マツお母 さん プロフィール

  •  
マツお母さん: 遠藤さんの「子育ち」理論
ハンドル名マツお母 さん
ブログタイトル遠藤さんの「子育ち」理論
ブログURLhttp://kosodachi.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文遠藤さんの「子育ち」理論を実践しているマツお母さん。子育ち理論、ウメ子ちゃん(現在5才)の物語など。
自由文子がありのままに育つ!「子育ち」っておもしろいです。初めて知った時は目からウロコが落ちまくりました。一般の常識から少し離れているところもあるのですが、すごく納得できることが多いので、いろんな人に知ってもらえたらいいなと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2014/09/07 06:29

マツお母 さんのブログ記事

  • 子育ち茶話会@マツお母さん宅 その2
  • 昨日は、Tさんという方がわが家の「おもちゃ空間」を見に来られました。東京に住むお友だちから「子育ち」のことを教えてもらったそうです。Tさんにはもうすぐ3才になる娘さんと生まれたばかりの赤ちゃんがいます。赤ちゃんのお世話でどうしても、上のお子さんに対して一対一に丁寧に接してあげられる時間が足りないようです。DVDを見せて過ごさせるよりは、リビングにおもちゃ空間があれば……という気持ちが湧いてきたのだそうで [続きを読む]
  • 「間違えて怒られるって意味わかんない!」
  • 先週のウメ子ちゃん(5才5ヶ月)とタケお父さんのやりとりです。タケお父さんとマツお母さんの会話の中で、小林麻央さんが亡くなったこととか、いろんな話の流れがあった後、タケお父さんが「かわいそうだね」と言っていたのでした。ウメ子ちゃん「ウメ子もかわいそうだよ。お父さんに怒られて悲しい気持ちになるよ」タケお父さん「だって、ウメ子ちゃんが間違えたりするから」ウメ子ちゃん「間違えて怒られるって意味わかんない! [続きを読む]
  • ウメ子ちゃんからのプレゼント
  • 「お母さんにプレゼントあげるね」マツお母さんはウメ子ちゃんから手作りの絵本をもらいました。半分に折った紙を貼り合わせて、ちゃんと本のようになっていました。『うさぎ』「うさぎのおばさんにあ(っ)てなんかくれた」「いつもあ(っ)てるよう ななななな(ん)だ」「きこなななん」「いつにな(っ)たか」「いついついつ」「いいちご」ストーリーはさっぱり分かんないですけどね(^_^;)お腹の中の赤ちゃんには『きりん』と [続きを読む]
  • 幼稚園のボランティア
  • 今月は保護者の中からボランティアとして、ウメ子ちゃんの幼稚園に行く機会がたくさんありました。ボランティアをするといろんな子たちの様子が見られるのでおもしろいです。クラスの子たちの顔と名前も少しずつ覚えられますしね。32人コンプリートまであと少し…かな。ウメ子ちゃん(5才5ヶ月)は「今日お母さん、幼稚園に来るよね!やった〜〜♪♪」と、家では大喜びで飛びついてくるのですが、幼稚園で会うとお友だちと遊ぶのに [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才5ヶ月)の魔女ブーム
  • 2日前、ウメ子ちゃんが幼稚園から『まほうつかいのレオくん レオくんたたかう』という本を借りてきたので読みました。マツお母さんは『レオくん』シリーズを初めて知りました。「寺村輝夫・作、永井郁子・絵」と書いてあり、どうやら『わかったさん』シリーズと同じ作者のようです。このレオくんの本、マツお母さんはあまりストーリーに入り込めませんでしたが、ウメ子ちゃんは気に入ったようでした。昨日は幼稚園から帰ってくる [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才5ヶ月)と雷
  • 昨日、朝ごはんを食べていたら、ピカッ!………ゴロゴロゴロゴロ……と、雷が。ウメ子ちゃんは朝ごはんを残し、「もう寝たい……」と言って布団の上でタオルケットにくるまりました。「幼稚園もお休みする」とウメ子ちゃんが言うので、マツお母さんは本当に幼稚園にお休みの連絡を入れました。10時頃には雨もあがってきて、おなかすいたと言うので一緒にパンケーキを作って食べました(ウメ子ちゃんの残した朝ごはんはマツお母さん [続きを読む]
  • ウメ子ちゃんの情動
  • 夕飯後、お風呂に入る前にいつも絵本(もしくは児童書)を読んでいます。机上空間にある本棚からウメ子ちゃんが1冊選んでいます。昨日は、ウメ子ちゃん(5才5ヶ月)が「これにする!」と言って、『ビロードのうさぎ』(ブロンズ新社)を持ってきました。あらすじを簡単に言うと、クリスマスのプレゼントとしてぬいぐるみのうさぎが男の子のところにやってきて、寝るときも外で遊ぶときも男の子とずっと仲良く一緒に過ごしてきたの [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才5ヶ月)の物語 Mちゃんのお母さん
