カッパ さん プロフィール

  •  
カッパさん: 断酒と心身健康の為の読書
ハンドル名カッパ さん
ブログタイトル断酒と心身健康の為の読書
ブログURLhttp://ameblo.jp/sumikograshi/
サイト紹介文15年続けたお酒をやめることにした読書しながら断酒とお酒無しの生活を模索します。
自由文毒親がおり、社会的弱者だと思います。でも頑張って行きます。毎日を応援してもらえると嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/09/07 11:11

カッパ さんのブログ記事

  • 休みの日の過ごし方が下手くそ 97日目
  • 今日は取り敢えず過ごすのが下手くそな私を残しておこう。そう思う私がいるという話。休みになると気持ちが安定しない。何をしていいかわからないから。休むのが、自分が何をしたらいいのかわかんなくなります。ドキドキ旦那さんに依存してたのかもなと思う。前に書いたけど旦那さんが春からお勉強ででかけるようになった。自分1人で何をしたいかわからない。一応はお掃除したし洗濯物もあらかたやっつけたというのに。お散歩もし [続きを読む]
  • 体重へのこだわりが先 断酒96日目
  • 断酒96日目 続いています。昔を思い出してました。私は中学2年生の時に激しいダイエットをしました。たしか10kgくらい数ヶ月で落としました。 そのころクラス50人中44番とかだったんです。母親は成績至上主義でしたので私はミソッカスのように言われる日々です。そんな中でダイエットの成功がとても嬉しかったんです。 きっかけは「カッパちゃん、太ったんじゃない?」でしたが。その後とらわれが続きま [続きを読む]
  • 体重計は封印中 断酒95日目
  • 断酒95日目です。そして体重計は封印中です。断酒すると痩せるって聞くけれどそんなこともないです。ストレスからか食べてしまいました。太った感じはあるんです。お腹周りとか顔とか足とか。でも、少々ふとったり痩せたとこで私は私なんですよね。周りの人は全く気にしてない。「ふとってちょうどいいわよー」くらい。若者だらけの価値観だと違うけど世界は若者だけで構成されてないです。となると、『和菓子のアン』のアンちゃ [続きを読む]
  • 自分で決められないのは私もです。//断酒94日目
  • おはようございます。自分で決められない人たちという本を読みました。2004年の本です。13年も前なので古いですが違和感は感じません。著者は日本人はそもそも依存性が高いことが良いという風潮があると言います。 自分では決められず他人の反応を良く見て優しく相手に合わせることのできる美徳でもあります。しかし一方で責任は負いたくなく助けてもらいたがる傾向があるとのこと。 私も自分で決めることが苦 [続きを読む]
  • 頼られる方法の本を読んだのに?//断酒93日目
  • 誰からも頼りにされる方法知りたくて今日はこの本を読みました。すると、、、、。頼りにされるには相当、成長する必要があることがよくわかりました。人との会話や時間管理などの仕事の技術はもちろんのこと夢をもつことなども必要とのこと。 そりゃ頼りにされるんです。ぐでたまみたいだったり愚痴やいいわけ、反論ばかりしている。それよりにこにこして元気でパワフルで夢を持ってテキパキしてる方が良いように思います。 [続きを読む]
  • そういえば下にいたなと思い出した//断酒92日目
  • おはようございます。桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)Amazon今更ですが題名は知ってる本を読みました。 私が刺さったのはクラスのヒエラルキー。話自体は 桐島君視点では全く描かれません。周りの人が桐島君が部活を辞めたことで生まれたズレに対して思うことを述べています。 高校生の時って残酷なとこあります。元来の顔の可愛さだけでなく、化粧や態度なんかで女子の上下が決まる。 男子 [続きを読む]
  • 調子悪いので
  • おはようございます。禁酒91日目アルコールこそしてないですが過食スイッチも入りとても調子悪いです。でも食べなきゃ死んでるし、太っても私は私。逃げグセすべてが私だなと感じます。自分の為にと思うと自分がわからなくて息苦しくなります。誰かの為に生きるのも綺麗だけどそれも違うと思います。 土日こんなんでも平日は仕事してるしお酒は飲んでない。それだけで3ヶ月目の私にしては十分。本も読みながら整えるようにし [続きを読む]
  • ぷち過食と感動を
