kiyo さん プロフィール

  •  
kiyoさん: まつやまワールド
ハンドル名kiyo さん
ブログタイトルまつやまワールド
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/cskuwa
サイト紹介文四国・西予市での暮らしや、ツーリング・サイクリング・日本百名山に挑戦の記録です
自由文50の手習いで、大型バイクの免許を取りました。四国・九州を走りたいと思っているところです。
西予市議会の動きも紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/09/13 09:58

kiyo さんのブログ記事

  • R379岩谷バイパスツー
  • R379道の駅ひろたにて 平成29年3月19日(日)快晴の青空に釣られて、昨日全線開通したというR379岩谷バイパスを走ってみました。ここへは数年前にツーリングにやってきたことがありますが、その頃はあちこちで旧道を走らされ、まだまだ整備完了までは時間がかかるなあ、と思ったところです。 また、幹線道路ではないためよっぽどの物好きか、地元の人以外は走らないだろうというところでもあり、道の駅にも人などいな [続きを読む]
  • マレーシアから帰国
  • クアラルンプール空港にて。この14:15発のB787で日本へ帰ります マレーシア4日目の続きです。 午前中はKLCCで、ショッピングやツインタワーへ昇ったりしたのですが、午後はいよいよ帰国の途につきました。といっても、羽田まで帰ったら、松山へは明日の朝一番の便でしか帰れません。 ANAツアーのガイドさんが昼前にホテルのロビーまで出迎えに来てくれました。 いくつかのホテルを回って、数組の夫婦が同乗し [続きを読む]
  • ペトロナス・ツイン・タワー
  • ペトロナス・ツイン・タワー83階エレベーターホール前にある、世界の摩天楼の比較パネル マレーシア4日目。 今日は午前中のみ自由行動の時間で、午後の便で日本へ帰る予定です。そのため、早めにKLCCへ行って、午前9時入場の一番乗りで、ペトロナス・ツイン・タワーの展望階へと向かいます。 今回の旅の中でも、ここだけは絶対に訪れたいと思っていました。 朝早くホテルを出て、タクシーでKLCCへ行きました。 ま [続きを読む]
  • クアラルンプールタワー
  • 昼食の前に、KLCC(クアラルンプール・シティ・センター)の撮影スポットに立ち寄りました マレーシア3日目、クアラルンプール市内観光の続きです。 チャイナタウンを散策した後、予定では昼食だったのですが、KLCCの写真撮影に良いというスポットに案内してもらいました。クアラルンプールの中心地とあって、超高層ビルが次々に建設されていました。 それに、主役のペトロナス・ツインタワーの他にも、たくさんの新し [続きを読む]
  • クアラルンプール市内観光
  • 新王宮前にて。2011年11月から、新しくなったそうです マレーシア3日目。クアラルンプール市内観光です。 マレーシアは13の州からなり、そのうち10の州の知事が順番に王様になるという話を今回の旅の途中何回も聞かされました。そして、王様が実際に住んでいて、国の行事なども行われるのがこの新王宮だそうで、観光客もわんさかと押し寄せていました。 市内観光では、ここと言って目玉が思い当たらず、オプショナル [続きを読む]
  • マラッカ・サンチャゴ砦
  • サンチャゴ砦。1511年にオランダとの戦いに備えるため、ポルトガル軍によって作られた大砲もある砦で、マラッカらしい遺跡です  2日目、オランダ広場の続きです。 オランダ広場からスタダイスの中にある階段を登っていきます。そして、スタダイスの中を観光するのかと思ったら、「ここがスタダイスです」とガイドさんが言うだけで素通りして丘の上のセント・ポール教会へと向かいました。 ANAのツアーでは、二人以上でマラ [続きを読む]
  • マラッカ・オランダ広場
  • マラッカで最も賑わっていたオランダ広場 2日目、マラッカのチャイナタウンの続きです。 チャイナタウンのエリアには、ババ・ニョニャ・ヘリテージなど交易でマラッカが栄華を極めた頃の建物以外に、中国寺院・ヒンドゥー寺院・キリスト教会なども集まり、中国系移民だけでなく多民族が共生した名残を感じ取ることができました。 チャイナタウンをグルリと回ってマラッカ川まで帰ってきて、オランダ広場へと入っていきます。こ [続きを読む]
  • 世界遺産マラッカ
