イッセイホンダ さん プロフィール

  •  
イッセイホンダさん: 経営コンサルタント本多一成の社長の仕事
ハンドル名イッセイホンダ さん
ブログタイトル経営コンサルタント本多一成の社長の仕事
ブログURLhttp://isseyhonda.blog.fc2.com/
サイト紹介文社長の仕事にまつわることを、コンサルティング、人との出会い、本との出合いを通じて書いています。
自由文経営コンサルタントです。
中小企業の社長の仕事は曖昧です。
従業員から社長はどんな仕事をしているんですか?という質問はよくでます。
実際に自分の仕事を理解して進めている社長も少数です。
ここがわかれば、起業後10年で生存率3%というようなことはなくなるはずです。
この数字を変えていきたいと挑んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/09/03 13:58

イッセイホンダ さんのブログ記事

  • 自他非分離の場を経験する
  • 自他非分離の場を経験する。ヒューマンバリューの高間さんのポジティブアプローチで組織を活性化するの原則5:自他非分離の場をつくるからです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜自他非分離の場をつくるには、どうしればいいか。小さなことでも構わないので、実際に自他非分離の場を経験することだ。医薬品メーカーのエーザイでは、福祉関係の施設を訪問してボランティア活動を行うことをメンバーに推奨しているそうだ [続きを読む]
  • 創発させる自他非分離の場
  • ポジティブアプローチで組織を変える。いよいよ後半です。※ヒューマンバリューの高間さんより原則5:自他非分離の場をつくる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜専門家が集まってお互いの知識を述べ合っても(ダウンローディングしても)、知識を収集するだけで終わってしまう。ポジティブアプローチの話し合いでは、新しいことが生まれることを目指す。その話合いで生まれた新しい知識や想い・アイデアが誰にも還元でき [続きを読む]
  • マネージャーは暇そうなほうがいい
  • マネージャーは、暇そうな雰囲気をかもしだしているほうがいい。ヒューマンバリューの高間のポジティブアプローチで組織を活性化するの原則4:主体性を発揮する〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜マネージャーによって工夫はいろいろあるが、重要なポイントは、安心して話しかけやすい雰囲気をつくることにある。忙しそうにピリピリしているマネージャーは、一見、仕事ができそうだが、メンバーに対して一方通行のコミュ [続きを読む]
  • 日常で主体性を発揮するには
  • 引き続き、昨日の続きです。原則:4主体性を引き出すヒューマンバリュー高間さんのポジティブアプローチで組織を活性化するの手法をご紹介。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜日常の中で主体性を発揮するには、どうしればいいのか。そのためには、マネージャーは誰もが安心して話の出来る状態をつくり、誰にでも公正に接し、必要以上に教えないことだ。本当にまずいとき以外には口を出さない。ポジティブアプローチのフ [続きを読む]
  • 研修の効果が出ない原因は・・・
  • ヒューマンバリューの高間さんのポジティブアプローチで組織を活性化するの原則4:主体性を引き出すの続きです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜研修効果測定の大家として知られるロバート・プリンカホフは2007年に面白いデータを発表した。それによれば、効果のない研修プログラムの原因を調査したところ、40%は受講者のレディネスの不足、20%が研修内容の悪さ40%が研修内容を職場で実施する際の環境の [続きを読む]
  • 指示をしない、不完全な状態をつくる
  • ポジティブアプローチで組織を活性化するの続きです。※ヒューマンバリュー高間邦男さんの提案より原則4:主体性を引き出す〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ミーティングの会場では、「こうしてください」「ああしないでください」という指示語が飛び交わないようにする。指示をすると参加者が受身になるからだ。例えば「ハサミを取りに来てください」といわずに、ハサミが欲しいと思った参加者が、「ここにあるだろう [続きを読む]
  • 息子の高校卒業
  • 次男がこの3月16日に高校を卒業した。高校野球をやっていたのは、つい半年前なのに随分と遠い昔のように感じる。それなのに、自分が高校を卒業したのは比較的最近のことだったように思う。人間の記憶なんて随分いい加減なものだ。日曜日に野球部の3年生送別会があった。主役の卒業選手、お世話になった監督、先生4名、保護者、全員が何某かの話を披露した。そんな話を聴きながら、息子が如何に恵まれた環境で高校生活を送ったのか [続きを読む]
  • 主体性を引き出す場をつくる
