かめ さん プロフィール

  •  
かめさん: 土地家屋調査士の日記
ハンドル名かめ さん
ブログタイトル土地家屋調査士の日記
ブログURLhttp://totikaokutyousa.seesaa.net/
サイト紹介文普段の業務で感じたことなどを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/09/15 07:32

かめ さんのブログ記事

  • 猛暑到来
  • 猛暑到来で大変です。冬は寒くて大変で、早く夏になったらと思い今日まで来ましたが、夏の猛暑に遇い、ぐったりです^^都会のアスファルトの上で測量する方は特に暑くて大変ですね昨年も暑かったので、空調服を買って使用してみました。思ったより快適に過ごせました。ファンが付いており、単3乾電池4本で動くんです便利なことに、強・弱の切りかえスイッチもあり強でも約4時間の連続使用が可能でした。 [続きを読む]
  • 個人番号の提供
  • 個人番号の提供をして欲しいと郵便が来ました^^最近行った仕事で、源泉を行ったからなんですが個人情報の垂れ流しになっている感じです。今のところ、変な所からは問い合わせが来ていないので大丈夫ですが、これからはどうなるんでしょう?個人番号って、提供しなくても罰則は無いようですがそう言っても仕方ないので、請求が来れば提出しています。 [続きを読む]
  • 今日も雨
  • 空梅雨が今日になっては、被害が出ている大雨です。最近の天候って、予想を超える降水量だったりと甚大な被害に結びつく値ばかりです。宅地開発が進むにつれ、あちこちで様々な影響が出ているんですね・・・特に大規模な開発場所では、想定を超える雨量が観測され、側溝の排水能力が超えている地域もあるので注意が必要です。雨が多く降ったら、川を見に行くことは避けた方が良いですね。 [続きを読む]
  • 土地家屋調査士の人数
  • 各、土地家屋調査士会で違いが有ると思いますが・・・私の所属する会では、10年で約100名減です^^地域の実情も有ると思いますが、これが現実です。これからの10年がどうなるか見てみると毎年10名くらい人数で減りそうです。平均年齢が高いのが理由と新規参入者が少ないです今年の我が県の会には、新規登録者はいないようです。司法書士さんを見てみると、私の地域では増えています。 [続きを読む]
  • 石積擁壁を作りたい
  • 隣地と境界がしっかり区別出来るように石を積みたいと・・・公図はほぼ四角ですが、現地を見ると、四角の形状ではないです。お互いに使い勝手が良いようにしたと感じます。土地を削られていると思われる人は、納得せず公図上の線に戻して欲しいと話します・・・相手は、昔に話が済んでいると・・・登記手続きがされていない状況です。時効の主張も出来るくらい昔からの現況のようでどのように話が進むか、注視しています。そのとき [続きを読む]
  • 人の言うこと
  • 境界確認で・・・両者、かなり立腹です。立腹している理由が何処に存在するか暫く様子見と行ったところです。時間が過ぎれば、両者の対応に変化が出ると期待していますが・・・・・昔からの鬱憤もあるんでしょう? [続きを読む]
  • 捨て印って大丈夫?
  • 何時も捨て印を貰っていたりします。委任状や工事完了引渡証明書が中心ですが・・・書き間違え等で訂正するくらいですが。例えば、市町村で行う売買契約書も捨て印が押されています。官庁がすることなので、不正はしないと思うので有りかと思っています。でも最近の報道を見ていると、官庁関係もいい加減な印象を持ってしまう自分がいるので、不安な状態です。公証人役場で作成された契約書を捨て印で訂正するのは良いですが民同士 [続きを読む]
  • 連絡がつかず・・・
  • 隣接の人に境界の確認を依頼したいのですが連絡がつかないです。家は有るのですが、いつ行っても留守です。郵便を送っても連絡つかないし・・・近所の人に聞いて、消息を探して依頼できれば良いですが、知っている人がいるか心配です。 [続きを読む]
  • 印鑑を貰おうとしたらトラブルに
  • 理不尽な仕打ちなんでしょうか?境界確認がお互い納得して終了したのですが印をもらうときになったら、拒絶・・・挙句の果てに、言いたい放題捺印料を請求してきたような態度だったとかこんな事があり、暫く棚上げしておいたそうです。でも、歳も重ね子供達に背負わせるのも残酷なので最後のご奉公と思い、とことん戦うとか・・・こんな話を聞きました。ちょっとした掛け違いが、大きな問題になるんですね話の仕方に注意を払わない [続きを読む]
  • 枝番が有ったなんて・・・
  • 親番でしたので、枝番が存在しないと思い申請したら枝番があり補正する事になってしまいました。公図の何処にも、枝番付きの土地は無いのですが・・・最終確認をしなかった事で、このような結果に^^気が緩んでいたかも知れない最近の状況です。存在した枝番は、○○番8でした。何処にあるんでしょう? [続きを読む]
  • 法務局の対応
  • 午後5時15分を過ぎると電話が繋がらない自動音声でアナウンスが流れるんです。業務時間で無いと・・・でも、あちらからは電話がかかってきます。ある意味勝手な対応かなと感じました^^ [続きを読む]
  • 公図 (1234-1+1235-1)
  • お客さんから、公図が変という話が^^自分で公図をとったら、地番が(1234-1+1235-1)と記載されていたと・・・両土地の公図線が不明なので、このような記載になっているのですが当事者が見ればビックリです。原因も様々で、どのような理由でこのように成っているか調査しないと解らないです。このようなケースは、地域によって様々な理由があります。私の地域では、旧公図が虫食いで線の部分が確認できない状況とか田と用悪水路の [続きを読む]
  • 清算人の登記が・・・
