tokotoko さん プロフィール

  •  
tokotokoさん: tokotoko花日記♪
ハンドル名tokotoko さん
ブログタイトルtokotoko花日記♪
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tokotokohana
サイト紹介文富山発 ガーデニング便り フュージングガラス 作品制作日記
自由文ブログ人からgooブログへ引っ越しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/09/18 15:05

tokotoko さんのブログ記事

  • 猪谷関所 歴史探訪ウォークに参加
  • 今日、猪谷関所 歴史探訪ウォーク 〜双対道祖神を巡り、飛騨街道東道を歩く〜 に参加しました。先ずは、猪谷関所館に集合し、出発国指定天然記念物 背斜向斜を見学固い岩石の地層が地殻変動により圧縮して変形されたものだそうですが、木が生い茂りちょっと判り難い様です。次は船渡の素戔嗚社(すさのうしゃ)野仏群双体道祖神男女2体の姿がお雛様の様 二十三夜塔樹齢3000年の東猪谷の素戔嗚社の大ケヤキ素戔嗚社の境内の湯釜 [続きを読む]
  • カットのお皿 完成
  • 今日は、ガラス工芸の補講日でした。サンドブラストの方は、前回の補講日で完成したので、後はカットの作品を毛ブラシで磨く作業のみが残っています。朝早くから行って、機械の順番をとって、ひたすら磨き続けました。お昼時間も休み無く磨き続けて、午後一番に先生に見せたら「まあ良いでしょう」のお言葉。やれやれ良かった完成した作品はこれです。はみ出しが一杯あるけど、裏からマニキュアでも塗って置く事にしましょう。六角 [続きを読む]
  • カエデの大鉢
  • 先日の土日は、勘兵衛はうすで陶芸同好会でした。去年作った大鉢2枚の内、1枚が欠けてしまったので、また大鉢に挑戦しました。カエデの大鉢です。このカエデは勘兵衛はうすの中庭にあったものです。黒土にカエデの模様を付け、白化粧土を塗りました。まわりに少しだけ櫛で模様を付けてみました。もう一枚作りたかったのですが、勘兵衛はうすの見学の方が見えられ、ご案内していたら時間切れになってましいました。11月のアポロン文 [続きを読む]
  • 月見の会と琵琶の調べ
  • 一昨日、自遊人倶楽部友の会主催で「月見の会と琵琶の調べ」を開催しました。場所は射水市本江の古民家「勘兵衛はうす」です。今年に入って、お正月、ひな祭り会、七夕と季節の行事を開催してきましたが、お月見の会ってどんな設えをしたら良いのかしら・・・。1ケ月以上前から、主人と色々と策を練ってきました。うさぎの土人形を借りて来たり、月と兎の暖簾を揃えたり、桜の間の丸窓を黄色いライトで照らして月に見立てるのはど [続きを読む]
  • 敬老の日の前倒し
  • 我が家はいつも敬老の日には、鱒寿司を食べる事になっています。今年は丁度デパートで「全国うまいものフェスタ」をやっているので、そちらのお弁当で今日の夕食に姑の長寿を祝う事になりました。休日のデパートの催事場は込み合うので、前倒しで今日買ってくる事になり、早速出掛けてきました。案の定、平日とは言え、お目当ての白玉屋新三郎の前には長蛇の列。しつかり並んで「白玉あんみつ黒蜜しずく」を調達しました。チラシを [続きを読む]
  • 松煙で描いた暖簾
  • 松煙で描いた暖簾を仕立てました。自分で描いたと訳じゃなくて、主人に描いてもらったんですけど・・・。一枚は、和室とリビングの間に一枚は、アトリエにゼンマイは春ですが、せっかく仕上がったばかりなので、暫く掛けて置く事にします。今まで、向こう側が透ける薄い麻暖簾を掛けていたせいか、ちょっぴり重い感じがしますが、これからどんどん秋が深まっていくので、丁度良いでしょう。 [続きを読む]
  • 風になびく暖簾地
  • 松煙で模様を書いた暖簾の生地を染色教室の先生に蒸して頂きました。なんだか凄い道具ですね。先生の手作りだそうです。暖簾は家に持ち帰り、水洗いしました。大きなタライに暖簾を広げて水洗いしていると、以前金沢に住んでいた時、浅野川で友禅流しをしていた事をふと思い出しました。規模も風流さも全然違うんですけど・・・。2階のベランダに干してみると・・・。風になびいて良い感じ。乾いたら暖簾に仕立てる予定です。 [続きを読む]
  • 透ける麻暖簾
  • 昨日は、月に一度の染色教室の日でした。今回は先月糊置きした暖簾の布に柿渋をかけました。後は来月色止めをして完成です。媒染材によって、茶色になるか、こげ茶になるかという事ですが、どちらにするかちょっと迷う所です。柿渋が乾くまでの間、藍染めをしました。前回準備していて染める事が出来なかった麻暖簾。なんとか仕上がりました。この透け感、なんとも言えず良いわぁ・・・。もう夏が終わってしまったのが、ちょっと残 [続きを読む]
  • ゼンタングル模様の花瓶
  • 今日は、ガラス工芸講座の補講日でした。私は午後から用事があったので、午前中のみ作業をしました。カットのお皿もサンドブラストの花瓶も、後は毛ブラシをかけるだけなのですが、なかなか思う様に進みません。とりあえずは、サンドブラストの花瓶だけ完成しました。ゼンタングル模様で、タイトルは「フラワー」廊下の展示台に置いて、写真撮影。アラを探すとキリが無いのですが、少し遠めに見て概ねまあまあの出来となりました。 [続きを読む]
  • 里山のオーベルジュ
  • 昨日は、母の三回忌の法要を行いました。お参りの後、兄弟姉妹三家族で城端の里山のオーベルジュ「薪の音」に宿泊しました。お部屋が3部屋だったので、我々三家族で貸し切りとなり、静かな山里で地元の食材をふんだんに使った美味しいフレンチを食べ、思い出深い2日間となりました。翌朝、雲の間からゆっくりと顔を出す朝日をのんびりと眺めました。里山に吹き渡る秋風が心地よく、流れる雲を眺めていると、本当に心が癒されました [続きを読む]
  • 七宝まり 完成!
