チャン神 さん プロフィール

  •  
チャン神さん: ものづくり・夢工房
ハンドル名チャン神 さん
ブログタイトルものづくり・夢工房
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kenjivtol
サイト紹介文垂直離着陸機の製作、CB72 CL72 CYB350、W1、ロータスヨーロッパ、MGTD等のレストアを見ていただく。
自由文長年してきたものづくりの経験からその面白さを具体的に見ていただきます。私の夢「垂直離着陸機の製作」、バイクの修理、再生 レストア、改造、ロータスヨーロッパ、エラン、MG-TDのレストアを通してものづくり技術の面白さを知っていただきたい。また幼少時代からの私のものづくり人生をご披露します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/09/19 13:01

チャン神 さんのブログ記事

  • CB72 CB350 CYB350 アルミタンクの製作  part14
  • CYB350アルミタンクがいよいよ完成です。いよいよ完成の日が来ました。 ひずみをパテで修正し、そのあとサフェーサーを塗りました。塗装のたびにひずみひずみ取りをしたため 綺麗にできました。レーザー加工機でゴムバンドに穴をあける。                          雰囲気が出た。タンクのひずみを取り、サフェーサーを塗りました。結構綺麗になりました。ウイングマー [続きを読む]
  • CB72 CB350 CYB350 アルミタンクの製作 RCタンクキャップ編 part13
  • タンクキャップ完成!キャップの蓋部分は真鍮板でシンバル状の形になっていたのでプレス用の金型を製作しました。仮に1mm厚の鋼板でプレスした。ばっちり形になった。。 真鍮でやるとしわだらけになりました。叩いて修正        2枚の真鍮板の間にコルクのパッキンがはいります。中心には4mmのエンドミルで左右に広く彫りこんだ。ボルトが抜けないようにする(上からキャップする。)のと、ねじが回らないよ [続きを読む]
  • CB72 CYB350 アルミタンクの製作 part11 
  • 久しぶりにCYB350アルミタンクの製作に取り掛かりました。底板を溶接しました。 人に見せれるもんじゃないですね。 美しいビードを出すのは難しいです。初めての挑戦です。慣れるしかないと思います。しかし なんとか形になってきました。。タンク前を溶接汚くなってます。磨けば良しとします。下手な溶接です。汚い溶接部分をハンドグラインダーで削りました。(向かって右側) 意外に奇麗に見えます。反対側も削りました。木 [続きを読む]
  • CB92  C92改
  • タンク、フロントブレーキドラムは純正品リアドラムは500ccのバイクの物を使用(機種は忘れました。)、 シート、メガホンマフラー、ステップはY部品を使っています。 エンジンはC70 カブの70ccのピストンをピンの穴径を大きく加工し150cc弱としている。リムは18インチH型を使用 タイヤは当時流行りのTT100(ダンロップ)です。CB92  C92改 [続きを読む]
  • CB72 CB350 CYB350 アルミタンクの製作 part9
  • 久しぶりにCYB350のアルミタンクの製作始めました。今回は底板を作ります。底板には真ん中に1枚セパレーターを入れました。セパレーターはブレーキング、加速時に燃料が前後に移動するのを防ぎます。上手くフレームにフィットするか確認、バッチリフィットしました。溶接はまだまだです。前部は最後に取り付けようと思います。少しずつですがビードが出てきました。慣れが必要です。この後 燃料コック取り付けとキャップの溶接 [続きを読む]
  • ベンツ パテント モトールヴァーゲン  Benz Patent-MotorWagen 製作 part11
  • 大阪モーターショー出展まで1ケ月になりました。パテントモトールヴァーゲンはカール ベンツ氏が馬なし馬車といわれる夢の車、ガソリン自動車世界初の車です。私は、この研究の内容を少しでも知りたく、また工業人としてその技術を盗みたいという気持ちで製作してきましたがもうすぐ完成します。エンジンに火を入れるときが迫ってきました。あと一カ月で12月4.5.6.7日 大阪モーターショーです。エンジンからフレーム、すべて自作 [続きを読む]
  • ベンツ パテント モトールヴァーゲン Benz Patent-MotorWagen Paint 1
  • フレームがほぼ完成いよいよ塗装です。色はモスグリーンのメタリックにしました。カラーは東洋アルミニウムの提供でクロマシャインという反射による色の変化が楽しめる特殊なメタリックです。黒に見えたり、緑に見えたり、青に見えたり角度により変色します。1885年にはなかった色ですが気にせずカラーだけはこちらの趣味で塗らせていただきました。つりさげて塗り残しなく塗装します。塗料はアクリルウレタン10:1を使用し [続きを読む]
  • CB72 CB350 CYB350 アルミタンクの製作 RCタンクキャップ編 part12
  • タンクキャップもだんだん形になってきました。難しいロック部品もできました。バネの取り付け部分を加工しています。削り取った部分も溶接して形が戻りました。形になってきました。そろそろ底板の製作です。アルミ溶接はまだまだ未熟です。しかし少しずつ分かって来てビードが出てくるようになりました。手が震ってしまいます。気にせずどんどん溶接をしていきます。あまり溶接部分は見せたくありませんが初心者でもできるこ [続きを読む]
  • CB72 CB350 CYB350 アルミタンクの製作 RCタンクキャップ編 part11
  • HONDA RCレーサータンクの製作も中断中です。 タンクキャップができれば一揆に完成させられるのです。タンクキャップのロックレバー、パッキンの部分ができれば完成になります。タンクキャップ本体はほぼ完成、ロックレバーが小さくて精度良く作らないと完全に蓋が閉まらない。実物より計測して図面化する。 私のタンクキャップの形状が実物と少し寸法が違ってきている。キャップの寸法の違いがロックレバーに影響してきたので [続きを読む]
  • Benz Patent-MotorWagen Manufacture of a sheet Part8
  • Benz Ptent-Motorwagen のシートの製作です。3mmの板を水に浸して柔らかくします。その後接着剤を塗って型にあてて接着するのを待ちます。シャコマンでしっかり留めます。きれいに曲がりました。後は型に切った材料に貼り付けます。接着剤は強力なエポキシ接着剤を使います。 直線よ曲線の板の継ぎ目はダボを使ってずれないようにしました。きっちり合うことがわかりました。全体の様子がわかります。シャコ万でしっかり固定ま [続きを読む]
  • Patent-MotorWagen Manufacture of Engine part7
  • Patent-MotorWagen のフラーイホイールを製作しました。木型から製作 今回鋳込が終了しました。下の写真がトヨタ博物館にあるレプリカのフライホイールです。この形を木型で作りました。そのあと鋳造をしていただきました。トヨタ博物館のレプリカの写真です。これを真似てます。製作した木型です。抜け勾配もちゃんとつけて製作しました。型込めについて高岡社長から説明を受けるきっちり型がに抜けました。湯道を慣れた手つ [続きを読む]