白兎 さん プロフィール

  •  
白兎さん: 小学2年生からのスーパー飛び級で難関校合格
ハンドル名白兎 さん
ブログタイトル小学2年生からのスーパー飛び級で難関校合格
ブログURLhttp://ameblo.jp/ookuninushi51/
サイト紹介文小学2年生からのスーパー飛び級学習で、ガリ勉をせずに難関校合格を目指す塾です。
自由文① 小学2年生からのスーパー飛び級学習
② 数学と英語の早期学習型指導
③ 国語読解を論理的に解く方法を指導
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供428回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2014/09/05 04:46

白兎 さんのブログ記事

  • 順番が違うのとちゃうのん?
  • ちょっとエラソーに書いております。だって、変なことするから・・・。 というのは、地域の公立中学校の英語の授業で、何やら妙なことを始めました。1年生の数学の学年末考査で、何の予告もしないで、いきなり高校入試内容でその試験内容のほとんどを埋め合わせていた学校です。妙なことというのは、リスニングですね。① 生徒が誰も聴いたことも  見たこともない先々の単元を  いきなり聴かせる。② 生徒が分かっ [続きを読む]
  • 耳から離れない
  • い 完全にハマってしまったようです。STINGの魅力に。外国のアーティストって、社会的に訴える文言が結構多くて、聴く人の心にストレートに入ってくるような気がします。一時、日本のアイドルが歌うものにはやたら「恋」だの「愛」だのと、およそ無意味な使い方をされていて、聞くのもアホらしかった頃がありましたが、最近の日本のアーティストも社会的な文言とか、説得力のある文言を歌う人が増えてきたのは、嬉しいで [続きを読む]
  • やっちまったぜ
  • 月曜日の最初に登場するのはおなじみのR君(小3)。ガサガサした感じが一切なくなっているところから察するに新学年のクラスの雰囲気も落ち着いてきたのでしょうね。例によって国語からのスタート。予定通り2単元を終えたとき、「先生、この砂時計、 めっちゃデッカイなあ」。お、ついにR君も関心をもちましたね。真ん中のお兄ちゃんのM君なんて真っ先に大きな砂時計を塾舎に数あるモノから探し出したのに、R君はやっと今に [続きを読む]
  • すぐにやり直し!
  • 自分にナンの考えもなく何気なく人に相談しその通りのことをしたとします。 もし失敗したら、おそらく、その人のせいにしてしまうでしょう。 でも、自分の直感を信じ自分の中にまだ見ぬ答を見つけるために自分が最も信頼する人に相談したとします。 それでも失敗するかもしれない。でも、そのときは人のせいにしません。 自分の直感を信じたのは自分なのだから、原因も自分の中にある。だからすぐにやり [続きを読む]
  • 生徒から「Good Job!」をもらいました
  • 中学2年生に、あるセッションをしました。 英語のリーディングと耳を鍛えるためのリスニングポイントのレッスン。実は何を思ったのか、英語の教科書のリスニングをちょっと乱暴な方法で始めた学校が現れたからです。 手の内は言えませんが、ちょっと乱暴すぎるので、先手を打って、セッションをしました。 今までは、高速記憶教材⇒教科書の単語と本文のリスニング⇒問題集という大まかな流れやったんですが [続きを読む]
  • できる限り遠ざけたい
  • 自宅前のコンビニは「セブン・アイ・ホールディングズ」ですが、密かに変化が起きています。 特に飲み物で・・・。 セブ・イレ全体の動きなのか、はたまた自宅前のコンビニの動きなのかはまだ分かりませんが、最近、背の高いオーナーさんの姿をとんと見なくなりました。 どの辺りを境目かというと、恵方巻きの時期からこっちです。 昨年大量に売れ残ったことは、Facebook にも上がってきていましたし、方 [続きを読む]
  • こうすると風通しが良くなるよ
  • 去年の今頃は、自分自身と向き合うことが怖くて、目標や夢もはっきりせずに、ただ悶々としていました。 怖かったんやないんですね。ゆっくりと自分と向き合う時間を取るのが面倒だっただけです。いっとき、ネガティブな考えはしないでポジティブにいこうよ・・・とかいう文言が方々で躍っていましたけれど、 そのときよく思っていたのが『A列車で行こう』やないねんから・・・。 ワケもなく無理矢理にポジティブに [続きを読む]
