cachaca さん プロフィール

  •  
cachacaさん: 夫婦で遊ぶ熟年ライフ
ハンドル名cachaca さん
ブログタイトル夫婦で遊ぶ熟年ライフ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/cachaca5151
サイト紹介文私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。今のうちに二人で遊ぼっと!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2014/09/17 00:04

cachaca さんのブログ記事

  • マイクロポアテープ、敏感肌は要注意
  • 肥厚性瘢痕(ココ)がまたピリピリするようになってきました。上腕内側なので、半袖を着るようになってどうしても少しこすれるからです。9か月ぶりに形成外科へ。赤くぷっくり膨らんできた部分にはまたステロイドテープを貼るように言われました。少なくともこれからまた3か月間。それとは別に、治ってるものの、まだ薄茶色の瘢痕にはマイクロポアテープ。名前の通り、細かい穴が開いていて、皮膚呼吸できるようになってるわけ。 [続きを読む]
  • ボリショイのEチケットは記名式
  • 先週、ボリショイ劇場の2017−18年シーズンのオンラインチケットが発売になりました。ウチがモスクワにいる間に観ることができるのはオペラ「ボリス・ゴドゥノフ」だけ。ボリショイ新館で「愛の妙薬」があるんだけれど、コンサート形式なのでやめときます。ボリショイ劇場公式サイトでどういう席が残ってるか見ると、ほぼ3分の2は売れてます。どこもそうですが、おそらく公式発売の前にサブスクリプションの人や旅行会社が [続きを読む]
  • 飛行機チェックイン方法は要チェック
  • かつてはチェックインといえば空港の航空会社カウンターでするのが当たり前でした。しかし近年はコスト削減や電子機器の普及で、オンラインチェックインが普通になっています。しかも、やり方が航空会社によってまちまちなんです。14年にウチが初めて乗ったイージージェットなど、空港にチェックインカウンターそのものがない(ココ)。この夏はヨーロッパ内で、Vueling、Ellinair、Aegean の3社で近距離乗るのでチェックイン [続きを読む]
  • ひも付き帽子がない
  • 旅行用にコンパクトにたためる帽子を見つけました。つばにワイヤが入っていて、日差しによって自在に角度をつけることもできるんだけど、ひもがない。エーゲ海は風が強いそうなんです。日本だって風が強い日はありますよ。お店でひも付きはないんですか?と尋ねると、帽子クリップというのを勧められました。でもこれだと、帽子がよそに飛んでいかないようにというだけで、頭からは落ちます。頭に乗っているようにするにはひもが一 [続きを読む]
  • すくすく育ちすぎの月下美人
  • 去年7月にいただいた月下美人が、1年足らずでもうこんなに大きくなりました。丈も80センチを超えてます。これがいただいた時の大きさ。ほんの2枚の葉っぱから上のように大きくなりました。1年ほどでこれほど大きくなるとは・・・・・すくすく育ちすぎ。くださったおうちのは2m以上ありましたが、30年も経ってるとのことだったので、まさかこんなに早く成長するとは思いもしませんでした。ちょっと困ったなぁ〜。というの [続きを読む]
  • サボテンの花、最多記録なるか
  • かなり武骨な姿のサボテンですが、毎年きれいな花を咲かせます。これまでの最多記録は16本。今年は二日前に20本のつぼみが同時に伸びてきました。これは最多記録更新するのでは?と期待したんですが、昨日の夕方になると、20本のうち5本はちょっと遅れそう。ほら、上の3本と左下の2本はまだふくらんでないでしょ?午後8時ごろ、やっぱり15本。ちなみにサボテンは夜咲くんです。今朝まだ咲いてます。15本でも豪華に見 [続きを読む]
  • モスクワとサンクトのオペラチケット
  • やっと2017−18シーズンが発表され始めました。モスクワのボリショイもサンクトのマリインスキーも、パリと同じように、本館(歴史的建物のほう)と新館があり、ほとんどは新館のほうで行われているようです。ボリショイでウチが観ることができるオペラは「ボリス・ゴドゥノフ」だけ。ムソルグスキーで暗そうだけど、ロシアものだから見ておこうかな。チケットはまだ発売されてない。あとはノヴァヤオペラで「イーゴリ公」( [続きを読む]
  • ロシアビザ取得できた!
