maywind さん プロフィール

  •  
maywindさん: Maywindのつぶやき
ハンドル名maywind さん
ブログタイトルMaywindのつぶやき
ブログURLhttp://maywind.sakura.ne.jp/maywind_604/
サイト紹介文IT関連・写真・日常の事などについてつぶやいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/09/18 10:12

maywind さんのブログ記事

  • 行きそびれ 塩原ユリ園
  • 今年のお盆もあと一日。先日は、妻の実家にお線香をあげてきた。でも、涼しすぎる。週間天気予報をみても今週いっぱい気温は30度に届かない天気で雨か曇りだ。元気なセミの鳴き声も聞こえず、我が家の朝顔も元気がなさそうだ。天候不順のまま秋になってしまうのだろうか?明日は、送り盆だ。 今年は、ユリ園で有名なハンターマウンテン塩原のユリ園へ行くつもりであったが、天候が良くなかったので最盛期を逃してしまったようだ [続きを読む]
  • 32年目の日航機墜落事故
  • かつてないあの悲惨な忌まわしい記憶から32年の月日が流れた。その夜、突然、衝撃とも言えるニュースがテレビから流れてきた。東京発大阪行きの日航機123便の機影が消えたという。翌朝には8月12日午後6時56分、群馬県多野郡上野村において日本航空羽田発伊丹行123便の墜落事故が明るみになった。死亡者数520名、生存者数4名という日本の航空機事故史上最悪といわれた日航機墜落事故だ。上と下の写真は、当時発売 [続きを読む]
  • 御朱印in栃木をFBに
  • Facebookを開設して久しいが、昨日、Facebookにグループを新設してみた。(上写真)栃木県内の寺社や栃木県内で頂いた御朱印を紹介するグループ御朱印in栃木です。Facebookのグループには御朱印に関したものは多数ある。全国組織のグループが多いのが現状で、栃木県内に特化したグループは私の知る限りではあまり無いのではないかと思う。現在、参加メンバーは友人と私の2人だけで非常に寂しい感じがする [続きを読む]
  • '2017 終戦の日
  •   来週の今日、また、あの終戦の日がやってくる。昭和20年(1945年)、第二次世界大戦で日本が降伏し、国民に公表された日とされている。私は、終戦5年後の戦後生まれでその日も知らなければ、また、悲惨な戦争の事も知らない。幼い頃、親父と一緒に風呂に浸かりながら語ってくれた親父の満州での体験談など。子供ながらに、戦争に参戦した親父の苦労した辛さを感じてはいた。今から12年ほど前、親父の手文庫から親父の軍隊手帳 [続きを読む]
  • 是是非非 気になる言葉
  • 今日は8月3日、もうすぐお盆である。しかし、涼しい。秋のようだ。今日も用を足しながらカレンダーに目を通す。今日の言葉は、是是非非。新聞やニュースなどでよく耳にする言葉。政治家が良く使う言葉ではないだろうか。「良い事は良い、悪い事は悪いと言う姿勢が「智」である。駄目だと思ってるのに良いですねと言ったり、良いと思ってるのに悪いと言ったりする事は愚か者のする事であると言ったのです。」どの様な謂れのある言葉 [続きを読む]
  • 江戸切子と赤紫蘇ジュース
  • 前回に懲りず赤紫蘇ジュースを作ってみました。今回はレシピと共に写真も載せてみました。上は、櫨のミニ盆栽と江戸切子のグラスに赤紫蘇ジュースを入れてみました。因みに、櫨のミニ盆栽は私が仕立ててみました。秋になると赤紫蘇ジュースの様に真っ赤に色付きます。下左は、ポトスと共に。下右は抽出した赤紫蘇ジュース。今夜は、これに焼酎を加えて一杯。 農産物センターで買ってきた赤紫蘇を何遍も水に通して洗います。出来る [続きを読む]
  • 赤紫蘇ジュースとプログラミング
  •    梅雨が明けたのに、毎日毎日鬱陶しい日が続いている。毎日、夕立があれば嬉しいのだがそれもない。そんな鬱陶しい毎日を乗り切るため赤紫蘇ジュースを作ってみた。レシピは非常に簡単。買ってきた赤紫蘇を綺麗に洗い、鍋に入れて3分ほど煮立てる。ある程度冷めたらざるに移して赤紫蘇を濾す。濾した赤紫蘇エキスに酢、砂糖を好みに合わせて入れ、30分ほど弱火で煮詰める。酢を入れた段階でどす黒かった赤紫蘇エキスは、何 [続きを読む]
  • 朝顔四題