  • Youtubeってエエですね
  • Webとかデジタルものにちょっと否定感を拭えない私なんですが、「否定的なところばっかり 見てるからやん」とは友人の言です。 今日STINGのCDが届いたとはいえ、待ちきれなくて『Englishman in New York』の動画をYoutubeで探していたら、 CDでは決してお目にかかれないものがわんさかとあるんですね。 『Englishman in New York』ひとつをとっても、プロモーション用のものから、ライ [続きを読む]
  • えげつない
  • 塾舎の外でなにやら太鼓の音がします。 生徒と一緒に「なんやろ?」と扉を開けて外に出てみると・・・ 「先生、あれ何?」「エイサーやん。」 沖縄の踊りですね、確か。 近所の飲み屋さんの玄関口で、2人組の人が踊ってはります ギャラリーはそこのお店のお客さんと私らみたいな観衆です。 塾舎のある地域は沖縄、鹿児島、熊本、宮崎、高知、愛媛、香川出身の人がたくさん暮らしてはります。&nb [続きを読む]
  • こういう精神やないとね
  • 所詮はデジタル。所詮はWeb。ま、エエやん。 いきなり書くか〜?これを読んだ瞬間に怒る人もいるでしょう。百も承知の上です。 今日はしょっぱなからエラいぶっ飛ばしますが・・・ いえいえ。デジタルやWebを批判したり見くだしたりするつもりはありません。 そうではなくて、考え方なんですね。 今日はそれを考えさせられる1日でした。 というのは、こんなことがあったからです。 ま [続きを読む]
  • 思わず、涙・・・
  • CDの到着を待ちきれなくて、Youtube でSTINGの『Englishman In New York』を検索したら、ありました。カッコイイですね。 さらに、『Shape Of My Hart』を検索するとSTINGが若い頃の動画がヒットしたので聴いてみました。 随分と調性が高いのですね。でもナンか落ち着きません。ナンやろ? しっとりした感じが少ないのかも・・・? さらに検索すると、ナンと・・・!うん。やっぱり [続きを読む]
  • 「怒る」と「叱る」
  • 以前に「我慢」と「辛抱」の違いを私なりの考えで書かせていただいたのですが、 ほかにも、「怒る」と「叱る」とか、「自主性の尊重」と「放任主義(野放し)」とか、 すぐに考えつくものだけでもこの2つがあると思うのですね。 そういえば、最近の親御様から「放任主義」という言葉はとんと聞かなくなりました。 聞かなくなったということは、親御様の頭の中では、「ああ、そういえば、 そんな言葉も [続きを読む]
  • またしても・・・!
  • FM COCOLO にまたしても、やられました・・・! もう〜何回目やねんな〜。 まずは自宅で・・・『Iron Man』(アイアイン・マン) ちょっと面白い和声感(和音進行)に耳を奪われたが最後・・・ rasiko からオン・エア曲をitunes でたどって出て来たのがこのCDです。 New Heritagen Of Real Heavy Metal Ⅱと、なっていたので、ラジオで流れているのがジャズなのにと合点がいかなかったの [続きを読む]
  • 勉強の出来る子が必ず持っているものは?
  • いきなり結論を言いますよ。 流れです。 これで終わりです。(笑) というのは、ipad とか、高速記憶教材とか、問題集とか・・・ いわゆる勉強をするためのツールを選び出して手元に取り寄せて、あることを大きく変えてやろうと思ったのです。 それが、 流れ。 例えば、① 導入は何からするの?② その次はどれをする?? インプットは何でする?④ メインは何をする?⑤ アウト [続きを読む]
  • だんご三兄弟の真ん中
  • R君の後に、真ん中のお兄ちゃんのM君(小5)がやって来ます。 こっちは、いわゆる「だんご三兄弟」の真ん中。 『だんご三兄弟』の歌詞やないですが、確かに最も個性が強くて、プライドも高いですね。 なので、この子は要注意なのです。あ、別に素行の悪という意味での「要注意」やないですよ。 いたって真面目な子です。何が「要注意」なんかというと、性格が真っ直ぐやから、言葉を選んで言わな [続きを読む]
  • 馴染みすぎやん!
