kiyo さん プロフィール

  •  
kiyoさん: 四国人の旅・ツーリングと百名山
ハンドル名kiyo さん
ブログタイトル四国人の旅・ツーリングと百名山
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/cskuwa
サイト紹介文四国の旅人ライダー。日本百名山は94座を踏破、今年は完登を目指します。
自由文50の手習いで、大型バイクの免許を取りました。四国・九州を走りたいと思っているところです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/09/13 09:58

kiyo さんのブログ記事

  • 北太平洋シーサイドラインの初めての風景
  • 何度も来ているのに、霧がなくて初めて見ることのできた霧多布岬灯台 平成29年5月末の、落石から根室半島をドライブした続きのお話です。 海外旅行や夏山の準備で手いっぱいだったのですが、その準備と縦走計画のすべてを奪い去ったのが今年8月上旬の台風5号。南アルプスの登山口までも辿り着けずに、静岡まで行っているのにアクセス道路の寸断によって追い返されてしまいました。 静岡といえば、今年5月の伊豆ツーリング [続きを読む]
  • 根室半島と風蓮湖
  • 根室半島の北側の道道35号線で市内を目指します。途中、振り返ってオーロラタワーのある納沙布岬先端方面を見たところ 鈴木食堂でサンマ丼を食べて納沙布岬を後にし、次は霧多布岬へ向かいます。 途中、風蓮湖・別当賀・初田牛を通って北太平洋シーサイドライン・なぎさのドライブウェイなどに出るルートで、これまで3,4回通っていますが、霧で真っ白な時ばかりでした。 今回は、いつもと違って晩春という季節なので、夏特 [続きを読む]
  • ライダー人気の納沙布岬・鈴木食堂
  • 鈴木食堂に隣接するライダーハウス 鈴木食堂は、納沙布岬の一番灯台に近いところにあり、サンマ丼発祥のお店と言われており、ツーマプにも特記されているためライダーに人気の店です。 隣にライダーハウスを併設していることも、ライダーがここに立ち寄るきっかけになっていると思います。 昨年6月末に来たときは、お店は休みだったので、夏のサンマの時期に営業しているのかなと思っていましたが、意外にもこの5月末に開いて [続きを読む]
  • 納沙布岬から水晶島がかすかに見えた!
  • 納沙布岬灯台までやってきました。これまでは何回来ても真っ白な霧の中なので、ここで太陽を見るのははじめてのことです ドラマ「北の国から」のロケ地巡りで、落石の診療所から根室半島の納沙布岬へやってきました。 落石は根室市にあるため、この納沙布岬灯台までは意外と近い距離で、「北の国から」とは関係ないのですが、思い切って足を延ばしてよかったです。 今回は、根室半島や北太平洋シーサイドラインを旅している人の [続きを読む]
  • はじめて!霧のない根室半島
  • 納沙布岬灯台。霧が出ていないのは、これまで数回来た中で初めての体験 平成29年5月末に根室市落石を訪ねて、時間にゆとりがあったので根室半島の納沙布岬へ足を延ばしました。 いつもここまでやって来ても、100%霧の中で何も見えないことばかりだったのですが、今回は真夏ではないので霧も発生しておらず、歯舞諸島の貝殻島などが見えていました。 それよりも、落石からここまでの道中が霧もなくて、初めて周囲の風景を [続きを読む]
  • 北海道、根室十景・落石岬
  • 落石岬と灯台 平成29年5月末のドラマ「北の国から」の落石ロケ地巡りのついでに、落石岬を訪ねました。 今回のロケ地巡りは、去年の北海道ツーリングで十分確認できなかった落石を、じっくりと再確認するための旅、です。 地図で見ても、落石岬灯台は載せてあるものの車両進入禁止となっていて、そこから灯台まではそこそこの距離がある感じ。木道で往復約50分かかるらしい。 さてさて、落石岬を訪ねるべきかどうするか、 [続きを読む]
  • 「北の国から」蛍が駆落ちした落石診療所
  • ’98時代の「落石診療所」として登場してくる民家 これまで2度、落石へやって来ましたが「北の国から」のロケ地らしい痕跡を発見できずに帰ってしまっていたので、今回はグーグルアースで事前に検討をつけてから落石を訪ねました。 下調べの結果、’98時代のオープニングで蛍が正吉が根室への仕事の帰りに近くの海岸で待っていることを知り、診療所を飛び出して草原の中を駆け下りて海岸までやって来るシーンについて、まず [続きを読む]
  • 「北の国から」ロケ地、落石へ
