海彦山彦 さん プロフィール

  •  
海彦山彦さん: 海彦・山彦 日記
ハンドル名海彦山彦 さん
ブログタイトル海彦・山彦 日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/discus11199
サイト紹介文積雪期に山スキーで登山、海外遠征登山記録も。 メタルジグで青物釣りにも関心有ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2014/09/17 17:28

海彦山彦 さんのブログ記事

  • ?ヒヨドリ?が、五月蠅い
  • 庭木に実がなり始めると、?ヒヨドリ?達が飛来、ピーピー鳴いて少し五月蠅い。そこで鳥避けの出番・・・一匹の?黒猫?と、銀赤のテープ。使わなく為った釣竿に吊るすと、これが風で揺ら揺ら・・・警戒してか? 周囲でピーピー・キーキー鳴くが、枝に止る事は有りません〜?ヒヨドリ?には可哀想だが、渡り鳥の彼等は、早く南へ行って餌を探せばよい。こんな意地悪は、降雪時期になると餌を探しにやって来る?雉一家?の為です。雄 [続きを読む]
  • 台風18号
  • 久々の台風!!!換気口とサッシの風切り音で目が覚めた・・・午前3時だ。PCで台風を見ると、新潟・糸魚川沖を70k/hで通過中。台風銀座(表現が古いか?)に住む方には申し訳無いが、今年初の台風らしい台風だ。通常はこの辺まで来ると、勢力も弱まるのだが・・・当地は、日本海を通過時は風が吹くが、太平洋岸を進むケースでは微風程度。台風の中心より東側が強風帯と言う説に納得です。GPV気象予報データ 山登りや海釣りをする [続きを読む]
  • 栗城 フランスで訓練 結果は?
  • 栗城は、’17年春季にエベレスト7回目の敗退後に、公式ブログで下記の書き込みをしてました。(ダラダラ長文なので読まなくて結構)https://lineblog.me/kuriki/archives/1062420221.htmlその最後で、※9月はフランスで訓練です。と言ってました。エベレストに何回挑んでも登れないので、登れる為に?9月はフランスで訓練です?と、小生は解釈してました。そして、8月末に訓練の為に、フランスに出国。実際の訓練の内容は、栗城 フ [続きを読む]
  • ’17年秋季のチベット側からの入山が禁止と為った件
  • 【 ’17年秋季のチベット側からの入山が禁止と為った件 】 この春のシーズン中に、中国が秋季のチベット側から、 エベレスト・チョオュー・シシャパンマ等の登山を禁止する旨を発表。 チベット側からエベレストに登頂し、 ネパール側へ下山した者がいたからか?と言われたが、 今年の10月16日から5年に一度の、〔第19回中国共産党全国代表会議〕が有る為。 この時期に外国人がチベットに入り、独立運動の扇情や幇助を恐れての事 [続きを読む]
  • マッキンリー大滑降② 観たが・・・
  • ここ一週間ほどの間で、一気に秋の気配。蝉からコオロギが主役になり、秋の虫達が元気に鳴いてます。夏場伸び放題だった雑草取り・降雪に備えて枝折れ防止の庭木選定など・・・暑いとヤル気が失せますが、今は汗も出ず快適な日々。刈り込んだ玉柘植、多少頭デッカチか???鉢植えの?七竈?が色付き始めましたが、地植えの七竈はまだ青い実のまま・・・生育環境の違いでしょうか???10月〜12月の?戻り鰤・ジギング釣り?の乗合船予約 [続きを読む]
  • 栗城 フランスで訓練中
  • この春にチベット側からエベレスト北壁を狙ったが、青氷が登れずに断念。不法越境?してネパール側に移動したが、体調不良(高度順応の失敗)で西稜に上がれず、止む無くノーマルルートに転進、しかしC3までも登れずに時間切れで7度目の敗退。敗退後、「9月はフランスで訓練」と言ったきり、成りを潜めてました・・・講演後に小樽の赤岩ゲレンデで、岩の練習はしてた様ですが〜その後8月31日に成田からフランスへ・・・「2週間シャ [続きを読む]
  • 幌尻岳の沢遭難・エベレスト&ローッエ登頂報告会
  • 昨日の朝6:02に、携帯が聴き慣れない音で鳴る・・・何時もは机の上に放置だが、偶々手元に有ったのだ。見ると・・・政府からの発表「ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。 頑丈な建物や地下に避難して下さい。」(総務省消防庁)エッ!!! 妻は夜勤で留守、頑丈な建物??? 隣りの小学校はまだ開いてなし・・・地下??? キッチンの床下収納のコンテナ2個をスライドさせれば、床下には入れるのだが・・・我が家に落 [続きを読む]
  • ネパールのシェルパ達
  • 11年前にヒマラヤ登山をした時の仲間から、当時世話になったシェルパが、北ア針の木小屋へ出稼ぎに来てる事を知らされました。ヒマラヤの6月〜8月は雨期(モンスーン)のため、低地で雨期一斉に咲く高山植物見学ツァー客以外は来ない状態です。高所で活動して生活の糧を稼ぐシェルパ達の中で、日本語が判るシェルパは、北アの山小屋へ働きに来る人が結構います。ローッエ南壁の麓のチュクンに在るロッジで、時間毎に日本の童謡が流れ [続きを読む]
