信州のブルドッグ さん プロフィール

  •  
信州のブルドッグさん: 一鉄草魂
ハンドル名信州のブルドッグ さん
ブログタイトル一鉄草魂
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/1tetsusoukon
サイト紹介文主に旬の長野県の鉄道風景写真をご紹介します。信州は四季の綺麗な場所を鉄道が走る風景が沢山あります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/08/31 20:36

信州のブルドッグ さんのブログ記事

  • 高原を越えて山里を行く115系
  • 黒姫を越えて徐々に標高を下げていく北しなの線。妙高高原に近づくと、僅かな土地に人々が暮らす山里があります。長野と新潟の県境は緑が生い茂ってきました…。撮影日 2017.06.11 14:07 黒姫〜妙高高原(以下場所同じ)線路沿いの草を刈ってあげたいと思うような場所…。列車の足回りまで綺麗に見えたら、もっといいのですが。この日は長野色も長野〜妙高高原間をピストンしていました。妙高山や黒姫山は雲に隠れていましたが [続きを読む]
  • 信濃平の田園風景とキハ111形
  • 飯山線は長いこと避難指示が出ていて、戸狩野沢温泉〜森宮野原が運休です。久々に信濃平の田園風景を撮りに出かけました。ISEKIの味わいのある1980年代トラクター耕太とコラボです。撮影日 2017.06.18 11:23 信濃平〜戸狩野沢温泉(以下場所同じ)戸狩野沢温泉行きのせいか、乗客はひとりもいません。いつでも撮れると思っていても、自然災害が発生すると運休。だからこそ、撮れるときに撮っておく…。信州の鉄道風景です。この [続きを読む]
  • 山に分け入る115系
  • 朝早くから午前中の早い時間限定で夏はダメな撮影地…。深い山へ分け入っていく長野色の115系。信州ってホントに山しかないんだな…。と感じます。撮影日 2017.06.11 08:30 豊野〜牟礼(以下場所同じ)手前には山の斜面に作られたりんご畑があります。りんごの木の枝を支える支柱が写り込んでしまいました湘南色115系が山を下りて来ました…。自然相手の鉄道風景写真には人工物を写さないこと…。というセオリーに徹すると、少 [続きを読む]
  • 飯綱山と夕日・・・
  • 線路後方に陽が沈むこの季節の夕景を狙っていました。2100系(元253系)の特急スノーモンキーは車体がよく輝きます。まだ日は高く、やっとオレンジ色になりましたが空は赤くなるのか…。撮影日 2017.06.17 18:18 柳原〜村山(以下場所同じ)どんどん空は焼けてきましたが、赤くはなりません。特急ゆけむりの1000系が夕日の中から出て来るようでした。飯綱山と黒姫山が遠くに見えていました。この日は太陽が沈んでも空は赤くなり [続きを読む]
  • 里山の森をバックに115系
  • 北しなの線の中でも綺麗な里山だと思う場所があります。今の季節は深緑となり杉の木しか分かりませんが…。きっと健康な山で水を貯え、人々の生活を支える役目をしているのでしょう。撮影日 2017.06.11 14:07 黒姫〜妙高高原(以下場所同じ)山岳線ではやはりこの長野色が一番しっくりくる気がします。緑色に白色と青色が映えるからでしょうか…。信州の鉄道では広い範囲で見る色ですが、115系はしなの鉄道だけです、湘南色も信 [続きを読む]
  • 田の水の中の曇り空・・・
  • 田植えが翌日辺りに控えているであろう田んぼが2枚ありました。日中に吹いていた風も収まり、静かな田の水。妙高山も顔を出さずに、どんよりとした空の下をET127系が来ました。撮影日 2017.05.27 16:11 関山〜二本木(以下場所同じ)二本木で交換した上り列車がやって来ます。風景はすべて田の水の中…。今にも雨粒が落ちて来そうな曇り空でした。お待ちかねの「雪月花」が妙高高原から折り返しです。少し田の水が揺らぎました [続きを読む]
  • 妙高山と牧草地と115系
  • 朝は黒姫山と妙高山が綺麗に見えていたものの次第に雲が出てきました。黒姫山が大きく見えるお立ち台には10人ほどの同業の方々…。そこは皆さんに任せて人のいない場所から妙高山を狙います。撮影日 2017.06.11 11:18 黒姫〜妙高高原(以下場所同じ)イイヅナのラッピング車両が、黒姫高原を走り抜けます。牧草が伸びてきてユラユラ揺れていました。海側からの湿った風が山に当たり、雲が湧いています。目線を下に下ろして、長 [続きを読む]
  • 中央東線の車両の傾き
  • 中央東線でのカーブで列車のカントや傾きを楽しみました。特急あすさのE257系が車体をカント分だけ傾けて通過です。速達性の向上より基本的な快適性の向上に主眼が置かれたE257系。撮影日 2017.06.03 16:29 すずらんの里〜青柳(以下場所同じ)通勤列車の211系6連貫通編成が長野を目指します。ステンレス車体が傾いた陽に光るかと思いましたが…。今や211系は湘南色より長野色が当たり前になってきました。そして真打の登場でE3 [続きを読む]
