まつなる さん プロフィール

  •  
まつなるさん: まつなる的雑文〜光輝く明日に向かえ
ハンドル名まつなる さん
ブログタイトルまつなる的雑文〜光輝く明日に向かえ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/matsunaru23
サイト紹介文まつなる兄さんのよしなしごと、鉄旅・町歩き、野球(バファローズ、独立リーグ)について書きつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/09/06 06:18

まつなる さんのブログ記事

  • 第8回四国八十八所めぐり〜第30番「善楽寺」(および土佐神社)
  • 岡豊城から50分ほどの歩きで次の善楽寺に到着。といってもまず目に入るのは神社の鳥居。「土佐国一ノ宮」とされる土佐神社である。善楽寺は元々神仏習合の時代は土佐神社の塔頭寺院だったが、その後いろいろあって現在に至っている、それは後で書くとして、まずは土佐神社に参拝する。土佐神社の創建は雄略天皇の頃とされており、雄略天皇によってこの地に流された一言主神を祭神としている、日本書紀、風土記にもその名が登場す [続きを読む]
  • 第8回四国八十八所めぐり〜長宗我部元親ゆかりの地
  • 第29番の国分寺を参詣して次の善楽寺に向かう。歩き遍路、そして「四国のみち」が指す道は田んぼのあぜ道。両側には早くも水が張られたものもあり、夏や秋に来れば稲穂の匂いがするのかなと想像する。歩く中で12時のサイレンが鳴り響く。南国市の防災無線のテストも兼ねているようだ。これから途中目指すのは前方の小高い丘。遍路道、「四国のみち」もそちらを指している。この丘の上にかつて存在していたのが、長宗我部元親の [続きを読む]
  • 第8回四国八十八所めぐり〜第29番「国分寺」
  • 今回の出発地点である後免駅にて上着を取り、白衣を着る。天気がよくて暖かく感じる。事実、19日の高知の最高気温は20度まで上がったそうである。国分寺までは近くまで路線バスの便もあるが、出るのは1時間後。これは織り込み済みで、暖かいし、寺までは3キロほどだろうか。ここは歩いて行くことにして、県道をテクテクと歩く。途中、「源希義の鞍掛けの岩」というのがある。初めて目にする名前である。検索したところでは、 [続きを読む]
  • 第8回四国八十八所めぐり〜まずは列車乗り継ぎで「ごめん」
  • 先に、5月の連休で四国八十八所めぐりと四国アイランドリーグ観戦を組み合わせて高知に行く予定ということを書いたが、それに先立って19日、八十八所めぐりを進めることにする。前回土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線沿線の2ヶ所を回ったのが1月終わりで、2ヶ月近くぶりである。気候もだいぶ暖かくなる一方、花粉症が気になる時季である。今回訪れるのは第29番の国分寺、そして第30番の善楽寺である。高知の南国市からい [続きを読む]
  • 3月23日
  • 3月23日、彼岸明け。今年ももうそんな季節かと思う。季節の替わり目だがマスクが手放せない。さて今年の3月23日、日中のテレビはいろいろ「大変」なようである。まずはWBCの決勝戦。日本代表が決勝戦に進出したら・・・という前提はあるものの、アメリカからの中継である。そして、「森友学園問題」についての籠池理事長の国会証人喚問。今の政局でもっとも話題になっているし、籠池氏が何か爆弾証言をするのではと言われ [続きを読む]
  • 4横綱時代と序盤の金星ラッシュは関係ないはずだが・・・。
  • まさに荒れる春場所。4横綱ともなると横綱同士の星の潰しあいもあるからその中で弱いのが引退して、そのために4横綱時代は長く続かないと言われていた。それがこの春場所は、4日目にして早くも全勝の横綱は稀勢の里のみ。白鵬、日馬富士はすでに2敗。いったいどうしたのか。これからカド番大関照ノ富士、黒星先行豪栄道、さらには大関復帰を目指す琴奨菊も含めて、上位は混沌とする。見ているほうは荒れるのも面白いが、やって [続きを読む]
  • 高知ファイティングドッグスと八十八所めぐり
  • 先日、元メジャーリーガーのマニー・ラミレスの入団で話題になった四国アイランドリーグの高知ファイティングドッグス。駒田監督がラミレスに対する「王様待遇」を表明したことには賛否両論あるが、WBCで盛り上がる一方で話題になったのも確かである。個人的には、元メジャーリーガーといえども、これまでの待遇やプライドは脱ぎ捨てて、ここはNPBを目指す若い選手たちと泥んこになって汗を流す・・・というくらいの言葉を期 [続きを読む]
  • 観戦記・オープン戦オリックス対巨人(東日本大震災の日に)
  • 3月11日、東日本大震災の発生からちょうど6年である。復興は進んでいるとしながらも、未だに12万人の人たちが避難生活を余儀なくされている。また復興じたいにも格差があるようだし、未だに風評被害も収まることがない。イーグルスの嶋が「見せましょう、野球の力を」と誓ってから6年。もう6年と思うか、まだ6年と思うか。さて、その11日だがバファローズ対ジャイアンツ戦のオープン戦ということで神戸に現れる。私にと [続きを読む]
  • 楽天対楽天?
  • WBCは日本代表が一次ラウンドを通過、後は中国に勝って全勝なるかである。それはいいとして驚いたのが韓国でのリーグ戦で韓国、台湾が敗退し、オランダはわかるとしてイスラエルが全勝したこと。イスラエルだけに、これが本当の「神ってる」か。そもそも、イスラエルに野球が普及していたこと自体が初耳である。だれかメジャー経験者がいたのか、あるいはユダヤの血を引くという選手がイスラエル代表を選択して加わっているのか [続きを読む]
