碧玉 さん プロフィール

  •  
碧玉さん: それからのソンス
ハンドル名碧玉 さん
ブログタイトルそれからのソンス
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/takejunjam
サイト紹介文成均館スキャンダルのユニが、3人のイイ男とそれぞれ結ばれたら、という妄想を文にしてみました!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供764回 / 365日(平均14.7回/週) - 参加 2014/09/18 00:02

碧玉 さんのブログ記事

  • ROSE 手と手を重ねて その36 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 「・・・父さ・・・!会長!  どうなさったんですか?」 ユニの腰をきゅっと引きつけて立ち止まったヨンハ。 それを見てヨンハの父、クグループ会長は笑った。 「一つ予定が空いて・・・。  たまにはお前の仕事ぶりでも見てやろうと、  会議をのぞきに来たんだが・・・。」 ユニは離してくれないヨンハの手を腰に巻いたまま 丁寧にお辞儀をした。 「・・・ [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その37 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 お義父様って 微笑まれるとどこかヨンハさんに似てるわ。 ユニは目の前に座っているヨンハの父を しげしげと眺めていた。 グループ系列の、そして ヨンハが事業部長をしているホテルの喫茶室。 それこそ先日、ドレスのサイズ合わせのあと ヨンハと二人でティータイムを過ごした。 一週間も経っていないのに、 同じ店で、今度は会長と現れた女性を迎えて、 喫 [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その35 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 ヨンハが店に着いたときには、 すでにユニは一着目のドレスを 試着していた。 店の外にSPのジュンボクとパクがいたことで ユニが来ているのが分かり、 ヨンハは急ぎ足で店に入った。 ロイヤルブルーのドレスを着て 試着スペースから出てきたユニは 可憐な青いバラのようだった。 今日はまだいつもの薄化粧だけ。 しかし、試着のことを考えたのだろう。 緩く [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その34 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 「サイズ直しが仕上がったので、  いつでもお越し下さいとの事です。」 「早いな。」 上客の晴れの衣装なのだ。 急いで当然のことなのだが、 おかげで試着する日を選ぶのに 余裕が出来る、とヨンハは喜んだ。 ユニは今週は休暇中で時間がある。 木曜の昼にその連絡をトックから聞いたので、 次の日から日曜日までの自分の空き時間を 確かめてから ヨンハは [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その33 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 火曜日はユンシクと一日部屋の片付けをし、 水曜日は一人で過ごした。 一人だと考え事ばかり、と クローゼットの整理を思いつき、 部屋の物入れを開けたユニ。 クローゼット兼押し入れのその中には、 ハンガーがけの洋服がずらり。 タンス代わりにしている収納ボックスは 以前より二つ増え、 クリーニングに出した冬物の 高価な服がしまってある。 ヨンハは [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その32 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 ユンシクが帰ってきた月曜日。 ユニは、ヨンハのマンションの帰りに、 スーパーに寄って貰い、 数日分の食材を購入してから帰宅した。 一週間残っている休暇。 週末にはヨンハのマンションに行く約束をした。 金曜と土曜、二泊するつもり。 もう一度買い物に行って、 ユンシクのための作り置きも用意してやるつもり。 基本、生活の世話をしてやらなければなら [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その31 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 その週末にはヨンハの心は決まっていた。  ジョンウンはやはり心急いていたらしい。 病気で覚悟をした時期もあったせいだろう。 ジェシンから、ヨンハにあった次の日に連絡があったと ヨンハに知らせが入った。 不動産部門からも、 週末のジョンウンの休日に 査定に伺う、と連絡を貰っている。 幼稚園の件は難しかった。 少子化の韓国。 公立はともかく、私 [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その30 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 ジョンウンは急いでいるようで、 トックが秘書とスケジュールを確認し合って 空けた、火曜日の夕方に ヨンハの執務室へと訪問してきた。 相変わらずのかっちりしたスーツ姿、 と言いたいところだったが、 一回り痩せたのが、ヨンハでも分かったぐらいだった。 しかし、きびきびした態度、 明るい笑顔はそのままだった。 「突然申し訳なかったわ。  こんな風 [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その29 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 車の中で 朝のユニとの時間の余韻に浸っていたヨンハ。 今朝はトーストにサラダ。 卵とベーコンのオムレツ。 おそろいのマグカップにたっぷりのコーヒー。 そしてスーツの上着だけを着ていないヨンハは ユニをソファで味わった。 深いキスと馴染ませるように触れる手。 いつもの朝は服の上から。 けれど昨日からは違う。 今朝も忍び入ったカットソーの裾。  [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その28 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 ベッドの中では、 ドレスの話をしたり 朝、SPのアジョシコンビに渡した、 実家土産のキュウリとトマトの話をしたり。 「あれはおかしかったな〜!」 このマンションは ほぼ生活には使っていなかったところ。 初夏あたりから、ヨンハの激務を心配したユニが、 週末に泊まって食事の世話をするようになってから 少し生活感が出てきた。 だから。 「だって・・ [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その26 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 店に入る前に 顔を少しよそ行きにした坊ちゃんを見て トックはほっと息をついた。 