MUZVIT さん プロフィール

  •  
MUZVITさん: ポルトガルの野の花
ハンドル名MUZVIT さん
ブログタイトルポルトガルの野の花
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/takemotohana
サイト紹介文ポルトガルの野の花約300種の写真、説明。
自由文画家の夫と1990年よりポルトガルに住み、ポルトガル全国をスケッチ旅行のかたわら野の花をデジカメに収めています。その野の花を同定し、紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2014/09/08 18:09

MUZVIT さんのブログ記事

  • コレマ・アルブム Corema album
  • ガンコウラン科、Empetraceae、又はツツジ科、Ericaceae、ガンコウラン属、南西ヨーロッパ地中海沿岸地域原産、針葉常緑潅木学名:Corema album、(=Empetrum album)、和名:コレマ・アルブム、英名:Portugues Crowberry、仏名:Camarine a fruits blancs、葡名:Camarinha、Camarinheira、Berries、Corema、2008年7月、2014年10月10日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影、コレマ・アルブムCorema album [続きを読む]
  • ピクノコモン・ルチフォリウム Pycnocomon rutifolium
  • マツムシソウ科、Dipsacaceae、ピクノコモン属、学名:Pycnocomon rutifolium、2015年12月24日、ポルトガル、アルガルヴェ地方で、2017年6月16日、コスタ・アズール地方で撮影ピクノコモン・ルチフォリウムPycnocomon rutifoliumの花。表示名は学名の音読み。花の直径は2センチほど。草丈は1メーターほど。葉は柔らかく、株元からロゼット状に広がる。舌弁は6〜9枚で、深く3裂する。沿海部に近 [続きを読む]
  • ヴェルバスクム・ヴィルガトゥム Verbascum virgatum
  • ゴマノハグサ科、Scrophulariaceae、モウズイカ属、地中海沿岸地域原産、多年草、学名:Verbascum_virgatum2017年6月13日、ポルトガル、アレンテージョ地方で撮影、ヴェルバスクム・ヴィルガトゥムVerbascum_virgatum。表示名は学名の音読み。モウズイカ属 (Verbascum) は、主にヨーロッパとアジアに分布し、地中海地方でもっとも高度に分化している。多くは二年草もしくは多年草で、まれに一年草や小低木になるもの [続きを読む]
  • デルフィニウム・アルテラトゥム Delphinium halteratum
  • キンポウゲ科、Ranunculaceae、デルフィニウム(オオヒエンソウ)属、地中海沿岸地域原産の耐寒性宿根草、学名:Delphinium halteratum、英名:Winged Larkspur、葡名:Esporinhas、2008年7月、2017年6月16日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影紫が鮮やかなデルフィニウム Delphinium halteratum の花。表示名は学名の音読み。海からの風に揺れて一時もじっとしていない。黄色いマメ科の花やマルコルミア [続きを読む]
  • キティスス・オロメディテラネウス Cytisus oromediterraneus
  • マメ科、Fabaceae、エニシダ属、地中海沿岸地域原産、学名:Cytisus oromediterraneus、西名:Piorno serrano、2017年5月23日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影、キティスス・オロメディテラネウスCytisus oromediterraneusの花。標高の高い山に生育。5月6月、エストレラ山の山肌は黄金色に染まる。山道沿いにはピンクのエリカが咲きそろい、その上には頂上までキティスス・オロメディテラネウスが [続きを読む]
  • アンスリスクス・シルヴェストリス Anthriscus sylvestris
  • セリ科、Apiaceae、シャク属、ヨーロッパ、西アジア、北アフリカ原産、多年草、学名:Anthriscus sylvestris、和名:シャク、別名:ヤマニンジン、コジャク、ワイルドチャービル、英名:Cow Parsley、Wild Chervil、Wild Beaked Parsley、Queen Anne’s Lace、葡名:Cicuta、Cicuta-dos-prados、Cicutaria-dos-Prados、Erva-cicutaria、2011年6月、2016年6月16日、2017年5月23日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影 [続きを読む]
  • プランタゴ・ランセオラタ  Plantago lanceolata
  • オオバコ科Plantaginaceae、オオバコ属、ヨーロッパ原産、多年草、学名:Plantago lanceolata、和名:ヘラオオバコ(箆大葉子)、英名:Ribwort Plantain、English Plantain、葡名:Lingua de ovelha、2017年5月23日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影、細長いへら状の葉を水平から斜め上に放射状に伸ばし、その上へ茎を幾本も30から50センチくらいに伸ばして花の穂をつける。穂には小さな花が密生しており、下から上へと次々 [続きを読む]
