Runrun_k2 さん プロフィール

  •  
Runrun_k2さん: Runrun日記
ハンドル名Runrun_k2 さん
ブログタイトルRunrun日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/run43034
サイト紹介文団塊の世代の男性です。2014年に脳出血を起こしてしまいました。再起奮闘中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/09/08 10:03

Runrun_k2 さんのブログ記事

  • 散歩道 2017/3/24
  • 散歩道 2017/3/24彼岸桜が、ぼつぼつ咲き始めるのではと今日は、そう思って散歩に出かけました。彼岸桜は、ちらほら咲いていましたが、まだですね。見頃になるには、あと一週間ぐらいかかりそう。ハクモクレンの街路樹が、見頃です!今日は、遠くまでぶらぶら歩いたので一時間半ぐらいの散歩になりました。図書館に寄って、それからバスで帰りました。 [続きを読む]
  • 最近読んだ本ー海の都の物語
  • 塩野七生 著作 「海の都の物語」 新潮文庫私は、ヨーロッパの歴史なんぞ、よく知りません これは、ヴェネツィアの物語なんだけれど、ヴェネツィアって、ゴンドラの行き交う、綺麗な街の事?古代ローマ帝国が衰退し蛮族が押し入って来た時、ヴェネツィアの人達は、海上の干潟に逃げ込んで街を造ったとか。周りは、満潮の時は海となり、引き潮の時は泥の沼潟となってしまう所で、蛮族たちは、そんな所へ攻め込むのは馬鹿らしくっ [続きを読む]
  • そうだ、今日は多治見に行こう!
  • 「そうだ、今日は多治見に行こう!」なんて、妻が突然言い出しました。何の突然どころか・・・きっと妻は、ずっと前から考えていたのだそれで、今日は多治見に行ってきました。目的は、多治見市学習館でやっている、写真の展示だったらしい。それを見た後、「本町オリベストリート」へ。多治見市に残るレトロな街並みを観光用に再開発した所かな?緩い時間が流れていました。レストランもカフェも、注文してからなかなか料理が出て [続きを読む]
  • ハクモクレンが咲き出していました
  • 膝痛の状態は、良くなっているのか悪いのか? よく分かりません ”月一回の割合で、ヒアルロン酸の注射を打てばいいよ。”なんて言われてますけど、そんなんで改善するのだろうか?改善はせず、このまま現状維持できればいい、ぐらいの事だろうか?もう、慢性的に膝が痛いので、簡単には治らないだろう。でも、朝方の疼く様な痛みは無くなってきたように思います。今日は、2回目の注射を打ってきました。帰り道、公園の中を歩い [続きを読む]
  • 興奮しました
  •  のち 初音が良くなかったかも。もっと澄んだ綺麗な音を期待していたのに。でもこんな曲なのか。オーディオにやかましい友人は、楽器のせいじゃないかと云っていたけど?昨夜は、友人たちとヴァイオリンとチェンバロのコンサートに行ってきました。演目は、バッハやクープランなどのバロックの音楽。イザイの無伴奏ヴァイオリンソナタ、ラザールのヴァイオリンとチェンバロのためのバレエ組曲!私は最初の演目、バッハのヴァイオ [続きを読む]
  • 最近読んだ本ー宝島
  • 「ロビンソン・クルーソー」を読んだときに、押し入れから一緒に出て来た本です。赤茶けて、変色していました。スティーヴンスン 著作 「宝島」 岩波文庫「ロビンソン・クルーソー」のダニエル・デフォーは1660年生まれで、「宝島」のスティーヴンスンは1850年生まれとか。200年の時間の差が有るけど、同じくイギリスの人。イギリス人は、海賊行為をして海外に植民地を作っていたのだろうか?これは、子供向けの小説 [続きを読む]
  • 最近読んだ本ーロビンソン・クルーソー
  • デフォー 著作 「ロビンソン・クルーソー(上)」岩波文庫吉村昭さんの「漂流」を読んだら、昔、そんな本を読んだと、思い出しました。押し入れの中を探したら、有りました。「ロビンソン・クルーソー」(上/下)の2冊。(下)の方は不愉快な本だったような記憶があります。それはさておき、「漂流」の話は、(上)の方です。時代は、17世紀中頃。吉村昭さんの「漂流」は18世紀だから、100年以上の差は有るんですけれど [続きを読む]
