レオ さん プロフィール

  •  
レオさん: 夢の醸造所 3.0
ハンドル名レオ さん
ブログタイトル夢の醸造所 3.0
ブログURLhttp://saburoku.org/dream/
サイト紹介文己心に眠る無限のパワーを解き放て!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/09/15 23:52

レオ さんのブログ記事

  • 平成29年度 初級・青年3級 練習問題
  • 私が自作した練習問題の平成29年度版です。ただし大変に恐縮なのですが未だ制作途中でして、未完成のまま公開しています。制作が進みましたらその都度アップしていきますので、ダウンロードし直してご利用ください。では健闘を祈ります。→平成29年度 初級・青年3級練習問題「立正安国論」 H29.7.27更新→平成29年度 初級・青年3級練習問題「1.法華経」 H29.7.27更新注意:1.未完成のものが含まれています。その都度、更新 [続きを読む]
  • ギター弾き語り講座 他
  • ギターは中学生以来40年近く弾いています。何度か座談会やセミナーでも演奏をさせて頂きましたが、クラシック・ギター演奏なので、聴衆は地味な独奏をひたすら聞くだけでした。「これではいけない、ギター弾き語りを覚えれば演奏の幅が大きく広がるのでは」と考え、がくぶんの「ギター弾き語り講座」を申し込んだのが昨年の1月でした。この講座は聖教新聞に広告が載っており、以前からずっと気になっていました。代金は、12回分 [続きを読む]
  • 御書にみる母の恩
  • 青年教学3級・初級試験の申し込み〆切が7月22日までです。早速、壮年部の受験者と学習を始めて、2回目を終え、次が3回目です。こういう時だからこそ、あえて自ら御書を拝したいということで、3回目全編拝読も進めています。今日拝読した個所から、「地神」と「母の恩」の2つについて抜粋致します。この御書は今回の教学試験の範囲とは関係ありません。自分が心動かされたために紹介させて頂きます。まず地神についてです。 [続きを読む]
  • 藤井四段新記録樹立
  • デビュー以来、公式戦29連勝し歴代1位の連勝記録となった、中学生棋士・藤井聡太四段。「藤井効果」と呼ばれるくらいの連日の賑わいを見せています。Abema TV で途中からリアルタイムで見ましたが、自分如きが言うのも何ですが、未知数の底力を感じさせる非常にしっかりした将棋を指しています。(余談ですが、自分はアマ五段の認定問題に合格しています)東海地域に初のタイトルをもたらすのが目標と言っていましたが、それも [続きを読む]
  • 藤井四段新記録
  • デビュー以来、公式戦29連勝し歴代1位の連勝記録となった、中学生棋士・藤井聡太四段。「藤井効果」と呼ばれるくらいの連日の賑わいを見せています。2局ほど対局をTV等で見ましたが、自分如きが言うのも何ですが、未知数の底力を感じさせる非常にしっかりした将棋を指しています。(余談ですが、自分はアマ五段の認定問題に合格しています)東海地域に初のタイトルをもたらすのが目標と言っていましたが、それも時間の問題でし [続きを読む]
  • 師子王の心
  • 日蓮が弟子等は臆病にては叶うべからず(教行証御書p.1282)信心とは勇気の異名であることを端的に示された御文である。広宣流布の途上には難は必然である。余りに正しく偉大な妙法であるが故に、弘める実践者にとって難を避けることはできない。難を恐れていては信心を貫くことは不可能なのだ。悪王の正法を破るに邪法の僧等が方人(かたうど)をなして智者を失はん時は師子王の如くなる心をもてる者 必ず仏になるべし例せば日蓮 [続きを読む]
  • 創価村は酷く荒んでしまった
  • ブログ村サービスの幾つかのカテゴリに本ブログを登録している。その中の創価学会村カテゴリ(略して創価村)は、ここ最近酷く荒【すさ】んでしまったとの感慨を持っているのは、私だけではないと思う。とても胸を張って紹介できるものではない。とてもではないが、今の「創価村」にはリンクしたり誘導したいとは思えない。「ダメ出し」「金を払って、聖教新聞をとらされている。云云」「フーテン」「半覚醒」「元バリ活の自分が・ [続きを読む]
  • 誓願勤行会
  • 昨日、広宣流布誓願勤行会に参加のため、ここ北海道から東京へ行ってきました。誓願勤行会は素晴らしかったの一言です。あれほど広布に一念を定めた深き祈りを捧げたのは初めてだと思います。世界中から集ったメンバーの紹介もあり、手を振って笑顔でエールを交換しました。(写真はイメージ画像です) 終了後、信濃町から隣駅の千駄ヶ谷駅に向かい、日本将棋連盟の東京将棋会館に見学にも行きました。ずっと以前から行きたいと [続きを読む]
  • 仏法入門の音声資料