  • しばらく前にロシアビザ取得について情報が交錯していると書きました(ココ)。ウチは結局、ロシアビザセンターに依頼し、つれあいのビザが私のより一足早く取得できました。つれあいはアメリカ人なので38000円もするんですが、申請後1週間で取得できました。ちなみに日本人の私は7500円で2週間かかるので、まだ届いてません。センターでは、サイトのオンライン申込書に記入して送信するとすぐに返信が来ます。指示に従 [続きを読む]
  • 屋根・外壁にこんな色も
  • 毎週プールへ行く途中、こんな家を見かけます。黄色も黄色、真っ黄色 この屋根、去年までは別の色だったんです。それは、ピンク それもショッキングピンク 写真撮っておけばよかったなぁ。もう一軒、このツートンカラーはいかが?この家はつい最近、外壁を塗り替えたばかりで、それまでは全体がこのパウダーブルーだったんです。こんな山に囲まれた田舎なので、かなり目立ってます。実はウチも2年前まではスカイブルーに白のト [続きを読む]
  • エーゲ海のフェリーチケット
  • 夏の旅行の移動手段として今回初めてフェリーを予約しました。ギリシャはいくつも島があるんですが、ウチが行くのはキクラデス諸島とクレタ島。キクラデスの中には有名なミコノスがあります。でも宿泊を探すとまるでハワイみたいな高層ホテルが多い そこでティノスに滞在することにしました。エーゲ海といえばクルーズと思われるかもしれませんが、ウチは興味ありません。いくら豪華客船でもホテルの中にいるのと同じ。たまに島に [続きを読む]
  • ライムの実がついた
  • 3週間ほど前、ウチのライムの木の花が咲いたと書きました(ココ)。今朝ふと見ると、お〜っ、小さな実がついてるこんなふうに30個くらいありそう。これから虫がついたりするでしょうから、全部は大きく育たないと思います。タヒチライムという種類で、いつごろ収穫できるのか検索したら、9月下旬から翌年5月までとのこと。マルガリータがおいしい真夏じゃないんですね。でも、日本では9月末はまだ暑いので、帰国したらフレッ [続きを読む]
  • 胡瓜マティーニ
  • 胡瓜とジンだけのマティーニがあるときいて作ってみました。胡瓜の皮をむいて軽くたたきつぶして香りを出すとのことで、今日は台所で・・・・・すぐ割れちゃうんですよたたいた胡瓜をシェイカーに入れ、ジン(ウチはタンカレー)を注いで軽くステア・・・・・マティーニは普通、ドライベルモットをほんの少し香りづけに入れるんですが、その代わりが胡瓜なんですね。胡瓜をシェイカーから取り出してグラスに入れ、できたマティーニ [続きを読む]
  • 限度額適用を使うと医療控除できない
  • また一人闘病が始まった友達がいます。リュウマチとのこと。リュウマチといえば手首や指だと思ったので、それでオフィスでフルタイムで仕事してるのすごいねーと言ったら、足の裏なんだそう。パンプスはいてると重心がかかる、足の指の付け根の関節から始まったというんです。まさかリュウマチとは思わず、3年ほど放っておいたら痛くて歩けないほどになって、やっと専門医にかかったそうです。飲み薬での治療を3か月やってもさら [続きを読む]
  • 子供を潰した友達
  • ある友達J(アメリカ人)は娘にはピアノとバレエ、息子にはピアノ、水泳、アイスホッケーを習わせてました。子供への期待が高く、ピアノ教師は教え方が悪いと2度替えたほど。小学校の発表会や劇でも、保護者会役員だったJは自分の子は中心に置き、端っこに並ばせることは決してありませんでした。アメリカではリーダーシップはすごく重視されるんです。一度「そんなにこだわらなくてもいいじゃない?」と言ったら「小さい頃からの [続きを読む]
  • オンライン酒屋でカード決済拒否される
  • ウチはほぼ毎日飲むカクテルに使うお酒をケース買いしてます。そろそろ在庫が少なくなってきたので、昨日2ケース注文したんです。だいたいいつも同じオンラインショップの酒屋を使ってます。それなのにクレジットカードで支払おうとしたら、エラ〜〜〜! え?なんで?と思ったものの、夜だったし、今朝まで待ってみました。酒屋からメールが届いていて、カード決済が拒否されたので、カード会社に問い合わせるか支払方法を変更し [続きを読む]
  • 教会が増えている
  • 公民館のヴォーカル講座のメンバーの一人はよそでゴスペル講座にも参加しているそうです。場所は市内の教会とのこと。そういえば、ここ10年くらいの間に教会がたくさんできてます。カトリックではなく、何らかのプロテスタント教会。ゴスペルに行ってる人に何派なのか尋ねたら、「さぁ〜?」 歌うだけなので特に宗派とか気にしてない様子。その人は3か所くらい別々の教会のゴスペル講座に通っているのに、キリスト教に改宗した [続きを読む]
  • 老けて見える肩から首の線
