isaku さん プロフィール

  •  
isakuさん: 印刷ブログなのに好き勝手
ハンドル名isaku さん
ブログタイトル印刷ブログなのに好き勝手
ブログURLhttp://levites.hatenablog.com/
サイト紹介文@0.35円〜業界最安値チラシ印刷です。手書きチラシも印刷OKです。
自由文両面チラシ、色紙チラシ、2色チラシが激安です。

http://www.kanan-press.com/

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/09/06 11:38

isaku さんのブログ記事

  • 世界平和
  • どっちも自分が正しいと思ってるよ。戦争なんてそんなもんだよ。     / ドラえもん目には目をという考えでは世界中の目をつぶしてしまうことになる     /マハトマ・ガンジー平和以外は何も望むな。     / アドルフ・ヒトラー人類として国家として、世界平和を強く望むのは当然である。どの国家もそれを崇高な理想とすべきである。    / 東条英機正義とは、旅をしてきたあら [続きを読む]
  • 2色チラシで起業に成功
  • 日本とアメリカの広告の違い最近、電子書籍スパムメールが頻繁に届くのですが、その中に現代広告の心理技術というアメリカの翻訳本があって目に留まりました。目次を見ると「恐れを誘って売る」とか「デザインはプロに任せる」とか刺激的な言葉が並んでいます。この電子書籍スパム、3700円の本を1冊売ると3000円がアフィリエイト収入になるという、高額アフィリ商品だそうです。日本の大手出版社や広告代理店は、「 [続きを読む]
  • 印刷の用途★アーレン症候群のためのブルーノート
  • 印刷の用途はチラシだけでなく様々あります。うちの場合、チラシ7割、その他3割くらいです。その他の内訳はこんな感じです。 ★病院・整体院・美容院・サロン等のお客様カルテ ★店舗のニュースレター・月報 ★作業現場の点検表・作業日報 ★学校やお役所の試験用紙・レポート ★運動会や文化祭のプログラム ★商品の説明書 ★アンケートや署名集めのための用紙 ★寄付・寄贈等の申込用紙 ★飲食店のメニュー表  [続きを読む]
  • 2017年を飛躍の年に! ゆけ黄金魂、シンクロ部と共に!
  • 明けまして、おめでとうございます。旧年中は大変お世話になりまして、ありがとうございました。本年も変わらずご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。11月に久しぶりにチラシ印刷に関する記事を2回連続してUPしたところ、急に忙しくなり、ブログをする余裕がまったくなくなりました(^^;)それでも何もしないと検索順位にかかわってしまうので、twitterだけは続けていました。今年はブログをもう少し頑 [続きを読む]
  • 2色刷り、色紙チラシで、常識破りの成果を出した2人の営業マン
  • お題「好きだったテレビ番組」効果あるチラシを追及していくと、幾つかのパターンのテンプレートが出来上がります。たとえばB4サイズですと、こういうのです(どちらも表面のサンプルです)。項目ごとに当てはめていけばいいので、誰でも効果あるチラシが作れる、というわけです。いわゆる虎の巻ですね。それまでのチラシをこのテンプレートに当てはめて作り直すだけで、効果が上がる場合がほとんどです。でも、テンプレート [続きを読む]
  • 勝負チラシは勝負パンツを超える!
  • お題「好きなバンド」このところ、記事が「印刷に関係ない」、「印刷の記事が読みたい」というコメントを頂いておりまして(笑)、久しぶりに印刷の記事を書こうと思います(^-^;前回記事の続きになりますが、フリーライターをしていた頃、ある団体のチラシ制作に携わりました。 本社本店を関西から関東に移転させるにあたり、新規の新聞折込チラシを制作するため10名ほどのデザイナーやライターが集められたのです。私は [続きを読む]
  • 笑えない話
  • 私が20歳代だった、ある夏の話。フリーの編集者として独立して間もなかった私は、カメラマンやデザイナーとチームを組んで仕事をすることが多かった。なかには、ライター&カメラマン&デザインすべてを自分一人でまかなう仕事もあって、 その中に「働く現場の女性たち」を取材して紹介する女性月刊誌の連載企画があった。あるとき、東京の大手グラスメーカーに勤める女性たちを取材したときのお話。        [続きを読む]
  • 下校時の【青木まりこ現象】についての考察
  • ※閲覧注意:便に関する記事ですので閲覧注意です。お食事中の方は食後にお読み頂けましたら幸いです。(文の里商店街より)ブログを休む前、『猫になりたい』の涅子さんid:tsubakimoto_nekoの記事に「ウンコ踏みまくりです。でも、野グソ見られた時よりは恥ずかしくないです。」とコメントしましたところ「その野グソの話をぜひブログに書いてください(切望)」とのコメ返を頂きました。引くに引けなくなって記事にし [続きを読む]
  • 静かな股間のモリの陰から♪
  • youtu.beどうも〜〜お久しぶりです〜〜〜(^^;)食って寝て遊んでた訳ではありません(笑)そりゃあもう、必死こいて仕事してました。たはは。「はてな」をお休みしている間、☆を入れて様子を伺ってくださったり、ブコメくださった方々、本当に感謝です。ありがとうございます。「元気してる? 待ってるからね!」という意味に勝手に解釈して、元気を頂いてました。女性の方からの☆だと「お元気ですか? そして、今でも愛 [続きを読む]
  • 船の学校アルアル