  • 山野井氏 未踏峰登頂②
  • 7月17日に出国し、8月1日に初登攀成功。8月16日に帰国した、東京登攀クラブの古畑氏の帰国報告です。古畑隆明氏 8月16日 FBより抜粋 日本へ帰国しました。google Earth で見つけたその山は現地に行くと全然尖っていて多少の計画変更を余儀なくされるなどもあり、それがかえって遠征を面白くさせてくれたように思います。グーグルアースで山を探すとは、まさに現代的です・・・昔は、その地域に入った他隊の写真を基に、地図で山 [続きを読む]
  • 盆中の出来事
  • 12日は夜勤明けの帰りを待って、1日早いが秋田の菩提寺へ墓参り。13日は妻方の墓参、12.13日はいつものパターンである。13日昼からは、甲子園中継。地方の50校にも満たぬ中からの代表校は、初戦で激戦区東京の代表と当たり、想像以上の大差で敗退・・・甲子園出場校の8割は私立校、地方の代表校には外人部隊(野球留学)が多いとか・・何か本来の趣旨とは、違うように思えるのだが・・・世界陸上・・・日本男子400mリレーの快挙、同 [続きを読む]
  • 山野井氏 未踏峰登頂
  • 日本登攀クラブの山野井泰史·古畑隆明氏が、初登頂に成功。画像・解説(黒字)は古畑氏のFBより画像左が東壁と思われます。左 山野井氏 右 古畑氏ご報告日本登攀クラブ山野井泰史·古畑隆明2017年8月1日インドヒマラヤ(ラダック·ザンスカール)にて未踏峰をアルパインスタイルで初登頂に成功しました。私達が登った東壁はその大半を雪と氷で構成されており、上部250mは少々難しいクライミングを強いられるこ [続きを読む]
  • 高齢者健康診断と肺炎予防接種 他
  • 市役所から〔高齢者健康診断の案内〕と、〔肺炎球菌予防接種の案内〕、〔高額医療の還付案内〕が届いてました。国も医療費負担が増え大変なのに、年寄りには優しい制度ですね・・・誰かが外遊する度に多額大盤振る舞い、援助を辞めれば少しは赤字も解消するのに。さて・・・連日30℃超えの暑い日が続いてたが、台風5号が通過してからは、気温が10℃近く下がり快適に・・・なので、妻が勤務する病院へ・・・外来の担当看護士に話し [続きを読む]
  • マッキンリー大滑降 放映予告
  • NHKがマッキンリーからの大滑走の様子を放映する様です。(黒字・画像は、NHKより引用)NHKスペシャル(総合) 9月3日(日) 午後9時〜49分デナリ 〜究極のスキー大滑降〜 (仮)アラスカにそびえる北米大陸最高峰・デナリ(6190m)。ここで日本人スキーヤーの佐々木大輔(40歳)が前人未到の冒険に挑もうとしている。最大55度もの険しい斜面が3000mにわたって続 [続きを読む]
  • 栗城の嘘 ③識者の見解
  • 拙ブログ ★★下山家 栗城劇場★★ と題した【項】の中で、’15年秋季エベレスト5回目(ネパール側ノーマルルート)の結果敗退’16年春季アンナプルナ南壁(左リッジルート)の結果敗退’16年秋季エベレスト6回目(チベット側・北壁)の結果敗退’17年春季エベレスト7回目(チベット側・北壁&ネパール側西稜)の結果敗退に、付いての私見を述べて来ました。何故 登山界が相手にしない栗城に拘って、ブログで取り上げたかと言うと、下 [続きを読む]
  • 栗城の嘘・知識の無さ②
  • 栗城が春のエベレストから帰り、?長文・言い訳?ブログを発表して以来、ひと月半振りにブログ更新です。(黒字は栗城ブログより、青字は私見)2017/7/22 01:17 みなさん、ナマステ。(中略)そして、昨日今日と2日間、小樽の赤岩にて尊敬している山の先輩とトレーニング。(中略)講演で札幌に行き、その後2日間小樽の赤岩(ゲレンデ)で岩登の練習とか・・・その様子の画像が添付されてました。多少思う処が有るので、取り上げました。 [続きを読む]
  • 栗城の嘘・知識の無さ・・・
  • この春に、7回目のエベレストに敗退して以来、公式ブログは更新されず、ツィッターhttps://twitter.com/kurikiyama/も非難の嵐で放置状態です。?自称 登山家?が山に登らないで、何をしてるのでしょうか???栗城が以前に室内訓練の画像をブログに載せてました・・・それがこの画像です。流行のスラックラインに乗り、ピッケルを両手に持ちバランス訓練中だそうです???本人は?氷壁登攀?のイメージだと思ってるでしょうが・・・(> [続きを読む]
  • 熊 情報
  • 地方紙に県内の熊情報が載りました。目撃件数も昨年を上回り、生息数も増えている様です。ひと頃、県内には約1千頭が生息してると言われてましたが、今はそれ以上に増えてるものと思われます。地方紙より今年4〜6月の秋田県内ツキノワグマ目撃件数が424件に上り、過去最多だった昨年の同時期を上回るペースとなっていることが、県の纏めで分かった。子グマが多いのが特徴。2015年にブナの実が豊作だったため、16年に多 [続きを読む]
  • 釣り方の規制が変る?