  • 去年くらいから気が付いてることです。私と同年代(60〜62才くらい)の友達の中に、すでに肩から首が前に出ている人が何人かいるんです。昨日ランチした友達もそう。どう表現したらいいのかな? 横から見ると首が前に出ているというか曲がってる。背中も腰も曲がってないのに、首だけ前のめりになってる感じ。そして肩の上に贅肉がついて丸く盛り上がってる。これで一気に老けて見えてしまうんですよ。みんな毎日だらだら過ご [続きを読む]
  • アスコルビン酸をお風呂に使ってみると
  • 日本の水道水の塩素除去として、お風呂にアスコルビン酸(ビタミンC)を入れるようになってひと月経ちました。理由は私の肌のため(ココ)。買ったのは一番小さな300gの粉末(700円)で、計量スプーンが付いてきます。1回約2gの使用量なので、まだまだ残ってます。経過はどうか? あごの下の「はたけ」はほとんどなくなりました。ざらつきが少し残ってるだけ。ヨーロッパや中国滞在中の時のように完治までいかないのは、 [続きを読む]
  • ライムの花が咲いた
  • ライムの木を植えてもう何年になるかなぁ??? 虫にやられて枯れそうになったり・・・・・なにしろこんなところにほったらかしなのでこれまで花もあまり付いてなかったんですが、今年はいくつも咲いてます。ライムの木の横にはコモンセイジの紫の花とチェリーセイジ、後ろはパイナップルミントその横にはタイムの白い小花とオレガノ、その後ろはクチナシの木と何かわからない白い花、手前はイタリアンパセリまたその横の白いレー [続きを読む]
  • 目薬を自分でさせないヤツ
  • 両眼に病気を抱える私と違い、つれあいの眼は極めて健全。近視でもないし、75歳(ウチは年の差夫婦)にして白内障でもない。それが1週間ほど前から右眼がヒリヒリしょぼしょぼするようになったそうで、心配で眼科に行ってきました。私がしょっちゅうなる角膜びらんではなく、ただの花粉症アレルギーとドライアイと言われ、つれあいも安心。抗炎症と抗アレルギーの目薬を2つもらってきました。1日4回さすんだけど、怖くて自分 [続きを読む]
  • 行く気が失せたポルトガル
  • ポルトガルのガイドブックを眺めたり、ホテル&アパートを選び始めて、「やっぱりこんなところかぁ」と興味が失せていきました。見所は大聖堂や教会、修道院か、かつての王侯貴族の居城がほとんどだからです。ポルトガルに限りませんが、ヨーロッパ、特にカトリック系西欧に行くと、歴史的見所はそうなるんです。保存地区の街並みも石造りや石畳。初めて見るにはすごいなぁと思うんだけど、そういうのばかり見てると、私は食傷しま [続きを読む]
  • これも墓じまい?
  • いいお天気が続く連休ですね。ウチから車で20分ほどのところにある運動公園にウォーキングに行ったついでに、山中のお寺にも寄ってみました。藤の花がきれいに咲いてる。このすぐ横に新しい墓地が造成されています。中にはこんなふうに古い小さな墓石を寄せ集めてるのがいくつかあります。特に苗字もないので、もしかするとこれも墓じまいの一種なのかも。もう檀家に子孫がいなくなった家の墓石をお寺がまとめたんでしょうか?ウ [続きを読む]
  • 3泊4日150万円!豪華列車の旅
  • 一人75万円 こういう旅は二人ですから150万円です。しかもこれ、安いほうで、高いのは115万円(二人で230万円)  昨日のニュースでみた日本の豪華列車の旅です。檜風呂の温泉付き個室、先頭と最後尾の部屋にはパノラマ窓、ピアノ生演奏付きバー。東京発で、途中、日光など観光地に停車しながら青森、秋田と日本海側へ回り、東京着だそうです。こんなに高いのに、10両34名限定の枠に76倍の応募があったというの [続きを読む]
  • 交錯するロシアビザ情報
  • いったい何が正しいのか??? 前々回二人で45500円なら許容範囲と書きました。ところが、「歩き方」を買って読んでみると、「バウチャーなしに観光ビザを取得することは不可能」とのこと。でも先日ウチが問い合わせたロシアビザセンターによると、オンライン申請書だけでOKとなってます。エアーもホテルも事前購入不要。あまりに話が違いすぎる。もう一度電話して確認したけど、やっぱりそれでOKというんです。他のビザ代行 [続きを読む]
  • 毛細血管の運動は網膜に効いてるみたい
  • 2年ぶりの視野検査に行ってきました。私は強度近視が原因で黄斑前膜の手術を両眼やってます。強度近視にありがちと言われる網膜萎縮もすすんでいて、ゆがみがあるし、見えないところもあります。広い意味での緑内障とのことで、2年間に初めて視野検査をしました。その後、緑内障の目薬で視神経を保護する効果があるとされるアイファガンをずっと続けています。2年たって、見え方のゆがみが少しひどくなってるので、視野検査も悪 [続きを読む]