kiyo さん プロフィール

  •  
kiyoさん: 四国発、旅・ツーリングと日本百名山
ハンドル名kiyo さん
ブログタイトル四国発、旅・ツーリングと日本百名山
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/cskuwa
サイト紹介文四国の旅人ライダー。日本百名山は94座を踏破、今年は完登を目指します。
自由文50の手習いで、大型バイクの免許を取りました。四国・九州を走りたいと思っているところです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/09/13 09:58

kiyo さんのブログ記事

  • 函館からひたすら帯広へ
  • 北海道駒ヶ岳。200名山の駒ヶ岳は右のピークがある方で、左の尖った峰は砂原岳というみたいです 5月5日(金)午後1時40分にフェリーは予定通り函館港に到着。 ここからは、ひたすら帯広までの走りとなります。 天気はいいのですが、函館から帯広まではおよそ428kmあり、およそ6時間の所要時間みたいです。それを午後2時前に函館港からスタートするとなると、帯広到着は午後8時過ぎを覚悟しなければなりません。 [続きを読む]
  • 下北半島・尻屋崎から大間へ
  • 大間岬にて現在のツーリング・ブログランキング===> 平成29年5月5日(金)、バイク人ラリー帳の本州最後のミッション・尻屋崎灯台をバックに寒立馬と写真を撮る、という予定を100点満点で終了し、函館へフェリーで渡るため大間を目指しました。 時間的にも早くスタートしたためゆとりがあり、大間へもフェリーの出発時間12:20の2時間以上前くらいに到着。展望台の看板を見つけたので行ってみることにしました。 あ [続きを読む]
  • 尻屋崎灯台と寒立馬
  • 尻屋崎灯台にて。とても気持ちのいい朝でした 尻屋崎ゲートのあるビジターハウスから灯台へと向かいます。 放牧地と海の間にある松林を抜けると、抜けるような青空に左手には大海原が広がります。これが津軽海峡でしょうか。海沿いの道をしばらく行くと、遠くに灯台が見えてきました。 とても大自然の中に立つ灯台、という雰囲気を醸し出していて周辺には目立った建物はなく、広々とした草原が広がっています。前回来たときも同 [続きを読む]
  • 寒立馬に会いに尻屋崎へ
  • 東通村ビジターハウス周辺の放牧地と寒立馬 平成29年5月5日(金)、むつパークホテルから寒立馬に会いに行くため尻屋崎灯台を目指します。 この日のミッションが東北最後となり、いよいよ北海道へと津軽海峡をフェリーで渡る予定です。ここまで何とか頑張って計画通りやってきたので、ここから先はだいたい見えてきたという感じです。 朝食を通常7時からのところを6時半にしてもらい、少しでも早くむつを出発します。お昼 [続きを読む]
  • 寒風山回転展望台からの絶景
  • 寒風山展望台から見た八郎潟干拓地調整池 平成29年5月4日(木)、福島の峠駅から今日の最後のミッション寒風山回転展望台駐車場を目指します。 四国に住む私から見ると、その距離感はピンと来ないのですが、東北を縦断するので結構タフな走りとなりそうだとは容易に予測がつきます。 さらに、5日のお昼の便で函館に渡ることを考えると、宿泊場所は青森よりもむつの方が安心できるため、頑張って下北半島の鉞の柄の部分を走 [続きを読む]
  • 東北最初のミッション、峠駅
  • 峠駅は新幹線が通過する駅、として有名で、近代化遺産にもなっています 平成29年5月4日(木)、予定通りJR福島駅近くの東横INNからスタートです。 夕べは遅く到着しましたが、ここで挽回をという気持ちで計画の時間にホテルを出ました。天気も良く、気持ちいい朝でした。 福島の街は何度か走ったことがあるので、何となくICとJR駅の方向感覚や距離感がわかっていて、この辺りは数年前に見た景色だなあ、などと思い出したり [続きを読む]
  • ラリー3つ目のミッション、尻焼温泉
  • 一級河川長笹沢川をせき止めて、その堰の中の水が丁度良い湯加減の温泉でした 平成29年5月3日最後のミッションで、群馬県の尻焼温泉へ行きました。 本当は長野県のトキンの岩のチェックポイントもクリアしてここへやってくる計画でしたが、山の上のため蓼科スカイラインが通行止めということで、トキンの岩へはまた、機会を改めて、ということにしたのでした。 しかし、GW後半初日の交通渋滞は、それはそれは激しいもので、 [続きを読む]
