ゆめのゆき さん プロフィール

  •  
ゆめのゆきさん: 図書ボランティアの絵本な日々
ハンドル名ゆめのゆき さん
ブログタイトル図書ボランティアの絵本な日々
ブログURLhttp://yumeyuki101.blog.fc2.com/
サイト紹介文小学校の図書ボランティアで特別支援学級の子ども達に絵本の読み聞かせをしています。
自由文絵本、子供の本がすきです。翻訳家の連れ合いと大学生の娘と3匹の猫と暮らしています。小学校の図書ボランティアは4年目。映画・演劇・美術展などにもよくいくので、感想も書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/09/14 23:47

ゆめのゆき さんのブログ記事

  • おじいちゃんはロボットはかせ
  • つちやゆみ 作・絵 文溪堂続けていきます。1学期最後の絵本はこれ。つちやゆみさんは友人から教えていただいた絵本作家さんです。墨色を基調としたすてきな絵です。たろんはママに連れられて初めておじいちゃんの家に行きます。ママは家に着くと、すぐに大切な仕事が入ったからと、たろんを残して行ってしまいます。不安になったとろんでしたが、おじいちゃんの家にはペンギンやねこのロボットがたくさんいました。なんとおじいち [続きを読む]
  • 「クェイ兄弟 ファントム・ミュージアム」展
  • 昨日は「クェイ兄弟 ファントム・ミュージアム」展に行ってきました。 23日迄だというので、駆け込みです。 松濤美術館には初めて行きました。 なかなかすてきな美術館ですね。 すてきな鏡がそこここにあったのが印象的でしたが、あれはいつもあるんでしょうか? 企画展に合わせて? 雰囲気がありました。 一卵性双生児のクェイ兄弟。人形アニメーションだけでなく、舞台美術もたくさん手がけているのですね。「ピノッキオ」や [続きを読む]
  • うえきはちまる
  • 「うえきはちまる」山本和子作・あさいかなえ絵 おはなしチャイルド504号 チャイルド本社 7月最初の読み聞かせは、10代の頃から知ってるあさいかなえちゃんの春に出た「うえきはちまる」(月刊絵本「おはなしチャイルド」)にしました。 先日かなえちゃんに「エリック・カール展」に誘ってもらい、そのときにいただいたのを読ませてもらったら面白かったので、これ、今度読んであげよう!と即決。司書の先生もとてもおもしろが [続きを読む]
  • エリック・カール展
  • 昨日は「エリック・カール展」に行ってきました! http://ericcarle2017-18.com/index.html 世田谷美術館 7月2日までなので、雨の平日昼間でしたが、にぎわっていました。 親子連れ、若い人たちの姿も。「はらぺこあおむし」の絵本が誕生してから約50年というから、子供の頃大好きだったという人たちもたくさん見に来ているのでしょうね。 初めて見る作品もあったり、カールさんの若い頃の作品、影響を受けた画家さんたちの作品の [続きを読む]
  • どろんこハリー
  • ジーン・ジオン・文, マーガレット・ブロイ・グレアム・絵 わたなべしげお・訳 福音館書店今回はすでに古典?「どろんこハリー」です。奥付を見ると日本での初版は1964年!東京オリンピックの年ですね!50年以上前! 以前も読もうと思ったのですが、貸し出し中だったりでやっと、です。貸し出し中ってことは今も現役、人気の絵本っていうことですよね。もう扉絵からお話が始まっているよと子ども達に告げました。お風呂でブラシを [続きを読む]
  • アルチンボルド展
  • 月曜に連れ合いの代理で上野西洋美術館へ「アルチンボルド展」内覧会に行ってきました!思ったよりもずっと面白かったです♪  ただ今回のメインとなる「四季」「四大元素」の8枚のうち、2枚が間に合わず、公開は24日からになるそうで、それが残念でした。入ってすぐの2枚の自画像、2枚目は紙でできた自画像でこれは初めてみましたが面白いですね〜!「四季」の「春」は花で描かれた女性の横顔ですが、実物は本当に美しくて驚 [続きを読む]
