ひらかぐんない さん プロフィール

  •  
ひらかぐんないさん: 感動する絵手紙を求めて
ハンドル名ひらかぐんない さん
ブログタイトル感動する絵手紙を求めて
ブログURLhttp://etegamino.exblog.jp/
サイト紹介文主に絵手紙の紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/08/31 21:49

ひらかぐんない さんのブログ記事

  • 絵手紙の普及のためにできる事は?
  •  このブログが絵手紙の普及に少しでもお役に立てばと思ってきました。さらに進むために模索してきました。自分の年齢、能力、健康、経済力にあったもものを新たに作りたいと思いました。 1)絵手紙をさらに高めるためのコース2)幅広く普及させるコース3)高齢者向けのコースと3つのコース、道があります。 このブログは1)に当たります。絵手紙をかなり多く書いてきた方が見てくれています。このブログでは、大きく変える [続きを読む]
  • 生まれ変わる絵手紙ブログ
  •  これまで、このブログを見ていただきありがとうございます。ここに紹介してきた絵手紙は約450枚です。これまで長く続けて見てきた方もおられます。ブログは更新していなくても定期的にかなりの数の方が訪問して来られました。感謝します。 これからは新しい形にに変わります。その理由を書かせてください。1)ブログのタイトル「感動する絵手紙」をさらに良いものにしていくためです。  それには、メールマガジン、その他 [続きを読む]
  • 絵手紙に親しむ
  • 絵手紙をもっと楽しむために、その1 当ブログを見て頂いたことに感謝します。あなたは絵手紙についてどのように考えていますか?ネットで検索すればたくさんの絵手紙に出会うことができます。しかし、いい絵手紙や上手な絵手紙に出会うのは稀なことです。本当にいい絵手紙は少ないものです。どの分野でもそうかもしれませんが、本当にいいものは少ないものです。 絵手紙って「ヘタでいい,ヘタがいい」が合言葉ではなかったので [続きを読む]
  • 小さな丸を簡単に書くコツ
  • 小さな丸の書き方は難しい。南天の赤い実、紫式部などの植物を書く時も他の絵を書く時も細かくてたいへんです。そういう時に役立つものがあります。シャープペンの上ぶにある消しゴムのかばー、です。それを、スタンプインクを付けて押すといい。まずは見本を見て。大きさの違うカバーがあれば、それも使う。さらに、それを消しゴムにつよくあてて5ミリぐらいの深さにすると、丸いハンコも作れます。後は、自分で工夫しましょう。 [続きを読む]
  • 紫式部、写真
  • 小さな丸の書き方は難しい。南天の赤い実、紫式部などの植物を書く時も他の絵を書く時も細かくてたいへんです。そういう時に役立つものがあります。シャープペンの上ぶにある消しゴムのかばー、です。それを、スタンプインクを付けて押すといい。まずは見本を見て。大きさの違うカバーがあれば、それも使う。さらに、それを消しゴムにつよくあてて5ミリぐらいの深さにすると、丸いハンコも作れます。後は、自分で工夫しましょう。 [続きを読む]
  • リアルな絵の猫が好き?
  • リアルな絵の猫と漫画タッチの猫どちらが好きですか?風景画とピカソのような抽象画では違いますね。作者の言いたい意味を分かりやすく言葉があるのもいい。意味を想像させて解釈させ感動を与える書き方もある。受け取る人の感性次第です。 [続きを読む]
  • 目を閉じていると
  • 目を閉じていると、目の前の情報に惑わされなくなる。考えること、思い出すことなど心にしっかりと刻み込むことができる。私は自分の行なおうとすること、思っていることが本当に実行していいのか点検することにしている。点検が終わると文字通り安心感が出て眠くなってしまいます。 [続きを読む]
  • 猫、体も心も丸く
  • 人から嫌味を言われたとき、物事がうまくいかないときなど誰でも刺激を受けると反発したり怒る傾向があります。心で相手が何を誤解しているのか、どうしてそう考えるのか背景を推し量るといいそうです。心に不満を受け取る丸い袋があればいいですね。 [続きを読む]
  • 優美さ
  • 若さは優美さを与えてくれる。それを保つには良いものを選んで悪いものを取り入れない自己管理が必要かもしれません。自制、謙遜さ、温和な心、断る勇気なども。がんばりましょう。 [続きを読む]
  • ありがたいこと
  • 若さは優美さを与えてくれる。それを保つには良いものを選んで悪いものを取り入れない自己管理が必要かもしれません。自制、謙遜さ、温和な心、断る勇気なども。がんばりましょう。 [続きを読む]
  • 超簡単、猫の絵手紙その1
  • 絵の形をハガキに描写するのは簡単とは言えません。まして、猫となると目の形や位置がずれてしまうものです。そこで、手抜きの方法があります。ハガキをハサミやカッターで次のように切り抜きます。それを台紙にしてハガキにシャープや鉛筆でなぞります。下の画像の黒い線をなぞります。それから、自在に目や耳や口を書いて彩色。最後にひげをつけます。 [続きを読む]
  • 猫絵手紙その50
  • まだ数は少ないですが、猫の絵手紙ブログをスタートさせました。このブログの「外部リンク」猫の絵手紙ブログ、をタップして見てください。 [続きを読む]