  • 磯釣りを始めて30年にも為りますが、今迄 撒き餌が禁止されてたとは知りませんでした・・・何処の釣具屋・ホームセンターのコーナーでも売ってましたから・・・【県内、まき餌釣り一部解禁へ 認知度低く、禁止知らぬ人も】                          昨年末の地方紙記事より海に餌をまいて魚をおびき寄せてから釣る「まき餌釣り」。50年前から禁止されているが、全国的には規制緩和の傾向にあり、秋 [続きを読む]
  • ウロコ板サイドウォール・タッチアップ
  • 天気が良いので、スキー板塗装面のタッチアップをしました。藪漕ぎや・前方に板を放り投げて潅木帯を通ったり・板を踏んだりで、雑に扱うと板のサイドウォールとトップシートの境目が傷付きます。(赤印部分)キャップ構造の板の場合は、硬いトップシートでエッジまで覆われてるので、深い傷以外は大丈夫ですが・・・サンドイッチ構造の板は、トップシートとの境目から水分が入ると、板の芯材が膨れて駄目になります・・・傷が深い場 [続きを読む]
  • 安田氏のダマバンド峰ボート滑走報告③詳細
  • 安田氏がイラン最高峰のダマバンド(5,671m)に登頂し、日本人初ボートでの滑走に成功した事は、下記でお知らせしました。安田氏のダマバンド峰ボート滑走報告②登頂・滑走成功帰国後、次の遠征(アラスカ・マッキンリー6,194m=デナリ)に向けて、休む間も無く資金調達の為に仕事を始めました。多忙の中、今回出国からダマバンド滑走するまでの、詳細な記録を更新しましたので紹介します。いざ、ダマバンドへ向けて‼ダマバンドスノー [続きを読む]
  • 梅雨入り宣言
  • 6月21日当地も遂に?梅雨入り宣言?です。近郊の八甲田・森吉山・八幡平・秋田駒ヶ岳から、高山植物開花の便りがあるが、花名に疎いので往く気も無しです・・・5月中旬の鳥海山以来、山スキーから遠のいてましたが・・・5月中旬の様子→鳥海山満喫3日間・北面を登攀・他6月19日に釣り友が、羽田からの帰りに上空から撮った?鳥海山?の画像が・・・何と・・・まだこんなに雪が残ってます。今年は積雪量が多いとは思ってたものの、 [続きを読む]
  • 栗城 ’17年春のエベレスト北壁【23】栗城の大嘘
  • 栗城は6月4日に「NO CRAZY, NO MOUNTAIN.」と題し、敗退宣言を発表。内容は→ https://lineblog.me/kuriki/archives/1062420221.html?下山家 栗城劇場?が終わり、五味和史氏のブログを読んでいて・・・・「????」と、思い・・・・改めて下山家のブログを読み直すと・・・「?????」その中から5月29日の様子を抜粋しました。(黒字は栗城ブログより)29日午前10時、多少はサイクロンの影響が弱いかもしれない。晴れはしないが風は [続きを読む]
  • 紙谷氏のヒマラヤ報告⑪
  • アマダブラム(6,856m)に挑んだ紙谷氏が、登攀記⑧・⑨を更新しました。山頂まで約350mの地点で、撤退を決断・・・その思いが綴られてます。アマダブラム南西稜にて⑧サミットプッシュ2。不思議な声の行方。                             Wアックスでの登攀                            垂壁に伸びるザイルアマダブラム南西稜にて⑨総括。オーストリアチーム初登頂。失敗 [続きを読む]
  • 安田氏のダマバンド峰ボート滑走報告②登頂・滑走成功
  • 安田氏が5月31日に、イラン最高峰のダマバンド(5,671m)の登頂・滑走を達成。帰国後にブログを更新しました。計画は↓参照安田氏のダマバンド峰ボート滑走計画①更新ブログは↓参照みんな。ただいま🏠🏃🎵只今イランから戻りました。                            ダマバンド峰の山容                              ダマバンド登頂         [続きを読む]
  • 番外編 ?冒険の共有?【Ⅵ】 最終章 
  • ’17年春季エベレストを始めとするヒマラヤ登山は、雨期の到来と共に幕を閉じました。この春に注目したのは、竹内洋岳氏の未踏峰マランフランへの挑戦、紙谷氏のアマダブラム峰への単独挑戦でした。◆◆山彦のヒマラヤ雑談◆◆ この項の中で両氏の様子を記事にしてます。’16年と’17年春季の日本人エベレスト登頂者のリストです。(日大山岳部編より)’17年春季は、このリストに有るICI・AG・倉岡・平岡隊の全員登頂と言う、快挙 [続きを読む]