ミノル さん プロフィール

  •  
ミノルさん: アオヒゲ日記
ハンドル名ミノル さん
ブログタイトルアオヒゲ日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/minoru58/
サイト紹介文ヒゲの濃い人が、ゆるーく、でも必死こいて走っている日々を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/09/13 20:46

ミノル さんのブログ記事

  • ヒゲの濃い人の謝りかた
  • あの日からアオヒゲは頻繁に私の家にあらわれるようになった。「また居たんだ。」「ああ。なんだかここが落ち着くんだ。」そう言いながらアオヒゲは洗面所へと向かった。鏡の扉を開けると私のヒゲソリを取り出した。「5枚刃の剃り心地はどうだい。」「とても快適だよ。」今年からヒゲソリを5枚刃にしていた。「でも、5枚刃というのはいささか大袈裟だと思わないかい。」「しょうがないさ、そういう時代なんだ。」アオヒゲは鏡越し [続きを読む]
  • ムギッチャ・ソーダ
  • スコッチはなかった。ただスコッチはスコッシでいいと言っていたし、下戸なので何が入っていてもあまり気にしないだろう。私は冷蔵庫からミネラル麦茶を取り出すと、それを炭酸水で割った。見た目は悪くない。スコッチ・ソーダそのものだ。1階に戻るとアオヒゲはインターネットでマサ斎藤の画像を検索していた。「スコッチがなかったんだ。」パソコンデスクから振り返るとアオヒゲはグラスを受け取り、それを不思議そうにながめた [続きを読む]
  • スコッチ・ソーダ
  • 外は雨が降り続いていた。「怖いんだ。」私はアオヒゲに不安を打ち明けた。「マサ斎藤が怖いのかい。」「ああ。」去年、エア柴又を走った。それは私にとってはじめてのウルトラマラソンだった。50km過ぎ、特にハイペースで走っていた訳でもなかったが脚が棒になった。走り続けることができずに歩きと走りを交互に繰り返した。今年も最後までたどり着けるだろうか。「考えすぎるのは良くないよ。マサ斎藤はある種の比喩みたいなもの [続きを読む]
  • プロレスラーの名前以外うまく聞き取れない病の男
  • 深夜0時過ぎ。降りしきる雨の音だけが聞こえてくる。私は1階のカリモクのソファにひとり腰を掛けていた。スマートフォンでブログを読みながら大きくため息をついた。「どうしたんだい。」不意に声を掛けられる。いつの間にか向かいのパソコンデスクの所にある椅子にアオヒゲが座っていた。「いつからそこに居たんだい。」「それを知ってどうするのさ。いまここにオレがいる。それで十分だろ。」アオヒゲはいつもこうだ。訊かれたこ [続きを読む]
  • 2017年4月を振り返りつつ、5月を想い描く
  • 4月を振り返る。4/1 帰宅ラン2.0km4/4 帰宅ラン14.4km4/5 帰宅ラン14.9km4/12 帰宅ラン6.4km4/13 帰宅ラン8.3km4/14 帰宅ラン6.5km4/18 帰宅ラン14.3km4/19 帰宅ラン14.1km4/22 帰宅ラン1.5km4/27 帰宅ラン11.2km4/28 帰宅ラン10.6km4/30 オトナのタイムトライアル12.5km4月合計 116.7km(12日)月初に4つの目標を立てた。達成度は次の通り。目標1 月間走行距離150km→結果 116.7km(ギャフンッ)目標2 5000m 20:30ぎ [続きを読む]
  • オトナのタイムトライアルレポ4 HANZO
  • オトナのタイムトライアルレポ、最後にいくつか。+++その1 HANZOというシューズを試した私がこれまで履いてきたシューズは、ゲルフェザーグライド、スカイセンサーグライド、ターサージャパンの3足。いずれもアシックスだった。中学、高校とサッカー部でいくつかのメーカーのスパイクを履いたが、もっとも自分の足にあっているのがアシックスだと感じていた。それでランニングシューズについてもアシックスを選択していた。実際履 [続きを読む]
  • HANZO
  • 皇居に半蔵門という門がある。半蔵門の名前の由来はウィキペディアに次のような記載がある。“半蔵門の名称については、この門の警固を担当した徳川家の家来服部正成・正就父子の通称「半蔵」に由来するとする説と、山王祭の山車の作り物として作られた象があまりにも大きかったために半分しか入らなかったことに由来するとする説がある。定説は前者であり、服部家の部下(与力30騎、伊賀同心200名)がこの門外に組屋敷を構え、四 [続きを読む]
  • HANZO
  • 皇居に半蔵門という門がある。半蔵門の名前の由来はウィキペディアに次のような記載がある。“半蔵門の名称については、この門の警固を担当した徳川家の家来服部正成・正就父子の通称「半蔵」に由来するとする説と、山王祭の山車の作り物として作られた象があまりにも大きかったために半分しか入らなかったことに由来するとする説がある。定説は前者であり、服部家の部下(与力30騎、伊賀同心200名)がこの門外に組屋敷を構え、四 [続きを読む]
  • クラムボン
