白兎 さん プロフィール

  •  
白兎さん: 小学2年生からのスーパー飛び級で難関校合格
ハンドル名白兎 さん
ブログタイトル小学2年生からのスーパー飛び級で難関校合格
ブログURLhttp://ameblo.jp/ookuninushi51/
サイト紹介文小学2年生からのスーパー飛び級学習で、ガリ勉をせずに難関校合格を目指す塾です。
自由文① 小学2年生からのスーパー飛び級学習
② 数学と英語の早期学習型指導
③ 国語読解を論理的に解く方法を指導
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2014/09/05 04:46

白兎 さんのブログ記事

  • こんな感じなんですね・・・
  • 生徒も引けた今、このブログを書きながら、STINGのCDを聞いています。 国内盤と輸入盤では曲の編成が異なっているようですね。届いたのは輸入盤なので、どないなってんねんやろ? まあ、そんなことはどうでもエエですよね? 1曲目からじっくり聴いて行くと、あ、やっぱりロックやねんな〜と気づかされます。 でもライトな感じですね。 今、ナンか、ヘビーというのかちょっと攻撃的なのが多 [続きを読む]
  • こんな塾長になりたい
  • 今日、鍼灸院で不思議なことがありました。 例の食中(しょくあた)りから完全回復できた身体からの合図だったのでしょうか・・・。 スーパー銭湯の出口の階段で転(こ)けたあとの回復の様子をとても気にしてくださった鍼灸師先生から、「気になるから、金曜日に来てね。」と言われていたのです。 いつものように施術台にうつ伏せになって寝ていると、やはりいつものように施術が始まりました。 「これね [続きを読む]
  • またしても・・・!
  • 1週間ほど前の正午過ぎのことです。 FM COCOLO を聞きながら、自宅でナンやカンやと用事をしているとき、耳に入ってきた音楽に、心を射貫かれてしまいました。 もう何回やられたことか・・・ スガシカオクインシー・ジョーンズジャミロクワイ・・・ で、またしても・・・! もう〜〜〜、 FM COCOLO のバカ・・・(笑) そのあまりの切ないアコースティック・ギターとストリングスの響きに、 [続きを読む]
  • 男前な心遣い
  • おろろ?塾舎にやってくるとき、マイ自転車の後輪に違和感が・・・。あ〜、もしかしてまたパンクかいな? 塾舎の並びに自転車店があります。チェーン店なので、お店の人がころころとよく変わります。近隣にほかにも自転車店はあるのですが、マウンテンバイクとかロードバイクの専門店みたいで、中古で6000円で買ったオッサン・チャリンコの修理を依頼するにはどうも敷居が高くて・・・。 おまけに、塾舎とは20 [続きを読む]
  • そう言われてみれば・・・
  • 今日は朝からZOOM会議、昼からはお役所へ行ってそのまま塾舎入りと、結構、動き回りました。 ZOOM会議主宰の塾長先生にも「先生、大丈夫?」とご心配をいただいたのです。 ホンマにお騒がせを致しました。 ただ、その先生も作り置きのカレーに中(あた)ったご経験があって、油(脂)で中るのはホンマにキツいとおっしゃっていましたので、これで原因が特定できて、ある意味安心しました。 とい [続きを読む]
  • 実際に聴いてみたら・・・
  • 府立高校入試の英語B・C問題への対策として英語長文問題のCDを取り寄せてから、ヘッドフォンで何度か聴きました。 これは使えますね・・・。 今までにもリスニング用の、それも塾専用教材のCDについては、教材出版社から何度もサンプルを見せてもらったり、営業の方から説明をいただいては来たのですが、失礼ながら、どれも納得できませんでした。 「元ピアノ弾き=技術屋」なのです。 最近でこそ、 [続きを読む]
  • もっと経験を生かそうよ
  • 中学1年生のNさん。今日は地理の復習をテキストでしています。 この子の成績がなかなか上がってこない理由は数あれど、(これもな〜)と思ったことがあります。日本は( )の区別がはっきりとしている。夏には( )の、冬には( )の( )が吹く。 あげくは、「冬の日本海側に雪が多く降る理由を『季節風』という言葉を使って答えなさい」という問題では、例によって固まってはります。 隣のページの別 [続きを読む]
  • 子どもは風の子 大人は火の子
  • 油による食あたりのことをブログに書いたのですが、方々から「大丈夫〜?」とお声をかけていただき、ありがとうございました。 1日休むと頭の中の風通しが良くなるようなので基本的に日曜日と祝日はブログを書かないようにしています。というのは、一度は3週間連続で書きましたが、さすがに頭の中が干からびるという危険性を感じたので、カレンダー通り、素直に従うようにしました。 ただ、今回は2連休だった [続きを読む]
  • トイレの掃除=征服感?
