Umm Ali さん プロフィール

  •  
Umm Aliさん: 猫とヨルダン生活
ハンドル名Umm Ali さん
ブログタイトル猫とヨルダン生活
ブログURLhttp://jordanseikatu.blog.fc2.com/
サイト紹介文ヨルダンのアンマンに住んで6年。四人の子供達との愉快な生活やアラブ料理、その他いろいろ書こうかな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/09/07 17:19

Umm Ali さんのブログ記事

  • 相変わらずな長女が明かす、ヨルダン女の子事情
  • ふと気付けば、家には私と長女だけだった。昨日、長女は学校の遠足で、マダバ、キングスハイウェイ、パノラマ、死海の、ぐるっとコースを回ったらしい。そして今日は、お休み。ヨルダンの学校あるあるなのだが、遠足の翌日は、みんな休む。休む理由が、遠足で疲れたから…だとか。最初の頃は、それがどうも納得できず、「何を甘っちょろい事を言っている!」と、無理矢理学校へ行かせた事もあったが、「クラスの人数が少な過ぎて、 [続きを読む]
  • ハーブティーを楽しまず、葉っぱを食す マロウ(ウスベニアオイ)
  • 今回は、ホッベーゼについて。ホッベーゼ????? (または、?????)とは、ゼニアオイ属 アオイ科 アオイ目のウスベニアオイ。一般的には、マロウという名で、ハーブの一種として知られている。ハーブティーとして、花が使われるが、今回は、葉っぱの方をいただいた。今の時期、ヨルダンの八百屋には、ホッベーゼの葉が出ている(らしい、うちの近くでは見ないが)。しかし、八百屋で売られているホッベーゼは、しっかり育って [続きを読む]
  • 人生の峠健康診断と配膳エレベーター続報
  • もう4月ですね。ついこの前、2017年になったんだ〜と思っていたら、あっと言う間に、一年の1/3が終わろうとしている。4月は私の誕生月。誕生石は、ダイヤモンド。半世紀、無事に生きてきました。何と無く、「あ〜もう、人生の峠を越えちゃったな…」と、考えたが、よく考えると、峠が50なら、あとまだ50あるじゃん。あれ?私、100まで生きるつもりか?こんな事を、誕生日の日に3回くらい考えていた。昔、叔母と話していた時に、何 [続きを読む]
  • 可哀相なプリウスと炭火焼風焼き鳥
  • 実は、先日の長女の懇談会の後、ガソリンを入れに行き、ガソリンスタンドの裏口から入り、中でくるくる車で回っている時に、そこにあった石と仲良くなった。そんなに大きな石には見えなかったのに、実物は案外デカかったらしい。ガリゴリっと音がして、???と思いながらそのまま給油する所へするするっと行った。それでも、車の給油口とは反対側に停まったのだが、おじさんは顔色を変えずに、淡々と仕事を続ける。私が反対に停ま [続きを読む]
  • ヨルダン学校事情 長女の懇談会
  • 長女の懇談会に行ってきた。新しい学校になって、始めての懇談会。(実は前にもあったが、用事で行けなかった)こんな時は、不安半分ワクワク半分な気分になる。何を言われるのかのドキドキは、それほど無い。どちらかと言うと、私を受け入れるかどうかだ。海外に住んでいると、相手が受け入れてくれているかどうか、敏感になる。受け入れてくれていないと、こちらが一生懸命話しても、通じない。(これには語学力の問題もある)受け入 [続きを読む]
  • 三男、9才になる。誕生日ケーキは、ケーキじゃ無くて…
  • 昨日は、三男の誕生日だった。いつも、誕生日には、本人希望のケーキを用意する。「コズモのケーキが良い」「あそこのケーキ屋が良い」「ママのケーキが良い」(嬉しいけど、面倒臭い、けどやっぱり嬉しいから作る)などなど、子供によって、言う事がばらばら。そして、今年の三男の希望は、、、「シュワシュワゼリー」以前、一度だけ炭酸飲料の7upを使ってゼリーを作った。(もちろん、豚由来の粉ゼラチンは使っていない。今回も。ど [続きを読む]
  • ある日のアンマン書道部
  • またまた、書道教室。今回の(私の)お題は、「春夏秋冬」。は、上手に書けなかったので、写真は無し。その代わり、先生が素敵な文字を書いて下さった。立派な「おかんアート倶楽部」。看板だけは立派である。ついでに、新作のブックマークの写真も。ここには、理想と現実がある。これが理想のブックマーク。でも、現実は…なんでこうなる?手だけがやけにカエルだ。これぞ、「おかんアート」。宇宙人も確実に増殖している。そしてこ [続きを読む]
  • 自分で自分の名前を考える…?