  • R君(小3)、最近急に背が伸びたよね? ちょっと顔がお兄ちゃんっぽくなってきたな〜と思ったんは、このせいやね。 ヤンチャになるかもな〜。とにかくガサガサするようになりました。 年度替わりやし、いろいろと落ち着かんのかもね。 で、文句もちらほらと・・・「え〜? これもすんの〜ん」とソフトではありますが、そこは甘え上手の三男坊、いわゆる末っ子でござんす。 ワタシ、長男坊で一人っ子。 [続きを読む]
  • あたりまえやねんけどな〜・・・
  • もう随分前のお話ですが・・・。いつも来て下さる宅急便のおじさん。S運輸さんやったと思います。 それがね・・・いつも仏頂面で、ムスっ。 サインせなアカン用紙を無言で差し出して、記入欄を右人差し指で、またもや無言でトンっ。 ナンか一言あるやろ・・・と思ったのですが、いっつも来てくれてはるオッチャンやしな〜という気持ちもあったので、ナンも言わんとそのまんまで3か月くらいが過ぎました。 と [続きを読む]
  • こんなとらえ方してはるんですね
  • ウチの塾、お母さん方との Line メッセージのやりとりが半端ないです。 そのきっかけを投げかけるのは私なのですが、大抵は「ブログを更新しました」で始まります。 すると、ブログを読んで下さった感想・・・というレベルではなくて、お母さんやお父さんの想いをお話ししてくだっているような文面を返してくださることが多いので、やり取りの中味が濃くなるんですね。 その濃さが半端ないこともあります。&nb [続きを読む]
  • わずか30cm
  • 子ども(塾生)たちによく言うことなのですが・・・ 天気とは、「天の気持ち」いわゆる「天の機嫌」。 It's fine today.今日、天の機嫌がイイね。 決して晴れていることだけを表現していないと思う。 天気が悪いというのはあなたの自分目線の判断かも知れないよ。 だって、お米を作る農家さんにとって、稲穂がぐん!と育ってほしい時期は雨が「いい天気」やねんからね。雨が降らんとお米が食べられへ [続きを読む]
  • 自分もそうやったもんな・・・
  • 今はしたり顔というのか、さも人生を経験しとりまっせという顔で「先生」と呼ばれてますけど・・・ 昨日のY君のことでお母様からメッセージをいただき、それに対して回答を書かせていただいているときに、自分の音楽の道ことを思い出しました。【続きは、下のイラストを (タップ)していただくと、ご覧になれます。 お手数をおかけしてすみませんが、よろしくお願い致します。】 最後までお読みく [続きを読む]
  • ホンマに大変やわ
  • 何が大変って、デジタル君がです。 大阪府塾代助成カードを読み取り機にかざしても・・・およよ? 立ち上がれへんやんか? USBポートに何度か抜き差し・・・アカンな〜。 ホンマ、どんならんな〜(「どんならん」は「どうにもならない」の大阪弁です) 事業所に電話を入れる。めちゃくちゃ親切で丁寧です。 で、受話器を片手にPCをいじりたおすのですが、エラーコードは出るわ、そのたびに再起動さ [続きを読む]
  • もうちょっと優しく使ってあげようよ
  • もう昨日になっちゃいましたが、1週間の始まりは、やっぱりR君(小3)が来なきゃ始まりませんね〜。 降りしきる雨の中、午後4時よりも10分ほど早く塾舎の扉を開けるなり、「3回目やわ・・・」と、ボソッと一言。 見ると、ランドセルを背ったらってはります。 「あらら。また家のカギ忘れたん?」すると、ナンか今回は事情が異なるようです。 「Y(一番上のお兄ちゃん)がはよ(早く)帰ってくるっ [続きを読む]
  • 最後は人間力!
  • さきほどサッカー少年Y君に、久々に説教しました。 理由は、午後7時から午後10時まで勉強するという約束をしたのに、午後9時40分で切り上げて帰りかけたからです。 「まだ20分あるよ! ナニ勝手に判断してるん?」 ゴールキーパーをやってます。かなり上手らしい。 でも、アカンわ! 【続きは、下のイラストを (タップ)していただくと、ご覧になれます。 お手数をおかけしてすみませ [続きを読む]
  • ようやく・・・
  • 本日、ニュースレターのリアル版(冊子)とバーチャル版(PDF)、どちらの作成も完結しました。まずは音楽ネタの方から・・・    先日「完成しました」宣言をしたものの、『なんたって音楽 Liebe Musik !』の方のPDFファイルを開け読み直していたのですが・・・ もうちょっと音楽冊子らしくしたいと思いたち、その目線でさらに読み直しました。 すると、もともとそないに高級な品があるわけやないのですが [続きを読む]
  • ニュースレター完成!
  • 第6弾ニュースレターが完成しました。 「塾舎なう」は第5弾のデザインがあるのですんなりといきましたが、音楽ネタ「なんたって音楽 Liebe Musik!」の方は初めてのデザインだったので、ちょっと難航?しました。 ホンマは前ページをフルカラーにしたいんですが、経費が・・・ ということで、例によって表紙の1枚だけカラーで後のページはモノクロにしました。 でも、自分で言うのもナンですが、キレ [続きを読む]