  • 最近読んだ本ー漂流
  • 吉村 昭 著作 「漂流」 新潮文庫これは、18世紀末、高知沖から鳥島へ漂流して生還した人の話です。当時の、幕府や藩の記録に基づいて、書かれたものらしい。当時の沿岸を走るために作られた船は、嵐にあって外洋に放り出されれば、対応がとれず漂流してしまうより仕方なかったのだろう。そうなれば、生還できる方が難しい事だった。当時の鳥島は無人島で、渡り鳥のアホウドリの生息地だった。土佐の船乗り長平は、アホウドリ [続きを読む]
  • チケットを貰ってきました
  • 先日、ネットでコンサートのチケットを予約した。10時、販売開始のコンサート。人気のコンサートらしくって、のんびりと15時ごろネットで覗いたら・・・、良い席はすべて売り切れていましたどうにか、2階の右隅の席を3枚、ゲットしました。コンビニ受け取りも出来るけど、手数料をかなり取られる。チケット売り場まで取りに行くと、手数料はいらない。私は、暇を持て余したリタイヤ爺だし、敬老パスを使えは、交通費は要りま [続きを読む]
  • 最近読んだ本ーローマ世界の終焉
  •  塩野七生 著 「ローマ人の物語 41〜43 ローマ世界の終焉[上・中・下]」 新潮文庫北アジアあるいは中央アジアのステップ地帯に”フン族”と呼ばれる遊牧騎馬民族が住んでいたそうです。これが4世紀中頃に西に移動し始め、ローマ帝国の東・北に住んでいたゲルマン系民族を圧迫したそうです。ケルマン民族は、難民となってローマ帝国内になだれ込んで来ました。数十万の難民が押し寄せて来たのですね。住む所を失った人 [続きを読む]
  • スポーツクラブで
  • 昨日、ヒアルロン酸の注射を膝に打ったので、少し心配だった。昨夜は入浴もシャワーもダメだと云われたし、汗をかくような運動もダメって云われた。注射の跡のテープも剥がしちゃいけないって? よっぽど大きな注射の跡が有るんだろうか?今朝の膝の状態は、いつもと変わらない。膝の内側が、動き初めに少し痛む。今日は、スポーツクラブで初級エアロ。注射を打ってから24時間は経っているから、もう良いだろう!注射の跡のテー [続きを読む]
  • 膝痛の注射
  • 膝が痛くなって、ジョギングを止めてしまったのが、昨年の8月中頃。本当は、膝痛だけが理由でなく、気力やモチベーションの低下が、原因だったような気がします。昨年の12月になって、やっと整形外科医に、掛かりました。整形外科医に掛かっても、どうせ電気やマッサージで通院が長くなるだけだと思っていました。どうせ治らない・・・実際は、シップ薬を呉れるばかりで・・・、膝痛は、治らない・・・ネットで検索すると、「運 [続きを読む]
  • 誰も寝てはならぬ
  • 久し振りに一人で、宗次ホールのスイーツタイムコンサートに行ってきました。ヴィオラとピアノのデュオ・コンサート!私の今日のお目当ての演目は、ブラームスの「ピアノとヴィオラのためのソナタ」だったのだけど、後ろの席から、会話が聞こえてきました。「・・ドイツの3大Bっていうけれど、ブラームスは、ちょっとね・・」ブラームスが、お気に入りではないらしい。交響曲も良いし、ヴァイオリン協奏曲もお気に入りだし、なん [続きを読む]
  • ベルトコンベヤーに乗った気持ちで・・
  • 今朝は病院へ出かけました。珍しく血液検査が有ったので、いつもより早く! 病院の仕組みは、ベルトコンベヤーの様で、うまく乗れないと行く先が判らなくなりますね朝、8時過ぎに病院に着くと、まず再来受付機に診察券を入れます。すると、受付番号を書いた受付表と、注意事項を書いた紙が出てきます。次は採血場に向かいますが、場所が分かりません。脇に立っていた女性に聞くと「エスカレータを上がって、内科の奥を・・・」内 [続きを読む]
  • 准高齢者の膝休み
  • のち 日曜日、膝が痛いので、今日は「膝休み」何処にも行かず、家の中でじっとしていよう!!!テレビで「大阪国際女子マラソン」を観戦。重友が、堅実な走りを見せて優勝した!!!2時間24分21秒!!日本の女子マラソンにも、コンスタントに2時間22分台、23分台を出せれる選手が出て来て欲しい。などと考えていたら、妻が喫茶店に誘った。行き先は、坂道ウォークをした先のお店・・・・今日は「膝休み」の筈だけど・ [続きを読む]
