なりわいプロジェクト さん プロフィール

  •  
なりわいプロジェクトさん: なりわいプロジェクト
ハンドル名なりわいプロジェクト さん
ブログタイトルなりわいプロジェクト
ブログURLhttps://ameblo.jp/tenkakeru/
サイト紹介文若者と足立区事業者を結び、新たな地域発展のかたちに取り組む「なりわいプロジェクト」のブログです。
自由文「仕事とHappy」について考え、学びと理解を掘り下げて、世代、性別、年齢などさま ざまなボーダーを超えて共有することを目指した活動に取り組んでいます。ホームページ「なりわいのかたち」http://nariwaijob.comでは、さまざまな働き方や進路選択、各ステージでの「決断」についてショートストーリーで紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/09/02 22:32

なりわいプロジェクト さんのブログ記事

  • がんばらなくていい、頭が痛くなるほど悩もう!
  • 2017年8月13日、竹ノ塚にある有限会社プリント・アートを訪ねました。「発明」は現場で起きている!(なりわいプロジェクト×人生道場江戸川義塾) 島崎社長の創造空間についてはこちら 島崎社長のお話がとても興味深く、示唆に富んだ同感できる内容でした。 ●想像力想像力は、人と人との関係性構築においても必要だ。なぜいまあの人がこんなことを言っているのか、しているのか、どうしたいまこんな反応をしているのか。いちど [続きを読む]
  • やっぱり発明は現場で起きていた!ープリント・アート職場訪問
  • 2017年8月13日、(有)プリント・アートを会社訪問しました。「発明」は現場で起きている!と題し、なりわいプロジェクト企画、人生道場江戸川義塾(狩野賢塾長)がナビゲーターとなって行った、職場訪問&学習会です。 ●すべて手作りの空間!プリント・アート本社冷たいお茶を出して頂きました。テーブルには、おきなわの海岸で拾ったという貝殻が敷き詰められています。貝殻はコースターにも!もちろん手作りです。 ●偏光 [続きを読む]
  • 帝国の人は左右のバランス人だった
  • 近所のアメリカンバーガーの店にポスターに、たしか冬ごろから、ポスターが貼ってあった。スキンヘッドの欧米人おやじがドヤ顔してこっちを向いている。 ハンバーガー帝国のなぞだか、秘密だか、そんなコピーが書いてある。Mドナルドのパロディか?なんて思っていたら、映画のポスターだったのですね。 ファウンダー を見てきました。 〇兄弟が構築したシステマチックな店舗経営かの有名なあの「国際的」ハンバーガーチェーンは [続きを読む]
  • 彼女が持つ強さと美しさと。
  • 久しぶりにあった親族の一人。10歳弱年下の従姉妹が「来月おめでた♪」だった。びっくり!したと同時に、ハッピーな気分になる。 賢く、美しく、いつも背筋をピンとのばし笑顔を絶やさなかった彼女。 「就職氷河期」に社会に出て、その時代ならではの苦労もしただろう。いまは身内の経営する会社の総務・経理的な業務を担っている。 そんな、社会人としても女性としても、キラキラとまぶしい彼女に、やわらかさと、さらなるゆるぎ [続きを読む]
  • 寄り道したっていいじゃないか。
  • 先日、有限会社プリント・アート島崎勝信社長のお話をお聞きする機会がありました。そんなチャンスを得たのは、異業種フォーラム2017inあだちというイベントのなかで行われたミニセミナーです。 そのなかで島崎社長は偏光アートの美しく不思議な世界を見せてくださいながら、ご自身のなりわいの作り方、他にないユニークな発想をビジネスチャンスに変えるコツ、仕事や生きるうえでの姿勢などについてお話しくださいました。 ミニ [続きを読む]
  • 江戸川若者きずな塾(江戸川区主催)の5周年記念イベント
  • ●塾生手作りの空間、時間先日、江戸川若者きずな塾(江戸川区主催)の、開始5周年記念イベントが行われ遊びに行ってきました。 きずな塾は、若年層の方々を対象にして、コミュニケーション講座です。塾長は、キャリアコンサルタントの狩野賢さん。なりわいプロジェクトでも、連携させて頂いている、というよりたいへんお世話になっている方です。キャリアコンサルタントとしては私にとっては師匠でもあります。イベントは、塾生 [続きを読む]
  • 自己理解、自己開示、折り合いをつける
  • ●関心が関心をひきよせる?発達障がい、という言葉が自分のなかに浮上してくる週末だった。週末放送のバラエティ番組で、発達障がいのピアニストの女性のありようが紹介されていた。スタジオでは発達障がいであることを過日「カミングアウト」した栗原類くんがコメンテーターをつとめていた。こうした障がいを持つ人が感じる、世界との間の違和感や日常的な不具合、それらにどう対応しているのかを知る一端となった。次の日、お [続きを読む]
