末代の凡夫 さん プロフィール

  •  
末代の凡夫さん: 善知識には遇い難し
ハンドル名末代の凡夫 さん
ブログタイトル善知識には遇い難し
ブログURLhttp://shoubou.blog.fc2.com/
サイト紹介文我が国の仏法を守護していきたいと考えております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/09/16 19:20

末代の凡夫 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 法華経は仏説である(三)
  • 法華経は仏説である。創作ではない。法華経は釈迦仏が説き、その説が真実であることは多宝如来が証明された。これは信じなければならない。これを信じない者は地獄に堕ちる。阿鼻地獄に堕ちる。まるでカルトの言説のように聞こえるが、正しく釈迦の金口の説法である。法華経が仏説であることは、今更我々が証明するまでもない。多宝仏が真実であると証明されたのだから、仏説でないものをどうやって真実と証明できようか。たとえ法 [続きを読む]
  • コメント返信(五)なぜ私がこれほど経典にこだわるのか
  • コメント返信(四)の続きです。余談になります。経典の正しさを経典以外に求めて判断するなら、他に何を基準にして経典を判断すればよいと思いますか?仏教学者や考古学者の説を基準にして経典の正否を下すべきですか?それこそ「人に依る」ということになりませんか?科学的な証拠を追求することはある程度必要ですが、それを第一の基準とするなら、外道になってしまいます。科学外道です。仏教徒、仏弟子は仏語を第一の基準とす [続きを読む]
  • コメント返信(四)
  • 日蓮正宗現役信徒さんのコメントに対する返信です。あなたは先のコメントで、現代の基準を古代に当てはめてしまいましたが、今度は泥棒の弁解の理論を、釈迦という大聖の理論にも当てはめてしまうという過ちを犯してしまっています。法華経の文と泥棒の弁解を同じレベルの論理にしてもらっては甚だ困ります。まず、知って欲しいのは、法華経は釈尊の本意の言葉であるということです。釈尊と凡夫の泥棒の論理は同じに見えますが、じ [続きを読む]
  • 「如来蔵思想は仏教ではない」という主張を破す
  • また、最近の仏教学者のことだが、「如来蔵思想は仏教ではない」という主張を展開する者がおる。先の記事でも述べたように、仏教について事の正否を判断するには、その主張がまず、仏説に合致しているかどうかで判断しないといけない。仏説は経典にしか説かれていないから、仏説に合致しているかどうかは、経典に確かな文証があることを判断基準とする。仏説に合致しているなら、現代人の主張であっても、その主張は仏教であると言 [続きを読む]
  • 「小乗」は蔑称ではない
  • 「小乗」という呼称は、上座部仏教徒の蔑称に当たるから、使うな、と言う学者が最近多い。果たして本当に蔑称であるのか。まず、「小乗という呼称は蔑称だから使うべきでない」というこの言葉は、釈迦が実際に言われたのだろうか?仏説なのか?この言葉はどこかの経典に書かれているのか?上座部仏典にあるのなら教えてもらいたい。「小乗という呼称は蔑称だから使うべきでない」というのは、現代の学者の独りよがりの意見であって [続きを読む]
  • 「無記」について
  • ある人の疑問。小乗では、「業と宇宙と心と悟りは考えても混乱して終わるだけだから考えるのは辞めなさい」と、「無記」の態度を取ったことについて質問です。これらの概念について、法華経ではどういった教えになるのでしょうか。参考になる書籍等、どうかご教示お願い致します。別に「業と宇宙と心と悟り」の全てに対して考えるのを辞めなさいと言われたわけではありません。その中から思議しても衆生に不利益になることは、「無 [続きを読む]
  • 過去の記事 …