  • ワタシ、トイレの掃除が大好きです。取れにくい汚れをぬぐい取ったときの征服感?がたまらない。 汚いトイレを見たらウズウズしてきます。それと、汚いトイレを見ると、何だか可哀想で・・・。 その話を生徒にすると、「センセー変わってんな〜」と言いますが、「だってな、考えてもみ〜な(考えてもみなさいよ)。 われわれの排泄物を、何の文句も言わんと受け入れてくれるモノなんて、 便器以外にないねんで。毎 [続きを読む]
  • 3つのエエこと
  • 唐揚げの油で食あたりをしたのをきっかけに、ナンか気力まで抜け落ちたみたいで・・・ 塾舎でコンピュータを立ち上げ、メールと Line と Facebook のチェック、それとアメブロのチェックを始めました。 アクセス数が163に落ちとりますがな・・・。2日間もすっ飛ばしたんですからね〜。 それでも書く気が起こらない・・・。張っていた気がプツンと切れたんかな〜・・・。 とはいうものの、エエこともあったんです [続きを読む]
  • いやもう、散々で・・・
  • ちょっと軽い食中毒を起こしていました。友人に唐揚げのパックをいただいたのですが、どうも、油が良くなかったようで、Webで調べると、油による食あたりもあることが分かりました。基本的にお肉に弱いワタシ・・・。 ① 鶏肉の手羽先部分のぐにゃっとした食感と噛んだときに出て来る  鶏特有の脂のにおいが受け入れられません。 ② どのお肉でもそうなんですが、獣のにおいというのか、  そんなものにど [続きを読む]
  • 尼崎からようこそ!
  • Facebook の友人からの直接ではありませんが、そのつながりでお子様の進路相談を承ったのが昨年の9月の半ば頃のことでした。 位置関係を説明しますと、兵庫県尼崎市は、大阪市から最も近い兵庫県です。それでも列車で2回は乗り換えないといけません。 お姉ちゃんと弟君。内容はお姉ちゃんの進路相談についてでした。メッセンジャーでご相談を承ると、なんと、お越し下さったのです。 その相談は無事に済 [続きを読む]
  • 届きました(B・C問題対策)
  • 塾専用教材が届きました。 大阪府立高校B・C問題対策に関して、いよいよ私の目論見がスタートします。 もっとも試行錯誤が予測される手探り状態ですのでどういう目論見かはまだ言えませんが、「スーパー飛び級」に関わる塾長先生であれば、もしかしたら分かってしまわれるかもです。 みなさん友人(戦友)ですので、上手くいきそうでしたら情報を共有し、あるいは、ワタシはドジなので、ご指導をいただける [続きを読む]
  • 新たなる発見
  • 休日前ということで、思いっきり音楽ネタです。 今年の1月17日に発表されたのが、これです。本当に驚かされました。 ショパンの新たな実写真です。 ショパンは1810年から1849年までの、ポーランドの人です。 当時のポーランドはドイツと帝政ロシアによって分割統治をされており、ショパンはロシアを大変嫌っていた言われていて、フランスはパリを目指して、陸路をひたすら亡命したのです。&n [続きを読む]
  • まさかこの年になって・・・
  • 「先生、ちょっとイイ?」と言って塾舎にやって来たのは近隣のケーキ店のママさん。 いつもメッチャお世話になってます。 「ナンですか〜?」「あのね〜、この長さをどうやって出したらエエのんか 分からへんゆうて、ワタシの友だちが聞いてきたんやけど、 こんなん、分からへんやん。」見ると、正方形の対角線の長さを求めたがってはるようです。 「ああ、これね、√2です。」「え?」と固まってしまわれ [続きを読む]
  • おんなじ人間やんか
  • 先日、モーツァルトの最期にまつわるお話を書いたあと、もしかしたら、新しい見解の本が出ていないかと思い調べてみました。 私が音大を卒業して学校の教師をしていた頃に読んだのが『大音楽家の病歴1 秘められた伝記』と『大音楽家の病歴2 秘められた伝記』。 今回取り寄せたのは昭和54年(1976年)の第5刷。写真の右側の本です。 『大音楽家の病歴2 秘められた伝記』はちょっと遅れて発注した [続きを読む]
  • 塾生と砂時計
  • 勉強がキライな「スーパー飛び級」生のH君。小学4年生です(もうすぐ5年生)。 いつもの席の左に目が行き、「砂」が上に上がってゆく不思議な砂時計と、ガリレオ温度計に関心を示しました。 「これな〜、中に浮いてるおもりのうちでな、上の方にかたまってるのがあるやろ〜。そのいっちゃん下が、今のここの気温やねんで。」 私がそう言うと、もう興味津々です。 「初めて見た?」「うん。」「 [続きを読む]