  • 布遊び教室で作っていた七宝まりが完成しました。先日作り方を聞いて、最後は家で各自完成させる事になっていたのですが、なんだかんだと忙しくて、結局取り掛かるのが今日になってしまいました。七宝まりって縁起の良いアイテムなんだそうですよ。教室で作った七宝まりは、かなり大振りだったので、家にあった縮緬で一回り小さな物を作ってみました。最初は2個だけ作るつもりでいたのですが、房を作る為にリリアンを2束買ってきた [続きを読む]
  • ガラスフェスタ2017のお手伝い
  • 昨日、一昨日は、ガラスフェスタ2017のお手伝いに行きました。富山県美術館のオープンと重なったせいか、いつもより若干人の入りが少ない印象を受けました。私は主に、トヤマ・グラススタジオ友の会のガラスフリーマーケットの売り場の横で、輪投げゲームを担当しました。ガラス作品を的に輪投げをして、作品をゲットするゲームですが、ちょっとしたお祭りのテキ屋の気分でした。慣れない仕事に2日間で、どっふり疲れました。途中 [続きを読む]
  • ステンドグラスの花
  • 今日はステンドグラス教室の日でした。習い始めて3作目の作品が出来上がりました。今回のお花、1作目の鳥、10年以上前に体験で作ったトンボをリビングの窓辺に飾ってみました。もう一つ蝶があれば良いかも・・・。今までの3作は、先生が出された課題の作品を作ったのですが、次回からは自由作品に取り掛かります。ちょっと気が早いのですが、クリスマスリースを作ってみる事にしました。11月頃から飾るとして、9月、10月と2ケ月あ [続きを読む]
  • 藍染めのヒマワリ暖簾
  • ヒマワリをモチーフにした藍染めの暖簾を作ってみました。最初はタマネギの皮で染めようと思っていたのですが、どの程度の色合いになるかわからなかったので、タマネギの皮の方は風呂敷にし、ヒマワリ暖簾は藍で染める事にしました。今回は染色教室の本藍では無く、以前店頭で見つけて購入した、建て染め藍のキットで染めました。絞り染めでヒマワリを表現しようとデザインを考え布を絞ってみると、なんだか訳の判らない状態になっ [続きを読む]
  • リベンジ 陶器のランプシェード
  • 昨日、一昨日は、勘兵衛はうすでの陶芸同好会の日でした。勘兵衛はうすは、射水市本江にある、国の登録文化財に内定している古民家です。久々の陶芸です。意を決して、またまたランプシェード作りに挑戦しました。最初の一作目は、釉掛けの時に持ち方が悪くてポキッと折れてしまい、作り直した二作目はまだ素焼きの状態ですが、くり抜きの穴が小さ過ぎて、どうもこの後釉掛けをしたら塞がってしまいそうな気配・・・。一作目が折れ [続きを読む]
  • 七宝まり制作
  • 布遊びの講座で七宝まりを作っています。講座の作品はまだ制作途中なのですが、お正月飾りやひな祭りにぴったりな作品です。まだお盆なのでちょっと気が早い様ですが、せっかく作り方を習ったので、忘れない内に家でも作ってみる事にしました。今年の雛祭りにお雛様を作った時のちりめんの残りがあったはず・・・。昨日、今日と二日間で2個作りました。せっかく作ったんだから何処かに飾りたいけど、何処がいいかなぁ・・・。お正 [続きを読む]
  • 玉ねぎで染めた風呂敷
  • 世の中はお盆休みに入っていますが、我が家は横浜の息子が帰省する予定も無く、いつもと変わらぬ休日です。染色を初めてほぼ1年が経ちました。その間にせっせと溜めた玉ねぎの皮で風呂敷を染めてみました。昨日から玉ねぎを煮て染色液作り。右から1番液、2番液、3番液です。玉ねぎってもっと黄色いのかと思っていましたが、かなり赤っぽい茶色です。赤玉ねぎの皮も入れたからかしら・・・。今日、早速染めてみました。思ったより濃 [続きを読む]
  • 風呂敷を藍で染める
