マツお母 さん プロフィール

  •  
マツお母さん: 遠藤さんの「子育ち」理論
ハンドル名マツお母 さん
ブログタイトル遠藤さんの「子育ち」理論
ブログURLhttp://kosodachi.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文遠藤さんの「子育ち」理論を実践しているマツお母さん。子育ち理論、ウメ子ちゃん(現在5才)の物語など。
自由文子がありのままに育つ!「子育ち」っておもしろいです。初めて知った時は目からウロコが落ちまくりました。一般の常識から少し離れているところもあるのですが、すごく納得できることが多いので、いろんな人に知ってもらえたらいいなと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/09/07 06:29

マツお母 さんのブログ記事

  • 「子育ち」と「どんぐり倶楽部」 その2
  • 引き続き、「子育ち」と「どんぐり倶楽部」を並べて考えていきます。〜〜〜■「どんぐり倶楽部」での「分かる」と「考える」「分かる」とは、言葉を聞いてそれを視覚イメージ化できることです。視覚イメージ化できるものは絵に描くことができます。絵に描くことができるものは「分かっている」ということになります。例えば、ウメ子ちゃんと文章問題をやっていて、「バシャって何?」と聞かれたことがありました。「お馬さんが車を [続きを読む]
  • 「子育ち」と「どんぐり倶楽部」 その1
  • 今日から少し、遠藤さんの「子育ち」と糸山泰造さんの「どんぐり倶楽部」を並べて考えていきたいと思います。マツお母さんが子育ち講座を受講中に、遠藤さんと「どんぐり倶楽部」のことや糸山泰造さんのことを話題にしたという記憶はありません。「子育ち」だからというわけではなく、マツお母さんが個人的に興味を惹かれて「どんぐり倶楽部」を始めました。「子育ち」的に「どんぐり倶楽部」をおすすめしているわけではありません [続きを読む]
  • 「日課の安定からつまずいています」というコメントをもらいました。
  • タイトルの通りですが、「日課の安定からつまずいています」というコメントをもらいました。他にも同じように苦労されている方がいるかもしれないので、お返事も兼ねて記事にしてみたいと思います。以下、モモさんからのコメントです。『自分なりに子育ち頑張ってはいるのですが、日課の安定からつまずいています。なるべくいろんな所に外出するのを避けて、生活のパターンはなんとなく毎日同じようにはなっているものの、早寝早起 [続きを読む]
  • 6才までに「自分で考える」ということを確立する
  • ちょっとまとめっぽくなりますが、「学習」の場面に入る前に……。子育ちでは、母親は子の日課を安定させて、場面を区別して子に返していきます。育児には「命」・「遊び」・「生活」・「学習」の4つの場面がありますが、6才までは基本的に「遊び」と「生活」の場面がほとんどです。(−1才〜2才までは「命」の場面が結構でてくると思います。)「遊び」の場面では、母親は子に真似で返します。子の動き・発声・視線など、表情 [続きを読む]
  • 学習の場面について
  • 今月の「たよりもりの」(遠藤さんのお店「もりの」の会報)に、madam_donguriさんの文章が掲載されていました。「子育ち的教育場面のお話し会」の報告でした。日課の安定を頑張り、真似で返したり、指示・労いをしたりしてきて、子が学童期を迎える頃には子育ちの実践が実を結び、お母さんたちはわが子に頼もしい思いを抱いているかもしれない。でも、『新たに加わる学習の場面では、お子さんは初心者です。』……というようなこ [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才2ヶ月)の物語 駄菓子屋さんでお買い物
  • マツお母さんの実家の近くに駄菓子屋さんがあります。マツお母さんが小学生の頃によく行っていたお店で、今も変わらずにあるのです。ウメ子ちゃんは一度だけ行ったことがあります。春休みに帰省するということで、ウメ子ちゃんは「おばあちゃんちに行ったら、駄菓子屋さんに行きたいな〜」と言っていました。子育ちではなるべく「買う」という言葉も避けて、6才まではお金に関わらせないようにするのですが、4才くらいからは少しず [続きを読む]
  • 「子育ち」関連ブログ集 
  • わが家のデスクトップパソコンのネットのブックマーク(お気に入り)機能が壊れてしまいました。とても不便なので(ひとつひとつ検索して探しに行く手間がもったいないので)、リンク集をつくっておきたいと思います。(※この記事は、時々更新されるかもです^^)■子育ちサークル blogここから様々な「子育ち」の先輩ママさんブログへ飛べます。おすすめです(^_^)現在更新があるのは、・ madam_donguriさん の 「どんぐり★こ [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才2ヶ月)の「どんぐり倶楽部」