  • ゲラニウム・ルキドゥム Geranium lucidum
  • フウロソウ科Geraniaceae、フウロソウ属、学名:Geranium lucidum、英名: Shining crane's bill、 Shining geranium、2017年5月23日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影、表示名は学名の音読み。ゲラニウム・ルキドゥムGeranium lucidumの花。ヨーロッパから北アフリカ、ヒマラヤにかけて広く分布。やや日陰の荒れ地などに生えている。高さは50センチほど。葉は円形で、5〜7に深裂する。夏が近づくと、葉や茎が [続きを読む]
  • ガゲア・ソレイロリイ Gagea soleirolii
  • ユリ科 LILIACEAE、キバナノアマナ属、ヨーロッパ、イベリア半島原産、多年草、学名:Gagea soleirolii2017年5月23日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影、表示名は学名の音読み。地下にある鱗茎は径10mmほどで、薄皮で被われる。根出葉は線形で、ふつう1個花は花茎の先端に数個が散形状につき、基部に1-3個の緑色で線形の総苞がある。花被片は6個あり、黄色か黄緑色で腺体はない。雄蕊は6個、花糸は基部がやや広い糸状、 [続きを読む]
  • ゲラニウム・ピレナイクム Geranium pyrenaicum
  • フウロソウ科Geraniceae、フウロソウ属、ヨーロッパ、地中海沿岸地域の山岳地帯原産、多年草、学名:Geranium pyrenaicum、和名:ピレネーフウロ、英名:Hedgerow crane's-bill2017年5月23日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影花の直径は1cmほど。表示名は学名の音読み。草丈50cmで1メートルの広さほどに繁茂する。葉は丸く5〜7の切れ込みがあり、対生。春から秋に紅紫色の花をつける。花びらの枚数は5枚だが [続きを読む]
  • シレネ・アルバ Silene alba
  • ナデシコ科、Caryphyllaceae、マンテマ属、ヨーロッパ、西アジア、北アフリカ原産、多年草、学名:Silene alba、和名:マツヨイセンノウ(待宵仙翁)、ヒロハノマンテマ、英名:White Campion、葡名:Assobios、2011年6月、ポルトガル、アルガルベ地方で撮影、花の直径は2センチほど。海辺や、日当たりの良い草むらや道端に咲く。表示名は学名の音読み。多年草であるが、寒冷地では冬場に枯死して一年草となる。 [続きを読む]
  • ヴィキア・ルテア Vicia lutea
  • マメ科、Fabaceae、シャジクソウ(ソラマメ)属、ヨーロッパ地中海沿岸地方、西アジア、北アフリカ原産、半蔓性1年草、学名:Vicia lutea、和名:キバナカラスノエンドウ(黄花烏豌豆)、オニカラスノエンドウ(鬼烏豌豆)、イエローベッチ、英名:Yellow Vetch、Smooth Yellow Vetch、葡名:Ervilhaca-amarela、Ervilhaca-de-flor-amarela、Ervilhaca-do-sul、2011年3月10日、2014年4月20日、ポルトガル、コスタ・ [続きを読む]
  • トルピス・バルバタ Tolpis barbata
  • キク科、Asteraceae、トルピス属、ヨーロッパ,アジア、北アフリカ原産、多年草、学名:Tolpis_barbata、和名:トルピス・バルバタ、英名:European Umbrella Milkwort、葡名:São leituga、Olho-de-mocho、2011年6月、2015年6月13日、ポルトガル、ベイラ地方で、2015年5月7日、23日、2016年11月17日、アレンテージョ地方で、2015年1月24日、コスタ・アズール地方で撮影トルピス・バルバタ To [続きを読む]
  • オルキス・イタリカ Orchis italica
  • ラン科、Orchidaceae、オルキス属、地中海沿岸地域原産、多年草、学名:Orchis_italica、和名:オルキス・イタリカ、英名:naked man orchid 、 Italian orchid2014年3月10日、28日、2016年2月16日、29日、3月8日、10日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影。オルキス・イタリカ(学名:Orchis italica)は、ラン科の植物の一種。表示名は学名の音読み。「オルキス・イタリカ」は、ラテン語で「イ [続きを読む]
  • ケンタウレア・デベアウシ Centaurea debeauxii
  • キク科Asteraceae、、ケンタウレア属、多年草、学名:Centaurea debeauxii、和名:ソウゲンヤグルマギク(草原矢車菊)、英名:Chalk Knapweed、Meadow Knapweed、2014年6月3日、7月3日、2015年6月23日、7月5日、8月19日、2016年6月1日、5日、8月27日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影ケンタウレア・デベアウシCentaurea debeauxiiの花。表示名は学名の音読み。6月〜9月開花。花の [続きを読む]
