ちーちゃん さん プロフィール

  •  
ちーちゃんさん: あの人に逢いたい、ただそれだけ・・・。
ハンドル名ちーちゃん さん
ブログタイトルあの人に逢いたい、ただそれだけ・・・。
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/nt0820/
サイト紹介文2014年6月、最愛の夫が旅立った。愛する気持ちは深まるばかり。再会するためだけに、今生きている。
自由文2014年6月14日、大好きな主人が46歳で旅立ちました。心筋梗塞でした。彼に逢うためだけに、今生きています。 喪ってますます彼が愛おしくなりました。彼に恋してしまいました。
2000年1月に慢性骨髄性白血病と診断されてから、様々な病気と闘ってくれた彼への感謝の気持ちと愛を込めて、私の想いを綴っていきたいと思います。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供419回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2014/09/18 10:01

ちーちゃん さんのブログ記事

  • 答えが分かったような気がします。
  • 1109日もともと私は、一人でいるのが苦にならないタイプの人間です。子供の頃から一人静かに物思いにふけることが多かったのですが、それは、49歳の今でも同じです。子供の頃によく考えていたことの一つは、「どうして私の肉体に私の魂が宿ったのだろう」です。何も、「この肉体でなければならない」ということは無いはずです。もしも違う世界からこちらの世界が覗けるのだとしたら、より平和な国で、より裕福で、より容姿端麗に生 [続きを読む]
  • 「愛してる」の言葉を胸に。
  • 1108日目が覚めて、時計を見てビックリ!なんと、午前4時を回っていました。ブログの更新もせずに朝を迎えてしまったのです。こんなこと、ブログを開設以来、初めてのことです。それにしても、いったい、いつから眠ってたんだろ、私。陸上の100メートルの決勝を観るためにNHKにチャンネルを合わせた記憶は何となくあるんだけれど…どんなに疲れてても熟睡できなくて小刻みにしか眠れなかったこの三年間…それなのに、7回目の霊交信 [続きを読む]
  • 今日という大切な日に・・・
  • 1106日今日は、年に一度の霊媒Aさんとの交信の日です。一年前の6月23日の霊交信の際に、すでに今日の予約を入れたのですが、ようやく今日という日を迎えることが出来ました。武本昌三先生が亡きご長男の誕生日に、霊能者アン・ターナーが亡くなるまでの約20年間も交信を続けてきたように、私も、今後は、記念日に交信をお願いすることにしています。Aさんが霊媒を続けていらっしゃる限り、もしくは、私の命がある限り、6月23日の交 [続きを読む]
  • もう言わないようにするよ。
  • 1105日わたしだって、のぼるさんに、「ごめん」って言って欲しくなんかない。「ごめん」って言われても、だきしめてあげることも、手を握ってあげることも、わたしには出来ないから。だからもう、わたしも、「ごめんね」って言わないようにする。体の奥の方が温かくて、なんとなく心地良い。自然と笑みが溢れて、柔らかな幸せを感じている。のぼるさんは、わたしのそばにいる。わたしを取り巻く風になって、いつもわたしのそばにい [続きを読む]
  • 不思議な力を持つ女性(5)
  • 1104日昨日のこと。ブログを読んでくださった不思議な力を持つ女性、北川さんが、以下のようなコメントを投稿してくださいました。この度は、私の事を記事にして下さり心より感謝致します。文才溢れるブログで、とても心に響きました。そして、私が伝えたと思われる内容は、「旦那様を追いかけようとした事があるのではないか…」「今まで引っかかってきた気持ちに区切りをつけるのはいつだっていいんだ…」「区切りをつけるのは自 [続きを読む]
  • 不思議な力を持つ女性(4)
  • 1103日しばらくすると、彼女は、私の背後にやって来た。6月17日の、午後5時頃のことだった。そして、私の左隣にちょこんと座ったかと思うと、私の乱れた前髪を整え始めたのだ。さらに、私の頭を撫でたり、背中まで長く伸びた髪に触れたり、背中をさすったりしながら私の目をじーっと見つめて、「ありがとう」「寂しい思いをさせてごめん」「ちか…ありがとう」と…。それから、私をギュッと抱きしめてくれたのだ。ええ?ちか?どう [続きを読む]
  • 不思議な力を持つ女性(3)