  • 逗子市・披露山公園
  • 披露山公園の展望台。高射砲の台座を利用したそうです 5月3日午前、東京都庁から、神奈川県逗子市の披露山公園を目指します。 新宿を出発して、早速道に迷いました。首都高速中央環状線沿いの一般道山手通りを走って、玉川通りへ右折するつもりが、なんとなく雰囲気が変、緑の中を走って行きます。これは、きっと井の頭通りに入っていたのだと思います。 引き返して、山手通りへ行きます。こちらも、検問などをやっており、警 [続きを読む]
  • 東京都庁
  • BikeJINラリー帳2017のNo.1のミッションは、東京都庁とバイクを一緒に撮ることでした 平成29年5月3日(祝)朝8時頃、東京都庁へ予定通り行きました。 GW後半初日ということもあって、人影はほとんどなくて写真を撮るには絶好のタイミング。いろいろと場所を変えて撮影しました。都庁には、建設途中の時から何度も訪れているので、あまり物珍しくはないのですが、首都らしく威厳のある佇まいです。 東京港からここまでは、 [続きを読む]
  • 東九オーシャンフェリーで東京へ
  • 徳島港から東九オーシャンフェリーの「びざん」で東京へ BikeJINラリー帳2017の東日本のミッションを達成するために、GW後半の5月3日(祝)から東京都庁のチェックポイントから北海道の美幌峠までの7つをクリアする計画を立てました。 そのためには、2日午後に徳島港発3日朝東京港入港の東九オーシャンフェリーでまずは東京まで行き、大間から函館に渡って帯広、そして美幌へと走らなければならない。なんと長距離のツ [続きを読む]
  • 阿蘇ツーリング・ミルクロードから佐賀関へ
  • ミルクロードを久住山方面へ 平成29年4月30日(日)、今日はBMWツーリングのメンバーと別れて単独行動です。 と言っても、本当は道の駅大津へ行く予定でしたが、昨日行ってきましたので、今日は愛媛へ帰るのみ。途中、やまなみハイウェイから東半分のミルクロードを走ります。 これで、昨日と合わせてミルクロード完全走行。 ミルクロードはあまりにも有名ですが、その一部しか走ったことがなかったので、全体がよく分か [続きを読む]
  • 阿蘇ツーリング・道の駅大津とミルクロード
  • 赤水から県道23号線でR57を迂回して、道の駅大津へ。この山の上がミルクロード 4月29日(土)、ツーリング初日の夕方のことです。 阿蘇神社を参拝した後、みんなで宿坊あそへ入り温泉に浸かって疲れをとろう、と思っていたのですが、その時間が午後3時過ぎだったので、それでは夕方の6時の食事時間までもったいない、ということで、4月30日に予定していた道の駅大津へ行くことにしました。 道の駅大津は、バイクジン [続きを読む]
  • 阿蘇ツーリング・阿蘇神社と宿坊あそ
  • 出発前に、宿房あそで 草千里の続きになります。 草千里から、阿蘇登山道路を降りてきたところで、一旦給油のためにGSへ。そして、一の宮の阿蘇神社へと向かいました。 阿蘇神社は、熊本大地震のときに拝殿が倒壊したことでその名を全国に知れ渡らせることになったわけですが、そこらの復旧作業の進捗状況などが気になっていました。 今でもかなり酷い状況かと危惧していたのですが、すでに足場や養生シートなどで覆われていて [続きを読む]
  • 阿蘇ツーリング・草千里
  • 草千里と烏帽子岳 大観房から草千里を目指しました。 これは、思いっきりいつものワンパターン。もう少し、バリエーションがあって欲しいところですが、この風景が阿蘇らしいのであきらめます。 去年もやって来たし、おととしも。ここ数年は毎年来ている気がします。 昨年は春に来ましたが、その後熊本大地震が起こったために阿蘇登山道路の一部が崩壊して、なんとか通行はできるのですが、まだ完全に復旧工事が終了していない [続きを読む]
  • 阿蘇ツーリング・大観峰
  • 大観峰駐車場には、いつもバイクが集結、「聖地」となっています 九重”夢”大吊橋の次は、昼飯です。 大観峰へ行くのかと思いきや、そこを通り過ぎてレストラン北山へ。そこは、内牧の赤牛が食べられるところで、なんでも倍喰丼(バイク丼)が有名なのだとか。 レストラン北山は、阿蘇の外輪山にあって、やまなみハイウェイから行くと、ミルクロードで大観峰を通り過ぎて5,6分走ったところにあり、とても眺望がよかったです [続きを読む]