  • ニュートラル
  • 7月23日(日)狩野賢さん(国家資格キャリアコンサルタント/人生道場江戸川「義」塾」塾長)がナビゲーター役となって下さる論語塾に参加した。 巧言令色鮮仁…今回は、「論語」からの、この言葉について考えることから、学び合いの時間が始まる。巧み、という言葉にあまりよい印象はもたない。パッとみた印象だけだと鮮やか、と仁、という言葉にはどこかポジティブな意味合いもあるような気がする。なにかもやっとしたしっくり [続きを読む]
  • 人は変えられないのですよね、家族でも。
  • 人は変えられない、自分のことは変えられる。とは、よく言うことで日頃それを心がけるようにしている。しかし、こと家族のこととなるとそうした心がけがどこかに飛んでしまう。ところで家族、と聞くと、誰を思い浮かべるだろうか。すこし前の年齢の私たち女性なら、夫や子供のことだったかもしれない。ただ、今、私は華の50代。課題は夫や子供からは少し離れている。カゾクノモンダイというと、華の50代といえども華族の問題 [続きを読む]
  • 見えている世界とキャリアコンサルタント
  • 同じ場所にいてもひとそれぞれに、見えている世界は違う。遠足に行った先でもそうだ。 感想文を比べてみると同じクラスの仲間でも重きを置いていることが全く違う。「お弁当にお箸がなかった」ことを重大トピックにしているものもあれば。珍しい昆虫を見つけて大興奮!について述べているものもあれば。ふだん話したことのない○○ちゃん、○○くんと初めて話したっていう内容のものもあれば。同じ日、同じ空間にいたのにこんなに [続きを読む]
  • 目上の人と先生の言うことは…
  • 家庭教育で、「親、先生、目上の人の言うことは全部正しい。言うことはそのとおりにしなさい」という教育を受けた。 という話は同世代の友人に話したら、軽く驚かれた。今の私からは想像できない、という気持ちの込められたかるい絶句であった。笑 そうした家庭、おもには母親の教育を受けた私は、小中学校時代は、先生の言うことを聞く素直な子で、授業中はひとことも漏らさず集中し、宿題や持参物を忘れることも多くはなかった [続きを読む]
  • 南相馬へのバスツアー20170708(レポート)
  • 南相馬へのバスツアー2017/07/08レポートなりわいPJとDST(デジタルストーリーテリング研究所)の須摩さんコラボによる南相馬ツアーを実施しました。案内人・ドライバーをつとめてくださった須摩さんがレポートを作成してくださいましたのでシェアいたします。-----------------2017年7月8日(土)南相馬ツアーNO34「なりわいプロジェクト」コラボツアー報告書晴天のもと参加者17名を乗せて、東京駅八重洲口から南相馬へ [続きを読む]
  • 南相馬へのバスツアー 保険師・大石万里子さんのお話
  • 「わたし、被災直後から3カ月間、血圧がずっと180だったのです、でね、ずっと怒ってました。なにに対してかって? 次から次へとめまぐるしく変わる状況、そのすべてに対して素早く対処しなくてはならない。次から次へと目の前に現れる、やらねばならないこと…ずっと気持ちが張っていた。血圧がそれだけ高くないとやっていけなかったっていうことなのだろうと思います」 小柄でかわいらしい感じの大石万里子さん。職業は保険 [続きを読む]
  • 南相馬へのバスツアー 高橋美加子さんのお話
  • 「屋内待機1カ月」この言葉を聴いて、どんな状況を思い浮かべますか。 南相馬でクリーニング店を営む高橋美加子さんはお話の冒頭、そのように私たちに問いかけました。 換気扇を目張りする、放射能がとれにくくないようフリースではなくナイロン地などを着る。ATMがあってもお金が引き出せない、コンビニもファストフード店も閉店になる・・・ これまでの日常が一気にさまがわりし日常と思っていたことがみるみる変化し、異常事 [続きを読む]
  • 南相馬へのバスツアー
  • 南相馬へのバスツアー 〜被災地の現状と震災復興への取り組み〜7月8日(土)なりわいプロジェクトとDST研究所の須摩修一さんのコラボによる南相馬バスツアーに行って参りました。今回は20代の学生さんが過半数をしめるフレッシュなツアーになりました。参加した方々の感想の一部をご紹介します。その瑞々しい感性で、南相馬への旅をどうとらえたかが伺い知れる内容だと感じています。・震災復興について当事者の方の話を聞け [続きを読む]
  • 図太さのすすめ
  • ぼんやりと、土曜日、休日版の新聞を眺めていたら「図太い」という言葉が目に飛び込んだ。目に飛び込んだっていうことは、自分になんらかに引っかかりがあるのだろう。自分が図太いことを気にしているか、あるいはもっと図太くなりたいのか。 ということはさておき。 これは、禅僧は図太いのだよ、ということをいいつつ図太くタフであれ、と実はすすめている内容の書籍の広告だった。 ★悩みは深刻に語るのではなくサクっと言う● [続きを読む]
