脳脊髄液減少症と闘う医学生 さん プロフィール

  •  
脳脊髄液減少症と闘う医学生さん: 脳脊髄液減少症闘病記
ハンドル名脳脊髄液減少症と闘う医学生 さん
ブログタイトル脳脊髄液減少症闘病記
ブログURLhttp://ameblo.jp/babyhiroyuki/
サイト紹介文どんな病なのか、何故この病になるに至ったのか、どうするべきだったのか等
自由文過去の日記を元に記録しました。
最近は日々感じたことを発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/09/03 18:01

脳脊髄液減少症と闘う医学生 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 動悸がスゴいです
  • にほんブログ村遅れてしまいましたがあけましておめでとうございます。今年は良い年になりますように。としおとこではありますが!笑試験期間だったので、私にとっての正月は今日から2日間です。最近、動悸がすごいんですよね。バクッバクッバクッバクッ!!!!交感神経刺激症状と言って良いのだろうか?心臓が疲れてしまいそうです。冷や汗もたまに。もしかしてショック?ただ呼吸数は上がっていません。食欲はありますし、人と [続きを読む]
  • もっと真剣になりたい。
  • にほんブログ村久しぶりの更新ですが、大丈夫。周囲の方々に支えられて、ちゃんと生きていました。本当にありがとうございます。夏休みは終わりまして、前期試験がありました。感想としては、やっぱり有意義な勉強がしやすかったです。単なる丸暗記に終始してしまうことを助長するような試験形式とは打って変わり、少しは深く疾患を理解出来るような質の高い知識を得るという試みを、不完全ながら実践しようとする努力は出来たよ [続きを読む]
  • 真価
  • にほんブログ村発症してから2年と2か月、ブラッドパッチから10か月が経とうとしています。相変わらず腰の痛みはありますが、こんなもんだと思うことにして、まずまず普通の日常を送れていることに感謝しています。実は良い感じの整体さんを見つけまして、全身のバランスが整ったことは大きかったです。つい2か月前までは、5年生をそのまま続けるか、休学するか、いっそ大学を辞めてしまおうかということで随分悩んでいましたが、 [続きを読む]
  • なんだかんだで順調に5年生がスタートしました
  • にほんブログ村久しぶりの更新。学校では配慮をいただき、たまに休んでは体の状態とうまく付き合いながら、CBTとOSCEは無事にクリアしていました。そして、前期で落とした科目の再試験も乗り切って、なんとか進級できました。ただ、5年生は体力的にも精神的にも一番つらくてきついとも言われる学年。再試験の期間に勉強のため座っている時間が長く、腰痛が悪化したせいもあり、とある先生には1年間の休学を勧められました。無理 [続きを読む]
  • 後期試験が終わりました
  • にほんブログ村今回の後期試験は12月でした。風邪をひいたり、どこか具合の悪い日が多く、大丈夫かなぁと心配だったのと、それに加えてパソコンが壊れてしまって過去問を印刷できなくなって絶望的な気持ちだったのですが、、、過去問の威力についてはこちら面倒をみて下さった親切な友人達のおかげで、なんとか10科目乗りきりました。印刷だけでなく、精神的にも支えてもらったように思います。やっぱり独りで勉強するよりだいぶ [続きを読む]
  • 映画を見に行きました
  • にほんブログ村体調のほうですが、3時間くらいならほとんど問題なく起き上がっていられるようになりました。多少つらくてもこんなもんだと言い聞かせることにして、リハビリという名目で久しぶりの映画です。彼女は痔の手術のときから長いあいだ、ろくなデートもせずに看病してくれています。本当に感謝しきれません。その彼女がずっと楽しみにしていた映画がついに公開されました。「星の王子さま」という童話の続きが描かれた物 [続きを読む]
  • ブラッドパッチから3ヵ月半
  • にほんブログ村1ヶ月ぶりの更新。ブラッドパッチから今日で3ヵ月半になります。 8月下旬から9月にかけての前期試験はタクシーで学校に通い、なんとか乗りきりましたが14科目中7科目落としてしまいました。1日中ほとんど横になって過ごしていて、 丸暗記型記述試験は苦手なのにも関わらず、まともに勉強など出来なかったので、逆に7科目も受かったと言うべきでしょうか。最近は、授業を横になって受けられる許可をいただいて、簡易 [続きを読む]
  • ブラッドパッチ
