雷鳥8号 さん プロフィール

  •  
雷鳥8号さん: クローゼットの中の鉄道模型
ハンドル名雷鳥8号 さん
ブログタイトルクローゼットの中の鉄道模型
ブログURLhttp://mokei1968-train.blog.jp/
サイト紹介文私の持つ鉄道模型の備忘録的資料です。
自由文クローゼットの中のおもちゃ箱の鉄道模型に関する補足ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2014/09/13 21:37

雷鳥8号 さんのブログ記事

  • 鉄道模型メーカーさんの販売遅延について 少々・・・
  • この内容も戯言です。私の他愛もない独り言これに対して各自感想をお持ちになられるのは自由でも、その意見を私には伝えないでね鉄道模型メーカー各社さん、いろいろと新製品 再販品を販売して頂いており大変嬉しいですね社会が平和だということで、大変喜ばしい事です。この部分は凄く大事ですね、政治が安定して居なかったり、経済が悪いと鉄道模型などのおもちゃ関連は直ぐに廃れますから、そういう意味ではこの数十年の日本は [続きを読む]
  • 海の日 鉄道に関しての戯言
  • 本日も戯言です。導入予定車両の到着が遅れております。そこで戯言を少々先日もキハ181で書きましたが、夏の思い出だと子供の頃海へは鉄道でした。父の親戚が舞鶴に居ますので、海といえば日本海舞鶴を思い浮かべるのですが近畿だと、太平洋の方へも距離が有るのですが泊りがけなら南紀白浜にも何度か南紀だとくろしおですね〜381系くろしおです。このくろしお 小学校の4.5年の頃にのったのですが・・・酔いました電車で酔ったの [続きを読む]
  • 今週の一両 KATO キハ181形 特急形気動車
  • 今週の一両 KATO キハ181形 特急形気動車夏ですねー 暑いです・・・この時期になると、子供の頃に日本海側に海水浴に行きました。子供の頃はまだまだ道路事情が悪く、京都市内から舞鶴方面へ行くにはクルマより国鉄の方が便利でした・・・便利だったんだと思います・・・子供だったから(笑)で、当時、国鉄京都駅より山陰本線で日本海側に向かうのですが当時はまだまだ電化もされておらず単線でした。海に行くので、朝も早く [続きを読む]
  • HOゲージとNゲージについて 戯言を
  • 久しぶりに戯言を今年はHOゲージを始めたいと考え、ようやく何両か手に入れました。まだまだ欲しい車両は有りますが、一度には無理ですしボチボチと集めたいと思います。先月手に入れましたEF65 1000番台後期型 個人的にはとても好きな機関車ですのでコレが丁度いいタイミングで手に入ったのは嬉しい限りです。今年は他にもほしいHOが再販されますので、出来得る限り集めたいと思います。今までNゲージ主体で、子供とのお遊び用に [続きを読む]
  • 今週の一両 MICROACE DF50 四国形 電気式ディーゼル機関車
  • 今週の一両 MICROACE DF50 四国形 電気式ディーゼル機関車このDF50ですが、鉄道模型再開後欲しいと願っていた製品でした。もっとも、再開当時TOMIXからDF50は販売されていましたが、仕様がかなり古いもので再開当時としても、出来の水準が・・・という状況で手に入れていなかったのですが、マイクロエースから販売になり購入したものです。 今々の水準からすれば手すりやホイッスルの大きさ等に思いは有りますが、約10年前であれ [続きを読む]
  • KATO HO EF65 1000 後期型入線工事
  • KATO HO EF65 1000 後期型 入線工事やっと手すり等の取付け作業が出来ました・・・残念ながら・・・部品が・・・飛んだ assyで頼まないと ^^;比較対象が無いとNなのかHOなのか?と思われるかも知れませんがHOです。JR無線を取り付ける為に穴あけが有りますのでバラしましたそれにしても重い行き成りですが部品取り付け完了です、一つの部品を除いて台車にも取付部品あるんですね 知りませんでしたね〜手すり軟質プラなんですけ [続きを読む]
  • 今週の一両 MICROACE DF91 電気式ディーゼル機関車
  • 今週の一両 MICROACE DF91 このDF91ですが、鉄道模型を復活した頃に欲しくて、中古店めぐりをしながら探してたのですが、全く入手出来なくて、マイクロエースの事だから再販は無いだろうから入手は無理かなと考えていた機関車でした。再開して3年ほどした頃に、なんとマイクロエースが再販するとの話があり予約して入手しました。DF50とは違う丸っこい感じが、欧州的な雰囲気ですし、軸配置もC-Cという、これまた欧州風な感じが [続きを読む]
  • KATO HO EF65 1000番台 入線 2017.06
