お茶のり さん プロフィール

  •  
お茶のりさん: Puzzle Design
ハンドル名お茶のり さん
ブログタイトルPuzzle Design
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/y13212519
サイト紹介文組み木を中心とした Mechanical Puzzle の考案に関することを楽しく書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/09/01 00:17

お茶のり さんのブログ記事

  • 【Symmetry in Frame 2】
  • 枠内に5ピースをおさめて、線対称な図形をつくります。(ピースは裏返し可です)枠内に5ピースをおさめるだけなら450通りを超えますが、その中で線対称な図形となるのは2通りです。 [続きを読む]
  • 【Symmetry in Frame】の試作
  • 枠内に6ピースをおさめて、線対称な図形をつくります。解は2通りです。(遊び方:その2つを見つけます)6ピースともおさまっていますが、線対称な図形になっていないのでゴールではありません。ピースの裏表両方を使っても解の数は変わらず2通りです。初回の試作では、下の写真のようにしていましたが、ピースがフレームや底面と同色では遊びにくいと思い、最終的に表のみ使用のピースにしました。今回の作品の考案初期は、5 [続きを読む]
  • 【Planar 333】の試作
  • 3×3の範囲内のテトロミノ4種とペントミノ8種の計12ピースで解析しました。今回のフレームで、ユニーク解となるのは2種類(1/64と1/232)あります。その中で分母の大きい方を採択しました。 [続きを読む]
  • 【Lychee】の試作
  • 枠・ピース数ともに Triple 4 と同じで、最初の1つが外れるまでは8手と Triple 4 に比べて1手少ないですが、トータルの手数(8.7.3.2)が1手多いことと動きがとても気に入ったので新し作品にしました。 [続きを読む]
  • しだれ梅
  • 家族4人で、鈴鹿の森庭園へしだれ梅を見に行ってきました。もうすぐ満開くらいの咲きぐあいでしたが、呉服しだれの日本最古と言われる「天の龍」「地の龍」は特に見事でした。 [続きを読む]
  • ブリづくし
  • 実家から貰ってきた「熊野灘の天然ブリ」を刺身、あら炊き、塩焼き、ブリ茶づけにして頂きました。少年の頃は、これくらいの量が刺身の一人前だったような気がします。それを再現してみました。もちろんお酒はついていませんでしたが。美味しかった〜。 [続きを読む]
  • 【9I】の試作進行中(2)
  • 9Iの試作において今までは枠のサイズ変更を記号で管理していましたが、試作枚数がどんどん増えてわかりにくくなってきたので、今日は大きさを表す数字そのものを彫刻し目印にしました。ようやく、今日までに分かっていた作意解以外の解が発生しない枠に辿り着くことができました。ただ、枠サイズの変更により今までになかった解が発生している可能性がありますので、これからコツコツと確認をしていくつもりです。バレンタインま [続きを読む]
  • 【9I】 の試作
  • バレンタインデーが近くなったので、ハートの枠で考えてみました。Iの形をした合同な9つのピースをおさめます。たくさんのIを詰めたくて、いつもよりピース数が多くなってしまいました。試作で気づいたいくつかのことを次のレーザー加工で修正するつもりです。 [続きを読む]
  • 【W-Stage 3】 の右側の枠
  • W-Stage 3 の右側の枠において、別解が発生することがわかりましたので、下記のように変更することにしました。(4角を1単位ずつカット:全体で4単位少なくなりました)先ほどオンラインストアに数点アップしました。よろしかったら、ご覧ください。 [続きを読む]
  • 【W-Stage 3】に別解が‥。
  • 左側も右側もユニーク解になるように考えたつもりだったのですが、右側の枠で「縦横置きと斜め置きとの混在解」が存在することがわかりました。ある会に参加して、この作品を遊んだ方が見つけてくれました。その置き方(縦横置きと斜め置きとの混在解)は、ピースや枠の角を丸めない場合には数値的には無理なようなのですが、現物ではレーザーカットによる僅かな「あそび」でも可能です。この作品の作為解を成立させるためには、「 [続きを読む]
  • 2016年
  • 今年も残り1日です。2016年はいい年でした。来年もいい年でありますように。 [続きを読む]
  • 【Lucida】
  • 5x5x5の単純な枠に2ピースをおさめます。おさめるにはピースの回転が必要です。2ピースのうちの1つは、両端のいずれか片側の1単位が欠けていて、もう1つは、1単位付け加えられたものになりました。重ね合わせるとちょうど1対のピースのようです。 [続きを読む]
  • 【W-Stage 3】の試作
  • 5ピースを左右それぞれの枠におさめます。この5ピースは、9×6の長方形にもおさめることができます。その解を上部中央に彫刻しました。(ユニーク解)さて、それはヒント?ひっかけ?のどちらになるのでしょうか(^^)今回の試作品で遊んでみると、見た目にはわかりにくいところで少し気になることが出てきました。もし、そこが狙い通りにできれば、もう少し楽しくなるような気がしますので、次のレーザー加工で試してみます(^^) [続きを読む]