初一念 さん プロフィール

  •  
初一念さん: 自然に生きて、免疫力を向上!!!
ハンドル名初一念 さん
ブログタイトル自然に生きて、免疫力を向上!!!
ブログURLhttp://shizenkenko.blog.fc2.com/
サイト紹介文すべての病は免疫力の低下が原因。免疫力を向上させることで病気予防・治癒を目指しましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/09/02 23:11

初一念 さんのブログ記事

  • 乳酸菌 ①
  • 乳酸菌を含むヨーグルトは、主に整腸作用があると言われてきましたが、それだけでなく、感染予防や内臓脂肪の低減にも効果があります。体の免疫力を高めて(ウィルスやガンを食べるNK細胞等の細胞の増殖に役立つ)様々な病気を撲滅します。  腸内環境は、病気や健康に大きくかかわっている事が解ります。そして、乳酸菌やビフィズス菌は血中コレステロールの低下や皮下脂肪の減少、O157やピロリ菌を殺菌する効果もあります。 [続きを読む]
  • 腸と免疫力
  • NK(ナチュラルキラー)細胞が活性すると免疫力が高まり、ウィルス・細菌・ガンが抑制され、病気にならない。NK細胞は、心の持ち方、気持ちの持ち方、不摂生な生活リズム等に多く影響されます。 ストレスがたまると下痢したり、便秘したり、胃腸の調子が悪くなります。 NK細胞との関連性がある証拠です。 笑いとストレスのない生活が大切です。NK細胞 = 免疫力です。腸は体中の 70% 以上の免疫細胞が集まっており、健康 [続きを読む]
  • NK細胞
  • NK(ナチュラルキラー)細胞はリンパ球の一種で、人体に潜入したウィルス、細菌、また発生したガンなどを蚕食するのが仕事です。 がん細胞は毎日 3,000〜5,000 出来ますが、大きな症状とならないのはNK細胞が毎日毎日、がん細胞を食べているからなのです。NK細胞の活性力を調べてみると、活性力の低い人は風邪をひきやすく、治りが遅い。 逆の人はひかないか、ひいても治りが早い。ガンの場合も同じ事が言えます。 かかり [続きを読む]
  • 羊水と赤ちゃん誕生のメカニズム
  • 母体の子宮内で赤ちゃんは育っていきます。子宮内には羊水があります。 羊水は海水に近いと云われています。前にも書きましたように、生命の起源は海からで、自然に海水と近いものになります。羊水も人の体液ですので、約0.9%の塩分濃度です。この様な羊水の最良環境の中で一番若い細胞が、赤ちゃんとして育ちます。いろいろな部位となって、十月十日(とつきとおか)で赤ちゃんが生まれます。この現象を考えてみますと、羊水 [続きを読む]
  • 善玉菌と悪玉菌
  • 血液検査を行うと、善玉菌と悪玉菌の項目があり、読んで字のごとく善玉菌の多い方が、体には良い事が解ります。外気中において、全ての物は腐敗して、最終的に土に還ります。腐敗の中でも人にとって有用なものが醗酵となり、外から体に多く取り入れると健康に役立ちます。善玉菌が多いという事は、醗酵物としての食品を多く食べて体に取り入れていることになります。善玉菌は赤ちゃんの時が一番多く、年と共に減少していきます。年 [続きを読む]
  • 人体の神秘・カニババ(胎便)
  • お母さんと生まれてくる赤ちゃんの関係は、非常に神秘的です。生命を連綿と繋いで行くために、お母さんを一番大切にします。母体の全ての毒を赤ちゃんに押し付けて、赤ちゃんは産まれてくるのです。母体の方は何回でも妊娠して子孫を残すように、出産の都度母体をきれいにします。毒を押し付けられた赤ちゃんは、カニババ(胎便)として毒を排泄します。授乳の前にまず行うことが大切で、栄養を摂るのが先じゃなくて、排泄が先なの [続きを読む]
  • 加工食品や外食産業の危険
  • 世の中全て分業が進み(ある意味便利で物質文明が進んだと云われる)その結果、人体に色々な弊害が表れています。車社会で歩かないので体力が落ちる。女性であれば家事(洗濯機・掃除機・炊飯器果てはロボット等)をしなくなったので、体力消耗、ある”痩せるには”の番組では、家事を進める始末です。パソコンで字は読めるが書けない。携帯、スマホで直接顔を見ながら対話をしないので、勘違いや思い違いが起き、事件に発展する。 [続きを読む]
  • アレルギー、アトピー
  • 昔なかった病気が、最近非常に多くなったのがアレルギー、アトピーです。生体の異常な反応が多くなっています。アレルギーやアトピーは海水浴に行くと、一時的に治ります。これも体の中から治したわけではなく、外からの部分治療ですが、効果はあります。塩分が皮膚から入り表面のアレルギー、アトピー毒を放出します。最悪はステロイド剤で一時的に効果があるようですが、使用していると皮膚が黒く変色し、以前より悪化します。ま [続きを読む]