  • マラッカの中心、トゥン・タン・チェン・ロック通り 2日目、ホテル到着後、荷物を降ろしてマラッカ海峡の歴史都市群として2008年に世界遺産に登録されたマラッカ観光へ行きました。 ANAマイレージクラブ会員限定ツアー旅行日程表によると、観光ポイントは青雲亭、オランダ広場、スタダイス、セントポール教会、サンチャゴ砦、ババニョニャ博物館、ジョンカー通りとなっています。 クアラルンプールのシャングリラホテルか [続きを読む]
  • クアラルンプールへ出発
  • 朱色に染まった建物のマラッカから、この国の歴史が始まりました。マラッカのシンボル、オランダ広場 平成28年12月23日(金)〜27日(火)まで、マレーシアのクアラルンプールと世界遺産マラッカ海峡の歴史都市群を訪ねました。 今回は、ANAマイレージクラブ会員限定ツアーを利用したので、格安でいつも以上の旅をすることができました。また、以前来たときはトランジットの関係で1泊の滞在だったので、実質的には初め [続きを読む]
  • 大阪までプチマイル修行
  • 今年最初の飛行機は、ANA大阪行きボンバルディアDHC8-Q400 平成29年2月1日(水)、松山から大阪まで今年最初のスターアライアンス・プチマイル修行に行ってきました。というわけでもなく、用が3件あってANAを利用して行ってきたということです。 本当は、もう1件用を済ませたかったのですが、次回へまわして、午後1時25分のANA1640便で出発して2日のANA1633便で午前10時15分に帰ってたので、24時間もか [続きを読む]
  • 大工道具・・・新神戸
  • 前挽大鋸(まえびきおが)。木材を軸方向に挽くための道具 山陽新幹線新神戸駅の東側に、「竹中大工道具館」が新築移転されています。 以前から一度訪れたいと思っていたのですが、平成29年2月1日に大阪へ行くのい時間調整をして、やっと行くことができました。 そもそも宮大工が会社の起こりというだけあって、神社仏閣にこだわった展示もあり、木材について詳しく解説してあったりと、伝統の匠の技術を継承していきたいと [続きを読む]
  • フォーゲルパークの鳥たち
  • 白いフクロウ 宍道湖北岸丘陵にある島根・松江フォーゲルパークには、たくさんの水鳥と共に他に類を見ないくらいの数のフクロウも飼育展示されていました。これだけ一度にたくさんのフクロウを見ることができるところは、ないような気がしました。 はじめにフォーゲルパークに到着したときは、いにしえの建物を模したんだろうと思っていた入口の長屋は、実はフクロウの館で、このフクロウを見るだけなら入場券を買わなくても見る [続きを読む]
  • BikeJIN編集部よりトロフィーが到着!!
  • BikeJIN編集部から届いたトロフィー 平成29年1月31日(火)、突然BikeJIN編集部から、2016BikeJINラリー帳のコンプリート賞として、トロフィーが贈られてきました!なんとなく、うれしいですねぇ〜 2016BikeJINラリー帳とは、2015年12月に発売されたBikeJINというツーリング雑誌の付録としてついていたもので、全国10のミッションがあって、それをクリアして2016年11月までに編集部まで提出する。そ [続きを読む]
  • 松江フォーゲルパーク
  • エントランスからセンターハウスに入ると、1万本の花が迎えてくれます 平成28年12月4日(日)、朝9時の開園を狙って、松江フォーゲルパークを訪れました。 松江フォーゲルパークは、島根半島の宍道湖北岸を走る出雲縁結び街道(国道431号線)の中ほど丘陵陵地にある花と鳥のテーマパークでした。 それがこれまで知らなかったのが不思議なくらいの立派な施設で、園内はとても広いと言うほか無く、これがもっと人口がたく [続きを読む]
  • 生口島のたこ飯と宍道湖遊覧
  • 宍道湖の嫁ガ島 平成28年12月3日(土)、島根県松江市をかつての友人9名で訪れました。 目的は、この時期なのでもちろん山陰のカニで忘年会をすること。以前から積み立てていた資金だけでは足が出るので、その分はみんなに了解いただいての、2日間の旅でした。 その第一の目的地は、しまなみ海道広島県生口島のたこ飯。 どうやら平山郁夫美術館の近くにそのたこ飯を食べることができる食堂があるらしい。だいたいの情報 [続きを読む]
  • 角島と柳井港
  • 角島灯台 平成28年12月11日(日)、ついに角島にやって来ました。 この日は、午前8時にJR下関駅裏のワシントンホテルを出発、R191北浦海道を北上して角島大橋を目指しました。R191は、左手に響灘を見ながら爽快に走ることが出来る風景を有している一方、路面は光ファイバー埋設のためにアスファルトを切断した跡が残り、二輪車には過酷な路面となっていました。 まだ、朝早いので交通量は少なくて助かりましたが、その中 [続きを読む]