ユニに会うときはいつも見る光景だが、 ヨンハの顔はふにゃりと崩れている。 分からないでもない。 ユニは、自前の服は高価なものは持っていないが、 実によく似合う服を着ている。 その姿を見て、へらへらする坊ちゃんを トックは毎回見てきたが、 その度合いがひどいときが [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その24 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 ワインに酔ったユニを抱きしめて眠った夜。 とりあえずのめどが立ったことで、 ヨンハもぐっすりと眠った。 いつもはヨンハが出勤するため、 朝食を食べ、身だしなみも整えた後、 迎えを待つ間、二人でふれあうことが 習慣になっている朝。 夜はただ抱きしめるだけのヨンハ。 そうでなければ抱いてしまう。 そこまでの理性がある自信はない。  朝なら、ブレ [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その22 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 予定より早く出たと言っても、 マンションに着いたのは、 午後6時を回っていた。  警固の三人は、 駐車場に一人残し、 二人は部屋まで従ってきた。 ユニはソウルに入る手前で 目覚めたものの、 ぼんやりとしたままの状態で マンションに到着。 それが少し子供っぽいとは どこかで分かっているようなのだが、 頭の芯が目覚めず、 結局ヨンハに腰を抱かれ [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その21 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 ヨンハとてふざけてばかりいたわけではない。 休憩の後の車の中では、 少しばかりこれからの話しもした。 「詳しいことは、  マンションに帰ってから話そうね。」 と言いながらも、 婚約式から披露宴までの ヨンハの勝手な予定をユニに告げた。 もちろん、こうしたいんだ、という 婉曲な表現で。 「・・・びっくりしたの・・・。  結婚するのが嫌なんじゃ [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その20 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 SAでは、 じとっと睨むテギョンに アジョシSPコンビがコーヒーをおごり、 その夜に飲みに連れて行くことを 約束していた。 トックはどこかに電話をしている。 ユニはお手洗いを済ませると、 滅多に利用することのないSAを ヨンハとともに楽しそうに見て回っている。 その後を、ジュンボクがゆっくりと付いて歩いた。 「おなかが一杯だから、  今はいらない [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その19 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 「私がこちらの車に移ったわけが  分かりました。」 そう小声でテギョンが呟いたのは、 車が走り出して10分もしない頃だった。 後部座席では ヨンハが一人でいちゃいちゃしている。 ユニはそんなつもりはないだろう。 ただ、カーディガンを羽織るのを 手伝って貰っているだけなのだから。 ユニはきょう、スカイブルーが地色で 太さのランダムなストライプ [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その18 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 帰ってくると、 二台の車の前で、テギョンが アジュマたちに捕まっていた。 ユニの母に様子を窺いに来たついでに 構われているようだ。 手をつないでふりふり帰ってきたヨンハとユニ。 ユニはアジュマたちをみて 手をほどこうとしたが、 がっちりと絡まれていた指は 全くほどけなかった。 「ありゃ、下手な暴漢よりこええな?」 「対処に困るねえ。」 ジュ [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その17 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 墓所の一角に佇み、香を焚く。 昔ながらの墓所。 昔ながらの土饅頭の形をとっているが、 きれいに周囲は区画されて、 家毎のくくりが明確になっている。 ユニの母がきれいに掃除しているのだろう。 盛り上がった土盛りの芝には雑草もなく、 供物を置く台もきれいだった。 そこの香立てに香を焚き、 その横にヨンハの持ってきた果物籠から 母が取り分けた果物 [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その16 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 「あのね、ヨンハさん?  歩きにくくない・・・かしら?」 「ぜ〜んぜん!  いつもより調子よく歩けるぐらい快適!」 前を歩くユンシクとトックがため息をつき、 後ろから来るジュンボクとパクが笑った。 ユニとヨンハは、ユニの父の墓参りに 向かっていた。 集落の端にある地域の墓所。 その一角にあるキム家の墓に ユンシクとユニの父は 一族とともに眠 [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その15 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 「この子達は、その・・・  ユンシクが怪我をしたことを  私に黙っていたのですよ。  今回のユニのことで、  ユンシクが知らせてきまして知りました。」 ユニを襲った女は、 一年前に、ヨンハとの別れ話を不服として 押しかけ、巻き込まれたユンシクに怪我をさせていた。 それがきっかけでユニとヨンハは知り合ったのだから 皮肉なものだ。 「息子の行状 [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その14 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 ユニの母も深々と頭を下げた。 前に手を重ねて揃え、 背筋のまっすぐに伸びた美しいお辞儀。 育ちの良さを感じさせる。 先に言葉を発したのは、 ユニの母だった。 「ようこそ、遠くまでお越し下さいました。」 少し目を伏せたままそう言ったユニの母は その後柔和に微笑んで姿勢を正した。 「こちらこそ、勝手な予定を押しつけて  押しかけました。  本日 [続きを読む]
  • ROSE 手と手を重ねて その13 〜ヨリユニパラレル〜
  • ?成均館スキャンダルのパラレルです。  ご注意ください。 トックは、一度ユニとユンシクの実家に ヨンハとともに行っているので、 実家の周辺の様子も記憶している。 車を停めるには少し狭い道幅だった 実家の前の道。 その時も、慎重に端に寄せて停めた。 田舎らしく、片側にずらっと小さな家が並び、 反対側は畑、小さな林。 そんな道に三台も、それも一台は 縦も長い車を並べて停めるわけにはいかないだろう。 し [続きを読む]