  • 便秘は病気のデパート
  • 免疫力は腸で70%作られる。 腸の状態は便秘で決まります。便秘になると食物のカスや宿便が腐敗し、毒素となり血液中を回り、全身に蔓延します。 その結果、腸の病気(大腸ガン、腸炎 etc )だけでなく、脳卒中や動脈硬化、糖尿、アトピー、アレルギー、各種ガン等、全身の病気・不調となります。善玉菌が増えると腸内環境が良くなり、免疫力が高まります。腸への善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)効果で、マクロファージ、NKキ [続きを読む]
  • 免疫力を高める
  • 免疫力は何に因って高められるのか。免疫力の70%は腸で作られます。 健康の観点からすると、脳はバカで腸は賢いそうです。藤田紘一郎さんの「脳はバカ 腸は賢い」から少し考えてみたいと思います。私も健康のことについて色々考えていましたが、腸についての知識はありませんでしたし、その重要度が高いのは最近数年で詳しく知りました。例えば、腸の状態が悪くてガンになったのか、ガンになったので腸の状態が悪くなったのか [続きを読む]
  • 医療の真実
  • 我々の体は食べたものでできています。自然に考えて、食べた物が良ければ健康で、悪ければ病気になります。現代の医療は血圧が高いと降圧剤、腹の調子が悪いと胃腸薬、風邪だと熱冷ましや抗生物質、ガンだと抗ガン剤、放射線と称して劇薬を投与、髪が抜けたりしています。手術して治ったといいます。 治ったとは元に戻ったことをいいます。 臓器を切り取って治ったとはいいません。ガンの平均生存率は三大治療を行った結果 2. [続きを読む]
  • ネバネバ食品の話
  • ガンにはネバネバ食品が良いという話をしました。中に含まれる多糖体がガンに効果があります。そこまでの話ではないのですが、醗酵学の先生 東京農大の小泉武夫さんが、体が疲れた時にはネバネバ食品を食べると元気になる と書いています。作り方は、すり鉢に山芋をすり、もずく・納豆・なめたけを混ぜ、味付けをし、彩りにオクラを刻んで入れる。 これをごはんにかけて丼にして食べると良いそうです。他には醗酵したものを食べ [続きを読む]
  • フィトンチッド
  • ロシア語でフィトン(植物)チッド(殺す)と言います。 もともとは動けない植物が、外敵から自分を守るための、森の香りの成分の呼び名だそうです。森の樹木の発する揮発性の物質で、体をリフレッシュしてくれる効果があります。自然健康ブログでは、動物の本来の姿はどうあるべきかを考えます。人も動物ですので、やはり緑の多い森の中に住むのが、人間らしい。まず健康に過ごすには住環境、即ち水と空気が大切ではないでしょう [続きを読む]
  • 牛乳を飲む危険
  • 牛乳は牛の乳であり、人の乳ではありません。自然に考えて、日本人の食べる食品ではありません。まず日本人は、飲みだしてからの歴史が浅く、消化酵素を持ち合わせていません。下痢をする人が多く見受けられます。 牧畜をしている民族は、1,000年以上の歴史の中で体が出来上がっています。また日本の牛乳は、殺菌しているので生乳に含まれる微生物が死んで、酵素もありません。牛乳に含まれているタンパク質が消化せず、血液中に [続きを読む]
  • ガンとは
  • ガンとは一体何者なのか。 発生メカニズムを考えてみましょう。一般的に生活習慣病の一種と云われています。三大治療  手術・放射線・抗ガン剤 いずれも部分治療で、抗ガン剤に至ってはガン細胞も死ぬ代わりに正常な細胞(主に白血球、白血球が死ぬので他の病気を拾う)も、死にます。いずれも免疫力が大幅に低下し、ガンが再発すると、以前にも増して病状が悪化します。 生活習慣病と云われながら、生活習慣を直す指導をした [続きを読む]
  • 断食と少食の効用
  • いつから人は三食になったのか。江戸時代以前は二食だったと、どこかで習いました。この自然・健康ブログでは何事にも自然であれば良いと説いています。食べる習慣からすれば、腹が減った時に食べるのが自然だと思います。人間社会では三食食べるべきという(おなかがすいてないのに)習慣(ある意味恐怖)に追い立てられています。仕事があるので、そうしなければならない事情もあります。いつも三食食べるのではなく、出来る限り [続きを読む]
  • 日本の長寿村・短命村