  • 「聖教オンライン」のサイトで、「任用試験のために」と題して、ナレーターが教材を読み上げた資料を視聴できます。→仏法入門の音声 任用試験と言えば未だ気が早いですが、善は急げですからお時間の許す方は早めに対策を開始されてはいかがです。任用より先に「青年3級・初級試験」が行われますから対象者の方は、もう一度基本をおさらいするためにも、活用してみてください。ちなみに、音声ファイルを全てダウンロードして、メ [続きを読む]
  • 隣市へ交流
  • 近場ですが、隣の市の法戦のため、交流に父母を乗せて行ってきました。友人の父親に会えた所では、党を余りに真っ向から否定し、侮辱するような言葉さえ言われたので、こちらも一歩も退かずに徹して真実と正義を訴え抜きました。「遠くから反対を叫んでいるだけ、口先だけ恰好だけ反対を叫んでいても政治は変わらない」 「公明がそばにいて自民にハッキリ物申しているからこそ、軌道修正がなされ暴走が抑えられている」との理解は [続きを読む]
  • 山口代表の動画 他
  • ユーチューブの公明党チャンネルはご存知だと思います。街頭演説が続々とアップされています。以下は すると、新しいウィンドウ(またはタブ)が開きます。 →山口代表街頭演説→小池都知事応援演説→豊洲移転問題と公明党→公明チャンネル→都議選の公明党特設サイト (H29.5.28加筆・修正しました) ↓ を宜しくお願いします。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 栄光の架け橋 他
  • 最初に日本のポップスを2曲お聞きください。以下は すると、新しいウィンドウ(またはタブ)が開きます。→365日の紙飛行機次に、過日の北海道の青年大会でも歌われた『民衆の歌』です。→民衆の歌さらに先日ですが、ポール・ポッツという人の半生を映画化した、『ワンチャンス』を見ました。→ポールポッツ2 ↓ を宜しくお願いします。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今年100万遍達成
  • 今年になって今日までで104万遍の題目があがりました。2009年元日から毎日90分の持続、2016年4月からは毎日120分に伸ばし、この8年4カ月に限れば、合計1856万遍となりました。再発心してからの約30年間の通算では4314万遍を達成しました。この節目にまた御書を拝しましょう。我等も無明の卵にしてあさましき身なれども 南無妙法蓮華経の唱への母にあたた(暖)められまいらせて 三十二相の觜(くちばし)出でて八十種好の鎧毛生( [続きを読む]
  • 南北分断の歴史
  • 写真はつい先日ネット通販で購入した書籍です。書名は『朝鮮戦争(上) 〜血流の山河』です。現在、米朝関係は緊張度が最高度に高まっていますが、その昔に、そもそもなぜ北と南に分断されなければならなかったのか。それを知れば知るほど、大国の都合に翻弄された南北朝鮮の民衆の悲劇が、胸に訴えてきます。未だ同書は手を付けたばかりで、南北分断の歴史を深く知った訳ではありません。その上で、分断の歴史を振り返ってみたい [続きを読む]
  • 民衆仏法の確立こそ出世の本懐の本義
  • 日蓮大聖人の「出世の本懐」の本義は、次の2義です。1.末法万年の一切衆生を救いゆく「三大秘法が確立」されたこと。2.「日蓮と同意」との精神でそれを担いゆく、不自惜身命の門下(熱原の農民信徒)によって、「民衆仏法が確立」したこと。この「広宣流布の誓願」を完全に失い、腐敗・堕落し切った輩が、極悪法主・日顕、日如の流れをくむ日蓮正宗です。反対に、 ”魂の独立” によって大謗法の宗門と離れ、大聖人の御精神を [続きを読む]
  • 田園 ベートーヴェン
  • 月曜日、またワークデイが始まりましたね。休日も何かと多忙でできませんが、たまには自然のなかで憩【いこ】うひと時を持つことも大事と思います。せめて音楽の世界でそんな時間をお過ごしください。 ↓ を宜しくお願いします。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • パソコン8台目を購入
  • 今年になって新年早々に、ノートパソコンを新調しました。学生時代にSHARP MZ-80C というパソコンを持って以来、約35年間で計8台目となりました。新しいPCは、DELL社製で法人窓口のみから購入できる Vostro 3568 プレミアモデル というマシンです。写真は1枚目が新PCの全体を、2枚目は CPU のラベルを拡大表示したものです。 「7th Gen」とあるのは「7番目のGeneration」のことで「第7世代」を意味します。こ [続きを読む]
  • 朗読『猿の手』
  • たまには朗読でもどうぞ。春には合わないですが西洋の怪談話です。まだ小さな子どもだった時、親から与えてもらった児童向け本に収められていました。今のようにTVゲームやスマホなど無かった時代ですから、それこそ貪るように繰り返し読んだものです。 ↓ を宜しくお願いします。 にほんブログ村 [続きを読む]