  • 上は、Nikonのデジ一眼レフに付いているレンズ(18mm−55mm f:3.5-5.6)で撮ったのですが、やはりオールドレンズ(アサヒタクマ−レンズ)で撮った写真の方が深みがあるみたいです。(2017.07.14撮影)盆栽仕立ての朝顔が咲きました。小さな鉢に咲く朝顔はとても可憐。品種は解りませんがこれが満開です。花芽がたくさん付いているので毎朝眺めるのが楽しみです。     デジタル一眼レフカメラ(ニコン)にKIPONのマウ [続きを読む]
  • 在りし日の霧降高原
  • 今、霧降高原はニッコウキスゲに覆われているという。なかなか、行くことが出来ないので昭和45年ごろの懐かしい霧降高原を紹介します。この頃はカメラの魅力に撮りつかれていた。霧降高原を撮ろうと友人と来た想い出の場所。下は、霧降スキー場リフト乗り場付近。今は、キスゲ平園地となっている。 下は、キスゲ平から丸山付近。赤薙山方面へ向かう登山客の背負うキスリング型のリュックが懐かしい。 下は、発達した雄大積雲( [続きを読む]
  • サボテンの花
  • サボテンの花。それは、遠い昔の想い出。私と妻が付き合っている頃。二人で行ったチューリップのコンサート。財津和夫の甘い歌声に酔いしれたひと時。そんな、遠い昔の想い出。ほんの小さな出来事に 愛は傷ついて・・・・・ 蕾が付き始めたサボテン。 昨晩遅く、咲き始めたサボテンの花。ほぼ満開。そして、満開を過ぎたサボテンの花。朝までには咲き過ぎてしまったようだ。   [続きを読む]
  • MySiteの縮小宣言
  • 五月の風のSiteとしてメインの五月の風の他に趣味のブログとして発信してきたブログSiteを縮小することにした。今まで発信してきたのは、霊場巡礼in栃木・日帰り温泉in栃木・ダムin栃木・Photo in 栃木・Maywindのつぶやき・ITMayのつぶやき・雲in栃木・Dessinの8ブログ。余りにもいろいろと手を出し過ぎてしまったようだ。記事を書くにも現地へ行って写真を撮らなくてはならず、最近は重荷に感じてきた。そこで、霊場巡礼in栃木 [続きを読む]
  • 二本松市から喜多方へ
  • 先日、女房と二人で福島県へ行ってきました。一泊二日の旅でしたが梅雨の時期にも係わらず雨の心配はありませんでした。一日目は、二本松市にある霞ヶ城跡を40年ぶりに見学してきました。私が二十歳の頃、青年団で菊祭りを見に来た覚えがあります。二本松の菊祭りは昔から有名でした。 午後2時頃には土湯温泉に着き、チェックインまで温泉街を散策してきました。土湯温泉も4回目。観光協会でマップを貰い川沿いに散策。 温泉 [続きを読む]
  • 想い出のFC2ブログ
  • 私がブログを始めたのは2004年の11月。当時は、無料ブログも幾つかあったが他のブログより斬新的で機能も豊富なFC2ブログを選んで見た。多分、FC2ブログが無料提供されて間もなかった頃だったと思う。この頃、栃木県鹿沼市上南摩地区にダムが建設されると言うので離村され始めた頃の上南摩に足繁く通って見た。下左が、ブログを開設した時の上南摩の写真です。上は、FC2ブログに最後に投稿した記事です。FC2ブログは上南摩に [続きを読む]
  • 御朱印帳 in 京都
  •  先週、私の娘夫婦が二泊三日の京都を楽しんできました。第一目は雨でしたが両人とも着物を着て京都の町を堪能してきたそうです。清水寺は、本堂の檜皮屋根の葺き替え工事中で舞台からの眺めは足場が邪魔で残念だったそうです。それから、私への土産に清水寺の御朱印帳を頂きました。私が霊場巡りをしているのを知っていたのでしょう。丁度、二冊目の御朱印帳が欲しいと思っていたのでとても嬉しく頂きました。清水寺の御朱印は頂 [続きを読む]
  • 風薫る日光へ
  • 春まだ浅い日光中禅寺湖周辺を切り撮ってきました。曇りがちではっきりとしない天気でしたが残雪の山々の素晴らしさを堪能してきました。立木観音や中禅寺湖周辺の桜は満開でした。 下は、新緑に映える方等の滝(左)と般若の滝(右)です。 下左は、男体山をバックにした中禅寺ダム。下右は、清滝にある下野三十三観音第一番札所清瀧寺です。 追記坂東三十三観音霊場十八番札所の立木観音は巡礼ブログに載せる予定です。 [続きを読む]
  • 横浜山下公園にて
  • 私と妻と娘の3人で横浜の山下公園界隈をぶらついてきました。山下公園には何度も行っているのだが久々にこの界隈をのんびりと歩いてきました。でも、目的は中華街。娘と横浜駅で待ち合わせ、先ずは腹ごしらえ。朝早く直通電車で来たので腹はペコペコ。娘の勧めで早速中華街へ。GW中とあって道には人が溢れ出ている。そして、立ち食いの群れ。変わったもんだな〜。かき分けながら中華街大通りの一番奥にある大珍樓に入った。ここは [続きを読む]