  • にほんブログ村入院4日目、いよいよブラッドパッチです。7月30日(木)7:30洗顔・歯磨き・朝食は完食。体温36.8。9:00病棟のヒゲ剃りでヒゲ剃ってからシャワー浴びる。ブラッドパッチのあと3日は絶対安静だ。お守り握って腰を中心にマッサージ。腰部の抵抗?圧?は下げておきたい。ブラッドパッチのあとはなるべく安静にしていなければなりません。ヒゲが伸び過ぎるのは恥ずかしかったので剃ることにしました。けれど持って行った [続きを読む]
  • ブラッドパッチ前日
  • にほんブログ村入院3日目です。ブラッドパッチは7月30日(木)だったので、1日余裕がありました。 7月29日(水)あまり眠れなかったが6:30ころに前日ホテルに泊まった母親が来て話す。母親にはものすごく感謝してます。むしろ迷惑かけすぎっていうか。この病院、家から高速道路使って2時間半かかる場所にあります。前の日は仕事終わって夕方からお見舞いに来てくれて、 先生の説明を一緒に聞きまして、さすがに遅い時間だっ [続きを読む]
  • サイン
  • にほんブログ村入院2日目のことです。7月28日(火)7:30看護師にウエットティッシュを渡されて起床。顔をふく。痛み止め必要かきかれるが寝起きはスッキリしていたので断る。体温36.6。起き上がって歩いてトイレに行ってみる。腰も頭も痛いけどまあ大丈夫。ついでに歯も磨くけどヒゲは剃る気にならない。そのあとはどっと疲れて横になっていたくなる。スマホ床に落としたけど拾うの辛くて30分くらい放置。そのときは大丈夫かなぁ [続きを読む]
  • 腰痛穿刺、再び。
  • にほんブログ村 これまで脳脊髄液漏出症(脳脊髄液減少症・低髄液圧症候群)は疾患として医学的に確立したものではないとされ、治療にかかる費用については、その全額が患者の自己負担でした。 しかし、平成24年6月、厚生労働省により、脳脊髄液漏出症の疾患概念と画像診断基準が取りまとめられるとともに、この疾患に対する治療法である硬膜外自家血注入療法(ブラッドパッチ療法)が先進医療と定められました。先進医療であ [続きを読む]
  • 通院。。。
  • にほんブログ村1年半、踏ん張りました。でも、もう降参でした。 。。あのままでは、自ら死を選ぶのも時間の問題だったかもしれません。お世話になった方々の顔や言葉が思い浮かぶ度に甦る生への執着心が、かろうじて自分を支えてくれていました。生きなければならない。きちんと病院に行って、きちんと検査をして、きちんと治してもらいたいと思うようになりました。もちろん体調の更なる悪化は怖かったですが、もしかしたらきち [続きを読む]
  • やけくそ。
  • にほんブログ村2015年4月1日、新たな学年がスタートしました。文字通り七転八倒しながらも、何とか進級した自分は、4年生の教室でこの日を迎えることが出来ました。そして、いきなりマークシート方式のテストがありました(笑)春休みはというと、ほとんど再試験と部活動であっという間に過ぎてしまいました。せめて、やれと言われていたCBTの4連問くらいはやっておけば良かったのでしょうが、なんにもしていませんでした。。。 [続きを読む]
  • 試験、嫌い。
  • にほんブログ村試験とは、何のために行われるのでしょうか?? 試験をきっかけに学んだことをまとめて見直して知識を定着させる機会? あるいは?知識がどの程度身についているのか客観的に把握して学生を評価するためのもの?それとも?学生がまともに勉強できないように嫌がらせをするため??は最も有意義だと思います。高校なんかでは毎朝・毎時間小テストがあったりして、それを目標に勉強するモチベーションたもてましたか [続きを読む]
  • 講義室の環境
  • にほんブログ村教室の空気が悪いんです。雰囲気とかじゃありません。吸ったり吐いたりしているそのもののことです。呼吸が苦しくて意識が朦朧としてくるんです。講義室という閉じられた空間に押し込められた130名もの学生と講義をする先生によって酸素は失われ、二酸化炭素が増え湿度が上がっているのではないかと考えられます。血中二酸化炭素分圧の上昇に伴い脳血管は拡張し、頭痛がさらに悪化するようにも思います。とか医学生 [続きを読む]
  • 立ち上がるは地獄・横たわるもまた地獄
  • にほんブログ村前期試験が終わり、3年の後期になりました。だいたいこの時期って部活動が引き継がれますよね。自分は1年のとき好奇心に踊らされた結果3つの部活に入っていましたが、ひとつはあまり活動していなかったので辞め、他は運動部・文化部、それぞれお世話になった先輩や可愛い後輩も居て辞められませんでした。運動部の方は半年程、顔も出さずに休んでいましたが、結構ガチな部活なのに同期の人数が自分含めて3人と [続きを読む]
  • 人間失格