  • ちょっと長くてややこしい内容です。マツお母さん、普段は言葉での「説明」をしないように気をつけているのですが、ウメ子ちゃんに「説明」っぽくしてしまいました。マツお母さんもちょっと心が痛みました。子の物語にしてみると、後から、あぁ…あの発言はウメ子ちゃんには言わないほうがよかったかなとか、別の接し方があったんじゃないかな…って、いろいろとわが身を振り返るキッカケになりますね。結構余計なことやっちゃって [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才4ヶ月)の物語 夢を見る
  • 先週の金曜日。ウメ子ちゃんが「明日はお菓子のお店に行く」と言っていました。お菓子のお店というのは近所にある製菓材料店のことで、いつも行く公園やスーパーや幼稚園とは反対方向にあります。翌日の土曜日。朝からずっと「どんぐりが終わったら、お菓子のお店に行く」とウメ子ちゃんは言っていました。外に出る支度ができて、「早くお菓子のお店に行こうよ〜」とウメ子ちゃん。ウメ子ちゃんが家を出て歩いて行くのにマツお母さ [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才4ヶ月)の「どんぐり倶楽部」
  • 週に2回、ウメ子ちゃんとマツお母さんは「どんぐり倶楽部」の「良質の算数文章問題」に取り組んでいます。5月のある日のこと。ウメ子ちゃんはどんぐり用のクロッキー帳を開いて、今までやってきた部分のページを両手で挟んで持ち、「お母さん、見てみて〜!ウメ子のどんぐり、こんなになったよ〜」と、言っていました。ペラリ、ペラリと1枚ずつめくっていって、ありんこのりんこちゃんの問題のところで、「これが一番好き!涙が [続きを読む]
  • 子育ち茶話会@マツお母さん宅
  • 今日は、Hさんという方がわが家に来てくれました。2才7ヶ月の女の子Yちゃんと0才7ヶ月の男の子Kくんを連れて(^_^)「どんぐり倶楽部」の親の会を通じてネット上で知り合った方なのですが、「子育ち」にも興味を持ってくださったので、直接会ってお話しすることになりました。HさんはYちゃんとのお散歩を実践中なのだそうです。雨の日でも外に出られるように、カッパを購入したそうです(^_^)〜〜〜家の玄関から始まる散歩。子が行き [続きを読む]
  • 風邪をひいたウメ子ちゃん(5才4ヶ月)。
  • 日曜から風邪っぽかったウメ子ちゃん、月曜日は幼稚園に行き、お迎えに行くとすんなり帰宅しました。(最近はお友だちと遊んでから帰ることが多いです)顔が熱いので、家に帰って熱を計ってみたら、38.6℃ありました。ウメ子ちゃんはひとりで寝て、1時間くらいしたら起きて「おやつ食べる」と言って、バナナを半分食べて、また2時間くらい寝ました。目を覚ましたときは、幼稚園であったことなど結構元気よくしゃべり続けてました [続きを読む]
  • 週末のウメ子ちゃん
  • 昨日・おとといの出来事を。相変わらず、近所の公園に午前も午後も出かけた週末でした。〜〜〜先週の日曜に公園で四つ葉のクローバーを探して、たくさん見つかったので押し花にしていました。(翌日の月曜にはすっかり公園の草がキレイさっぱり刈られていて、ウメ子ちゃんは「草さん、かわいそう…」と言っていました。)金曜に押し花の上に乗せていたおもしをはずしました。(「金曜日に開けて見ようね」と言っていたので、ウメ子 [続きを読む]
  • おもちゃ空間と机上空間の大掃除
  • マツお母さん、自宅で「子育ちお茶会」みたいなことをしようと計画中です(^_^)……と言っても、「子育ち」に興味を持ってくれたお母さんをわが家に招待して、お昼ごはんでも食べながらおしゃべりするだけですけどね。近々、本当に来てくださるので、おもちゃ空間と机上空間を掃除しました。※1年前にも似たような掃除の記事がありました。→「おもちゃ空間の大掃除」〜〜〜昨日。ウメ子ちゃんが幼稚園に行っている間に、机上空間 [続きを読む]
  • ウメ子ちゃんと物語(お話)
  • 先週の暑かった日の物語から。ウメ子ちゃん(5才4ヶ月)は幼稚園から帰ってから、「お風呂で水浴びする!」と言って、裸になってお風呂場に浮き輪を持ち込んで、浴槽の残り湯で遊び始めました。マツお母さんが台所にいると、お風呂場からはしゃいだ声で「お母さ〜〜ん、見て見て〜!」とか「お母さ〜〜ん、足が浮いてるよ〜〜!」とかってウメ子ちゃんからなんどもなんども呼びかけられました。マツお母さんは呼ばれるたびに見にい [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才4ヶ月)とお隣のYちゃん(小学3年生)