  • でっかい目標
  • ときに、とてつもなくでっかい目標を立ててみませんか。そうすると、それに到達する過程では、小さなことが気にならなくなるものなんです。何も考えずに「平穏をキープ」を優先させていると、 ・電車が混んでてブルー、やる気ないー。・挨拶したら上司が不機嫌、まじ落ち込むわ。・帰宅したらゲームやるか、あ、朝までやっちまった。・ゴミ出しぐらい、何も言わずともやってよ、プンプン! ていう、さまざまな障害や小さな怒りが [続きを読む]
  • わくわく。
  • ある起業家の方のお話を聞きました。その方は、アメリカで長く生活されています。昨今はだいぶ若い方の意識も変わってきたといいます。日本では長らく、とくに古くからある組織においては「我慢」「頑張る」「従う」ことこそ美徳であり実際に仕事や昇給・昇格につながる条件であると信じられてきました。 その方は、アメリカでは、言ってみれば、その全くの逆。そう、「アメリカンドリーム」は誰にとっても身近にあり、意識に自然 [続きを読む]
  • 話を聞いてほしい。
  • キャリアコンサルタントになるための学びに、ロールプレイングでカウンセリング実習を行うというものがあります。当然、クライエントは存在しないので、学んでいるもの同士で「キャリアコンサルタント」と「相談者役」を演じるわけです。 ここで興味深いのが「相談者」役なんです。 ばかばかしい、俳優でないのに。しらじらしい、ほんとはそう思っていないのにわざとらしくならないの? 当初わたしはそう思ってい [続きを読む]
  • 難しいのとめんどくさいのと。
  • 世の中、「難しいこと」は案外ないもので、あるのは「めんどうだな」「いやだな」という気持ち。これが「やるべきこと」「次に進むための試金石」から遠ざけていることがあります。 「聞き出す力」というコミュニケーションの提唱者の辻口さんから頂くメルマガがいつも興味深く私にとっての気付きがたくさんあります。上記のことも、今朝とどいたメルマガを読んでの、わたしなりの理解です。 算数とか物理とか、要する [続きを読む]
  • 自然のはたらき
  • アダムスミスという名前。経済学の父と言われる人だそうです。あまりに自分の日常とかけ離れていて学生時代の専門分野とも違うので、聞いたことがある程度、の名前です。・・・ちなみに断っておきますが、専門分野だからといってどーんと来い!というわけではない、元お気楽学生の私です。 先日受講したビジネス講座で「アダム・スミス」の言葉として聞いたことのなかに「おお♪」と思えることがありました。 私の理解 [続きを読む]
  • 分母の値を上げる
  • 金融会社に勤める友人から話を聞きました。 株取引やFXにおいては 1.長く続ければ続けるほど効果がある。 2.長く続ければ続けるほどデータの分母が増え、 より一層“その後の確率”が上がって行く のだそうです。 これ、仕事についても通じることがありそうてす。 ためしにやってみてうまくいかないからと方向転換を図る。うまくいかないけど、やりたいこと、こだわっていることだから続けてみ [続きを読む]
  • GRIT
  • GRITという言葉を聞きました。ビジネスのシーンや創業というディメンションにおいては最近、はやり、の考え方なのだそうです。 知りませんでした^^;GRITは、略語で、それぞれ以下のことを意味するそうです。 G=Guts(勇気)R=Resilience(しなやかさ、復活力)I=Initiative(率先力)T=Tenacity(粘り強さ) どうやら、このような意味になるもよう。 創業時の精神、また、事業を運営するうえで求められる姿勢や [続きを読む]
  • スキルを身につけよう!
  • なんてベタなタイトルだよ!あたりまえじゃん!とお思いでしょうか。努力中の方、挫折した方、分かっているけどなかなか一歩を踏み出せない方。いろいろいらっしゃると思います。 もちろん、資格を取得するために学習し、試験に合格することは、進路選択の幅を広げキャリアアップに役立ちます。ビジネスマナーやプレゼン能力に磨きをかける、文章力をアップする、CADやDTPのスキルを身につける。いろいろ、「仕事に役立つ」 [続きを読む]
  • 問題を取り出してみる
  • ナラティヴ・セラピーという、セラピーのアプローチの一つの、勉強会に参加させて頂いた。。ナラティヴ、というのは、物語という意味だ。でもこれにセラピーという語が加わると、単純に、その人の物語を聞くセラピーという内容でもない。 一度勉強した範囲での理解でいうと、ナラティヴ・セラピーは、 その人が「問題」と言っていることを、その人に焦点を当てるのではなく、問題のみに焦点を当て、これを題材に、相談 [続きを読む]