  • 片貝を下る「雪月花」
  • 妙高高原で折り返して来た「雪月花」が下って来ました。下りは定期列車と同じくあっという間に通過して行きます。棚田の畦が美しい片貝地区を赤い列車が映えます。撮影日 2017.05.27 11:57 関山〜二本木(以下場所同じ)この日2回目の雪月花がゆっくりと上って行きます。陽が陰り水面のテカリも無くなり鏡のようになりました。2本目の雪月花も結構な乗車率のようでした。午後3時半になると、田植えで忙しい農家もひと段落…。バ [続きを読む]
  • リバイバル塗装が走る風景
  • イネも大分生長して緑の絨毯のようになってきました。立派な屋敷林が点在するこの地域を擦り抜けるように走ります。黒い瓦と田んぼとリバイバルカラーが揃うと昭和の風景です。撮影日 2017.06.03 11:42 新村〜三溝終点の新島々までは、あと少し…。いよいよ北アルプスの懐へ入って行く感じがします。昔は登山客が大勢乗っていたのでしょうね…。撮影日 2017.06.03 12:08 淵東〜新島々線路を通すために切り開かれたような林… [続きを読む]
  • 山岳路線を行く115系・・・
  • 定点カメラのように山岳路線を行く115系を撮影してみました。空気もヒンヤリと澄んでいましたので、揺らめきもなく条件は揃っていました。まずは、数少なくなってきた長野色がモーター音高らかに通過して行きました。撮影日 2017.06.11 08:29 豊野〜牟礼(以下場所同じ)続いて湘南色が下り勾配を駆け下りて来ました。少しシャッターを切るタイミングがズレました。バランスの悪い1枚となってしまいました…。今度は初代長野色 [続きを読む]
  • 信州の夕暮れと四季島
  • 四季島が来ると自分の中では定番となったお立ち台…。夏至は6月21日ですが、天気の良い日に夕暮れを狙います。前回は露出を稼げずSSが遅く、ブレた写真でしたのでリベンジです。撮影日 2017.06.03 坂北〜聖高原(以下場所同じ)この日は上空の雲が赤く染まりました…。北アルプスも、田んぼも赤く染まった、信州の初夏です。そんな風景の中を優雅に四季島はやって来ました。カメラを振って、1号車から6号車を捉えます。LOUNGEとD [続きを読む]
  • 片貝の田んぼとET127系
  • 美しい片貝地区の田んぼは、すべてが共同作業です…。残雪の大毛無山などが連なる頚城山塊…。妙高連山のカラーリングが特徴的なET127系です。撮影日 2017.05.27 14:13 関山〜二本木(以下場所同じ)昼過ぎから雲が厚くなり、陽射しも弱くなってきました。しかし、雲の切れ間から僅かな陽光が田を光らせます。一番手前の田は1分前に田植えが終わったばかりで水も濁っています。ランドマーク的な妙高山も雲に隠れたまま1日が過ぎ [続きを読む]
  • 飯綱山と黒姫山と115系
  • まだ8時台だというのに、陽は高く夏のような感じでした。左の飯綱山、右の黒姫山もくっきり見えました。「イイヅナのリンゴ」ラッピング車両が飯綱町を通過です。撮影日 2017.06.11 08:06 牟礼〜古間(以下場所同じ)牟礼駅で上り下り列車の交換がありました。湘南色115系が下っていきました。ここでは信越線以来の115系湘南色を撮影です…。この日は初代長野色も北しなの線を走ります。陽が傾き逆光気味で色が飛んでしまいまし [続きを読む]
  • 残雪の北アルプスと上高地線
  • 白馬方面の爺ヶ岳が綺麗に見えていました。岐阜、富山方面から雲が沸き上がり、時折冷たい風が降りてきます。電線が多すぎて、あまり山が目立たたないですね…。撮影日 2017.06.03 10:59 新村〜三溝(以下場所同じ)肉眼ではハッキリ見える北アルプスなんですが…。松電カラーが映える、麦畑と北アルプス。時代は変わっても、昭和の風景が此処にはありました。望遠レンズで、爺ヶ岳と鹿島槍ケ岳を引き付けてみます。垂直に立っ [続きを読む]
  • 信州で輝く「四季島」
  • 本日も四季島は信州と会津への1泊2日コースの最中…。1週間前の信州入りを前回とは違うアングルからです。冷たい風が吹く中、ゴールドの車体を輝かせてやって来ました。撮影日 2017.06.03 すずらんの里〜青柳(以下同じ)ギリギリ陽射しが残る中を、四季島が信濃路を行きます。1号車「VIEW TERRACEきざし」が夕日に輝きます。旅行をするのには日が長く、一番いい季節です…。5号車「LOUNGEこもれび」に人影は見当たりません。6号 [続きを読む]
  • 片貝の棚田の中のET127系