  • 阿蘇ツーリング・九重”夢”大吊橋
  • 九重“夢”大吊橋 別府湾SAで朝食を済ませた後、大分自動車道から別府ICで降りてやまなみハイウェイを湯布院方面へと走ります。ここは何度もバイクで通っていますが、とても気持ちよく走れるところで、特に由布岳登山口を越えた辺りから湯布院の町まで下って行く間が、すばらしいロードだといつも思います。 今回は早朝にもかかわらず、バイク事故が多いということで由布岳登山口までの登りのカーブで、警察や交通指導員の交 [続きを読む]
  • 阿蘇ツーリング・東九州自動車道
  • 午前6時半過ぎに、別府湾SAに到着 平成29年4月29日から1泊2日で、モトラッド愛媛主催の阿蘇ツーリングへ行きました。 出発は28日夜の松山観光港発小倉行きフェリーで、東九州自動車道を南下して別府まで行き、やまなみハイウェイを走って阿蘇まで行きます。途中、九重に立ち寄りますが、2週間前に雨の中をドライブした同じルートでした。 はじめてモトラッド愛媛主催のツーリングに参加したとき、一緒に行った人に [続きを読む]
  • 天が見方しなかった別府旅行
  • 雨の中、やまなみハイウェイを牧ノ戸峠へ向けて走ります 平成29年4月16日(日)、友人たちと九州へ行こうという計画で別府のインターチェンジ近くの温泉に1泊。 しかし、それ以外の計画が立てられておらず、やまなみハイウェイを彷徨って帰ってくるという、前代未聞の旅となりました。 さらに悪いことに、1週間前から天気が崩れるとわかっておりながら、雨と旅行のメインの行動時間を合わせた結果、観光もままならず早く [続きを読む]
  • メキシコから帰国
  • ベニート・ファレス国際空港(メキシコ国際空港)第2ターミナルの2階アエロトレン乗り場付近 地球の歩き方を見ていると、メキシコはあまりにも知らない地域だったのでワクワクしていましたが、行ってみるとその中で実際に訪ねることができたのはほんのわずか。何度でも行ってみたい国の一つになりました。 帰りは、カンクンを国内線で夕方出発してメキシコ国際空港で乗り継ぎ。深夜発のANAで成田へと帰りました。このルート、西 [続きを読む]
  • メキシコのラスト、イク・キルセノーテ。神秘的でした
  • 地面にポッカリ空いた穴の底、という感じのイク・キルセノーテ チチェン・イッツアー遺跡を午前中の早い時間に見た後、近くのイク・キルセノーテへ行きました。 ここも事前に調べたところ、とてもきれいで、飛び込むことができるようなので、是非ドボーンと飛び込み台から飛び込んで見たいと思っていたところです。 セノーテの周辺から地下水がわき出して、水面に落ちていたりして、水がきれいで中には魚がおり、かつ、そこを人 [続きを読む]
  • チチェン・イッツア遺跡聖なる泉セノーテへ
  • ジャガーと鷲の台座。ククルカン(羽毛のある蛇神)の頭が階段の両サイドに祀られています チチェン・イッツアではお目当てのピラミッド・エルカステイージョをじっくりと時間を掛けて見学して、次に広場の周辺にあるジャガーと鷲の台座へ行きました。 これも、ジャガーや鷲のレリーフが見られましたが、生け贄の心臓を持っているモチーフで、メソアメリカの中央高原の文化というか戦闘部族トルテカ人の影響が見られます。 それ [続きを読む]
  • トゥルムでランチ、そしてカンクンへ
  • カンクンのホテル、アロフト。カンクンでは軒並みオールインクルーズの高額料金の中、ビジネスホテルクラスの良心価格。部屋もきれいで、海も見えて良いホテルでした 光のカーテンが見えるグランセノーテ、世界自然遺産シアン・カアン生物圏保護区を訪ねたあとは、ちょっと遅めのランチをトゥルムで取りました。やっぱり、タコスでしたが、食べやすくて元気がでました。 内容がよく分からず食べるよりも、ガイドさんに細かく説明 [続きを読む]
  • グランセノーテ・光のカーテン
  • 日光が透き通った水に差し込んだ際に現れる光のカーテン。息をのむほどの美しさです カンクン2日目、夜が明ける前からグランセノーテへ向かって出発します。 グランセノーテは、ユカタン半島の約7000あると言われているセノーテの中でも一二を争う美しさで、いつも多くの観光客で賑わっているそうです。 今回は、現地の小林さんにツアーガイドをお願いしたのですが、水が濁って透明度が下がる前に光のカーテンを見ておくべ [続きを読む]