  • フジテレビのドラマ「北の国から」のロケ地へ行こう、と落石へやってきました 平成29年5月末、釧路を早朝出発して落石まで来ました。 「北の国から」の落石のロケは、’95秘密と’98時代の2話に登場してきます。この話は、ファンであればなるほどと思われるかもしれませんが、知らない人は全く関心がない、というくらいのものかもしれません。  北の国からのロケ地として有名なのは富良野ですが、蛍が札幌で働いていた [続きを読む]
  • ANA崖っぷち株優で霧多布を目指す
  • 松山空港でANAの関係者にお見送りをしていただいて、北海道の1日だけのバカンスへ出発します 平成29年5月末の午後、ANA株主優待の有効期限が3枚切れるため、それを消化するため釧路へ向かいました。 釧路へ行く理由としては、ちょこちょこ道東方面の旅行報告などを見ていると、5月末って晴れてるじゃん!!ということで、これまで何度行っても真っ白な霧に包まれて見たことのない歯舞島や霧多布湿原、北太平洋シーサイドラ [続きを読む]
  • 蓼科スカイライン大河原峠とビーナスライン
  • 大河原峠にて 平成29年6月13日、バイク人ラリー帳の最後のミッションを終え、トキンの岩から大河原峠へ行きました。 大河原峠は、トキンの岩から2km程蓼科スカイラインを上ったところにあり、蓼科山の登山口でもあります。ここから登れば、山頂までの高度差が500mクラスなので楽に行けますが、前掛山を越えるため時間が長く掛かります。 トキンの岩の途中に7合目登山口があったのですが、底からの方がしんどいけど [続きを読む]
  • バイク人ラリー帳コンプリート 「トキンの岩」攻略
  • トキンの岩、頂上。後は大河原峠 平成29年6月13日午後、培倶人ラリー帳2017の最後のミッションとなるトキンの岩へやってきました。 白樺湖辺りまでは晴れていたのに、トキンの岩のところだけ雲がかかっています。岩に上っていくのはガスの中へ突っ込んでいるようで、待っていてもなかなかガスが取れてくれません。 このトキンの岩ですが、蓼科山を登るときに大河原峠まで車でいったのに、あんな立派な看板を見落として [続きを読む]
  • ラリー帳最後のミッションで白樺湖を目指す
  • バイク人ラリー帳の最後のミッションは兜巾(トキン)の岩 平成29年6月13日(火)、培倶人ラリー帳の最後に残ったミッションを果たすために、長野県蓼科山山腹の「トキンの岩」を目指しました。 本当はGWにトキンの岩を攻略する計画でしたが、事前の情報では蓼科スカイラインが6月上旬まで冬期閉鎖らしいということがわかり、その時は諦めたのですが、それは神のお告げのようなもので、実際5月3日の首都圏は連休初日と [続きを読む]
  • 「バイクジン8月号」でラリー帳攻略者と紹介されました
  • BikeJIN8月号の記事 平成29年6月30日発売のBikeJIN8月号が7月1日に手元に届きまして、その中でラリー帳攻略者第1号として紹介されました。 6月13日に最後のミッション、トキンの岩を終了し帰ってきたわけですが、それからラリー帳をまとめて編集部へ送りました。 なので、8月号ではちょっと取り上げられないだろうなあ、と思っていましたが、素早い対応で驚きました。 また、去年は4月に全部回っ [続きを読む]
  • 浅間神社湧玉池を訪ね信楽タヌキ村
  • 最終目的地、信楽のタヌキ 平成29年5月14日(日)、白糸の滝から富士山スカイラインを走り水が原パーキングエリアまで行き、そこから南富士エバーグリーンラインを下り、富士宮市の浅間神社湧玉池を訪れました。結構、走りを楽しんだ感じです。  湧玉池はずっと前から気になっていたところで、浅間神社の境内にあることは聞いていましたが、浅間神社は富士山の回りにたくさんあるため一体どこの浅間神社にあるのかはっきりとは [続きを読む]
  • 本栖湖を1周、そして白糸の滝
  • 白糸の滝にて 平成29年5月14日(日)、朝河口湖の湖楽おんやど富士吟景を白糸の滝に向かって出発します。あちこち観光して、最終的には午後10時大阪南港発の愛媛・東予港行きのオレンジフェリーに乗る予定。 初めのうちは河口湖の北側の道路を西へと走ります。 一旦、山の中へ入って西湖に出て、西湖の北側の湖畔を走ってR139に合流し、精進湖へは入らずに本栖湖へ行きまして、左回りに1周しました。本栖湖1周は、 [続きを読む]
  • 雨ツー、浄蓮の滝から大涌谷・河口湖
  • 浄蓮の滝にて 平成29年5月13日(土)朝、雨。 伊豆の土肥温泉から出発して、まず浄蓮の滝へと向かいました。最終目的地は河口湖です。 朝、宿を出発するときから天気予報通りの雨、みんなカッパを着込んでのスタートとなります。事前に心構えはできていたというものの、安全運転のことを考えるとやっぱり雨は先がおもいやられます。 元来た道R136を引き返して、天城街道R414を右折して浄蓮の滝を目指しました。それ程時間 [続きを読む]
  • 箱根スカイラインから伊豆・土肥温泉