  • 1102日ひょんなことから妹の嫁ぎ先を訪れた彼女は26歳。長女と同い年で、誕生日はわずか一週間違いの23日生まれ。サンダーバードに乗ってやって来た。妹からは本業はモデルさんだと聞かされていたけど、一瞬にして目を奪われるような美しい女性だ。吸い込まれそうな大きな瞳をしていて、その瞳は直視することが恐れ多いと感じるほど輝いている。初対面なのに私のことは全てお見通し…そんな印象を受けた。・・・・・私は、自宅から [続きを読む]
  • 不思議な力を持つ女性(2)
  • 1101日昨日、「不思議な力を持つ女性(1)に会ってまいりました。正直、どんな感じなのか想像もつかなくて、いつものように妹の嫁ぎ先へ遊びに行く感覚で出かけたのでした。きっかけがきっかけでしたから、甥っ子の「趣味?」の延長だと思っていたからです。彼女が石川県を訪れることになったきっかけは私にもよく分からないのですが、結論から言えば、「昇さんに逢えた」と、感じています。でも、まだ彼女からブログ掲載のことは [続きを読む]
  • 三回目の命日を迎えて変わりつつあること。
  • 1101日罪悪感が消えつつある。それも、三回目の命日の少し前にから急速に。きっと、主人がそうさせているのだろう。・・・・・「全ては、私のせい」「昇さんの寿命を縮めたのは私」昇さんがICUで最期の闘いに挑んでいる時、私にこの感情が芽生えた。そして、私は、「一生罪を償うためだけに生きていかなければならない」と、思った。私は、悪人。悪人だから、二度と幸せを感じてはならない。食べることも、笑うことも、楽しむこと [続きを読む]
  • もしも私が先に逝ってたとしたら…
  • 1100日同じ境遇の女性、みなみさんと「プレおしゃべりの会」を開いたのは、2015年2月24日のことだった。都内の居酒屋の前で彼女を待っている間、「顔も本名も知らない人と、同じ境遇というだけで実際に会ってもいいの?」と、思わず足がすくんだ。だけど、ふたりっきりの「プレおしゃ会」は、なんと7時間にも及び、まだまだ話し足りないと感じたほどだった。その時、彼女から、誕生日プレゼントをもらった。それが、あの、待ち合わ [続きを読む]
  • どうして我慢するの?
  • 1099日毎日 歯を食いしばって踏ん張っている。涙をこらえて明るく振る舞っている。腐らずに、冷静に、真面目にやっている。そんな私に、「どうしてそんなに我慢するんですか?」と、尋ねた人がいた。その人に私は、「私には守ってくれる夫がいないから、我慢せざるを得ないんです」と、答えた。一体、私にどうして欲しいというのだろう。二年半の引きこもりから抜け出して、やっと外の世界の刺激にも慣れてきたというのに…。せっ [続きを読む]
  • 主人の掌の上で…
  • 1098日ひととの出会いを、主人が結んでくれたご縁だと思ったり、心地良い風を感じた時、主人からのサインだと思ったり、目の前に綺麗な景色が広がっている時は、主人からのご褒美だと思ったり…些細なことに幸せを感じられるようになったのは、愛するひとと巡り会えて、その人が見えなくなった今でもお互いの心が繋がっているからこそ。そんなふうに丁寧に生きられる人生を手に入れた私は、幸せ者ですよね。主人の大きな大きな掌の [続きを読む]
  • 不思議な力を持つ女性(1)
  • 1098日今週末、ひょんなことから、妹の家に、不思議な力を持つ二十代の女性がやって来るらしい。遠くから訪ねて来るため、その日は妹の家に泊まるそうだ。主人亡き後、科学的には証明出来ない不思議な力や、魂の存在とかを強く信じるようになった私は、その女性の力にとても興味がある。それを知っている妹は、私を誘ってくれたのだけれど、「行く行く!」と、即答した。私が想像しているものとは違うかも知れない。でも、彼女から [続きを読む]
  • 三回目の命日に寄せて…
  • 1097日(3回目の命日)今日は、どんな日になるだろう。穏やかで、優しい日になるといいな…。三年前、暗闇に閉じ込められた私。もがきながら、行きつ戻りつしながら、一筋の光が射す方へ、糸をたぐるように、少しずつ歩んできた。でも、糸は細くて、強く引っ張ると切れてしまう。時には身体に絡みつき、身動き出来なくなったことも…。射していたはずの一筋の光を見失い、逆戻りしたことが幾度あったか知れない。静寂と闇に包まれ [続きを読む]
  • あの浜辺に行けば。。。
  • 1096日もうすぐ四度目の夏がやって来るね。真夜中に自宅を抜け出して、ふたりで流れ星を見た浜辺…こどもたちと海水浴を楽しんだ浜辺…あの浜辺に行けば、あなたが待っているような気がするよ。画像は、昨年12月19日に、HASANAさんから届いたものです。ブログに掲載した写真を見てくださったHASANAさんが、この写真にぴったりの万葉集の一首を思い出し、文字を入れてくださったのです。異国の地から届いた歌に、魂が揺さぶられるほ [続きを読む]
  • あなたへ