  • サラちゃんとおおきなあかいバス
  • ジェーン ゴドウィン 文/アンナ ウォーカー 絵/石津ちひろ 訳 光村教育図書小さいサラちゃんは、おねえちゃんといっしょに赤いスクールバスに乗って学校に行きます。でも、バスはいつもガヤガヤうるさいし、おねえちゃんは友達のとなりに座っちゃうし、一番前の特等席にはいつも先にだれかが座っちゃう。ある日、おねえちゃんが風邪で学校をお休みしたので、サラちゃんは一人で学校に行きます。帰りも一人で赤いバスに乗ります。と [続きを読む]
  • おとうさんは、いま
  •  湯本 香樹実・文/ささめや ゆき・絵 福音館書店図書館で見つけました!湯本 香樹実さんとささめや ゆきさんのコンビ絵本です。父の日も近いので、今週はこれにしようと決めました。おとうさんから、お仕事で遅くなるって電話がかかってきました。絵本を読んでくれる約束だったのに。。まゆちゃんは不満顔。窓の外をみながら、まゆちゃんは、おとうさんはいまどこにいるのかな。。と考えます。会社でお仕事しているおとうさん、も [続きを読む]
  • ムットーニ・パラダイス展
  • 日曜日に世田谷文学館へ「ムットーニ・パラダイス展」へ行ってきました。 朝、NHKEテレ「日曜美術館」を見ていたら、展覧会情報で紹介されていました。 うわ〜。午後から行こうと思ってたのに。混んじゃうかも〜。。 いつも混みそうな美術展は平日午後に行くとこが多いのですが、今回ばかりは土日にムットーニこと武藤政彦さんご本人によるギャラリートークがあるので、週末に行くことにしていました。 もう10年前になるんですね。 [続きを読む]
  • バベルの塔展
  • 昨日はやっと「バベルの塔」展に行ってきました。 平日ですが、そこそこの混み具合。 入り口に大友克洋先生のバベルの塔、デジタルコラージュを横目に、帰りにゆっくりみようと入りました。 1階は16世紀ネーデルランドの宗教彫刻や絵画が並んでいます。 これらが当時の一般的な感覚?普通にうまい絵と感じてしまうのは2階からの展示がまったく異なった。。異様だから!笑 今回の目玉でもあるヒエロニムス・ボスの2枚の絵。あまり [続きを読む]
  • とけいのあおくん
  • エリザベス・ロバーツ・作/灰島かり・訳/殿内真帆・絵 福音館書店6月10日は時の記念日ということで、時計の本を選んでみました。レトロな雰囲気のおしゃれな表紙。時計屋さんにならんだたくさんの時計。あおくんは小さな目覚まし時計です。はやくだれかが買いに来てくれないかな〜と思う毎日です。ついにある日、男の子とお母さんがやってきます。お父さんの誕生日のプレゼントを選びにやってきたのです。あおくんは、自分が選んで [続きを読む]
  • おさらを あらわなかった おじさん
  • フィフス・クラジラフスキー文/バーバラ・クーニー絵/光吉夏弥訳/岩波書店図書館で、あ、これうちにあったはず。。と思い、しばらくぶりに読んでみました。絵は、なんとバーバラ・クーニーさんだったって忘れてました。一番すきな絵本作家は?と某所で聞かれてちょっと考えて「バーバラ・クーニー」って答えたことがあったっけ。今は「ルピナスさん」などが代表作でしょうか? このあたりの作品は実はそれほど思い入れはないので [続きを読む]
  • 第21回 手塚治虫文化賞授賞式2017 レポート!
  •  くらもち先生が受賞後描かれたオリジナル くらもち先生のコーナー これは貴重!くらもち先生「花に染む」の年表。自筆メモ 受賞者先生方のパネル 雲田はるこ先生コーナー 深谷かほる先生コーナー 秋本治先生コーナーくらもちふさこ先生が大賞受賞と聞いて、3年ぶりにイベント参加に応募してみたら当たったので行って来ました!(外れたことないんですが。。応募少ないのでしょうか?まぁ、いきにくい時間ではあるけど。。 [続きを読む]
  • あつさのせい?