  • なんでも鑑定団がわが町にもやってくる。
  •  テレビ東京でお馴染みの"開運なんでも鑑定団"が平成29年11月12日(日)(予定)にわが町壬生にやってくるそうです。出張!なんでも鑑定団inみぶ場所は、栃木県下都賀郡壬生町の城址公園ホール(壬生中央公民館)開場時間は、12:00 開演は13:00(予定)私には鑑定して頂くお宝は有りませんが、観覧は無料ですので今から応募しようかと思っています。壬生町は、壬生藩の城下町古い歴史がある町なので目を見張るようなお宝 [続きを読む]
  • 五月の風
  •  薫風が頬をかすめる季節の到来です。薫風と言えば五月の風。五月の風と言えば私のメインサイトでもあります。メインサイト五月の風は今から20年前の1997年7月に発信しました。今は私の趣味のサイトになってしまいましたが、作った当時は勤めていた木材会社のオフィシャルサイトでした。当時、今では当たり前になってしまった高気密高断熱住宅工法が出始めた時期でもあり、会社で推進していた高気密高断熱住宅工法を広める [続きを読む]
  • 西洋式毛鉤釣 Vol.3
  • 前回投稿した西洋式毛鉤釣 Vol.2で紹介できなかったフライ(擬餌針)の一部が出てきた。30年ほど前に使ったフライで使ったままビニールの袋に入れてあった。出してみると見るも無残。ハックルやテールなどはグチャグチャ。アイにはティペットが付いたまま。フックはさび付いてしまっていた。もう使うことは出来そうもない状態だった。下は、その中から私が好んで使っていたフライ。左側は、セミやバッタ、ヨシノボリを模したマド [続きを読む]
  • 勿来の関にて(福島県)
  • 親睦旅行2日目、宿での食事を済ませ一路福島県へ。宿から数キロの所に勿来の関があるので早速直行。勿来の関へは妻と来てからは40年ぶり。周辺は随分と変わっているようでした。 北側の入口脇にある源義家の銅像を見ながら文学歴史館へと続く石畳を登る。松林の道脇には14ヶ所の歌碑と句碑が建っている。  私が是非ここへ来たかったのは松尾芭蕉の句碑があるという事でした。芭蕉の句碑は山の展望台の脇に建っていました。 [続きを読む]
  • 五浦にて(茨城県)
  • 先日、私と友人と3人で北茨城市へ行ってきました。友人はアマチュア無線仲間で年一度の旅行です。今年は海が良いんじゃないかという事で北茨城方面を旅してきました。一日目は、袋田の滝と花貫ダムを見学してお宿へ。着くや否や早速乾杯。翌日は、勿来の関を見学してから五浦海岸へ。 五浦では岡倉天心で有名な六角堂へ。六角堂から見る太平洋の雄大な美しさを堪能してきました。六角堂を見学するには茨城大学五浦美術文化研究所 [続きを読む]
  • 西洋式毛鉤釣 Vol.2 
  • 先日、中禅寺湖の岸釣りが解禁になった。今年は、雪の中での解禁で天候は最悪だったらしい。それでも、岸辺に立ち込むフィッシャーマンの姿が見られた。私も30年ほど前には中禅寺湖には何度か通った覚えがある。しかし、還暦を数年前に過ぎた私にはもう無理である。昔を想い出そうとフライフィシングに凝っていた頃の道具一式をベランダに出してみた。使い古したベスト、その他、愛着のあるギア達である。しかし、残念ながら肝心 [続きを読む]
  • 私の好きな日光(Facebook)
  • Facebookの公開グループに"私の好きな日光"を作成してみました。今まで、Facebook公開グループの"日光"に投稿していたのですがモノ足らず、日光地方(日光市)に限った公開グループとして立ち上げてみました。日光地区の最新の情報や写真などなど、いろいろと投稿しようと思っています。是非、皆様のご参加をお待ちしております。私の好きな日光(Facebook)サイト [続きを読む]
  • 西洋式毛鉤釣
  • 先日、物置を整理していたら思わぬ賞状が出てきた。それは、私が30年ほど前にイギリスのハーディー社から頂いた認定書です。その頃、私はフライフィシングの魅力に憑りつかれ近所の川に行ってはフライのキャスティングの練習に明け暮れていた。道具はすべて揃えてみたものの仲間がいるわけではなく練習するにも指導してくれる人もいなかった。ある時、行き付けの釣り道具店から栃木県日光市の中禅寺湖でフライキャスティングの講 [続きを読む]