ウクレレハイ次郎 さん プロフィール

  •  
ウクレレハイ次郎さん: たとえ明日世界が滅亡するとしても、今日僕はウクレレ
ハンドル名ウクレレハイ次郎 さん
ブログタイトルたとえ明日世界が滅亡するとしても、今日僕はウクレレ
ブログURLhttp://ukuhiku.blogspot.ch/
サイト紹介文を弾く。たぶん。 大好きなウクレレを軸に、マジメかつ誠実に日常の茶番を綴ります。
自由文テニスもやります。スイスから帰国。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/09/11 20:14

ウクレレハイ次郎 さんのブログ記事

  • スマホ用外付けマイクとウクレレマガジン
  • ちょっと思い立ちまして、動画を撮るときに使えそうなスマホ用の外部マイクを探しに秋葉原まで行ってみました。平日が休みになったもので。ですが、なんか、ないんですね。2、3年前まではソニーから出ていたみたいなんですが、販売終了してまして。それは調べていたのでわかってはいたんですが、何にも出会うことができず、しかもAndroid用はネットを探してもなさげな雰囲気です。まあ、あっても高かったらあんまり意味がないの [続きを読む]
  • オクターブ奏法の練習
  • 週末はウクピクでしたね。師匠やライヴ仲間、友達、知り合い、存ぜぬ方、SNSで画像や映像を見て楽しませていただきました。僕は行くことも考えたのですが、いろいろと家族の予定などなどと調整がつかず、今年も見送ってしまいました。来年は行きましょう、きっと。それに、ただいまウクレレ貯金中でございまして、もう少しで目標額に到達するというところでもあり、勢いに乗りそうな場所ははなはだ危険!君子、危うきに近寄らずさ [続きを読む]
  • スラックキーギターに魅せられて
  • 魅せられてしまった。前述のラストギター発表会で、実は完全に魅せられてしまいました。スラックキーギターに。実はラストギター発表会には、ウクレレの他にスラックキーギター奏者のMakalaniさんの生徒さんによるギターの演奏発表もあったのです。これまで、スラックキーギターについては、オープンチューニングのギターだという漠然とした認識しかありませんでした。その音色を聴いたことはあったと思いますが、ウクレレを愛しす [続きを読む]
  • ラストギター発表会 2017
  • さて、続き。そういうわけで、改めて自分のウクレレにまつわる体験を振り返り、このブログの空白部分をざっくり埋めてまいりました。そして、ここからがこれまでの本題。僕がまた改めてブログのためにキーを叩き出したきっかけは、それは、先月あった南阿佐ヶ谷ラストギター主催の発表会があったからなのです。僕らはキワヤデイジーどぶゆきウクレレソロクラス所属ではありますが、師匠のコネクションとラストギターさんのご厚意で [続きを読む]
  • キワヤデイジーどぶゆきウクレレソロクラスへ(下)
  • さて、続き。レッスンに入ってしばらくは、一歩引いて大人しくしておりました。実際、講師のイメージに反して!?非常に落ち着いた感じの生徒さんが片手ほどしかおりませんでして、なるべくやらかさないように、と、自分を抑えておりました。今もあんまり多くおりませんでして、是非一緒にやりませんか?とこの場で申し上げたかったりするわけですががが。ま、月日も経てば慣れてきて、レッスン中に会話も撃ち込めるようになってい [続きを読む]
  • キワヤデイジーどぶゆきウクレレソロクラスへ(上)
  • さて、続き。デイジーどぶゆきさんのことは、スイスにいる頃から知っておりまして、それどころか、前述しました通りピッキングスタイルを考える中で参考にした人物でした。デイジーさんと言えば、溢れる声量と強烈なキャラクターの第一印象。それだけ見るとなんかふざけてると思われがち。ウクレレをオシャレにキメたいみたいなヒトにはたぶんウケないでしょう。ただ今となってはわかります。実はとってもとっても小さな音をニュア [続きを読む]
  • ウクレレスクールへの道
  • さて、続き。とある事情もなにも、もったいつけるようなことでは全くないのですが、奥方様が妊娠→出産というところに相成りまして。茨城県の南方から、祐天寺までの往復はそれだけでほぼ1日終わってしまうため、これはちょっとアレだな、継続的に通うのは難しいという結論になりました。※それでも極極たまーーに、どうしても受けてみたいものはタイミングを計って行ったりしてますが。そして、また独りで練習をする身になったの [続きを読む]
  • ウクレレ文化との遭遇とPOEPOEワークショップ