  • 日曜日の散歩から帰ってきて、ウメ子ちゃんは家の前の柵をよじのぼっては駐禁の道路標識のポールをつたってスルスルと降りる……という遊びをひたすら一人で繰り返していました。マツお母さんは階段に腰掛けて見ていました。そこに、隣のマンションに住む小学3年生のYちゃんがやってきて、「あ、ウメ子ちゃんだ〜。今から公園行くよ〜」と言いました。マツお母さんは「今から行くんだね。ウメ子ちゃんはさっき帰ってきたとこなん [続きを読む]
  • ウメ子ちゃんの価値観  「ああいうことはしたくない」
  • 大荒れの天気だった土曜日から一転して、翌日の日曜はよく晴れました。ウメ子ちゃんと午前中に散歩へ。雨上がりの道路脇の地面にしゃがんで、白い卵を運ぶアリの行列をふたりで眺めました。「この子も何か持って運んでるよ〜。こっちもだよ〜。あ、これは家族かな〜」なんて、ウメ子ちゃんは指差しながら言っていました。雨上がりの散歩中に、何度か見るアリの光景。マツお母さんはアリさんたちの非常事態だろうなって分かっていま [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才4ヶ月)の物語 親子レクリエーション
  • おとといの土曜日は、幼稚園の親子レクリエーションの日でした。ウメ子ちゃんは何日も前から、「親子レクでお母さんと踊るからね」とか「カマキリマッサージっていうのをしてあげるからね♪」と言って、家でも一人で予行演習をして張り切っていました。当日の朝、ウメ子ちゃんはパッと飛び起きて(いつも通り)、「今日は早く起きなくちゃ!」と言って、幼稚園の指定Tシャツや体操ズボンを履いて準備していました。朝ごはんも食べ [続きを読む]
  • マイナス1才からの子育ち
  • 「子育ち」では、育児の期間は、−1才から20才までの21年間となっています。育児はわが子がお腹の中にいる胎児の頃から始まります。〜〜〜実は。現在、マツお母さんは妊娠5ヶ月なのでした。昨日5月11日は戌の日でした。特に安産祈願のお参りに行くとかは考えていませんでしたが、ウメ子ちゃんを妊娠中にお腹に巻いていたさらし(腹帯)を巻いて、久しぶりに一人で美容院に行ってきました。お腹が大きくなる前に、切っておくと楽 [続きを読む]
  • 「子育ち」と「どんぐり倶楽部」 その5
  • 「子育ち」では、9.5才までは「生活」と捉えています。小学校の「宿題」も、低学年までは「読み・書き・計算・漢字の書きとり」は「生活」の場面で、母親が指示を出してもいいことになっています。でも、ほんとうに「生活」の場面と捉えていいのでしょうか。9.5才までの間の育児の中に、「学習」の場面はでてこないのかなぁと疑問に思うのです。(遠藤さんも出てこないとは言ってないのですが、きっと具体例が乏しいんじゃないかと [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才3ヶ月)の「どんぐり倶楽部」
  • 「どんぐり倶楽部」の「良質の算数文章問題」に取り組んでいます。前回のどんぐりちょっと間違えていました。ウメ子ちゃんは7日付で月齢が変わるから、4月8日のは、5才3ヶ月に入れるべきでした。まぁ、どうでもいいことですけどね(^_^;)4月8日の分をのぞくと、7問。1ヶ月の間に8問やりました。週に2回(1日に1問まで)のペースでやれています。マツお母さんが「どんぐりやろっか」と言うと、ウメ子ちゃんは「うん♪ど [続きを読む]
  • ウメ子ちゃんの思考回路
  • ちょっと小休止。〜〜〜先週の土曜日のウメ子ちゃんの(情操的)物語。タケお父さん・マツお母さん・ウメ子ちゃん(5才3ヶ月)の3人で家にいたときのことです。おやつにクレープを3枚焼きました。マツお母さんはくるくるっと巻いて筒状にして、お皿に3本並べました。ウメ子ちゃんは「半分に切りたい〜」と言ってナイフを持ってきて、筒状になっている3本のクレープの真ん中を切り、6つに分けて「ひとり2個ずつ食べれるね」と [続きを読む]
  • 「子育ち」と「どんぐり倶楽部」 その4
  • 思考回路について書くと言っていましたが、ちょっと難しいかな……と思うので、マツお母さんなりに噛み砕いた説明にします。ですから、間違っていると思われたら、その部分指摘してください(^_^;)よろしくお願いします。〜〜〜「思考回路(思考モデル)」とは、脳内の働きで、分かりやすくいうと、考えるときに色々なものごとをつないでいく道筋のことです。(記事中は、思考モデルでなく思考回路という表記で統一します。分かりや [続きを読む]
  • 「子育ち」と「どんぐり倶楽部」 その3
  • 引き続き、「子育ち」と「どんぐり倶楽部」を並べて考えていきます。〜〜〜「どんぐり倶楽部」では、子の「考えられない」という状態は、子の能力の問題ではなく、生活習慣・学習習慣からきているとしています。「考えられない」状態から抜け出すためには、「早寝・早起き・朝ごはん」などという単純な生活習慣の改善ではなく、日常的な子との接し方から考えた生活習慣・学習習慣の見直しを考える必要があります。子自身が自ら考え [続きを読む]