  • 1095日三回目の命日を三日後に控えた昨日のこと。知人から、「午後からお墓参りに行きたい」と、連絡が入った。とても有難くて、とても嬉しくて、涙が滲んだ。午前中にお墓掃除を済ませてソファに座っていると心地よくなって、つかの間、うとうとしていた。そんな時、メールの着信音が鳴った。異国の地に住むびィトさんから「うた」の贈り物が届いたのだ。まさに、昇さんと私の気持ちを表しているかのような歌詞に、思わず涙が溢れ [続きを読む]
  • 三年前のことを思い起こしていると…
  • 1094日昨夜のこと。目を瞑って、三年前の6月10日のことを思い浮かべていました。私が病院をあとにする時に、不安そうな顔をしてベッドに横たわっていたこと…「突然心肺停止に陥った」と、病院から電話があったこと…人工心肺装置を装着した昇さんが、ICUの中央部に寝かせられていたこと…その昇さんの頬に私の頬をすり寄せて、「今までありがとう」と話しかけたこと…そんなことを思い起こしている時に、昇さんの声が、私の心の耳 [続きを読む]
  • 「一緒に逝く」と言った日から三年が過ぎました。
  • 1093日ご縁って不思議ですね。一体誰が、「人の出会い」を決定しているのでしょうね。きっかけは何であれ、「ずっと前から出会うことは決まっていること…」だとしたら納得せざるを得ませんよね。昨夜は、先月末の「おしゃべりの会」に参加してくださったお二人と私の三人で、ご飯を食べました。お一人は昨年末の「おしゃべりの会」で知り合った女性で、もう一人は私の中学校の同級生。同級生といってもクラスは違うのですが、中学 [続きを読む]
  • 心がポカポカする話。
  • 1092日かわいいでしょ…ハートの『スノードーム』。これが私の手元に届いてから、心がポカポカすることが舞い込んできたよ。今日は、昇さんもみんなも大好きな◯◯で、同じ境遇の人と餃子を食べます。それから、来週の命日あたりに、ひょっとしたら、◎△$♪×¥●&%#?!かも知れません。三回目の命日を待っていたかのような◎△$♪×¥●&%#?!のタイミングに驚き、幸せを感じました。見えなくても、触れられなくても、 [続きを読む]
  • あと6日。〜君がいない世界は切なくて〜
  • 1091日昇さんが亡くなってから二か月間ほど、私は、自宅に閉じこもっていました。すると、車の運転が出来なくなってしまって、足元はふらふら。母の運転で、息子の高校の保護者面談に連れて行ってもらったこともありました。その後も引きこもりは続き、内職を始めたのは、昇さんが亡くなって一年半が経った頃でした。もともと外へ出ることが少なく、特に昇さんが透析を始めてからは、休日も自宅で過ごすことが多くなっていました。 [続きを読む]
  • 私を支えてくれた教え 〜君が思えば〜
  • 1090日私が彼を想っている時は彼も私を想ってくれている1986年4月のこと。当時 千駄木にあった某会館で、先生から、18歳の私が教えて頂いたお言葉です。チェルノブイリ原発事故の発生直後のことだったから、その日のことは、特に記憶に残っているのです。まだ18歳。田舎から都会に出てきたばかりで、恋とはどういうものなのかも分からない私…分かってるみたいに頷きながら、先生の教えを素直に聞いていたのです。あの日から28年後 [続きを読む]
  • 心に引っかかっていること。
  • 1089日三回目の命日が辛いのは、心に引っかかっていることがあるからかな…いつまでも気にしているとカッコ悪いって思われるから表面上は平気なフリをしているけれど、心の奥底では今も気にしているんだろうな。私自身のことなのに、よく分からない。ただ、どこかに怒りを向け、それをエネルギーに代えて生きてきたのは事実です。その日を過ぎてしまえば案外平気なのかも知れないね。だけど、今は、その日を前に、目に見えない恐怖 [続きを読む]
  • あと9日。
  • 1088日三回目の6月がこんなに辛いとは…5月末の「おしゃべりの会in金沢」でカクテルを楽しんでいる時は、思ってもみませんでした。お酒は呑まないと決めている私はノンアルカクテルだったのですが、サンセットを臨みながらの「シンデレラ」で、つかの間、非日常気分に浸ることが出来たのです。不思議な雰囲気に包まれた「おしゃべりの会」から一週間…辛い日が、私を待ち構えていたのでした。一年後のことさえも想像出来なかった [続きを読む]
  • あと10日。
  • 1087日切ない6月を迎えた。あと10日…三回目だけれど、やっぱりカウントダウンしてしまう。目を瞑れば、裸で病室のベッドに横たわり、数十人の医療スタッフに囲まれて電気ショックを施されている光景が浮かんでくる。一見して、私は、平気そうに見られているかも知れない。だけど、6月に入ってから、胸のあたりがムズムズして、なんだか呼吸が浅いというか、息苦しさを感じている。涙が滲み、何も考えられなくなって、ようやく動き [続きを読む]