  • 建物滅失登記を行う話が来ました。法人名義で有ったので、調査してみると清算人の名前が登記されています。私にとって、初めてのケースです。なので、清算人について調べて見ました。清算株式会社の清算事務を遂行し、清算する株式会社には、1人以上の清算人を置かないといけない条件があるんですね。清算人になる条件は、取締役の資格に関する規定が準用されているので、法人や成年被後見人・被保佐人などは清算人になることはで [続きを読む]
  • 国土調査の成果が・・・
  • 国土調査の境界確認がおかしい・・・お互いが良いと行っているので良いにしました。役所の境界担当者の意見で。。。その時から、20数年が過ぎ世代も変わった頃にたまたま見た国土調査の公図と、権利書に綴ってあった公図が全く違うんです。国土調査を行ったので、今現在こうなっていると理解したのですが気になって、専門家に相談等したらおかしいという話も出てきたんです。このような事で、トラブルに発生とか・・・しばらくは進 [続きを読む]
  • 相続登記は早めにしましょう
  • 相続登記の制度に変化が・・・法定相続情報証明制度が始まりました。制度創設の背景には、相続登記が魅了のまま放置されている不動産が増加している事があります。このことが、空き家問題にも影響しています。実際、所有者不明の不動産が多くなってきています境界確認に影響が大です。先日、立会をお願いしようとして、所有者を探すのにすごく時間がかかりました!見つかったので良かったですが・・・いろいろな取引に影響が出てい [続きを読む]
  • 建物滅失登記の申出
  • 建物所有者が何処に住んでいるのか?生存しているか解らない状況ですので仕方なく、土地所有者からの申し出で滅失登記を行います。土地の状況が、数次に渡り分筆がされ地番の枝番がついたりして、パット見良くわからないです。きちんと整理すれば解るのですが、今の状況で金融機関からお金を借りようとすると、説明をしても理解できないかも知れない状況です。土地所有者から見れば、多大な迷惑と言えます。 [続きを読む]
  • 雪が激しく降ってきました
  • とうとう激しく雪が・・・天気予報の通りになっています。外出するのも考えてしまいます。現場は、しばらく無理そうだし確定申告も近いので、経理のまとめもしないといけないので、雪が降ったからといってやることはありそうです。中学生が帰宅する時間ですが、皆さん帽子をかぶっていないです^^どうしてと聞いてみたら、帽子着用禁止だとか・・・ちょっと首をかしげる返答でした。今時、変な風習があるんですね。オリンピック開 [続きを読む]
  • 雪が降っています
  • 天気予報のとおり雪が降ってきています^^最近の予報は、かなりの確率で当たっているのも昔と思うとビックリします。雪国の土地家屋調査士のかたは、雪が積もる時期はどうしているのでしょうか?現場は出来そうもないですし・・・春まで待つのでしょうか? [続きを読む]
  • 陽気が変
  • 今日は、ポカポカです。現場もこのくらい暖かいと助かります。昨日違って、風は無風状況なので、脚が倒れる心配もないです。タンポポが庭先に咲いていたので、春も近いかなと思ったり・・・来週、寒くなればまた冬に逆戻りと変な天候が続いています。雪が沢山積もっているところは、大変だと思います。 [続きを読む]
  • 建物表題登記を・・・
  • 未登記建物なので、建物表題登記が必要です。建築された方が亡くなり、子供さんもいないので親戚筋の方に相続となりました。相続人もざっとみて、10名位いそうです。遺産分割等を行うと思いますが、表題登記が無いのでこれもしなければならないです。いずれにしても、その時にするべきことをやっておいた方が、後世の方に迷惑がかからなくて良いです。 [続きを読む]
  • ついに雪が
  • とうとう雪が積もりました暫く現場も無理そうです。雪国の土地家屋調査士の方は大変だろうとつくづく実感しています。根雪になると、杭の状況が解らず杭等を探すのが大変であるとともに、雪解けになったら杭があったなんてなったらトラブルの問題にもなりそうなので慎重に業務をしないとです。 [続きを読む]
  • 寒くて杭が入らない
  • 寒いです!暖かくなれば良いのですが、地面も凍っています^^凍みが凄まじいです。杭を入れようとしても穴が開かないです。雪は、ほとんど無いですが杭が入らず悪戦苦闘しながらの測量なので、通常より余計に時間がかかっています。凍みのない地域が羨ましいです。 [続きを読む]
  • 宅地を畑に
  • 800?の宅地の1/3位を畑に地目変更したいと話がありました。通常は、その反対の対応ですが何時もとは逆の対応です。固定資産税がかかるからと話されていましたが分筆登記をすれば、その分お金がかかるのですが・・・将来を考えての事だと思うのですが皆さんいろいろ考えているようです。 [続きを読む]
  • 土地改良所在図と旧土地台帳附属地図
  • 旧土地台帳附属地図の隣接地が土地改良所在図の土地ですが閉鎖の間違いらしい状況が出てきました。現地には水路があるのですが、公図には無いです^^旧図と土地改図面を合わせると、両方に水路が存在しない状況です。閉鎖公図を見れば、もっと詳しくわかると思いますが・・・かなり訂正も面倒な感じがします。 [続きを読む]
  • 差引き計算の地積測量図
  • 平成17年3月4日の通知によって、分筆登記の申請における地積測量図の取り扱いが示されました。特に、道路買収などの公共事業に基づく登記の嘱託が大量に一括され、かつ、分筆前の地積と分筆後の地積の差が誤差の限度内である時と示されています。地域の状況もあるかもしれませんが、誤差の限度内と示されているのでかなり厳しい基準かと思います。地図に準ずる図面の場合には、分筆前と分筆後の差は大幅に違うので全求積するしかな [続きを読む]