  • 最近読んだ本ーキリストの勝利
  •  塩野七生 著 「ローマ人の物語 38〜40 キリストの勝利[上・中・下]」 新潮文庫この巻では、紀元337年から397年までの60年間の、古代ローマの事が描かれています。コンスタンティヌス帝が死ぬと、また権力闘争が始まってしまいます。洋の東西に関わらず、歴史は権力闘争の繰り返しなんですね。コンスタンティヌス帝の実子を除く、親戚の人達が、なぜか殺されてしまいます。実子三人が残り、帝国内を三分割して [続きを読む]
  • 朝ドラの後は・・
  • 毎朝、BSで朝ドラを見た後、チャネルをそのままにして置くと「関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅」がはじまります。先週はハンガリーで今週はクロアチアの旅だった。ヨーロッパの事は知らないけれど、私は今、塩野七生さんの「ローマ人の物語」を読んでいます。古代ローマ帝国時代のハンガリーは、北からの蛮族の侵入を防ぐドナウ河防衛線の最前線だった。テレビでハンガリーの風景を見ると、こんな場所だったのかと、なぜか感じ入り [続きを読む]
  • 雪が降りました
  • 雪 のち 今朝起きたら、庭に雪が積もっていまいた。日曜日だというのに、息子は仕事で、車で出かけて行きました。スタッドレスタイヤを穿いているようだけれど、大丈夫か心配です。私は散歩にも行けず、溜め置いたTVの録画を見て過ごしました。ガッテン!「血管を強くしなやかに!ピーナッツパワー解放ワザ」ピーナッツは血管を強くしなやかにするって、ほんと?もっとピーナッツ、食べないと!!!花嵐の剣士〜幕末を生きた女 [続きを読む]
  • 最近読んだ本ー最後の努力
  •  時々 雪、みぞれ 塩野七生 著 「ローマ人の物語 35〜37 最後の努力[上・中・下]」 新潮文庫この巻では、紀元284年から337年までの53年間の事が描かれています。この時代は、古代ローマ帝国がローマらしさを失っていった時代なのでしょうか?古代ローマの政体は、王政⇒共和政⇒初期・中期帝政(元首政)⇒後期帝政(絶対君主政)と続いたそうです。崩壊の危機のローマを救ったのは、果敢に積極戦法を駆使し [続きを読む]
  • ニューイヤーコンサート
  • のち何年か前に、妻が風邪をひいて、折角のNew Year Concertのチケットを無駄にしたことがあります今年も再びかと思った。妻は体調不良で、今朝は起きて来ませんでも、遅くなってやっと起きてきて、少し無理をしてか、New Year Concertに行ってきました(ホッ)ウイーン・フォルクスオーパー交響楽団の演奏会で歌とダンス(バレエ)付きニューイヤーコンサートというと、ヨハン・シュトラウスのポルカ [続きを読む]
  • この柄杓は?
  • 例年この時期になると、妻が言います。「○×神社に行こう!」羊神社とか、日吉神社(申)とか、干支に関係する神社ばかりです。酉年に関係する神社は、近所で見つけられなかったようなので、今年は如何するかと思っていたら・・・「金(こがね)神社に行こう!」と云いました!?金(こがね)神社になった理由は判りません(トホホ)手水舎で、「奉納 勝利 錦織圭」と書かれた柄杓を見つけました!!理由は? [続きを読む]
  • 新しい年が明けました
  • 昨日は、初詣にでかけ今日は朝から、箱根駅伝をテレビで観戦していました。順当に青学が往路を制しました。それから散歩がてらに喫茶店へ出かけ、正月らしいケーキを食べてきました。ケーキの名前は”門松ロール?”名前はすぐ忘れてしまいます(悲)今年も、健康に一年を過ごせますように [続きを読む]
  • 最近読んだ本ー迷走する帝国
  • 塩野七生 著 「ローマ人の物語 32〜34 迷走する帝国[上・中・下]」 新潮文庫この巻では、紀元211年から284年までの73年間の事が描かれています。この時代のローマは、『三世紀の危機』と特筆されているそうです。三世紀の皇帝在位皇帝在位期間死因211-217年カラカラ6年謀殺217-218年マクリヌス1年謀殺218-222年ヘラガバルス4年謀殺222-235年アレクサンデル・セヴェルス13年謀殺235-238年マクシミヌス・トラクス [続きを読む]