  • スズキコージ 福音館書店刊そうだ、スズキコージさんの絵本はもしかしてまだ読んでいなかった? というわけで、ここのところ暑い日が続いているので「あつさのせい?」を読んでみました。スズキコージさんの絵は本当に独創的!馬のはいどうさんが駅のベンチに腰掛け帽子をとって「ヒー あつい」と汗をふいていたら電車がやってきたので急いで飛び乗りました。あっ、帽子忘れてる〜!って賢明な読者諸君は気がつきましたね!そこ [続きを読む]
  • まあちゃんのながいかみ
  •  たかどのほうこ・作 福音館書店GWも終わって、久しぶりの図書ボランティア&読み聞かせです。ここのところ、会うたびに6年生が大きくなったなぁと思ってしまいます。もう声変わり?っていう男の子もいたり。。さて、今回はたかどのほうこさんの「まあちゃんのながいかみ」にしました。以前、続編の「まあちゃんのまほう」を読んだことがあります。そのときこちらが貸し出し中だったので。。髪の毛を長くのばすことに夢中になって [続きを読む]
  • 「おてがみ」「さよならさんかく」
  •  なかがわりえこ作・なかがわそうや絵 福音館書店 わかやまけん作・絵 こぐま社さて、ようやく新年度が始まりました。今年の特別支援クラスは1年生は入って来なかったそうで、2年生から6年生まで、ほぼ今まで通りのメンバーです。今年の6年生は1年生のときからずっと読み聞かせをしてきましたが、なんだか急にお兄さんお姉さんになったみたい。下級生の面倒をよくみてあげたり、今まで歩き回ってた子も、自分から本を選ん [続きを読む]
  • 水族館劇場「この丗のような夢・全」
  • 夕べは3年ぶりに東京に戻って来た水族館劇場の「この丗のような夢・全」を花園神社で観劇。 夕方から雲行き怪しくなって、始まる頃には土砂降りに! 私にとって花園神社でのアングラ劇は初めて。 この劇団とは早稲田の演劇博物館でのシンポジウムに連れ合いが呼ばれ、そのときのご縁で7年前には劇にも出演ということがあり、長いお付き合いなのです。 今回は案内が来ていたにもかかわらず、埋もれていてだれも気がつかず、アブナ [続きを読む]
  • 「歌川国芳 21世紀の絵画力」展
  • 昨日は午後から連れ合いと府中市美術館に行って来ました。 国芳は去年も文化村での展覧会に行ったけど、府中も負けていませんね。 3年前に「かわいい江戸絵画」というタイトルの展覧会はインパクトありましたね!そうきたか!っていう。。 今回も切り口に「カワイイ」や「ヘタウマ」「アニメ」とかを使っての展示、解説が楽しかったですね。 国芳人気はなんといっても猫だって断定してました(笑)。猫コーナー、たくさんあって猫 [続きを読む]
  • 「SING IN THE RAIN♪ 雨に唄えば」
  • 「SING IN THE RAIN♪ 雨に唄えば」マチネ行って来ました! 出かけるときにテレビつけたら京王線人身事故で止まってると出てて慌てましたが、なんとか動き出していてギリでセーフ!よかった〜 1階席の一番後ろでしたが、楽しめました! 映画は高校時代にテレビで観たきりだったと思いますが、こんなシーンあったっけ? というのもありましたが、面白かったですね〜。 なにも考えずに楽しめちゃう。 あのアダム・クーパーは「白 [続きを読む]
  • ミュシャ展
  • 昨年、この展覧会のチラシを一目見てとても惹かれた。 今まで知っていたアールヌーボーの代名詞みたいなミュシャの作品と違うイメージ。でも、ミュシャだとすぐにわかる美しい絵。 スラブ叙事詩シリーズは、パリで成功したミュシャが50代で帰郷して、祖国の歴史を描いた大作なのだが、時代の変遷の中、時代遅れの絵として、あまり評価されず、しばらく忘れられていた存在だったとか。 私も全く知らなかった。しかもこんなにも半端 [続きを読む]
  • LA LA LAND
  • 春休みなので、レディスデイで「LA LA LAND」観てきました。 電車遅れて走って映画館へ〜。予告編まだやっててギリギリ間に合った!^0^ 出だし、惹き付けられましたね〜 渋滞している高速道路。。どの車もみんな別の音楽(ラジオ?)を流していて、結構大音量。渋滞ますますひどくなり、全然動かない車。。そこで一台の車から黄色いワンピースの女性が降りてきて踊りだす! え〜〜? すると次々他の車からも人が降りてきて、 [続きを読む]
  • トラのじゅうたんになりたかったトラ
  • ジェラルド・ローズ (著, イラスト), ふしみ みさを (翻訳)岩波書店インドのジャングルに住む、年を取って獲物が穫れずやせこけたトラのお話です。トラなのに、そんな様子なのでサルにもバカにされて木の実を投げつけられる始末。ある日。王様の宮殿の庭に干されたトラの毛皮の絨毯を見てひらめきます。やせてぺちゃんこなんだし、自分がトラの絨毯とすりかわっちゃおうって。トラは広間に敷かれ、絨毯になりきってじっとしていま [続きを読む]