  • KATO HO EF65 1000番台再販されましたHO EF65 1000 入線致しました。以前から欲しいと願いつつ、HOは避けていましたが、今年はHO元年にしたくて導入しました。穴だらけですね〜 気合を入れて掛からないと駄目ですね 何箇所あるのか?今日はちょっと無理なので後日にじっくりと取付けたいと思います。大きいのは良いですね それに重量感(実際に重い)その重量が故に、停止時にPWMコントローラーで常点灯可能です。今回はコンデン [続きを読む]
  • 今週の一両 KATO EF30
  • 久しぶりに今週の一両を・・・入線予定をしていました KATO EF10 ステンレス車体は他の車輌に置き換えることにしましたので、キャンセル致しました。関門海峡のステン車体と言うと、今回のEF30もしくはEF81が私としては代名詞かとEF10 ステンも行く行くは導入したいとも思っていますが、今回は別の車輌を優先したくてKATO EF30 です。近年の模型によるステンレス車体の再現性はとても良くなりました。少し前までは光沢感などが無 [続きを読む]
  • KATO HOクモハ40 入線整備完了 付属品等の取付け
  • 車両本体の手すり等の取付けを行いました。早速ですが、取付けしました。細かいので、途中写真は省きました手すりが多い、HOサイズだと目立ちますからね 手すりなどはシール、インレタも貼り付けました。旧型国電は良いですね ノスタルジーがクローゼットの中のおもちゃ箱 セレクトショップ楽天ROOM リンク <A HREF="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?ServiceVersion=20070822&Marke [続きを読む]
  • KATO HO クモハ40 入線整備 テープLED自作室内灯取付け
  • テープLED自作室内灯を取付けます。基本構成はNゲージ車両と同じです。ブリッジダイオードを写真の様に銅板をはんだ付けテープLEDに取付け、今回は給電部が中央に来ますので、20cm/4ユニットの真ん中に取付けます点灯確認車両側にもリードを以上、テープLEDを使用した自作室内灯取付けでした。電球色が似合いますねクローゼットの中のおもちゃ箱 セレクトショップ楽天ROOM リンク <A HREF="http://ws-fe.amazon-ad [続きを読む]
  • KATO HOクモハ40 入線 ヘッド/テールライト常点灯化
  • HOゲージ 二両目にして、初の動力車の入線です。KATO HOゲージ クモハ40 今年始めに販売された時は逃していたのですが、再販品にて入線を果たしました。HOはこのサイズですね、この大きさが魅力です。入線して直ぐですが、ここはさっさと常点灯化と自作テープLED室内灯を取付けますライト基板は両サイドにあります。この辺りはHOという大きさですね内部構造をスナバ回路を組み込むのも簡単そうですが、ここはやっぱりコンデンサ [続きを読む]
  • KATO スハ44系 テープLED自作室内灯取付け
  • KATO スハ44系にテープLED自作室内灯を取付けます。 既に純正の麦球の室内灯を取付けていましたが、今回もこちらを撤去します。ブリッジダイオード 今回はDI1510を使用します。DI1510はKATOの車両の場合、ライトユニットの部分にそのまま入る車両があります。 テープLEDは電球色を選択、給電用のリードを取付けます。 台車側の給電板は純正の物を流用、ない場合は銅板を切って加工します。 ブリッジダイオードが収まります。 ボデ [続きを読む]
  • KATO キハ181 テープLED自作室内灯取付け
  • 本日はKATO キハ181に自作室内灯を こちらは室内灯未整備でしたので、新規で取付け 取付け方法はKATO向け簡易手法で行いました。 キハ82と並べても室内灯が統一されたのでいい感じですやっぱり室内灯は点灯させたいですねーこれで手持ちのディーゼルカーは全て自作室内灯に交換出来ました。次は一部の客車と電車だけど・・・まだまだかかりますねーブリッジダイオードも手配しないとクローゼットの中のおもちゃ箱 セレクトショップ [続きを読む]
  • 100均の化粧筆で鉄道模型のお掃除
  • 100均の化粧筆が模型のお掃除に便利だと聞きましたので買ってきました。最初太いのを買いましたが、なかなか便利で後で細い方も太い方はダイソーで200円 細い方は100円 税別です。太い方は全体を細い方は細かい部分を今まではタミヤの静電ブラシを使用していましたがコレなら汚れたら直ぐ交換出来ますしね〜 タミヤのは良いけど高いからフィギュアやプラモにも便利ですね100均の化粧品売場に売ってますよ近寄りがたい場合は通販 [続きを読む]