  • お昼前から風が強くなり、上空はどんよりとしてきました。田植えの邪魔にならないように動いていると、いつもと違う場所へ。おぉ、ここも画になるね…。とアングル探し。そして1枚。撮影日 2017.05.27 13:12 関山〜二本木(以下場所同じ)下り勾配をかなりのスピードで駆け下りて来ます。カメラを正確に振って2枚目を撮影。綺麗な棚田の畦を意識して、傾斜のある土地を強調します。さらに欲張ってカメラを振ります…。若草色の [続きを読む]
  • ビューティフルJAPANと片貝の田んぼ
  • ET127系車両の左右でデザインの違うパナソニックが展開中の、「ビューティフルジャパン(Beautiful JAPAN towards 2020)」田植えや草刈りで多くの農家の方の邪魔にならない位置で…。撮影日 2017.05.27 10:21 関山〜二本木(以下場所同じ)この日に目撃したのはこの1往復のみでした。しなの鉄道と違い、色々車両を使った営業活動をしているようです。何か、都会を走る電車のような感じ…。綺麗に植えられたイネと田の水が風でゆ [続きを読む]
  • 上高地線モハ10形リバイバル塗装復活
  • 昭和61年に途絶えた、松本電鉄のモハ10形の塗装色が復活しました。オールドファンには懐かしい色なのですが…。新宿を夜行の急行アルプスで出て、翌朝に上高地目指して松電に乗った方なら…。撮影日 2017.06.03 11:06 新村〜三溝(2枚目同じ)北アルプスに登山をする方なら、懐かしい色の復活です。元京王電鉄、井の頭線とは思えないカラーリングです。本当に昭和のカラーリングですね…。車両は違えど、昭和33年〜62年までの [続きを読む]
  • 関山の田んぼとET127系
  • 朝一で病院に行ってから、えちごトキめき鉄道へ出掛けました。まずは関山の田んぼで足を止めました…。通勤通学時間帯の名残りで4両編成のET127系が来ました。撮影日 2017.05.27 09:49 妙高高原〜関山(以下同じ)カメラを振ると残雪の頚城山塊が見えました。青い空と田植えが終わったばかりの関山の田んぼ。私の後ろでは田植えが行われ、カモが泳ぐ田もありました。JR時代のカラーリングが残る車両もまだ健在。そろそろこの新 [続きを読む]
  • 明知鉄道の食堂車・・・
  • 時刻表には、はっきりと食堂車の表示がされています。基本的に月曜日以外は1日1往復の設定がされています。私が乗車した5/4には3両編成だったのですが…。撮影日 2017.05.06 11:32 山岡〜野志4両編成になる日もあるようですが、急行7010Dが行きます。5/5は予約が少なかったのか食堂車設定はありませんでした。期待した6日も最少の1両。1両は通常の列車が連結されています。撮影日 2017.05.06 11:40 岩村〜花白温泉恵那から車 [続きを読む]
  • 田園風景を行く「雪月花」
  • 分割されてから、あまり出掛けなくなった「えちごトキめき鉄道」。ですが、久し振りに田植えが盛んな片貝地区へ撮影に行きました。田植えが終わった場所を選び、農家に迷惑をかけないように…。撮影日 2017.05.27 11:14 関山〜二本木(以下同じ)植えられたばかりの早苗が揺らめき、真っ赤な車両に大きな窓。まるでスイスを走る鉄道かと見間違えるほどです…。越後の食材を使った「日本一の駅弁」が振舞われていることでしょう [続きを読む]
  • 大きな自然の中の小さなキハ
  • 大糸北線(南小谷〜糸魚川の通称)では自然の大きさを感じます。山も大きく杉の木さえも高く聳え立ちます。キハ120は鉄道車両の中でも小さい車両ですが…。撮影日 2017.05.14 07:20 南小谷〜中土急峻な姫川沿いを遠慮がちに走る大糸線。山は大きく川幅もここでは広い…。列車は小さく、それに乗る人間はもっと小さい…。撮影日 2017.05.14 13:53 北小谷〜平岩急峻な姫川が作り出した地形は荒々しい。暫しの時が流れると木が [続きを読む]
  • 山間地域の集落を行くキハ120
  • 大糸線や姫川沿いに山間地域の集落があります。やっと朝日が差し込んできて新緑が光り始めました。上り始発列車がエンジンを唸らせて駆け上がって来ました。撮影日 2017.05.14 07:19 南小谷〜中土(2枚目同じ)僅かな土地に寄り添うように集落があります。地域の繋がりや絆が強いのでしょうね…。糸魚川大火による「がんばろう糸魚川」のHMを付けています。大渚山の麓に広がる深原の集落を単行列車が行きます。春の雑木林は緑が [続きを読む]
  • 中央東線の特急3本
  • 中央東線は信州でも在来線特急が頻繁に行き交います。引退が危惧されるE351系の「スーパーあずさ」です。12両編成は長すぎて、画面に収まりませんでした…。撮影日 2017.05.20 15:53 すずらんの里〜青柳(以下場所同じ)そして、E257系の「あずさ」が通常の9両編成で行きます。白い車体に武田菱の塗装が信州の風景にも映えます。このあずさも気が付けばデビューから16年が経過しています。そして週末だけ1往復の運転がある特急 [続きを読む]