  • 春真っ盛りのヨルダンです。夏はすぐそこまで来ている予感。もうすぐ三男の誕生日。今も横でピーピー言っている。「ママ〜、ベッディ ハディーエ ミン ママ ゲーロ ベンキョウ」(ママ〜、ママからプレゼントが欲しい、勉強するやつ以外。みたいな感じ)三男は勉強が好きでは無い。おそらくゲームを買わされるであろう。私は、ゲーロ ゲーム(ゲーム以外)がいいのだが。さて、うるさい三男の話は置いておいて、今回の主題は、、、実は [続きを読む]
  • 新しい家族が増えるって、楽しい!!
  • 実は、最近、うちに家族が増えた。いや、私が出産した訳ではない。家族とは……かめ〜アラブギリシャリクガメ。何故この亀が、上のご大層な名前だとわかるかと言えば、ヨルダンにいたから。ヨルダン南部の街、マアンの畑に居たそう。「マアン」と言えば、佳子さん。そう、佳子さんのご主人様が、知り合いの畑仕事を手伝っていて見つけたとか。佳子さんのところには、お孫ちゃんがいるので、孫ちゃんの遊び相手にと、ご主人が拾った [続きを読む]
  • 自由に楽しむ書道
  • 今、JGJカルチャー倶楽部にて、書道教室が開催されている。以前にも書道教室の話を書いたが、今回は、更にパワーアップした書道教室だった。今回は3回目という事もあり、新しく参加された方も居られ、皆それぞれ思い思いの書道教室となったのだが………先生が数冊の書道の本を持ってきてくださり、各々好きな書体を楽しむ…という自由だけでは無く…私は、平仮名で、い、ろ、は、に、ほ、へ、と、と練習していたのだが、それに少し [続きを読む]
  • シリアの情景 写真展FAINAL のお知らせ
  • 今回は、友人の写真展のお知らせです。シリアの情景 写真展FAINALclock3月23日〜3月29日3月23日 17:00 ~ 3月29日 12:00 UTC+09デザインフェスタギャラリー Design Festa Gallery〒150-0001 東京都 渋谷区神宮前3-20-18ちょうど、今日から始まります。彼女は、まだシリアが平和だった頃に、青年海外協力隊としてシリアに赴任、内戦が始まり、任期途中での退避を余儀なくされた。シリア滞在中に撮り貯めた写真を、今回、写真展として [続きを読む]
  • ヨルダンにも「母の日」がある〜Happy Mother's Day〜
  • 「はっぴーまざーずでぇ〜い」と言って、昨日、家庭教師の先生が帰っていった。ああ、明日は母の日なんだ…「ん…よし!明日は、ママの日だから、ママはご飯を作りません。あんた達で作ってね!」と言うと、子供達はぶーぶー言うかと思いきや、ヤッター!と言い、三人で何を作るか相談しだした。長女、次男、三男の嬉しそうな様子に不安を感じたが、任せる事にした。そして今日、朝ごはんは用意したが、昼ごはんには何も作らなかっ [続きを読む]
  • 目指せ!ヨルダン国花 ブラックアイリス2017
  • ほっかほかのブラックアイリス情報。昨日、ヨルダン国花のブラックアイリスを探しに、とある場所へ行ってきた。それまでの情報では、先週、アンマンより北部にある植物園で、いい感じに咲いていた、と聞き、今年は、暖かいので、咲くのが早いんではないか?という話もあり、ブラックアイリスに詳しい方に、大体の場所を聞き、おそらく今が見頃!と決め、ガソリンを満タンにして出発。一昨年訪れた場所を先に見て、、、と思ったら、 [続きを読む]
