Performance76 さん プロフィール

  •  
Performance76さん: スポーツ観戦日記
ハンドル名Performance76 さん
ブログタイトルスポーツ観戦日記
ブログURLhttp://sports-watch.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文スポーツ観戦の感想と試合内容の独自採点です。
自由文スポーツ観戦の感想と試合内容の独自採点です。観戦理由はズバリ「面白い試合を観たい」。映画と同じで、良い試合もあれば、ハズレの試合もあります。世紀の名勝負に出会うため、中立の立場で現地観戦していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2014/09/20 17:55

Performance76 さんのブログ記事

  • 横浜国際プール
  • 名称:横浜国際プール種類:多目的アリーナ収容:5,000人夏は国際規格の水泳場、冬はスポーツフロアとして、様々な屋内スポーツで利用される「水陸両用」の多目的アリーナ。横浜ビー・コルセアーズのホームアリーナにもなっています。水泳場だけあってフロアが広く、その分バスケットの試合などでは距離感も感じてしまいます。大型ビジョンもあり設備はしっかり。座席間も標準的ですが、アリーナ席がパイプ椅子なのは残念。北山田 [続きを読む]
  • 日本 vs タイ
  • 大会:FIFAワールドカップ アジア最終予選結果:日本 4−0 タイ場所:テレビ観戦結果は最高。でも苦しんだ試合でした。もちろんタイの奮闘も大きかったですが、吉田選手がコメントしていたように、自らのミスからリズムを悪くした部分もあるでしょう。こういう苦しい試合の中で、流れを変えられる選手がエースになって行くわけですが、ついに頭角を現した久保選手という新戦力。3点目のミドルシュートは、日本の苦しい流れを [続きを読む]
  • 日本 vs UAE
  • 大会:FIFAワールドカップ アジア最終予選結果:日本 2−0 UAE場所:テレビ観戦久しぶりに強い日本を見れたという印象。アジア予選最大のヤマ場とも言える一戦。ピッチサイズを変えてまで、この試合に賭けてきたUAEを一蹴してしまったわけですから、ちょっとびっくりしたほどです。その最大の要因はやはりハリルホジッチ監督の采配。川島選手や今野選手の先発起用もズバリでしたが、4−3−3へのシステム変更が功を奏した形 [続きを読む]
  • IAIスタジアム日本平
  • 名称:静岡市清水日本平運動公園球技場種類:サッカー専用競技場収容:20,299人清水エスパルスのホームスタジアム。サッカー専用だけあって、ピッチは近く、傾斜もあって素晴らしく見やすい球技場。美しい芝生はJリーグベストピッチ賞の常連。大型ビジョンも2基揃えていて、サッカーどころ静岡の実力が伺い知れます。天気の良い日は富士山まで見える爽快なスタジアムですが、設備の老朽化は目立つようになり、アクセスも不便なの [続きを読む]
  • なでしこ vs オランダ
  • 大会:FPFアルガルベカップ 2017結果:なでしこ 2−3 オランダ場所:テレビ観戦「終わり悪ければ全て悪し」になりそうな最後の失点でしたが、前掛かりのスキを突かれることはよくある事。それよりも一人少ないオランダを、仕留めきれなかった攻撃面に問題があるように映りました。シュートを打ち切れない、クロスを上げきれない、セットプレーもやり切れない。なんとも消極的な攻撃で、フラストレーションが溜まる展開。籾木選 [続きを読む]
  • オーストラリア vs 侍ジャパン
  • 大会:2017 WORLD BASEBALL CLASSIC結果:オーストラリア 1−4 日本場所:東京ドーム 観衆41408さすがに日本代表ともなると凄いメンバーです。山田選手を1番で起用するなど、大谷選手がいなくても十分豪華なラインナップ。ただ小久保監督の隣に権藤コーチがいたのが、一番豪華に見えましたけどね。キューバ戦とは打って変って、引き締まった投手戦。大量得点の次の試合は、得てしてありがちですが、これはこれで国際試合の緊 [続きを読む]
  • なでしこ vs ノルウェー