  • カルスト平尾台と下関
  • 平尾台のカルスト地形 平成28年12月10日(土)お昼の便で、四国・佐田三崎から大分・佐賀関へ渡り、大分道から東九州自動車道を経て、平尾台へ登りました。 平尾台は、もっと大きな山塊だと想像していましたが、平野の中にぽっこりと山々が集まった感じで、南から登って北の北九州へと下って行くようなコースでした。天気が微妙で、ちょっと前まで雨が降っていたに違いない、と思われるような路面です。 平尾台から降りる [続きを読む]
  • カナダの旅
  • 秋に訪れたナイアガラの滝とメープル街道の旅行記は、こちらからお入り下さい。       カナダの旅=====>ナイアガラの滝を行く観光船マーメイド号”1ポチ”のご協力をお願いします!!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • ご案内
  • まつやまワールドをご訪問いただきありがとうございます。当ブログにおいて掲載できなかった画像や記録は、ホームページにある場合もございますので、合わせてご参照いただければありがたく存じます。ブログとホームページが補完し合っているところもありますので、よろしくお願い致します。ホームページ”まつやまワールド”へ=====>”1ポチ”のご協力をお願いします!!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 軍艦島〜海から眺める
  • 軍艦島の南西海上から見たところ 軍艦島に上陸して、島内の見学ポイントでボランティアガイドさんから説明を聞いたあとは、再び乗ってきた船まで戻って、島の周りをクルーズ船から見学しました。 桟橋は軍艦島の東側にあって、船は桟橋を離れると南の先端部分を周り込んで西側の海を、島の北の端まで行き、そこから引き返して桟橋まで戻ります。今度は上陸せずに、長崎港へ帰りました。 そうすることによって、船の右舷側にいる [続きを読む]
  • 軍艦島〜上陸して島内見学
  • 軍艦島全景。右が軍艦の舳先に思えます 長崎港からクルーズ船でついに軍艦島までやってきました。 湾から一端波の高い外海へ出て、高島の東側を航行して南下します。そのような位置にあるため、結構島の周りは波が高くて、ここまで来て上陸できない場合もあるそうです。 軍艦島の上陸に当たっては、宣誓書にも署名さされたし、結構移動も自由ではない状況でした。 クルーズ船に乗り込むときに、許可証のような名札を渡され、そ [続きを読む]
  • 軍艦島 長崎港からクルーズ
  • クルーズ船が長崎港を出港すると、この大きなジャイアント・カンチレバークレーンが見えてきます 平成28年11月13日(日)2日目、いよいよお目当ての軍艦島へ向かって、長崎港からクルーズ船で出発します。結構、このクルーズにより海側から長崎市の「明治日本の産業革命遺産」を見ることができるのですが、じっくりと8つの構成資産を見るには、陸上から訪れる必要があると思います。 世界遺産としての構成資産とは、   [続きを読む]
  • 軍艦島 グラバー邸へ
  • 1日目は、長崎市内のグラバー園などを見学しました  平成28年11月12日(土)から、長崎の軍艦島を地域の業界グループで訪ねました。 午前9時に西予市商工会集合、八幡浜港10:15発の別府行きフェリーで九州へ渡り、そこからは大分自動車道で長崎を目指します。 バスはひたすら走るばかりで、たまにSAでの休憩が楽しみな感じでしたが、夕方4時過ぎには長崎のグラバー通り下の駐車場へ到着。大浦天主堂や旧グラバー [続きを読む]
  • インドへの旅 インデックス
  •                            タージマハール 世界一美しいこの建築物は、ムガール帝国王妃の墓として作られたそうです。川を挟んで、黒いタージマハールを作るという、王の野望は、息子によって断たれ、その後王様は城に幽閉されたという歴史がありました 一生に一度はインドへ行ってみなければ。と気の合う仲間で訪ねた出発1日目 クトゥブ・ミナール2日目 ジャイプール     ファテープル・ [続きを読む]
  • バルセロナ・ガウディを訪ねる旅インデックス
  • サグラダ・ファミリアも内部は完成しており、後は2027年の完成が楽しみです ガウディの作品に会うために、バルセロナを旅しました。 サグラダ・ファミリアは世界中から観光客が集まっていましたが、その他にもコロニア・グエル教会やカサ・ミラ、グエル邸など、見所いっぱいでした。出発  スペイン・バルセロナ 入国1日目 サグラダファミリア〜グエル公園2日目 コロニア・グエル教会3日目 カサミラ カサパトリョ  [続きを読む]