  • ウメ子ちゃんの家庭学習として、「どんぐり倶楽部」の「良質の算数文章問題」に取り組んでいます。春休み中、実家に帰省した時にもやるつもりでいました。ウメ子ちゃんもその気で用意していて、どんぐり倶楽部の問題とクロッキー帳を持っていったのですが、「どんぐりやろうか?」と声掛けしても、「今日はやらな〜〜い」と言い続け、結局やらないまま帰ってきました。遊んでくれる相手もいたしね。ウメ子ちゃんに断られてもマツお [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才3ヶ月)年長さんになりました。
  • 昨日、ウメ子ちゃんの通う幼稚園で進級式がありました。年中さんから年長さんにあがり、他の保育園や幼稚園から来た子など新しい園児がたくさん増え、クラスのメンバーはガラッと変わって、担任の先生も変わりました。年中さんの時の担任だったC先生は、持ち上がりでお隣のクラスの担任になっていました。ウメ子ちゃんのクラスの担任の先生は、この4月に新しく幼稚園に来たばかりのY先生になりました。マツお母さんはなんとなく、 [続きを読む]
  • ウメ子ちゃんとカードゲーム&ボードゲーム
  • 春休みに実家に帰省している間、ウメ子ちゃんはいろんなゲームをしました。「ウノ」も「カルタ」も「オセロ」も「すごろく」も、ウメ子ちゃんは初体験でした。子育ちには、「勝ち負けをあおらない」(→過去記事へ)というのがあって、マツお母さんもとても慎重にやってきましたが、ウメ子ちゃんはなかなかおもしろい子に育っています(^_^)「ウノ」というカードゲームをやっていても、何回かやってみるうちにすぐにルールを理解し [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才2ヶ月)の物語 金魚とのお別れ
  • 1年半ほど前に、ホームセンターでタケお父さんとウメ子ちゃんが金魚すくいをやって、1匹の金魚を連れて帰りました。近所の公園の池ですくってきたメダカなどの淡水魚と一緒に水槽で飼っていました。毎朝の餌やりがウメ子ちゃんの仕事でした。(やらない日もありましたけどね。)今年の3月に入って、金魚の動きが鈍くなったなと感じることが増えてきました。時々横転していて、タケお父さんと「そろそろヤバイかもね…」なんて話 [続きを読む]
  • 机上空間の材料 段ボール
  • ウメ子ちゃん(5才2ヶ月)の机上空間には、段ボールや空き箱や牛乳パックをたくさん常備しています。ウメ子ちゃんは「ピアノを作るぞ〜〜」とか、「じどうはんばいきんを作るぞ〜〜!」とか言いながら、段ボールを組み立てたりクレヨンで絵を描いたりしています。外に出かけるときにも自作のピアノを持って行っていました。タケお父さんがよく利用するAmazonの段ボールは、薄めでハサミでも切れるから重宝しています。カッターを使 [続きを読む]
  • ウメ子ちゃんと「当てっこゲーム」(フィンガーイメージ)
  • (※「子育ち」ではなくて「どんぐり倶楽部」の記事です。)「どんぐり倶楽部」の良質の算数文章問題を相変わらず週に2回のペースでやっています。算数の文章問題だけでなく、10日くらい前からウメ子ちゃんと一緒に始めたことがあります。ウメ子ちゃんの手の指をマツお母さんがにぎり、ウメ子ちゃんにその本数を当ててもらう……というゲームです。最初は明るいところで、両手の指を見ながらやっていましたけど、最近は夜、寝る前 [続きを読む]
  • ウメ子ちゃんへの指示 (5歳頃)
  • ウメ子ちゃんが幼稚園(年中さん)に通うようになってから、1年がたちました。今日で年中さんはおしまいで、明日から4月5日まで春休みです。ここ最近、マツお母さんがウメ子ちゃんに対してどんな指示を出しているか、ウメ子ちゃんはどんな反応をするかってことをつらつらと書いておきたいと思います。〜〜〜ウメ子ちゃんに食事の用意の指示を出すと、ほぼ9割がた断られます。マツお母さん「にんじん切ってください」ウメ子ちゃ [続きを読む]
  • 子に「ん?」とか「え?」と聞き返されたときに
  • ウメ子ちゃん(5才2ヶ月)は時々、マツお母さんやタケお父さんの問いかけや声かけに、「ん?」とか「え?」と返事することがあります。昨日も。タケお父さん「ウメ子ちゃんお風呂はいるよ」ウメ子ちゃん「ん?」タケお父さん「ウメ子ちゃんお風呂はいるよ」ウメ子ちゃん「ん?」タケお父さん「ウメ子ちゃんお風呂はいるよ」ウメ子ちゃん「ん?」タケお父さん「あーー!もう、腹たつなぁ!聞こえてるくせに!」なんてやり取りがあり [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才2ヶ月)のリュックサック
  • 一昨日のこと。タケお父さんが珍しく早く起きてきて、一緒に朝ごはんを食べました。普段、ウメ子ちゃんが幼稚園に登園する時間はまだ布団の中なのです。早起きしたタケお父さんは、幼稚園の見送りについてきました。3人で歩いて幼稚園に向かいました。(タケお父さんが行くなら、マツお母さんは行かずに二人で行かせても良かったんですけどね…^_^;)幼稚園の玄関の前で、タケお父さんはウメ子ちゃんと同じクラスの女の子たちの背 [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才1ヶ月)の「どんぐり倶楽部」