  • 箱根スカイラインで、芦ノ湖をバックに 5月12日は、駿河湾沼津SAで昼食を摂り御殿場ICで東名高速から下りて乙女峠へと上る乙女道路R138で深沢東交差点を目指します。そこから、箱根スカイラインに入り、芦ノ湖スカイライン、伊豆スカイラインと走って、土肥温泉のたたみの宿湯の花亭がゴールです。 本当は箱根・芦ノ湖スカイラインは13日に走る予定でしたが、13日の天気予報が芳しくなく、きっと芦ノ湖周辺は濃いガス [続きを読む]
  • 新東名の駿河湾沼津SAへ
  • 岡崎SA。西予市を出発したときは燃料満タンでしたが、ここで給油が必要となりました 平成29年5月12日、伊豆の土肥温泉を目指して新名神から東名阪、伊勢湾岸自動車道から新東名へと繋いで走り、途中、給油と食事のために岡崎SA,静岡SA,駿河湾沼津SAに立ち寄りました。 松山出発組と南予から走って東予港まで行った自分などとは走行距離に違いがあり、伊勢湾岸道から新東名に入った頃自分のバイクには給油マークが [続きを読む]
  • 伊豆箱根ツー オレンジフェリーで大阪上陸
  • 大阪南港大橋を行く 平成29年5月12日(金)から2泊3日の日程で、伊豆箱根ツーリングへ10名で行ってきました。集合は、11日夜8時東予港。朝6時10分に大阪南港入港です。 培倶人ラリー帳2017の旅は続いています。 東日本、北日本は終了しましたが、あと”信楽のタヌキ”と”トキンの岩”が残っているのです。今回は、伊豆箱根ツーリングの機会に、信楽のタヌキ村に立ち寄る計画を顔合わせミーティングの時に立 [続きを読む]
  • 新日本海フェリーで舞鶴へ
  • 佐渡島の沖辺りで小樽行きの新日本海フェリーとすれ違ってエール交換 いよいよバイク人ラリー帳2017の旅も最終に来ています。 平成29年5月7日(日)、今年のGW最終日は日本海の上で目覚めました。とてもいい天気で、この広い海の上をフェリーは今夜舞鶴まで走り続けるかと思うと、随分遠いところから自分を運んで来てくれることに感謝。お陰で、GWという短い日程で北海道ツーリングへなんとか行くことができたわけです。 [続きを読む]
  • 美幌峠より、層雲峡経由小樽
  • 知床タッチの際にもここで記念写真をとりました。再び、やってくるとは思ってもなかった所です 平成29年5月6日(土)、美幌峠でのバイク人ラリー帳のミッションを終了し、いよいよ北海道のフィナーレと相成ります。 夜23:30小樽発舞鶴行きフェリーに乗船するのが、今日の最後の目標です。 美幌峠からは、美幌国道というR243で北見市を目指します。 北海道の大自然というような風景がここにも広がっていました。美 [続きを読む]
  • 美幌峠タッチ
  • 摩周湖第三展望台より見たカムイッシュとカムイヌプリ現在のツーリング・ブログランキング===> 平成29年5月6日(土)、培倶人ラリー帳の旅2017のクライマックス、美幌峠のミッションを果たして、夜の小樽発舞鶴行きフェリーに乗り込むという最大イベントに向かって朝7時に帯広を出発しました。 後で振り返ってみると、夜小樽港に到着したのはバイクではほとんど先頭だったことから、時間的余裕はかなりあったので、オン [続きを読む]
  • 帯広から足寄国道で阿寒湖へ
  • オンネトーに立ち寄り。この看板のところで写真を撮るのは、いつもの行事(知床タッチ)現在のツーリング・ブログランキング===> 平成29年5月6日(土)、今回の旅の実質的には最終日。 「美幌峠タッチ」のただ一点を目標に走ります。 タッチというのは、マイラー用語で”行くだけ”というような意味で、時間を掛けて観光をしたりするのではなく、例えばシンガポールタッチというと、飛行機でそこまで行って空港から出ずに、 [続きを読む]
  • 函館からひたすら帯広へ
  • 北海道駒ヶ岳。200名山の駒ヶ岳は右のピークがある方で、左の尖った峰は砂原岳というみたいです 5月5日(金)午後1時40分にフェリーは予定通り函館港に到着。 ここからは、ひたすら帯広までの走りとなります。 天気はいいのですが、函館から帯広まではおよそ428kmあり、およそ6時間の所要時間みたいです。それを午後2時前に函館港からスタートするとなると、帯広到着は午後8時過ぎを覚悟しなければなりません。 [続きを読む]
  • 下北半島・尻屋崎から大間へ
  • 大間岬にて現在のツーリング・ブログランキング===> 平成29年5月5日(金)、バイク人ラリー帳の本州最後のミッション・尻屋崎灯台をバックに寒立馬と写真を撮る、という予定を100点満点で終了し、函館へフェリーで渡るため大間を目指しました。 時間的にも早くスタートしたためゆとりがあり、大間へもフェリーの出発時間12:20の2時間以上前くらいに到着。展望台の看板を見つけたので行ってみることにしました。 あ [続きを読む]