  • お問い合わせをいただきましたので・・・
  • 本日、「スーパー飛び級」についてお問い合わせをいただきました。 小学生のお子様がいらっしゃるお母様からです。ブログを読んでくださり、そのまま塾のWebページをご覧くださったそうです。 「スーパー飛び級」の内容もさることながら、ブログでの生徒とのやり取りが面白く、子どもたちがとても楽しそうにしていることに関心を持って下さっていました。 そして、このようなご質問を承りましたので、お答 [続きを読む]
  • どうしようかな〜・・・
  • 「先生〜、アメちゃんありませんよ〜。」という中学生の声で、塾舎の出入り口にあるガラス瓶の中を見ると、あらら、「大玉」のアメちゃんがなくなっているではありませんか。 早速補充ということで、袋から取り出していると、どこからか視線を感じました。 ふと周囲を見ると、さっき言った中学生が、自分の取りたいアメちゃんに照準を合わせて見つめていました。 おいおい。それやったら小学生の子と変わらへ [続きを読む]
  • その「分かった」は、ホンマに大丈夫ですか?
  • 「教えてもらってよく分かった」は曲者(くせもの)です。 教えてもらうのは良いことです。もちろん「よく分かった」もです。 でも、よ〜く考えてくださいね。「教えてもらってよく分かった」を逆から見るとどうなるか・・・「教えてもらわんかったら、分からへん」ということとちゃいます? 「教えてもらわんかったら、分からへん」モンは自力で解けないということです。つまり、その問題や課題に対して、「教 [続きを読む]
  • 理屈より実戦の方が絶対にオモロイ!
  • 図形問題で試みていることがもうひとつあります。 理屈(理論)が先か、実戦が先か? もう少し具体的に言うと、このようになります。 定義や定理を覚えてから問題を基礎からといた方が良いのか、それともいきなりちょっとしたレベルの問題を解かせて、要所要所で定義や定理を「実はね・・・」というように伝える方が良いのか? 図形問題の場合は、後の方ではないかと思っています。それは実戦のほうがずっ [続きを読む]
  • 証拠がないときはアキマへん
  • 小学生の部が終わったあとは、中学1年生と2年生で、例の図形センスを磨き上げる問題をしました。 中学2年生のR君。前回の初日には口先をとがらせて不満顔だったのですが、今日は、自力でどんどん解いていきます。 「もしかして、図形にハマってない?」といたずらっぽく尋ねると、「そうみたいですね〜」。 ね? だから言ったでしょ?この塾に来たら図形にハマるって・・・。 そのうちに私とR君との [続きを読む]
  • このままやったら、タマネギになりそう
  • 小学2年生のR君。 今日もウキウキ・・・。「スーパー飛び級・算数D」は二桁と一桁のかけ算の筆算をしています。 今日は、一の位のかけ算をすると1だけ繰り上がるタイプ、例えば、「65×3」のような問題に取り組みました。 まだ足し算の筆算と間違えるときがあるとはいうものの、ポイントを注意すると、「次の問題はひとりでやってみよ〜!」と自分で宣言して、こちらからの口出しを遠ざけようとします。& [続きを読む]
  • センスを磨き上げるのです!
  • そのセンスを磨き始めるのは、いつ頃からがいいのかなと、考えることがあります。 親御様や親御様のご友人からよくお伺いすることがあります。 それは、これなんです。 ① 塾には何才頃から通わせればイイの?② 英語を習わせるのは何才くらいから?③ ピアノは何才くらいから習わせたらイイでしょうか? 共通しているのは「何才くらいから?」。 それで、逆に私から質問を投げかけることもあり [続きを読む]
  • センスのイイ子の解き方には、ある特長があります
  • 「目で解く」という言葉をご存じですか? 図形問題のセンスを磨くということを何回かのブログを通して書いていますが、ただ単に磨くだけなら、府立高校入試のB問題までならOKです。 でもC問題への対処となると、精度をさらに緻密なレベルにまで磨き上げないと対処できません。 磨くのではなくて、磨き上げるのです。 brush は「磨く」。brush up が「磨き上げる」です。 磨き上げるためのテキ [続きを読む]