  • 「どんぐり倶楽部」の「良質の算数文章問題」に取り組んでいます。この一ヶ月、ウメ子ちゃん(5才1ヶ月)は8問、マツお母さんは7問やりました。(1ヶ月分をまとめているので、とてつもなく長〜い記事になります。)〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜2月11日(土)この日はマツお母さんも一緒に横で高学年用の問題を解きました。今まではウメ子ちゃんが集中してできるように……と思って、あえてやっていませんでした。( [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才1ヶ月)のひな祭り
  • 今日はひな祭りでしたね。今日は旧暦の2月6日で、昔だったらなんでもない日なのかもしれません。今年は旧暦の3月3日は3月30日のようです。旧暦の方が春のお祭りって感じがしますね。わが家のお雛様は、祖母(ひいおばあちゃん)からのもらいものの素焼きの人形と母(おばあちゃん)の手作りキルトですが、なんとなく旧暦のひな祭りの日まで飾るようにしています。そういえば、去年は旧暦の3月3日に家族3人で潮干狩りに行 [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才1ヶ月) 幼稚園でカレー作り
  • ウメ子ちゃんの幼稚園でカレー作りがありました。幼稚園で育てて収穫した野菜(じゃがいも・にんじん・たまねぎ)を使うことになっていましたが、幼保園全体では足りないので、年長さんはじゃがいも1個、年中さんはにんじん1本を寄付することになっていました。保護者の中でボランティアを募集していたので、マツお母さんも行ってきました。〜〜〜8時半に教室に向かうと、ウメ子ちゃんのクラスの子たちはみんな、エプロンと三角 [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才1ヶ月)とタケお父さんの物語  お手紙
  • ウメ子ちゃんの段ボールのおうちには、小さい段ボール製のポスト(郵便受け)も設置されていて、ウメ子ちゃんとタケお父さんが毎日手紙のやりとりをしています。ウメ子ちゃんは朝、タケお父さんが寝ている間に、折り紙の裏側の白い部分にクレヨンで書きます。タケお父さんは、お昼ごはんを食べに家に戻ってくるときに、ウメ子ちゃんにお手紙を書いて、郵便受けに入れてから仕事に戻ります。幼稚園から帰って、ウメ子ちゃんはタケお [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才1ヶ月)の歯ぎしり
  • 今月に入ってから、ウメ子ちゃんが夜中に寝ている時に、ギリギリギリ……と歯ぎしりをするようになりました。タケお父さん「おい、ウメ子ちゃん歯ぎしりしてないか?」マツお母さん「うん……。してるよね……」夜中に急に心配になりました。〜〜〜ネットで「子ども 歯ぎしり」と検索してみると、5才から10才くらいは乳歯が抜けて永久歯に生え変わる時期だから、歯ぎしりをする子が多いとありました(4才から6才と書いてあるもの [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才1ヶ月)の段ボールのおうち その2
  • 段ボールのおうちに屋根がついた数日後のこと。ウメ子ちゃんは「Mちゃんちみたいに『ピンポン』が欲しいよー!」と言いました。マツお母さん「ピンポンが欲しいね」ウメ子ちゃん「ピンポンってどこにあるの?」マツお母さん「ピンポンってどこにあるんだろうねぇ。何か音が鳴るものがあるかなぁ……」マツお母さんは机上空間に行って、ウメ子ちゃんの鉄琴を叩いたり、笛を吹いたり、メルヘンボールを鳴らしてみたりしました。ウメ [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才1ヶ月)の段ボールのおうち その1
  • 10日ほど前に、ウメ子ちゃんと同じクラスの女の子Mちゃんの家に行く機会がありました。Mちゃんの家では、寝室(?)におもちゃが置いてありました。(いろんな場所にいろんな物がごちゃっと置いてあり、使いにくそうだなって思いました……^_^;何も言わなかったですけどね。)ウメ子ちゃんはその中でも、「メルちゃんのおうち」が気に入って、中に入って遊んでいました。メルちゃんのおうちは、簡易テントのような素材で出来ていて [続きを読む]
  • ウメ子ちゃん(5才1ヶ月)と電信柱
  • 数日前のお風呂の中でのこと。マツお母さんとウメ子ちゃんは湯船の中にいました。マツお母さんは『デンシンバシラのうた』を歌っていました。ウメ子ちゃん「お母さん、でんしんばしらって手がないの?」マツお母さん「でんしんばしらは手がないねぇ」ウメ子ちゃん「でんしんばしらは足があるの?」マツお母さん「でんしんばしらは足があるのかなぁ?」ウメ子ちゃん「でんしんばしらはのどがある?」マツお母さん「でんしんばしらは [続きを読む]