  • 完封負け
  • まあ、そういう日もある。世間の現実とか評価とはそういうものだと思った次第。中にいただけなら気づかない。これまでの認識を改めなければ。正直、怒っている。ただ、その矛先はどこにも向けることができない。誰の責任とかいうこともできない。それがもどかしいし、自分の無力を感じる。情けない。 [続きを読む]
  • 松井山手に新幹線?
  • 敦賀までの開業は決定しているものの、その後がどうなるのかという北陸新幹線。敦賀から京都までのルートの候補も複数あったが、その中で小浜〜京都ルートに決まった。若狭地方への利便性を図りつつ京都まで速くということで、21世紀版「鯖街道」とも言える。私としては、湖西線を有効に活用できないのかなと思っていたが。そして、京都〜新大阪のルートとして、東海道新幹線の北回りか南回りかが議論されていたのが、南回りで、 [続きを読む]
  • マニー・ラミレス来日
  • WBCが開幕。日本代表はキューバとの初戦を迎えたが、何やかんやで日本がリード。これでWBCに力を注いでいるTBS、テレビ朝日は絶叫中継を繰り返すのだろう。さて、そんなWBC開幕の中、今季四国アイランドリーグの高知ファイティングドッグスに入団することになったマニー・ラミレスが来日した。ほんまに来たんやという感じである。メジャー19年で通算555本塁打、打率.312という大物。ただ一方でアメリカでは「 [続きを読む]
  • がんばれWBC・・・バファローズも。
  • 昨日5日は恒例の社内ゴルフコンペ。成績は毎度のことながら「幹事枠」でお目こぼしをいただくというものだが、たまに「レフトスタンドへのホームラン」や、「隣のホールのフェアウェイをキープ」という荒技が出るようでは。夕方の中国道を大阪方面に戻るので渋滞したが思っていたほどひどくなく、比較的早く帰宅できた。そのため、大阪で行われていたバファローズ対日本代表(侍ジャパンという言い方は好きではないのでこの記事で [続きを読む]
  • 吉野から慌ただしく折り返し
  • 「青の交響曲」で吉野に着いたのが11時26分。乗客の中には折り返しの便で往復乗車を楽しむ人もいるようだ。こちらにも「本日の空席状況」が掲示されていたが、2便、4便とも満席のようだ。私はどちらも予約していない。吉野に来たのだから義経や南朝ゆかりのスポットや、修験道に関する寺社を回るのが本来の楽しみだろう。桜の咲いていない時季ならなおさらである。ただ、この日の私はそこまでの余裕がない。帰りに西国三十三 [続きを読む]
  • 近鉄特急「青の交響曲」で吉野へ
  • 10時10分、「青の交響曲」は阿部野橋を出発。その時は2号車のラウンジカーのソファー席に座っていた。普段通勤で通る駅も、こうした席から眺めるとずいぶん様子が違って見える。ラウンジカーにいたのは、併設のバーカウンターが発車とともに営業開始となることからである。それを見越して乗車とともに陣取って、そのまま居続ける客がいると聞いたものだから、先に行ってみた。案の定、営業開始前からバーカウンターには行列が [続きを読む]
  • 近鉄特急「青の交響曲」初乗車へ
  • 先週のニュースで、JR西日本がこのたび新造した「トワイライトエクスプレス瑞風」のお披露目というのをやっていた。スイートとかロイヤルとか、展望車に食堂車にと豪華な設備を備えた列車。1泊2日のクルージングプランで一人ウン十万円するにも関わらず、ウン十倍という競争率。今年6月の運行開始となると、また改めて賑わうことだろう。そんなニュースを見て、さすがに「瑞風」に乗るのは無理としても、私の地元、近鉄南大阪 [続きを読む]
  • プレミアムフライデー
  • ・・・というのが導入され、2月24日がその第1回であった。月末の金曜日は午後3時退社として、空いた時間を飲食や買い物、旅行に充ててもらって消費拡大につなげようという取り組みである。ただ、制度として導入し、実施を公表したのは130社ほどに止まるという。私の勤務先企業もむろん対象外。まだ、現在ある長時間労働をどう解消しようか、ただ一方で顧客対応をどうするのかで頭を悩ませている段階である。世の中、そうい [続きを読む]
  • フェイクニュース?
  • アメリカのトランプ大統領が大手メディアと何かと揉めていているようだが、メディアの側にもどうかなと思わせる点がいろいろあると思う。これは大阪の話だが、今日出たとあるニュースで、「いったい何が正しいのか、マスコミは何をやっているのか」と不快に思ったことがある。ちなみに、関西マスコミのタイガース偏向報道のことではない。あれはもう論外。話にならない。そのニュースは、元読売テレビアナウンサーの清水健氏に関す [続きを読む]
  • 時短、時短といわれるが、こういう時短は必要なのか?
  • 昨年の電通社員の自殺問題を契機に、世の中では長時間労働が大きな社会的問題になっている。これまでにも長時間労働、労働時間短縮について時にクローズアップされたことはあるにしても、私が社会人として過ごしているこの20年あまりの中で、ここまで大きく取り上げられるのは初めてではないかと思う。私の周りもそんな感じである。ただ、実際問題としては仕事量と人手のバランス、業界の構造、あるいは社会全体にも関係すること [続きを読む]
  • 今年の福良監督は・・・
  • このカテゴリーの記事を書くのも久しぶりかと思う。先の週末は遠出をせずに、自宅での休養としていたが、CS放送にてバファローズのキャンプ、練習試合の様子を観ていた。そろそろキャンプも終盤で、私もぼちぼち野球のほうにも目を向けていかなければというところである。さて、スマホでニュースを見る中で、今年のバファローズでのキャンプでは、福良監督の「怒」が取り上げられていた。選手名はここでは挙げないが、キャンプ直 [続きを読む]