  • 昨晩は、お弁当にお好み焼きにサラダとポテトフライを食べました。ぷち、過食満腹になった。すると急激に襲うお酒を飲みたい気持ち。睡眠薬を飲み寝落ちすることにしました。寝ちゃえばきっと大丈夫。今日の朝はまだ薬の作用ってて怠くて横になったまま。まあ、そんな日もあってもいい。少しゴロゴロします。禁酒90日目!おめでとう。本は透明なゆりかご(1) (KC KISS)Amazon看護師の見習いの女の子の視点で産院での出来事をみてる [続きを読む]
  • お金って貯まらない。
  • おはようございます。我が家は節約してます。友達にも衝動的にラインしました。お金が無いと遊べない。という思いがあったので。その考えはお酒を飲む=遊ぶ=それなりにお金がかかる。があるのだと思います。 節約生活になっているのは夫が勉強するからです。2年で300万円くらいかかります。 私が不幸になると母が言うのはここです。私は過去に同じように勉強しはじめた相手と別れたことがあります。&nb [続きを読む]
  • 毒親について物語仕立てで学べる本
  • まず、先日はコメントありがとうございたした。今日は毒親に苦しむ、もしくは苦しんだ女達がでてくる物語仕立ての本。主人公は仕事に一生懸命な33歳未婚の女性。彼女の母親は娘を縛る。県外から月に一度来て昔と変わったや他の人と比べて愚痴を言うのだ。どこか苦しい。逃げたくて県外にきたのに。そんな彼女が結婚して子供が産まれる同級生、シングルマザーのバリバリ働くキャリアウーマンと出会う。毒親持ちの人と交流を持ちな [続きを読む]
  • 弱音をはいてます。後は演劇について少し知る
  • おはようございます。私のプログはいつも二本立てです。1つは本の感想です。読んだ本について時に引用し、時に感想を書きます。2つ目は断酒についてのカウント 読む本は依存やアルコールなどについての本もあります。しかし、ビジネス本や小説も読みます。色々と読んでますね。 実はアクセス数やイイネの数は日々減少しています。数字ってみて比べる。そんな癖が社会人でもあるので身についてます。だから気に [続きを読む]
  • 春の嵐と図を書くこと
  • 私は悩んだ時は図で考えるようにしてます。考えがまとまらない時にです。 私は頭の中で色んな情報やぽっと浮かんだ考えが大渋滞を起こすことがあります。 資料を作るとき、人前で話すとき、大事な事を伝える時に大渋滞が起こってしまいます。 理論整然と話す事ができる人に憧れを抱いてます。 図を書く事で解消されるとこの本にあり、嬉しく思いました。図は本を読むとパターンが紹介されているの [続きを読む]
  • その気になれば砂漠に雪を降らせることができる?
  • その気になれば砂漠に雪を降らせることができる。この意味は不可能なこともその気になればできる?!です。この本の主人公も登場人物も大学生。彼らは砂漠に雪を降らしてみせます。それは西嶋という1人の登場人物の影響が大きいと思います。彼は空気読めず、平和の為に麻雀の平和を愛してます。でも、できることをすぐする。弱肉強食なんてしったもんか!目の前で死にそうなものがいたら助ける。偽善で何が悪い。ということで砂漠 [続きを読む]
  • 私のミスなのに罪悪感を抱かせない
  • 今日、私が100%悪いのに一ミリも嫌な顔をせずに対応してくれた店員さんに感謝。ありがとうございます。近所のチェーン店こカフェでのできことです。私は片手でお盆に飲み物をもち席をさがしていた。お盆の上にはアイスコーヒー。空いてる席をみつけて置こうとしたらコーヒーが倒れたのです。あっと思ったけど机は水びたし。申し訳なかった。店員さんがすすっと寄ってきてにこっとわらう。「少々お待ちください。」手には新しいア [続きを読む]
  • お金のことは家族のゆくえに関係してるともやもや
  • 今日の本は家族のゆくえは金しだいAmazon信田さんの話私が学びになったのはお金のことは相談しちゃいけない。と思っている人が多いとのこと。知らなかった。それが現実なのだとびっくり。家族はお金 権力だといいます。お金のある親が子供をお金でしばったり。DVの手段としてお金を自由に使わせないがあったり。ひきこもりやアルコール依存にお金を与えることで長引かせちゃったり。する。そんな家族が変化するにはお金が [続きを読む]
  • 和菓子が食べたくなる作品をどうぞ。
  • おはようございます。先ずは昨日はコメントを沢山いただき嬉しかったです。アルコールや依存、メンタル関係以外の本の感想も書き散らかしてます。 でも、やはり問題解決や今を生きるために時に今の悩みの周辺には興味、関心を持っていたいです(^_^)でも今日は趣味やな。読みやすくて和菓子が食べたくなる作品といえば和菓子のアン (光文社文庫)Amazon私はこっそりこれを読んでから和菓子を買って食べました。買っちゃう [続きを読む]
  • 死のトライアングルを防ぐ為に