  • さて、続き。日本に帰ってきた僕は、ウクレレをオーダーしたりしながらも、いわゆる日本のリアルウクレレカルチャーを早速謳歌しました。茨城県は取手の『優しいウクレレ時間』というサークルに参加してはじめてウクレレを弾く友達を得たり。そのつながりで地元つくばのウクレレカフェなどに参加したり。はじめてウクレレピクニックに参加して生Corey Fujimoto氏の演奏を観て感動したり、白土さんに再会したり、デイジーどぶゆきさ [続きを読む]
  • マホガニーのウクレレ
  • さて、続き!?スイスでウクレレを弾いていたとき、僕にとっての一大イベントがパリ・ウクレレフェスティバルでした。言わずもがな会場はフランスですが、スイスにはそういったものがありませんでしたので。※その模様のレポートはこのブログではなく、どこぞに極大盛で載せてありますので割愛。その会場で出会ったのが、マホガニー材でできたウクレレでした。それなりにざわついた中で試奏したはずなのですが、その中音の響きに魅 [続きを読む]
  • 番外:トリプルストラム
  • トリプルストラムという以外にも呼び方はあるようですが、人差し指と親指を使って高速3連符を叩き込むジャカソロには必須な技です。そしてウクレレ特有の奏法とも呼べるのかな???ネット行脚をしていれば、かまてつさんやかどくらたかひろさん、Sweet Hollwaians さんなどに行き当たり、それなりに憧れてしまうこの奏法。出会ったのはスイスです。実は前述の大橋英比個さんのレッスンを受けたときにもちょこっと紹介され感動。 [続きを読む]
  • 僕のウクレレのピッキングについて(下)
  • で、続き。動画を見て、なんとか自分でできるレベルで音のばらつきを抑える方法を考えた結果、採用したのは2フィンガーピッキングでした。何のことはなく、1つ指を減らしたのです。ですが、音質のバラつきはかなり改善したと感じました。神経を払うところが、1つ減るのは大きかったのです。ま、実力がそこまでだったのかもしれませんが。ちなみにこのとき参考にした動画が、現師匠のデイジーどぶゆき氏でした。まだスイスにいて [続きを読む]
  • 僕のウクレレのピッキングについて(中)
  • さて、続き。そうしてよくわからずも指を使いつつ、弾く譜面にとって効率の良いピッキングパターンを経験的に考えていき、なんとなくできるようになりました。その頃に出会ったのがウクレレマガジンに譜面を提供していた、というか今もしている、富永寛之さんでした。丁度、ライヴを見に行って感動したこともあり、ウクレレマガジンの譜面の弾き方のアドバイスを貰ったりして、あっという間に僕のウクレレのメインストリームになり [続きを読む]
  • 僕のウクレレのピッキングについて(上)
  • さて、続き、というか、ちょっと時系列が進みすぎたので少し戻ります。ウクレレソロの世界にキヨシセンセのウクレレ・ジャズから完全にハマったとはじめの方で申し上げました。実はその後、しっかり流れに乗ってキヨシセンセの楽譜を買い漁ることになります。その頃の僕の奏法は基本的親指ピッキングのみ。ストラミングのみ人差し指でアップダウンというスタイル。当時のキヨシセンセの譜面では基本的に問題なかったわけなのですが [続きを読む]
  • ウクレレ活動振り返り 〜ブログ
  • さて、続き。まだ大して話は進んでいないのですが、少し思い返しただけで、ちょっとしたことの一つ一つに出会いが絡んでいて、我ながら不思議です。細かく書けば山ほどのストーリーがあるのですが、ま、長くなるので自制しておきましょう。ただ、その集合体が『ライフ』というやつなんでしょうね。・・・ま、なぜカタカナにしたかと言えば、ちょっと軽い感じを出したかっただけなんですけどね。結果的に何を申し上げたいかというと [続きを読む]
  • ウクレレライフを振り返り
  • ネットの世界でウクレレ文化を知っていった僕は個人製作家の存在を知ります。まだまだウクレレの腕前は貧弱そのものでしたが、どうしても作ってもらいたくなってしまいました。そこでコンタクトをとってみたのが、松井ウクレレさんでした。何故松井さんだったのかを思い出してしみると、イイ意味で、、、雰囲気でした。当時はどんなウクレレが良いのか全くわからなかったというのがホントのところで、店で手に取れるわけでもなく、 [続きを読む]
  • 再開
  • 再び、何事もなかったかのように、しれっとブログを綴っていこうかと思います。何を今更と我ながら思うんですが、今日、ウクレレを通してなんだか静かに感動するような出来事がありまして、それで改めて筆をとってみた次第です。これまでここで書いてきたことは当時の自分には真実であり、切実なものであったような気がしますが、今となっては・・・正直、誰か他人のような気もいたします。自分が書いたこと故、否定はできませんが [続きを読む]