  • おかんアート倶楽部報告〜宇宙人、仲間を連れて来る
  • 今週も、おかんアート倶楽部(JGJカルチャー倶楽部手芸部という立派な名前がある)が開催された。前回の倶楽部報告で、宇宙人を紹介させていただいたが、今回、宇宙人に仲間がやって来た。どれも個性があって素敵だ。緑の宇宙人は、真似をして私が作ったが、どうも個性が無い。やはり、Kさんの宇宙人には敵わない。ということで、今回はこの宇宙人達が見守る中のおかんアート倶楽部。今回は、ピンタレストで見つけて、難しそうだから [続きを読む]
  • アンマンのラーメン屋(中華料理)
  • ということで、前回の続き。春を満喫するドライブを考えていたのが、何故かマジディーモールのラーメン屋行きになり、行ってきた。前に行ったのは、いつだったか…2015年の11月か。(もうブログが私の日記になっている)一年以上行かなかったら、店の料理の写真が変わっていた。壁中、料理の写真だ。多過ぎて、何が何やらわからないが、テーブルにもメニューがあり、前よりメニューが増えてる気がする。以前のブログに、餃子が無い、 [続きを読む]
  • ヨルダンには、11個もダムがある!!
  • ここ数日曇りの天気が多いヨルダンだが、晴れていれば、昼間はポカポカとして、ヨルダンの短い春が始まっているのがわかる。きっと郊外へ行けば、緑が溢れ、可愛い花なども咲いているはず。何処かへ行きたい…と思ったのは、先週。友人に、オススメのお出かけスポットを聞き、気分も春仕様。友人のオススメは、ザルカ川だったが、聞けば、道が結構険しいらしい。プリウスではちょっと心配。ウンムカイス(ウンムケースとも)も良いが [続きを読む]
  • おかんアート倶楽部に 宇宙人現る!!
  • 今日は、週に一度のおかんアート倶楽部(手芸倶楽部)の日。ビーズ教室から始まり、ビーズの先生(ビーズだけでなく何でもできる師匠)が帰国され、一時、立ち消えになっていた倶楽部で、レース編み教室を開催し、そこで私はレース編みを教えていただいた。その後また、消えかけた倶楽部で、暇人(本当の暇人は約2名)が集まり、好きな事をするという、倶楽部と言うには図々しい、手仕事半分喋り半分の井戸端会議を始めた時は、3人、手よ [続きを読む]
  • 世界に広がっていたamigurumi
  • つい数日前まで、うちのコタツのテーブルの上には、作りかけの「あみぐるみ」のうさぎが、頭と胴体だけが残り、その横に手や足が散らばっている、バラバラ殺人事件の態で、放置されていた。「あみぐるみ」とは、毛糸などで編んで作ったお人形の事だ。そんな事、知ってるわ!と、仰られるかもしれないが、私は、編み物を始めてから知った。そして、あみぐるみは、「Amigurumi」というそのままの名前で、世界に広がっている。その証 [続きを読む]
  • 個性が炸裂した休日…次男三男と長女
  • イスラム教の国ヨルダンでは、金曜日はお休み。昨日から子供達と、何処かに行きたいね、と話していたが、結局何処へ行くあても無く、家でのんびりしている。今日一日は、ゲーム無し!と朝から決めてみた。暇そうな子供達に、Aさんから預かっているギターを出す。早速、次男三男がギターを手に取るが、手も身体も小さ過ぎて、指で弦を押さえるのに一苦労。次男に、ドレミを聞くと、ちゃんと覚えていた。(覚えていたよYちゃん)私が、 [続きを読む]