  • 自然の流れの中での食事が、長寿・健康の秘訣です。”近藤正二著「日本の長寿村・短命村」緑黄野菜・海藻・大豆の食習慣が決める”から抜粋、少し手を加えてお話ししてみたいと思います。 山梨県と東京都の境に上上野村(かみうえのむら)という所があります。そこは長寿の健康村です。年寄りは病院で亡くなるのではなく畳の上で、昨日迄元気で働いており、朝起きると静かに亡くなっております。いわゆる老衰で苦しむことなく大往 [続きを読む]
  • 狂牛病と食事
  • 自然の摂理に反する行動を、人が欲望(儲け)の為に行った事が、狂牛病の原因です。草食動物の牛に肉骨粉(主に羊)を食べさせた結果、当初は、早く育ち、早く出荷できるので儲かると思った。時間の経過と共に毒が蓄積し、牛の脳に異常をきたし、バタバタと死んでいった。イギリスで2000年頃に発生した事件です。 それから世界中に広がりました。また、同時期にイギリスでハンバーガーを朝・昼・晩と食べ続けた男性が、プリオ [続きを読む]
  • 歯と食事
  • 全ての物事は自然であればいい状態、不自然であれば悪い状態、すごく当たり前の事です。歯から考える自然の食とはどういうものなのか、生き物(動植物全て)を出来る限り原始の状態で食べるのが体に良いという事を書いてきました。あまり加工しないで食べる事が自然だという事です。さて、人の歯は親知らずを含めて32本あります。切歯・犬歯・小臼歯・大臼歯の4種類に分ける事が出来ます。切歯は中切歯、側切歯の2種で、上下計 [続きを読む]
  • 日本人の体型の変化
  • ここ40〜50年で食事の洋風化が進み、日本人の体型に変化が生じてきています。 同時に病気も複雑化しています。例えば、体型を考える上で、女優さんの体型を見ていきますと、昔は、胴長でずんぐりむっくり型(草食動物、シマウマとか)でしたが、今は足が長く背も高いカッコいい体型(肉食動物、ヒョウ・ライオンのメスとか)になっています。健康の面から考えますと、昔の人が強く、子供も生まれやすかったのですが、今の人は [続きを読む]
  • 食物と腐敗
  • 腐敗とは、腐敗・細菌・真菌・酵母など微生物によって生物由来の有機物、特にたんぱく質などの窒素を含んだ有機物が、分解されること。 腐るともいう。人間に都合のよい物質が生じる場合は、醗酵という。(ウィキペディアより)人にとって醗酵は良いが、腐敗は悪い。全ての生物は死という形と共に土に還る。 自然現象です。ここで、食物の腐敗(醗酵以外)は人に悪影響を及ぼします。例えば、果物・野菜・穀類・魚・鶏肉・豚肉・ [続きを読む]
  • 生活習慣病 ②
  • 長年の不自然な食生活の集積が体に変調をきたします。年齢とともに長い間の不自然な生活習慣と加齢による免疫力の低下で病気が出てきます。病気になった時、現代の病院(西洋医学)はその病気の部分治療を、行います。 全てが速効性を優先し薬を処方します。その結果、薬=化学物質 が、血液の中に残り、先々問題を起こします。治ったように思うのです。根本原因の、生活習慣を正す、治療、食養教育 は基本的にしません。何故な [続きを読む]
  • 生活習慣病 ①
  • ほとんどの病気(骨折など外的作用によるケガを除く)は、一般的に生活習慣病と云われています。その内の原因の多くを占めるのが食の部分です。何故なら食物で体が作られているからです。今迄に話ししてきましたように、自然な食事をすれば健康だし、不自然な食事をすれば、病気になります。自然な食事とは、料理を含めて、非常に原始的であります。不自然な食事をしていると、体に悪い成分が溜まります。それは血液の汚れとなって [続きを読む]
  • 食物の陰陽原理
  • 病気の原因は冷え性、便秘から始まります。冷え性は陰陽学で云えば、陰の食物を食べ過ぎると発生します。陽の食物を食べればなおります。便秘は腸の善玉菌の不足、悪玉菌の増加で起こります。善玉菌を増加さす為には、特に植物の陽の物を食べると菌のエサになりますので、便秘がなくなります。またミネラルも大変重要なファクターとなります。冷え性と便秘は密接な関係があります。日本人は本来、菜食中心の体になっていますので、 [続きを読む]
  • 全体食と部分食
  • 自然への感謝と、自然に生かされている、と考えれば食事はどのような状態で食べるのが良いのか、自明の事と思います。全体食が自然であり、部分食は不自然です。自然な食事をすれば健康、不自然な食事をすれば不健康となります。全体食と部分食、ミネラルの項目でもお話ししましたように白米より玄米、精製糖より黒糖、精製塩より自然の海塩、精製加工したものより加工しない物の方が、体に良いに決まっています。魚で云えば大きな [続きを読む]