  • つくば de ウクレレ
  • ブログの更新に風穴が開きましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。春の足音もやや遠ざかり始めたこのところでございますが、僕も先日『父』の称号を戴冠いたしました。同年代の方々のほとんどが、既に終えて余りある子育てミッションをイチから遂行、励行しております。親になって初めて気づくことが多々あることに驚きました。とりあえず、我が親に感謝!!僕も昔はこれほど愛されていたのかと思うと、今までの親不孝の数々 [続きを読む]
  • 爪とウクレレレッスン
  • 年明けからテンポ速めの曲に明け暮れておりまして・・・最近の悩みは、人差し指の爪の先端が以前にも増して薄くなってきたコトです。元々はとても分厚くて頑丈な爪を持っておりまして、爪を噛んだところで絶対に噛みきれんのが自慢!?だったのですが、最近の人差し指はもはや人並み以下。先日、ただでさえ薄くなっていたところを引っ掛けて爪の先端の上っ面が剥がれてしまい、危険な状況になってしまいました。仕方なく透明なマニ [続きを読む]
  • リコーダーとベース
  • 先日参加させて頂いた地元の「つくばdeウクレレ」さん。『パイナップルプリンセス』のアンサンブルをしたのですが、よく見たらこの譜面のメロディがリコーダーで吹くのに容易いことに気付きました。曲調も悪くない、ということで久々にヨメ殿を口説き落としてアルトリコーダーとウクレレでアンサンブルをしようということになりました。どうやら丁度、ご機嫌が麗しかったようでラッキーな展開。曲も気に入ったのが良かったようで。 [続きを読む]
  • ニセンジュウロクネン
  • 明けていましたね。知っていましたよ。おめでとうございます。今年の抱負も目標も、改めて掲げる必要もないほど課題だらけの平成28年の幕開けでございます。もはや幕もどっかにいっちゃったくらいの感じですね。ちなみにちゃんとどこかに書いておかないと、いざというときに忘れそうなので敢えて年号を使ってみました。今年はいい年にしたい、いやはや誰しもはじめはそう思い、気づけば怒涛の日常に染まっており、そしてフィナー [続きを読む]
  • ウクレレクリスマス
  • メリークリスマス!今日は暖かいですね。ダウンジャケットを小脇に抱えて出勤し、また小脇に抱えて帰路についています。全く着ていません。ヒジョーに邪魔です。さてさて、こないだの日曜日。茨城県は取手の島村楽器さんでのウクレレイベント『ウクレレクリスマス』でした。とても楽しかったです。では!!  という感じで終われない僕だということをよくご存じの方々とウクレレをご一緒させていただきました。新たな出会いを含め [続きを読む]
  • フライング良いお年を
  • 昨日、今年初めて「良いお年を」と言いました。そんなわけで、誰よりも早く今年を振り返っちゃうことにしました。まだまだイベントもありますが、まーいいやということでフライング気味。鬼が微笑するご挨拶でございます。さて、年の瀬感のない師走のここまで。2015は激動の一年。日本に帰ってきてまだ一年も経っていないという事実に未だに驚きます。そんな今年の二大成果。一つ、沢山の友人を得たこと。僕がテニスをめちゃく [続きを読む]
  • ウクレレ片手に ~勝手につくば大使と勝手に・・・
  • こないだ近所にある『つくばハム』の敷地内で行われたマルシェに出かけたら、我が『優しいウクレレ時間』主宰のウチのボス、いやボスねこ。ねこレレさん(以下、敬意と親しみを込めて『ボス』と記載)が、若者2人にウクレレを教えていました。ちょっとインパクトとアクの強い若者たち。なぜかスーツの二人組。今月から勝手につくば大使になった『勝手につくば大使』の方たちでした。勝手につくば大使のブログはこちら。言うなれば [続きを読む]
  • ウクレレの電気的増幅ワークショップ
  • 休みの日に出かけるとき、道が混んでいたり、駐車場が混んでいたり、行った先の施設が混んでいたり、ということがよくあります。朝早く起きてみたり、昼時を外してみたり、敢えて夕方に行ってみたりしますが、そんな努力は全く無用なところに行ってきました。小幡城跡。お城と言っても立派な石垣に天守閣があるわけではなく、小高い丘の上から町を望むわけでなく。地形を活かしてつくられた土の平城。建物はありませんが、少し整備 [続きを読む]