  • クラムボンが日比谷野外音楽堂で8年ぶりにライブを行う。+++学生の頃、友人に教えてもらいクラムボンというバンドを知った。第一印象は、ボーカルが矢野顕子みたいだな。ポップでやさしいメロディーを私はすぐに好きになった。20代、もっとも聴いた音楽だと思う。クラムボンと言えば日比谷の野音だった。ライブなんてほとんど行かないが、クラムボンの日比谷の野音は2回ほど行った。1度目は当時ルームシェアしていた男の友人と、も [続きを読む]
  • 東京
  • 昼休みネットをなんとなく見ていたら、ほぼ日刊イトイ新聞で東京特集がはじまっていた。2020年に東京オリンピックの開催が決まり、いたるところで東京という文字を目にする。東京、TOKYO、トーキョー。そこには「東京ばなな」の東京とは違う地名というより、なにか特別なものを象徴する記号のようなおもむきがある。東京という言葉に広告代理店はどんな想いを込め、私たちは何を感じているのだろうか。+++私が学生だった頃にも「東 [続きを読む]
  • 2017年3月を振り返りつつ、4月を想い描く
  • 何だか最近、振り返ってばかりいる気がするが、今日も振り返る。今回振り返るのは2017年3月だ。3/5 静岡マラソン42.195km3/22 帰宅ラン6.6km3/24 帰宅ラン2.0km 3/28 帰宅ラン6.67km3/29 帰宅ラン6.17km3/30 帰宅ラン6.14km3月合計 69.8km何度も書いているが、静岡マラソンではサブ3.5を達成した。しかし、その後少し休み過ぎたかもしれない。下旬から再び帰宅ランを再開したが月間走行距離はあまり伸びなかった。サブスリ [続きを読む]
  • 家康三部作を振り返る
  • 昨シーズン、フルマラソンを3つ走った。走った地域が栃木、東京、静岡とどれも徳川家康公ゆかりの地であったことから、こう名付けた。家康三部作。ちなみにタイムの目標はサブ634(ムサシ)だった。結果は次の通り。第一部 栃木編第29回大田原マラソン3:56:33(グロス)3:55:54(ネット)すーぴーさん撮影+++第二部 東京編多摩川マラソングランプリNewYear3:56:53(グロス)3:56:45(ネット)proceed2600さん撮影+++第三部 静岡編静岡マラ [続きを読む]
  • 青髭ランナーミノルのサブスリーへの挑戦日誌
  • 昔、胃弱ランナー官九郎のサブスリーへの挑戦日誌と言う伝説のブログがあった。最後の更新は2017年3月14日。あれから18日経つが、静岡マラソンでの彼の走りについては、いまも村では語り継がれている。たぶん。これからも静岡マラソンの季節がくる度にきっと彼の爽やかな笑顔を思い出すことだろう。おそらく3年くらいは。+++官九郎さんがグロスでサブスリーを達成したその約30分後。私はネットでサブ3.5を達成した。ひっそりと。全 [続きを読む]
  • ふきげんな過去
  • ちょっとした経緯から家に数日間プロジェクターがあったので、映画「ふきげんな過去」をレンタルビデオショップで借りてきて観た。+++池上に暮らしてからもうすぐ1年が経つ。まだこの街のことはあまり知らない。平日は会社と自宅の往復だし、休日もリトルと過ごすことが中心だ。下戸なので飲みに出掛けることもほとんどない。それでも街の雰囲気みたいなものは、段々分かってくる。池上本門寺がこの街のシンボルとして存在感を示し [続きを読む]
  • 静岡マラソン2017レポ4 アオヒゲ vs トーマス・ヒックス
  • 静岡マラソンの後半戦。+++20-25km4:57-4:43-5:01-4:42-5:01(4:55/km)沿道で応援している淑女が「富士山見えるよー。」と教えてくれた。左を向くときれいな富士山が見えた。心肺はまだ余裕があった。気を抜くとすぐペースが上がり過ぎてしまう。そのくらい調子は良かった。24km過ぎ、2つ目のマグオンを摂る。+++25-30km4:52-4:50-4:52-4:54-5:00(4:54/km)25km過ぎ、状況が変わる。右ふくらはぎに強い張りを感じる。しばらく負担の [続きを読む]
  • 静岡マラソン2017レポ3 TEAM50T vs TEAM50T
  • 静岡マラソンのレポートの続き。記憶が既に曖昧なので位置は少しずれているかもしれない。+++0-5km4:38-5:07-5:00-5:11-4:50(4:59/km)スタートする。混雑していたのでペースを気にせず前に行く。右前に激沈上等Tシャツを見つける。追いつくかなと思ったが、向こうの方が早くどんどん差が開いていった。ガーミンから1kmを告げるアラームがなる。ラップタイムを確認すると4:38。突っ込み過ぎたと思い、慌ててペースを落とした。レポ [続きを読む]
  • 静岡マラソン2017レポ2 始発列車でクラムボンを聴きながら
  • AM4:00起床。十分な睡眠がとれたとは言えなかった。着替えて、ヒゲを剃った。5枚刃でヒゲを剃ったが、全て剃ったわけではない。頬の部分と口の下だけ剃った。そこだけ剃っておけば、そんなに汚い感じにはならないだろうと、勝手に思っている。+++始発の池上線に乗ると、他にもランナーらしき人がいた。道中、私はiPodでクラムボンをずっと聴いていた。気持ちを盛り上げるより、穏やかな気持ちでレースに望みたい気分だった。朝食は [続きを読む]