  • 昨日は、エコタウンでの「藍染め講座」の日でした。今年は風呂敷を染めました。先着30人の所、なんと倍以上の申し込みがあったそうです。先ずは先生から絞り方の説明を聞きました。私は既に絞り方を決めていたので、ささっと絞って染料へ。30人もいたら、最後の方は段々藍の色が薄くなってしまうといけないので、手際良く・・・。染めあがった布は、外で干しました。なかなかの眺めですね。私は濃く染めたかったので、ぎりぎりまで [続きを読む]
  • 安曇野ちひろ美術館へ
  • 昨日、coopとやまの平和の集い見学ツアーに参加しました。前日に台風が来たので、どなるのからしと思っていましたが、夜中に降っていた雨も上がり、雲が多いものの実施に問題はなさそう。私は平和の集いには、初めて参加しました。今まで、戦争体験者のお話を聞いてすいとんを食べたりした年もあったそうです。今回は安曇野ちひろ美術館への見学でした。8:00にcoopとやまを出発して、昼食場所の大王わさび農場へ。途中バスの中で、 [続きを読む]
  • ハスの花 見れず・・・
  • 昨日は、勘兵衛はうすの保存活動日でした。勘兵衛はうすは、射水市本江の旧田中家でこの程国の登録文化財に内定した建物です。お盆前の大掃除に行ったのですが、着いてすぐ10日程前蕾だったハスがどうなっているか早速確認残念ながら花はすっかり終わり実が出来ています。次に開花した様子を見る事が出来るのは来年かと思うと・・・。溢れかえっていた池の水は、かなり引いて、水面に水草がびっしり。蕾を発見してから、途中2度程 [続きを読む]
  • ワークショップ「型紙でステンシル」に参加
  • 昨日は、また民俗民芸村へ行ってきました。民芸館、民芸合掌館で開催されている企画展「民芸の素朴と粋」のワークショップ「型紙でステンシルをしよう」に参加しました。民芸館に入ると学芸員の方が型紙の水分を新聞で吸い取っておられました。まさかこの本物の型紙を使うのかしら・・・この型紙は江戸から明治時代に彫られた本物の伊勢型紙だそうです。なんと戦争中は疎開をして型紙を守ったんですって。そんなに几帳な物を使って [続きを読む]
  • 型染の糊置き
  • 昨日は、月に一度の染色教室の日でした。今回は、3日係りでカットした型紙を使って、型染の糊置きです。以前一度やった事があるのですが、すっかり忘れて最初から説明を聞いて糊置きです。型を外してみると・・・綺麗・・・最初は、左に1模様、右に2模様の予定でしたが、ちょっと寂しい感じがしたので、左側の上下に模様を足して、3模様にしました。化学染料で染める予定でしたが、柿渋で染めて松煙でぼかしを入れる事にしました。 [続きを読む]
  • 梅干しの土用干し
  • 昨日北陸でもようやく梅雨が明けました。早速梅干しの土用干しをしました。去年漬けた梅干しがまだ沢山あるのですが、途中で足りなくなると困るので、今年も5kg漬けました。いつもはこぼれ種で実る菜園の赤紫蘇を、採っては入れ採っては入れを繰り返すのですが、今年はほんの2〜3回入れただけで終わってしまいました。毎年繰り返している事が、段々億劫になってきています。綺麗な赤い梅干しになると良いのですが・・・。今年はき [続きを読む]
  • 型染め用型紙
  • 今週の金曜日は、月に一度の染色教室の日です。今回は、呉汁で下処理をした布に引き染めをする予定です。先生からデザインを考えて来るよう言われてたのに、ずっと放置していましたが、先日民俗民芸村で型染の暖簾を見てから、その美しさに憧れて型染に挑戦する事にしました。かと言って、あんなに繊細な模様は無理だし・・・。デザインが思い付かず、10年以上前に買った草木染の本をパラパラめくっていると、型染の型紙が掲載され [続きを読む]
  • 民芸の素朴と粋
  • 今日は、「民芸の素朴と粋」を見に、民俗民芸村へ行ってきました。染色教室に通い始めて早や1年。藍染めが好きで、毎回藍染めばかりしているのですが、次は引き染めをする事になり、作品の参考にしようと思い出掛けてみました。民芸合掌館の前には美しいハスの花の蕾が、ほんの少しだけ開きかけていました。中には、素敵な暖簾が沢山透ける麻の暖簾にうっとり。暖簾は日本独特の文化だそうです。我が家は和風家屋ではありませんが [続きを読む]