  • にほんブログ村無理をするのを辞めました。頑張らないことに。夏休みはほとんどベッドの上で寝たきりになってみました。食事とトイレ・最低限の家事以外、本当にベッドの上でした。勉強?なんだっけ、それ?無気力でした。何もする気になりません。唯一、たまたま手元にあった本を、力にならない声で音読したのを覚えています。人間失格正直、精神的にかなり病んでいたと思います。自ら死を選んだ人間が周囲に悲しみを与えるだろう [続きを読む]
  • 徐々に怠け者に
  • にほんブログ村7月4日(金)午前の法医学実習に遅刻してしまう。これまで実習は全て参加していただけにとてもショックだった。解剖実習が終わりテストの連続から解放されたことで張り詰めていた気がゆるんでしまったためだろうか。朝目覚めていても起き上がるのがとてつもなく辛い。この日から授業も特に午前はだんだん休みがちになってしまう。法医学の先生、怖いんです:(´?ω?`):ガクブルしかもそのときは副担でもあったので [続きを読む]
  • 地獄を封鎖する
  • にほんブログ村さて、症状の固定という選択をした自分。「弱音は絶対に吐かない」そう決めました。医者に出来ることは本当にないのか?治療してもらった方が良いのではとお考えの方もいらっしゃると思います。しかし、脳脊髄液減少症については未だ研究段階であり、ブラッドパッチをしたからと言って完全寛解するということはまれです。時間も費用もかかりますし、侵襲的なものですから、そのとき受ける気には全くなれませんでし [続きを読む]
  • 地獄の余韻
  • にほんブログ村今思うと、きちんと大学に相談するべきでした。けれど、その相談さえ自分にとってはかなりの負担を伴う行為でした。3時間待ち3分診療の脳神経外科で診察・治療を受けたところで今の症状が改善するとは思えませんでした。時間が許す限り寝ていたい。勉強も頑張らないといけない!そういう感じでした。 しかし今考えると、当然大学休むという正当な権利もあったのではないかとも思います。さて、地獄の一週間を何と [続きを読む]
  • 地獄
  • にほんブログ村前回までで手術を終え、一度、退院してますが、いろいろと身体に不調が出てきてましたよね。ここから地獄が始まります。お楽しみください。2014年3月29日(土)起き上がって活動していたが昼食後、頭痛と3回の嘔吐があり、安静にしていたところ回復した。3月30日(日)引越しのため荷物を持って運んだり起き上がった状態で車に30分程乗っていたりしたところ、頭痛と2回の嘔吐があった。全身が怠く、その後も嘔吐 [続きを読む]
  • 地獄への階段
  • にほんブログ村地獄への階段(入院・治療)。。。一歩・一歩、地獄へ向かって参りますよ。以下、日記より2014年3月25日(火)昼食後に入院。座薬、排便後に大腸内視鏡検査を受ける。夕食後、全身に蕁麻疹が出る。点滴で治まる。安定剤服用後、就寝。夕食後に蕁麻疹でちゃってましたね!これが最終警告だったのでしょう。あの時やめておけば…後悔しても仕方ありませんが。3月26日(水)筋肉注射2本の後、腰椎麻酔、手術。術後は安静 [続きを読む]
  • 地獄への入り口
  • にほんブログ村地獄への入り口(手術の承諾)。。。それは、単なる排便時出血を治してもらいたいという傲慢さから始まりました。以下、日記より2014年3月5日(水)5年前より度々自覚していた排便時の出血をどうにかしたいと思い、肛門科を受診。肛門鏡検査により内痔核と裂肛を確認される。内痔核の分類としては?度であったが?度・?度へ進行する前に処置するべきだと言われる。術後の痛みや出血がほとんど無いというメリットの [続きを読む]
  • 脳脊髄液減少症とは
  • にほんブログ村脳脊髄液減少症とは、簡単に言うと、脳と脊髄の周りを囲んでクッションの役割をしている液体が漏れ出し、主に中枢神経系に異常を来す病です。症状としては頚部痛、全身倦怠、起立性頭痛、背部痛、視力障害、視力低下、視野異常、羞明、視覚異常、めまい、吐き気、聴力障害、顎関節症、頭重感、坐骨神経痛、上肢痛、顔面痛、筋肉痛、腰痛、肩甲骨間痛、脳神経症状、聴神経、耳鳴り、聴力低下、聴力過敏、耳閉感、三叉 [続きを読む]
  • 脳脊髄液減少症と闘う医学生
  • にほんブログ村脳脊髄液減少症と闘っています。たまたま医学生です。どんな病なのか、何故この病になるに至ったのか、どうするべきだったのか等、治癒(症状固定状態)にある今、過去の日記を元に発信していきたいと思います。この経験が誰かのためになると思えれば気が楽になりそうです。たびたび毒を吐くかもしれませんのでご注意ください。半分は自己満足ですのでお許し願います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 過去の記事 …