  • 少し前の記事へのコメントで、私が通っていた船の学校についてご質問を幾つか頂きましたので、商船高専のお話を。商船高専って、どんな学校?俳優の北村一輝さんの出身校ということで、ちょっとだけ話題になったことがある商船高等専門学校。ヨットの世界大会で4位に入ったことでも、ちょっとだけ話題になりました。誰もが彼のように濃い顔をしている訳ではありませんし、ローマ人でもありません。ちなみに、ジブリ映画『コクリ [続きを読む]
  • PCが・・・
  • 会社のPCの電源をONにしたら、Windows10への更新が勝手にスタート! 長々と待って、やっと終わったと思ったら、PC内の印刷ドライバの接続設定のやり直し。業者が来てエッチラオッチラやってくれてるけど、今日中に終わりそうもなく。土日は休みだそうで、月曜にまたエッチラオッチラ。PCを使えなくても、印刷機にデータ接続する方法はあるため仕事に穴はあきませんが、本日UP予定だった記事がUPできず、皆 [続きを読む]
  • 祖母の日
  • 私にとっての母は、祖母。10歳のとき、1年だけ祖母と共に暮らした。身内と暮らしたのは、この1年だけだったが、この、たった1年が、その後の人生の支えとなった。明治生まれの祖母のしつけは厳しく、何度も灸(やいと)を据えられて、背中にはいつもヤケドの跡が残っていた。夏になると、海やプールで友達に揶揄された。左利きを無理やり、右利きに矯正され、トレードマークだった八重歯は糸をからめて無理やり抜かれ [続きを読む]
  • 4月29日、復興の詩が聴こえた
  • ※今の時期、震災の話題は目にしたくないという方は、どうぞスルーしてください。読んで頂ける方、ありがとうございます。感謝いたします。ーーーーーーーーー死者数6433人。戦後2番目に多い災害死者数だった阪神大震災から3ケ月ほど経った平成7年4月、歌手の河島英五さんが、若いミュージシャンたちと共にJRの高架下や公園でチラシを配っていました。「生きてりゃいいさ」そのチラシには『4・29大阪城野外音楽堂 [続きを読む]
  • 恩送り Heal the kyushu
  • 今日の記事は、softwind(id:kihaseason2015)さんの4月17日のエントリーに感銘を受けて書いています。記事は、こんな言葉で締めくくられていました。★恩送り Pay it forward 恩送り(おんおくり)とは、誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送り、そしてその送られた人がさらに別の人に渡し、そうして「恩(慈しみ)」が世の中をぐるぐる回ってゆくこと。社会の慈しみの連鎖が起きる。 恩送りは恩を返 [続きを読む]
  • ナウシカ巨〇伝説
  • 子供の頃、3つの願望がありました。「空を飛びたい」「船で世界一周したい」「牧場で暮らしたい」本やアニメの影響でしょうね。とっても自由な気がしたんです。健全な願望ですね、大人と違って(笑)中学くらいになると、この願望を職業にしちゃうと極度に不自由だということに気付きます。で、なかでも比較的、自由がききそうな船の学校に入ったのですが、外航船の場合、海の上で数か月も暮らすことになるわけです。悩んで [続きを読む]
  • 優しい目をしたウソツキ
  •   悲喜こもごも、別れと出会いが交錯する、この季節。 人々が桜の開花を待ち望む、その蔭に隠れるように 木蘭の花が咲いて、散ります。 この時期になると、思い出す唄があります。 スターダストレビューの『木蘭の涙(もくれんの涙)』。 ご存知の方も多いと思います。  逢いたくて 逢いたくて  この胸のささやきが  あなたを探してる  あなたを呼んでいる こんな歌い出しから始まるこの唄はやがて  [続きを読む]
  • ええいああ、春風のイタヅラ。
  • こんにちは!期末に追われて、ネタの代わりに尻から火が出るisakuです。今さら感アリアリですが「ブログチャレンジ」って、もうやりました?ダッシュボードの一番下にあるんですが、こちらからもできます↓blog.hatena.ne.jpこれ、やってみたんですけど、初級→中級→上級と挑戦していって、最終的に、ご褒美の「二つ名(セカンドネーム?)」が貰えるんですが、このブログに与えられた「二つ名」が、これなんです。「プ [続きを読む]
  • あなたは見られている
  • 今週のお題「卒業」 こんなことを言っている方がいまして。「あなたは見られている」が宗教。「見られていなくても」が道徳。「どう見ているか」が哲学。「見えているものは何か」が科学。「見えるようにする」のが数学。「見ることができたら」が文学。「見えている事にする」のが統計学。「見られると興奮する」のが変態。うまいこと言うな〜、と。で、私はてっきり自分のことを変態だと思っていたのですが、これを見て、 [続きを読む]
  • 忘れじの I LOVE YOU
  • 高齢化社会が取り沙汰されて久しいですが、どうなるんでしょうかね。「最近、もの忘れが激しくてね〜」「ほぉ、お宅もですか? 私もなんですよ。で、どんなもの忘れを?」「何がですか?」なぁ〜んて、まともな会話すら成立しない社会になるんでしょうかね〜・・・って、これ立川談志さんの噺(はなし)なんですけどね。あ、そうそう、そう言えば忘れていたことを思い出しました(笑)少し古い話なのですが2012 [続きを読む]
  • 前を向いて歩こう
  • ベン・E.キングが東日本大震災(3月11日 )の悲報に強く胸を痛め、「日本の人々を元気付けたい」という思いを込めて制作し、2011年11月16日に発表したのが「dear japan 上を向いて歩こう」です。    ベン・E.キング - 上を向いて歩こう - YouTubeベン・E.キングといえば、思い浮かぶのが「スタンド・バイ・ミー」。1962年に発表されると全米で大ヒットした、名曲中の名曲です。数多くのミュージシャンたちがカヴ [続きを読む]