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/08/30 13:30

* 蓮華 * さんのブログ記事

  • 6月度 「大百蓮華」 〜巻頭言〜    地涌の柱は揺るぎなし
  • 6月度 「大百蓮華」 〜巻頭言〜    地涌の柱は揺るぎなし     池田大作 偉大な未来の大建設のために、偉大な哲学の柱を抱き、偉大な社会の柱となって、二陣、三陣と躍り出ていくのが、創価の地涌の人材群である。「日本国の柱」いな、「一閻浮提の柱」として、御本仏・日蓮大聖人は、そびえ立たれた。 御命にも及ぶ竜の口の法難に臨まれても、いささかも微動だにされず、悠然と言い放たれている。「今日蓮は日本第一の [続きを読む]
  • 「顔面フィードバック仮説」ドイツの心理学者ストラック。「名字の言」
  • ペンを「唇」でくわえると口がすぼむ。だが「歯」でくわえると口角が上がり、笑顔になる――。 ドイツの心理学者ストラックは、この二つの条件のもと、いろいろな漫画を見せる 実験を行った。 その結果、被験者は笑顔を“つくった”場合の方が面白く感じると答えた。 これは、顔の筋肉運動が感情を左右する「顔面フィードバック仮説」と呼ばれるもの。 「うれしいから笑顔になる」のは分かるが、その一方、人には「笑顔になるから [続きを読む]
  • 法華経に「色心不二」と説かれる通り、心と体は一体である。
  • 知人の勧めで本紙を購読した婦人。記事の内容もさることながら、配達員のはつらつとした“あいさつ”に感動したという。“何と温かく響くのだろう”。婦人は 配達員に会うのが楽しみになり、いつしか 玄関の前で待つように。購読の契約が切れる頃、知人に継続を願い出た。「あの声をまた聞きたくて。“私も明るくなろう”って勇気が湧くから」。婦人は 長年の悩みに立ち向かう決意を固め、先日、入会を希望した。 「声を発する [続きを読む]
  • 仏典が伝える釈尊(釈迦)の、なんと人間らしい姿か。「名字の言」
  • 釈尊(釈迦)が初説法の地・鹿野苑へ向かう途中のこと。ウパカという修行者に出会い、対話が始まった。 “仏様(釈迦)”の言葉だからすぐに納得した――わけではなかった。ウパカは「そうかもしれないね」と皮肉交じりに頭を振り、去ってしまったという。 仏教学者の中村元氏は、仏でさえも「伝道に関してやはり失敗があったということは、興味ある事実」と(『中村元選集決定版第11巻』春秋社) 鹿野苑に着いた釈尊は、かつて [続きを読む]