  • 原則4:主体性を引き出すポジティブアプローチで組織を活性化するの続きです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ミーティングの会場設定一つで、すぐに受身のマインドが稼働してしまう。例えば、会場が教室形式なら、参加者は一方的に講義を受けるのだと、マインドセットされる。テキストが配られたら、これを順番に理解して覚えるのだとマインドセットされる。先生とか講師という肩書の人が前に立ったら、教える人と教 [続きを読む]
  • 主体性を引き出す
  • ポジティブアプローチで組織を活性化するヒューマンバリューの高間邦男さんの提案の紹介です。原則4:主体性を引き出す〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ポジティブアプローチの組織変革では、自分たちの力で主体的に問題を解決していく「自己組織化」を起こすことが大切だ。自己組織化は主体的な個人が集まることが原則で、受身の人々が集まっても、自己組織化につながる相互作用はおきない。受身の人々とは、傍観者、 [続きを読む]
  • AIで強みを引き出す
  • 今日は「AI」で強みを引き出すヒューマンバリューの高間邦男さんのポジティブアプローチで組織を活性化するの第3原則:一人ひとりをリスペクトし、強みを引き出すの続きです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜「AI(アプリケーション・インクワイアリ―)」とは、デービット・クーパーライダーやダイアナ・ホイットニーらによって開発された手法で、強みを効果的に引き出せる。AIは哲学であり、組織変革のプロセスであ [続きを読む]
  • 必ず全員が話すようにする
  • 高間邦男さんが紹介する。ポジティブアプローチで組織を活性化する。原則3:一人ひとりをリスペクトし、強みを認める今日は「必ず全員が話すようにする」〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜全員が話をし、それを聞くという場をつくるのが、困難なこともある。話が始まると、すぐに質問したり、反対意見や追加情報を披露する人がいるからだ。これを防ぐのには、話し合いのスタートとしめくくり時には、必ず話をするという [続きを読む]
  • 連日の続きです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ミーティングでも一人ひとりをリスペクトするミーティングの議事録は、全員の発言をもれなく、全てパソコンへ入力する。ポイントだけではなく全ての内容を書き留める。また、全員の意見を共有するために、参加者が記入したポスイットを読み上げながら貼るのも効果的だ。全員が聞けるというメリットもある。全ての人が意見を言い、聞いてもらえる。そして、意思決定に参画する [続きを読む]
  • リスペクトすることの意味
  • ポジティブアプローチで組織を活性化するの原則3:一人ひとりをリスペクトし、強みを認めるヒューマンバリュー代表高間さんの提案の続きです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜メンバーをリスペクトすることは、一人ひとりに関心を寄せることから始まる。「愛の反対は無関心」マザーテレサの言葉です。マネージャーの多くは、メンバーの趣味や家庭環境、健康状態などを忘れないようにメモしている。そして、ときどき声 [続きを読む]
  • 問題解決の責任・・・
  • ポジティブアプローチで組織を活性化する方法、ヒューマンバリューの高間さんの提案をご紹介しています。原則3:一人ひとりをリスペクトし、強みを認める「問題解決の責任は、問題に気づいた人にある」〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜職場で「あれは私のやる仕事ではない」「あの仕事はあの人がやればいいのだ」という意識をもつと、価値のある仕事とない仕事の識別が生まれる。すると、どの仕事をしているかによって [続きを読む]
  • メンバーをお客様として尊重する
  • ポジティブアプローチで組織を活性化する方法、ヒューマンバリューの高間さんの提案をご紹介しています。原則3:一人ひとりをリスペクトし、強みを認める「メンバーをお客様として尊重する」〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ヒューマンバリューでは、メンバーはお客様ですから、話しかける時は丁寧語、オフィスではコーヒーやお茶、お菓子がいつでも自由に取れるようになっている。ヒューマンバリューには、命令がない [続きを読む]
  • メンバーの視座をあげる
  • 「メンバーの視座をあげる」ヒューマンバリュー代表の高間さんのポジティブアプローチのための第2原則察知力を高めるための方法の最後です。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜全員で瞑想をするのは、現実的でないにしてもミーティングでは視座をあげたい。なぜなら視座が高まると、より広く、全体のことが俯瞰できるようになるからだ。組織を取り巻く環境変化を理解すること、新しい見方や考え方を聴くこと、経営の状況 [続きを読む]
  • 瞑想の効果