  • バルリア・ロベルティアナ Barlia robertiana
  • ラン科、Orchidaceae、バルリア属、地中海沿岸地域原産学名:Barlia robertiana、異名:Himantoglossum robertianum 、Orchis robertiana和名:オルキス・ロバーティアナ、英名:Giant Orchid、西名:Orquidea Gigante、2011年2月27日、3月10日、2014年3月10日、24日、2015年1月12日、2月5日、11日、2016年1月15日、16日、19日、2月1日、2月22日、3月8日、ポルトガル、コスタ・ア [続きを読む]
  • コンボルブルス・アルタエオイデス Convolvulus althaeoides
  • ヒルガオ科、コンボルブルス(セイヨウヒルガオ)属、地中海沿岸地域原産のつる性常緑多年草、学名:Convolvulus althaeoides、和名:アオイヒルガオ、英名:Mallow Leaved Bindweed、葡名:Corriola-rosada、2008年7月、2014年4月25日、7月17日、2015年5月5日、6日、7日、6月23日、2016年6月5日、9日、ポルトガル、アレンテージョ地方、コスタ・アズール地方で、2009年6月21日、ベイラ地 [続きを読む]
  • ケラスティウム・フォンタヌム Cerastium fontanum
  • ナデシコ科、Caryophyllaceae、ミミナグサ属、ヨーロッパ原産の多年草学名:Cerastium fontanum、和名:ミミナグサ(耳菜草)、ホトケノミミ(仏の耳)、英名:Mouse-ear Chickweed、Common Mouse-ear、Starweed、葡名:Orelha-de-rato-vulgar、2009年6月21日、2016年6月17日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影ケラスティウム・フォンタヌムCerastium fontanumの花。表示名は学名の音読み。花の直径は2ミリほど [続きを読む]
  • クリノポディウム・ヴルガレ clinopodium vulgare
  • シソ科、Lamiaceae、トウバナ属、ヨーロッパ原産、アジア・アメリカに分布、多年草、学名:clinopodium vulgare、別名:Calamintha vulgaris、和名:セイヨウヤセイバジル(西洋野生バジル)、英名:Wild Basil、葡名:Clinopódio、Zópiro、2009年6月21日、2015年6月13日、2016年6月16日、ポルトガル、ベイラ地方で、2011年3月、 コスタ・アズール地方で撮影、道端や空き地に咲く。表示名は学名の音 [続きを読む]
  • ルピナス・アングスティフォリウス Lupinus angustifolius
  • マメ科、Fabaceae、ルピナス属、地中海沿岸地域原産の1年草もしくは2年草 学名:Lupinus angustifolius、和名:アオバナルピナス、ホソバルーピン、アオバナハウチワマメ(青花葉団扇豆)、英名:Blue Lupin、Sweet Lupinseed、Narrowleaf Lupin、葡名:Tremoceiro-das-folhas-estreitas、 2007年3月、2016年2月18日、ポルトガル・アレンテージョ地方で、2014年4月20日、コスタ・アズール地方で撮影アオバ [続きを読む]
  • カリステフス・シネンシス Callistephus chinensis
  • キク科、Asteraceae、エゾギク属、中国北部原産、学名:Callistephus_chinensis、和名:エゾギク(蝦夷菊)、英名:China Aster、Annual Aster、2016年1月20日、2017年1月29日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影カリステフス・シネンシスCallistephus_chinensisの花。表示名は学名の音読み。かつてはシオン属 Aster に分類されていたため、一般にアスターと呼ばれているが、現在では1種だけでエゾギク属 [続きを読む]
  • セネキオ・ジャコバエア  Senecio jacobaea
  • キク科、Asteraceae、セネキオ(キオン、黄苑)属、ヨーロッパに広く分布する多年草、学名:Senecio jacobaea、和名:ヤコブボロギク、ヤコブコウリンギク、英名:Tansy Ragwort; Staggerwort; St.James's Wort; Stinking Willie、葡名:Tasneira、2008年7月、2014年7月17日、2015年7月5日、ポルトガル、コスタ・アズール地方、2016年7月13日、17日、アレンテージョ地方で撮影セネキオ・ジャコバエア [続きを読む]
  • カルリナ・コリムボサ Carlina corymbosa
  • キク科、カルリナ属、フランス、ギリシャ、イタリア、スペイン、ポルトガル、トルコと地中海の島々、地中海沿岸地域原産、学名:Carlina corymbosa、和名:カルリナ・コリムボサ、英名:Clustered Carline Thistle、葡名:Cardo-amarelo、Cardo-dos-cachos、Cardol、Espinho-de-cabeça、2008年8月、2014年7月27日、28日、29日、8月3日、9月7日、2015年7月4日、25日、8月12日、19日、2016年 [続きを読む]