  • KATO キハ82 純正室内灯からテープLED自作室内灯へ交換
  • KATO キハ82にテープLED自作室内灯を取付けますキハ82は単品で購入した4両とブックケースの6両が有ります。単品4両には電球室内灯を入れていましたが、6両セットにはいれていませんでした。KATOは単純な方法で簡単に置き換え出来るので、短時間で室内灯を交換出来ます。6両編成の方も同様にテープLEDの室内灯を取付けますこれで10両編成が室内灯揃いましたので、連結しての走行が楽しめます。クローゼットの中のおもちゃ箱 セレク [続きを読む]
  • 今年はビネットを作りたいな
  • 今年は久しぶりにビネットを作りたいなぁーと思っています。レイアウトはなかなか用地確保が出来ませんのでビネットを・・・ これもう10年近く前に作ったものです。 鉄道をメインにしていますので、車両の見栄えを考えて高さや足回りがよく見えるように鉄橋をモチーフにしました。今回は人を主眼にしたものを作れないかなと 旧型国電が似合う感じのレトロなものか路面電車が似合うものか?そして大きさとしてNで行くかHOでつくるか [続きを読む]
  • 鉄道模型 テープLED自作室内灯用部材入手先について
  • 現在、所有車両へテープLEDを使用した自作室内灯を作成取付けしています。Nゲージ鉄道模型用 自作テープLED室内灯の作り方 リンクこの自作室内灯に使用している部材について、改めて纏めて置きます。先ずテープLEDについてこれはAmazonを利用しています。導入当初は上記リンクで購入していましたが、マーケットプレイスの寄せ集めで注文の事に微妙に異なる製品が発送されますし、一度3本一緒に頼んだら、同じ販社からなのに3本と [続きを読む]
  • TOMIX製純正室内灯の部品リサイクルしてテープLED室内灯を取付け
  • 時間が取れる時に室内灯の交換を推し進めます。目標はGW中にTOMIXディーゼルカーと一部KATO製の物を交換してしまいたいと思います。 先日も交換していますが、後TOMIX14両 KATO 4両と出来ればキハ82の単品物4両とケース物を・・・先ずはTOMIX製のディーゼルカーを純正の電球室内灯が入っていますが、コレを交換します。今回より給電の安定化の為にこの取り外した室内灯のバネを流用します。このバネを左様な長さにカットブリッジダ [続きを読む]
  • KATO 113系 純正室内灯から自作室内灯へ交換
  • KATO 113系 純正室内灯からテープLED自作室内灯に交換します。結構古い製品です。 行き先案内灯はくり抜いて導光材で点灯出来るように、以前加工ずみです。古いタイプは光りませんでしたのでクローゼットの中のおもちゃ箱 セレクトショップ楽天ROOM リンク <A HREF="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fmo [続きを読む]
  • 秋の物欲 KATO HO キハ58再販予定
  • 今年はHOにこだわりたい・・・と思って再販予定をチェックしていますが、9月の予定でKATOからキハ58気動車が出ますねーキハ58は国鉄時代が好きな人にとっては忘れられない車両ですもんねー今年からHOを始めようと思っている矢先に再販されるのはとても嬉しいですが一両では楽しめないので、最低動力付きキハ58一両とクーラー対応のためにはキハ28の最低二両での導入が必要ですね〜[鉄道模型]カトー KATO 【再生産】(HO) 1-6 [続きを読む]
  • KATO EF63 直流形電気機関車
  • KATO EF63 直流形電気機関車言わずと知れた碓氷峠の機関車です。今年の秋にKATOから3次車が販売されるそうですが、こちらは以前販売になった一次車と二次車です。 各2両配備しています。余裕があれば三次車も・・・とも思いますが、EF63は有名ですしほしいとは思いますがちょっと今年は無理かなぁ〜 スルーして別の鉄模の予定です。クローゼットの中のおもちゃ箱 セレクトショップ楽天ROOM リンク Amazon.co.jp ウィジェットAmazo [続きを読む]
  • TOMIX キハ20とキハ52 純正室内灯から自作室内灯へ交換
  • 今日はTOMIXのディーゼルカーの純正室内灯をテープLED自作室内灯に交換します。今回はキハ20 2両とキハ52一両です。方法は過去に行った方法と同じく全て白色のテープLEDを使用しました。ディーゼルカーは電球色似合うのかな?キハ10とかならかな?キハ20/52なら蛍光灯だと思うので暗くしての撮影なんで、ブレてますねーバルブ撮影で手持ちなので・・・クローゼットの中のおもちゃ箱 セレクトショップ楽天ROOM リンク Amazon.co.jp [続きを読む]