  • 「瞑想の効果」ヒューマンバリュー代表の高間さんのポジティブアプローチのための第2原則察知力を高めるための方法のあれこれです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜瞑想は、身体の弛緩(リラックス)と精神の集中を同時に行う。その結果、自分の肉体と心の動きを意識しながら、外界とのつながりを認識できるようになり、意識野が広がり、これが話し合いの空気を読み、人々の意識の動きを察知する力を養う。瞑想は内観 [続きを読む]
  • 瞑想をする
  • 察知力を高める方法の中の「瞑想をする」についてです。ポジティブアプローチで組織を変えるというヒューマンバリューの高間さんの提案の続きです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜欧米の著名なファシリテータの多くは瞑想をする。ピーター・センゲは瞑想の中で五つのディシプリンの着想を得たと言っている。オープン・スペース・テクノロジーの著者であるハリソン・オーエンは、「瞑想しない人はオープン・スペース・ [続きを読む]
  • 身体性を高める
  • 今日は察知力を高める方法の中の「身体性を高める」についてです。ポジティブアプローチで組織を変えるというヒューマンバリューの高間さんの提案の続きです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜情報や知識、技術などは後天的に習得可能で、学校教育や企業内研修が高度になったため、こういう知識情報的な分野は、組織も人も卓越してきている。半面、身体性・・・DNA的な対応性や柔軟性、受容力、察知力などは逆に弱くな [続きを読む]
  • トイレ掃除
  • 察知力を高める方法について、昨日からご紹介しています。ヒューマンバリュー代表の高間さんのポジティブアプローチについてご紹介したい。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜トイレ掃除は入る前によりも、出る時はキレイにして出るということを実行していく。用を足した後、便器や床をキレイにすることにまで意識を広げることが、他者に迷惑をかけずに自律的に一つの始末を付けることや、物と自分とのつながりを意識する [続きを読む]
  • 内観
  • ポジティブアプローチのための原則2:メンバーの察知力を高める引き続き、ヒューマンバリュー代表の高間さんのポジティブアプローチについてご紹介したい。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜察知力を高める方法の今日は「内観」です。内観は、生まれてから今日までの反省をすること。母に対して、「自分がしてもらったこと」母に対して「自分が返したこと」母に対して「迷惑をかけたこと」この3つを反省し、終わったら [続きを読む]
  • 察知力を高める
  • ポジティブアプローチのための原則2:メンバーの察知力を高める引き続き、ヒューマンバリュー代表の高間さんのポジティブアプローチについてご紹介したい。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜食器を洗って返すか、そのまま返すか自分のことしか考えられないと、周囲と上手くいかないと言われる。ところが、自分のことしか考えらない人ほど、自分のことしか考えていないことに気づかない。出前の食器を洗って返すか、その [続きを読む]
  • 異質な人が集まるほど・・・
  • ここまで、株式会社ヒューマンバリューの高間さんのポジティブアプローチの第1原則である。「信頼感のある対話の場をつくる」の第1段階〜5段階までを紹介した。引き続き、その他のポイント3です。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ミーティングは異質な人々が集まるほど、高い成果が生まれる。それは同質な目からは見えない価値が異質からは良く見えるからだ。異質な人が集まると混乱が起きると思うかもしれないが、新 [続きを読む]
  • 物理的にもオープンな場を用意する
  • ここまで、株式会社ヒューマンバリューの高間さんのポジティブアプローチの第1原則である。「信頼のある対話の場をつくる」の第1段階〜5段階までを紹介した。引き続き、その他のポイント2です。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜オープンな対話の場をつくるには、物理的にもオープンな場の設定が必要になる。理想をいえば、職場を離れ海や山、緑の自然が見える開放的な空間で話し合いを持ちたい。服装はネクタイやス [続きを読む]
  • コアチームの結成と役割
  • ここまで、株式会社ヒューマンバリューの高間さんのポジティブアプローチの第1原則である。「信頼のある対話の場をつくる」の第1段階〜5段階までを紹介した。今日はその他のポイントです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜組織で大規模な話し合いをおこなう際は、上下や組織の枠を超えた「コアチーム」を結成する。このチームの最大の役割は、この話し合いで実現したい場とはどういうものかを理解し、実現するために [続きを読む]