キムケン さん プロフィール

  •  
キムケンさん: 木村食堂
ハンドル名キムケン さん
ブログタイトル木村食堂
ブログURLhttp://ameblo.jp/kimsapp21/
サイト紹介文男が作る家庭料理と小噺、時々雑談。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2014/09/11 20:03

キムケン さんのブログ記事

  • パン屋さんの私への対応がもはや皇帝陛下扱い
  • 以前に「パン屋さんで一度サービスをしてもらってから常連ヅラして店に通うも、サービスはその時だけだった」という話を書いた。その続きである。□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □馴染みの店で「常連扱いされる」というのは、誰にとっても憧れであることには間違いない。だから私が、馴染みのパン屋さんで一個サービスされた後に常連ヅラをしてしまったことを責めないで欲しい。誰にでもあり得ることなのだから。しかし [続きを読む]
  • 人は1週間、麺を食べ続けて痩せるのか
  • 最近、レシピを載せずにしょうもないコラムみたいなものばかりを掲載していて「料理作るの飽きたの?」なんてことも言われている私ですが、別にそんなことはありません。じゃあ何をしてたのと言われたら「ダイエットのために1週間、麺を食べ続けていました」と答えます。何を言ってるかわからないと思いますが、私は「ダイエットのために1週間、麺を食べ続けていました」。以下、その時のレポートです。私が過ごした汗と涙と汗だく [続きを読む]
  • 何杯でも食べたい!豚すききのこ丼
  • □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □??何杯でも食べたい!豚すききのこ丼豚肉200gしらたき200gしめじ1/2株舞茸1/2株■ だし汁水200ccしょうゆ大さじ2酒大さじ1.5みりん大さじ1砂糖大さじ1めんつゆ(三倍濃縮)大さじ1★★★レシピ★★★1石づきを取ってばらしたしめじと舞茸、アク抜きしてざく切りにしたしらたきをだし汁で五分煮込む。2豚肉を食べやすい大きさに切って広げながら入れて、アクを取りながら10分弱火で煮 [続きを読む]
  • 人々はなぜ梅酒を漬けるのだろう
  • 前回、甘いお酒は苦手なのに甘い梅酒を漬けてしまったという話を書いたのですが思いのほか、梅酒を飲まないのに漬ける人が多くて驚きました。もうこうなってくると、いよいよ梅酒が可哀想に思えてくるのです。だって、作る時は「よし、梅酒を漬けるぞー!?( ? )?」と思っているわけじゃないですか。それが、漬かったら漬かったで「いや、梅酒とか飲まねーし」ってなるんですよ。梅酒にしてみれば何のこっちゃの話ですよね。そん [続きを読む]
  • 私はなぜ梅酒を漬けたのだろう
  • 梅酒を漬けた。だが私はどうして梅酒を漬けたのだろうか。そもそも私は甘い酒が苦手である。私が飲むお酒といえば、ビール、焼酎、ウイスキー、ハイボールくらいで、梅酒という選択肢はなかなか出てこない。だが私は梅酒を漬けた。甘いお酒が苦手と言いながら、氷砂糖を目一杯ぶち込んでいるし、その時点でもはや自分のためのお酒ではないことは確かだ。うちの妻は梅酒が好きだが、そもそも家で飲むという習慣がない。私も近年は家 [続きを読む]
  • とろろ違い
  • 海街育ちの私にとってのとろろは「とろろ昆布」で、海なし県育ちの嫁さんにとってのとろろは「山芋のとろろ」でした。とろろ好きなぶん、期待値が上がっていたようで、とろろ昆布を見た瞬間のテンションの下がり方がわかりやすすぎました。しかし冷静になったところで「とろろ昆布も好きだった」と思い出したようで、特に文句は言わずに食べていました。山芋のとろろも好きなんですけど、すりおろしてるときに手が痒くなるからあま [続きを読む]
  • 梅雨に対する気持ちの変化
  • 昔は「梅雨なんかなくなっちまえ!」と思っていましたが、大人になって毎日料理するようになり、野菜などの食材にとってはまさに「恵みの雨」であるということがわかってきました。今年は梅雨入りいたもののあまり雨が降っていないので、頑張って野菜を作ってくれる農家さんのためにも、「雨降れーーッ!」と願うようになりました。あんなに嫌いだった梅雨を待ち遠しくなるなんて思ってもみなかったです。とか言いながら、出勤する [続きを読む]
  • 激うま!豚こまの竜田揚げ
  • □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □??激うま!豚こまの竜田揚げ【3〜4人分】豚こま肉400g塩小さじ1コショウ小さじ1めんつゆ(3倍濃縮)大さじ1片栗粉適量油適量★★★レシピ★★★1塩、コショウ、めんつゆを揉み込んで下味をつける。2豚肉を一枚ずつバラして、全体に片栗粉をまぶす。3フライパンに油を入れて中温(170℃)くらいにして、一枚ずつ重ならないように両面ともあげ焼きにする。4油を切って完成。□ ■ □ [続きを読む]
  • 自宅で取れた枝豆はとても美味しかった
  • 涙と感動の枝豆物語お前だけは立派に行きてくれあれから10日後の弟枝豆□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □「枝豆」と聞くと、どうしても「乾杯の時に頼むもの」「とりあえずビールと枝豆にしておくか」、そんな気持ちを持っていた。枝豆とは安価で気軽な食べ物──そんな気持ちがなかったといえば嘘になってしまう。しかし、私は自分で枝豆を育てることにより、枝豆とはとても儚く美しく、そして「とりあえず」で済ませる [続きを読む]
  • 魁!クックパッド男祭り!
  • 本ブログと並行して、私のレシピはクックパッドで管理しているのですが、先日クックパッドさんから「男祭りやるぜ!来てくれよな!」というご連絡を受け、「ヘヘヘッ、お祭り男の木村、もちろん参加するぜ!」という感じで参加させていただくことになりました。(実際は「お忙しいところ恐れ入りますが、ぜひ参加していただければ幸いです」「ご連絡ありがとうございます。喜んで参加させていただきます」という、とても大人なやり [続きを読む]