  • 今日は真面目な話自殺やうつを防ぐ為にはアルコールの問題にも取り組むことが大切!働き盛りの40代、50代の人が自殺する前にはなんらかの精神疾患があり、なおかつアルコールの問題があったとのこと。アルコールから関連する経済問題だけではなく飲んだ時のふわっとした感じも死ぬという間違った決定に影響してるといいます。やることはわかってるのに 日本はアルコールに寛容な国フィンランドの自殺への対策は紹介されても [続きを読む]
  • 過食が酷いと夢を新しくみつけてほしい人に
  • おはようございます。ブログなので内容が混じってます。過食が酷くて辛いということと本の感想が入り乱れるのです。さて、ここのところまた過食が酷いです。食べているときは幸せなのですが終わったあとに罪悪感を感じます。ああ、、、お酒を飲んだ次の日のまた飲んじゃった、、というのに近いです。同じ事の繰り返しのようで凹みます。また、顔中にニキビもでていてきっと過食の副作用です。そうなるとデトックスしたくなります [続きを読む]
  • アルコール依存社会を読んで//79日目
  • おはようございます。アルコール依存社会―アダルト・チルドレン論を超えてAmazon今日はこんな本を読んだ感想を。私は毎日、1日ずつの断酒を積み重ねています。20歳前に飲み始め、いつもお酒の席を好む。いつからか一人酒も始め30歳前後からおかしくなっていった私。今も定期的にアルコールや依存の本は読んでいます。今日の本は一言でいうと調べられて研究されている本でした。目次を読むと1章 酒飲みをめぐる状況2章 &nbs [続きを読む]
  • すぐそばにある貧困//78日目
  • 横浜駅の連絡通路に寝る人達。多摩川沿いに住む人達電話ボックスに住む人沢山の荷物をもって近所に座る老人見ないようにすれば見えないけど私達のすぐそばには貧困がある。私だってちょっとしたことでなりかねない。キャリーバックひとつで過ごした時期だってあったのだから。著者はボランティアで炊き出しに関わそこからNPOの活動にとつながって行く。うまく行かなかったケースも赤裸々に話しそこがリアルを感じる。生活保護や一 [続きを読む]
  • くーっ愛着スタイルなんてどうすればいいの?//77日目
  • 愛着崩壊!なんて刺激的なタイトル愛着崩壊 子どもを愛せない大人たち (角川選書)Amazonということで読み始めました。統合失調症は軽症化し入院期間は短縮。しかし、その他の精神疾患は総じて増加。依存症、摂食障害、気分障害、発達障害などです。そしてその原因の1つには愛着スタイルがある。愛着スタイルは要するに母との関係からできた人との関係のスタイルのこと。4つのパターンがあります。 昔でいう3歳まで母と共に [続きを読む]
  • 自殺が少ない場所と風邪//76日目
  • おはようございます。昨日の夜にまた風邪をぶり返してしまい熱が38度まで出ました。苦しい中、ラインで連絡をくれた友達に感謝です。風邪を引くと迷惑をかけるので早くなおなさいと。さて、本はこんなのを読みました。新聞のコラムで出ていて気になったので読んでみたんです。自殺が少ない地域ってどんなとこ?その島のひとたちは、ひとの話をきかない――精神科医、「自殺希少地域」を行く――Amazonそこではなんと、適度に薄く [続きを読む]
  • 風邪の経過とお手伝いの大切さ//75日目
  • おはようございます。まずは暖かい言葉ありがとうございます。 温度の変化と土日と休めていな無理が祟ったのだと思います。今週末も休めないのでそこが悩みです。旦那さんはうつったら困ると2日間別の部屋で寝ていたのが少し寂しかったです(^.^)今日はお仕事に行きます。今日の本はお手伝い至上主義!―「自分で決めてできる」子どもが育つAmazonヒマ、貧乏、お手伝いで子供が考えるようになるとの子育て方法。勉強至上主義よりい [続きを読む]
  • 母のことと風邪でダウン//74日目
  • おはようございます。こんなことがあった。母親との電話泣く母。「カッパちゃんはまた不幸になりそうな人と結婚した。きっとまた不幸になる。かわいそう。妹ちゃんも不幸なの。なんでかしら?私の子育てがわるかったのかな」またこんなこともいう。「子供なんてそばにいないもの。何もしなくていい。でも本当は帰ってきてほしい。歳をとっていくのは不安だ。怖い。さみしい。しくしく。なんででていったの?カッパちゃんが大好き [続きを読む]
  • フルーツデトックス延期 と原点
  • ごめんなさい。フルーツデトックスは4月6日からにします。禁酒73日目。昨日は帰るのが遅くなり家に帰ったら23時。0時には寝て朝は5時に起きました。そんな時間からも分かりますか?ストレスが溜まってました。あれこれ沢山食べちゃいました。まだ仕事沢山残ってる。でもでも仕方ないとします。そんな日もあるさと言い聞かせる。明日は?って?絶対に疲れそうだからご褒美を準備しておく。今日は塩の街 (角川文庫)Amazon読んだ報告 [続きを読む]