  • 小ネタ集〜最後の写真がオススメです
  • 天気が荒れ模様のヨルダンです。今日は天気が悪く、アバジョール(シャッターの様な雨戸)を開けていても部屋は薄暗く、電気を点ければ、お向かいの学校から部屋の中が丸見えになるので、アバジョールを閉めていた。家の中は暗かった。台所で昼ごはんの用意をしようと、始めの休憩をしている時、長女が帰ってきた。玄関まで鍵を開けにいくと、玄関は暗く、持っていたiPadの電気が眩しいほど光っていた。こんな時は…やらねばなるまい [続きを読む]
  • アラブのサラダ タッブーレはイタリアンパセリで
  • 平和な日々が戻り、今日のメニューは、子供達が好きなオムライス。サラダも…と思ったところに長女が帰ってきた。サラダにほんの少しだけ入れようと、イタリアンパセリを出していたのだが、それを見て「今日はタッブーレ作るの?」と嬉しそうに言う。「いや、作らないよ。自分で作りなさい。」と言うと、OKと言い、自分で作るつもりになっていた。そのまま作ってもらえば良かったが、何と無く自分で作った方がいいかも…と思い、作 [続きを読む]
  • 次男、ポメリートに胃袋を掴まれる!
  • 今回は、(私の中で)新しいフルーツのご紹介。今の季節、ヨルダンの果物屋(八百屋)は少し寂しい。いつものバナナ、オレンジ、パイナップルなどなど、見慣れた物ばかり。たまに葡萄もあるが、輸入なせいか値段が高い。最近は、近所の八百屋で、カラマンティーナと呼ばれているみかんを買っている。まあまあ美味しい。先日、いつもの「おかんアート倶楽部」が開催された。その日は5人集まり、いろんな話題が出た。その中のお一人、Fさ [続きを読む]
  • ヨルダン人甥っ子の試練と彼からみるヨルダン若者事情
  • 最近我が家に、旦那の甥っ子がよく来る。今月頭に、彼の父親(旦那の兄)が、突然亡くなり、可哀想に思った旦那が、あちこち行くのに誘っている。彼(仮にA君)は、今ヨルダンで多い、無職の若者である。年齢は、28才。独身。ヨルダンでは、仕事無しで結婚するには、余程の資産家でなければ難しい。(関係ないけど、黙ってベレー帽っぽい物を被ってくれる、たま。)私が初めてA君を見たのは、約20年前。まだ、小学校入りたての、子供だっ [続きを読む]
  • ドラマというより、新喜劇…
  • 後期の学期が始まり、約2週間が過ぎた。もうそろそろ子供達も学校行きに慣れ、早寝早起き。写真が無いと寂しいので…完全に配色ミスな、カップアイス。(カップケーキではない)後期が始まり数日経った時、長女が思わぬ事を言った。「お金払わな、バスこーへん」はぁ??? である。話を聞くと、まだ後期の学費を払っていない子供達は、スクールバスのお迎えがストップして、親が送り迎えするか、自力で学校へ行かねばならないらしい [続きを読む]
  • アンマンで、夜な夜な響き渡るその音色は…
  • 最近ブログのペースが落ちている。少々雑用(家事とも言う)が多い事もあるが、座ってこちょこちょ作っているからかも。そして、お箏仲間の友人Sさんが、お箏を貸して下さった。私の覚えが余りにものろのろとしているので、「これ、貸してあげるから家でしっかり練習なさい!」…という訳では無く、忙しくて自分は練習できないので、どうぞよろしかったら使って下さい、と貸して下さった。こうなれば「家で練習できないから〜」とか [続きを読む]