澄川綾乃 さん プロフィール

  •  
澄川綾乃さん: 澄川綾乃のカンタン家庭療育
ハンドル名澄川綾乃 さん
ブログタイトル澄川綾乃のカンタン家庭療育
ブログURLhttp://ameblo.jp/sumikawa-ayano/
サイト紹介文発達障害や自閉症、言葉が遅いお子さんの言葉が出るためのお母さんの関わり方を記載しています。
自由文療育方法の何から手を付けていいのか分からない方、忙しくて療育に手が回らない方へ、簡単な方法で確実に力を付けられるように計画、支援します。
「昨日できなかったことが今日できる喜び」を実感し、我が子をもっと愛せるよう支援します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/09/08 08:48

澄川綾乃 さんのブログ記事

  • 多動ADHDの薬を飲むかどうか迷いと決断
  • 岐阜市では、幼児期は、あおぞら(現在のエール岐阜)というところで定期的に、市に依頼されている特定の医師が訪問し、発達に関する診察を受けることができます。息子は、2歳の頃から診察を受けていました。 小学校に上がると、あおぞらでの診察は無くなります。そこで、息子は、その先生の所属している国立病院で引き続き、半年に1回診察を受けています。3歳の頃に作業療法を数か月受けていましたが、その後は病院の療育を受 [続きを読む]
  • 普通学級で100点満点!療育を卒業したあの子の今
  • おかげさまで、息子は楽しく小学校に通っています。 先週行われた運動会では、問題行動もなく、ほかの子供たちと同じように演技することができました。 また、月例のテストで、算数国語ともに100点を取ることができました! 授業中、姿勢の維持が難しかったり、集中力に波があるなど、問題はありますが、先生に声掛けしてもらいながら、普通学級で生活しています。 このまま一年間普通学級で頑張 [続きを読む]
  • 自分なりの言葉で思いを伝えるように パーソナル療育プログラム
  • 4歳の言葉が遅い子どものパーソナル療育プログラムのご相談支援事例です。 トイレの「プー」繋がりで、プーと鳴る椅子に座ってほしいと要求 「じてんしゃのってプー」と言うので?「自転車と椅子、一緒に?」と聞くと、「お母さん 自転車、澄川先生プーして」と、同時にやることを要求してくれました。こんなことまで、自分なりの言葉で伝えられるようになったんだ、と嬉しくなりました。 ▼こちら自分なりの言 [続きを読む]
  • 語彙を増やすパーソナル療育プログラム 3歳の子どもの事例
  • もともと、言葉が出なくて、パーソナル療育プログラムで、言葉のまねの音声模倣ができるようになったお子さん。それから、オウム返しでどんどん言葉を覚えて、語彙を増やしていきました。 うちの息子もそうです。3歳の頃の自閉症スペクトラム・軽度知的障害の息子の特徴 言葉が出ない・遅い・発達障害や自閉症の子どもの言葉や発達を促す育て方:家庭療育の方法をお伝えします。パーソナル療育プログラムでバック [続きを読む]