  • QあんどAのコーナー
  • 最近、コメントやメッセージで質問をいただいたりするのですが、なかなかお答えしきれていないので、ここでお答えしていこうかと思います。レッツ、クエスチョン!まずは先日の方言ネタから。予想を上回るコメント数で、同志の多さにに思わず笑ってしまいました。みんなうるかしすぎィィ! 「うるかす」はどうやら東北より北のほうで使われることが多いようですね。そんな中からこんな質問が。Q.肉が筋っぽくて噛みきれない現象 [続きを読む]
  • 皿はうるかしといて
  • 当然のことだが、人間というのは一人ひとり全く違うので、結局のところ他人と気持ちを100%わかり合うことは不可能だと思っている。それは夫婦間でも同様で、お互いに多少なりとも相手に対して思うことはあるだろう。例えば、うちの妻は掃除担当大臣なので、我が家はいつも綺麗に保たれている。私は簡単にモノを散らかしたり、片付けなかったりするので、その度に妻は私に対して「このヤロー!」と思っているに違いない。しかしそこ [続きを読む]
  • 激旨甘辛リメイク!きんぴらキムチ
  • 発酵が進んでるだけ。□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □??激旨甘辛リメイク!きんぴらキムチきんぴらごぼう適量キムチ適量ごま油適量★★★レシピ★★★1きんぴらごぼうとキムチをごま油で炒めて完成。□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □余っていたきんぴらごぼうとキムチを炒めました。キムチは日にちが経っていたので、発酵が進んで酸味と乳酸菌が強くなっておりました。レシピの分量とか作り方とか「フザ [続きを読む]
  • 嫁には甘いものを与えておけばいいと思っていた
  • 相当飲んだ日の帰りに、なぜか大量のコンビニスイーツを買っていたようです。嫁さんはよく夜中に「甘いもんくいてー」と言ってるので、無意識に買っていたのでしょうか。飲み過ぎ注意ですね。□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □前回、犬も猫も大好きだけど飼えない話の際にご紹介した、お気に入りのわんこブログを書いているきほこさんが素敵なイラストを描いてくれました。わんこのコウちゃん&猫まみれ!猫好きの嫁さん [続きを読む]
  • 猫が好きだけど飼えないから猫カフェに行った
  • 私は動物全般が好きで、動物園なんかは1人で行ったりすることもしばしばだ。寝る前は動物の動画を見ながら布団に入るのが日課となっていて、毎日心を癒されている。その中でもやはり、猫と犬に対して、ものすごい憧れを持っているのは間違いない。よく「猫派か犬派か」という話になるが、私は完全にフィフティーフィフティーなので「そんなことで喧嘩するな!犬も猫も、どちらも可愛いじゃないか。そんなことでいがみ合うなんて、 [続きを読む]
  • この感情に、なんて名前をつけようか
  • 私は基本的に、職場には弁当を作って持っていっているのだが、月に一度くらい「今日はめんどくさい!」という気分になり、弁当を持たずに出勤することがある。そんな時は、なんだか後ろめたい気分になると同時に、それ以上にワクワクした気持ちになってしまう。これがとても不謹慎な気持ちだというのは十分にわかっている。なぜならこの時の私は「おかずがないから弁当を作らない」のではなく、自らの意思で弁当作りを放棄している [続きを読む]
  • レタス de ケバブ
  • 悩める男の元に……天使の囁きが…!アラサーからのダイエット飯(30)糖質を大幅にカット!ヘルシーで朝食にぴったりなレタスdeケバブレッツ、ケバブ!□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □↓絶賛発売中です!糖質制限 つくりおきレシピ (DIA Collection) Amazon うちメシ - ゆかいな我が家の漫画とレシピ -Amazon □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ マイナビニュース連載→アラサーからのダイエット飯 Face [続きを読む]
  • ひとり焼肉のすゝめ
  • 大人になったのを実感した瞬間ですか?ひとりで焼肉を食べた時ですかね。自宅で。(木村書房刊「この肉が焼けるまで」より抜粋)□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □焼肉といえば、家族でワイワイしたりカップルでキャッキャしながら楽しむイベントと思われがちだが、焼肉ほどひとりで楽しめるものはないというのが私の持論だ。最近、巷では「ひとり焼肉」がブームで、 [続きを読む]
  • 豚キムチ納豆丼
  • □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □??豚キムチ納豆丼【2人分】豚肉(小間切れ)200gキムチ100g納豆2パックご飯2杯ごま油大さじ1/2温玉2個■ 調味料酒大さじ1/2みりん大さじ1/2醤油大さじ1★★★レシピ★★★1ごま油を入れたフライパンを中火で熱して、豚肉を重ならないように入れる。半分ほど火が通ったらキムチと調味料を加えて炒める。2丼にご飯と納豆、豚キ [続きを読む]
  • あれから10日後の弟枝豆〜 10 days after 〜
  • 前回のあらすじ木村食堂のベランダにある「木村菜園」。そこで育てられることになった枝豆兄弟。晴天にも恵まれ、兄弟揃って順調に育つと思われていたが、ある日を境に兄枝豆は元気をなくし始めた。弟枝豆がめきめきと育っていく中、兄枝豆は見るも無残な姿になっていた。「お前だけは立派に育ってくれ」その思いを弟枝豆託し、兄枝豆は天国へと旅立った──!(詳しくは↓)あれから10日後……。「兄さん……兄さんがいなくなって [続きを読む]