  • 大会:FPFアルガルベカップ 2017結果:なでしこ 2−0 ノルウェー場所:テレビ観戦3戦とも大幅にスタメンを入れ替えて、ポジションや組み合わせを試行錯誤している高倉監督。ただシーズン前に怪我人が続出しているのは気になるところ。岩渕選手もベンチ入りしておらず、怪我明けの選手を招集するチームマネジメントには疑問もあります。試合は横山選手の2ゴールにより勝利。横山選手の活躍は今や驚くことではなく、なでしこリ [続きを読む]
  • 浦和レッズ vs セレッソ大阪
  • 大会:JリーグD1 第2節結果:浦和レッズ 3−1 セレッソ大阪場所:埼玉スタジアム2002 観衆43826浦和のホーム開幕戦。第1節こそ横浜FMに打ち負けましたが、ACLでは攻撃陣が大爆発。好調な勢いそのままに、C大阪を圧倒した試合となりました。武藤選手のゴールを皮切りに、興梠選手、R・シルバ選手も続き、前線トリオが揃い踏み。得点にはなりませんでしたが、後半3分に見せた流れるようなパスワークは、けっこう凄 [続きを読む]
  • なでしこ vs スペイン
  • 大会:FPFアルガルベカップ 2017結果:なでしこ 1−2 スペイン場所:テレビ観戦シーズン前ということを加味しても、あまりにひどかった試合内容。まぁアルガルベの初戦は、毎回低調な内容が多いのですが、それにしてもこれほど何も出来ないとは・・・。スペインのプレッシングを怖がってしまい、バックパスの連続。失点シーンも後ろ向きな姿勢が招いた結果でした。逆に日本がやらないといけないプレッシングは、「ステイ」する [続きを読む]
  • 秋津野球場
  • 名称:習志野市秋津球場種類:野球場収容:10,000人千葉ロッテマリーンズ二軍の試合も行われる野球場で、ソフトボールリーグの試合でも利用されています。座席があるのは内野スタンドだけで、外野は全て芝生席。フェンスや柱が視界を遮り、お世辞にも見やすいとは言えない観戦環境。野球を「する」場所としては標準的かもしれませんが、興行場所としては問題の多い野球場です。プロ野球開催に見合うスペックは、フルカラーLEDのオ [続きを読む]
  • 水戸ホーリーホック vs 湘南ベルマーレ
  • 大会:JリーグD2 第1節結果:水戸ホーリーホック 0−1 湘南ベルマーレ場所:ケーズデンキスタジアム水戸 観衆8636J2開幕戦。J1では苦しい戦いが続いていた湘南も、J2に戻れば一転して強者。試合開始直後からスピード感溢れる攻撃で、水戸ゴールを再三脅かしました。点が入るのも時間の問題。序盤の猛攻を見て、スタジアムの多くの人も「湘南強し」と感じたことでしょう。それだけに、瀬戸際で防ぎ続ける水戸の姿に [続きを読む]
  • 千葉ポートアリーナ
  • 名称:千葉ポートアリーナ種類:多目的アリーナ収容:7,512人千葉ジェッツのホームアリーナの一つ。車椅子バスケットや車いすラグビーなど、パラスポーツでも多く利用され、「車いすスポーツの聖地」を目指しているようです。収容人数7000人以上と大きなメインアリーナで、国際大会開催の実績もあり。アリーナ席や大型ビジョンもあり、観戦環境も整っています。しかし広い分、2階席からは多少の遠さも感じ、館内の薄暗い印象も否 [続きを読む]
  • 鹿島アントラーズ vs 浦和レッズ
  • 大会:FUJI XEROX SUPER CUP 2017結果:鹿島アントラーズ 3−2 浦和レッズ 場所:日産スタジアム 観衆48250蛍光色のユニホームが、2階席からでも物凄く見やすかったですが、黄色とピンクは「らしくない」両クラブですけどね。おそらく今シーズンのJリーグをリードするであろうチーム同士の対戦。ただやはり鹿島は昨年末からの勢いは継続中で、さらに一段上のレベルに行ったような強さを感じました。難易度の高い攻撃を仕掛 [続きを読む]
  • V・チャレンジリーグⅡ 江戸川大会
  • 大会:V・チャレンジリーグⅡ 江戸川大会場所:江戸川区スポーツセンター 観衆550V・チャレンジリーグⅡ の江戸川大会を現地観戦です。会場に入ると選手達が普通に歩いていたりして、相変わらずセキュリティが心配になる江戸川区スポーツセンター。まぁこれだけ選手達を身近に感じられるのも、チャレンジリーグならではかも。第1試合群馬銀行グリーンウイングス 3−2 プレステージ・インターナショナルアランマーレ第5セ [続きを読む]
  • 柏レイソル vs ジェフユナイテッド千葉
  • 大会:第22回ちばぎんカップ結果:柏レイソル 2−0 ジェフユナイテッド千葉場所:日立柏サッカー場 観衆11015つかの間のオフが明け、いよいよサッカーシーズン到来。今年のJリーグ観戦始めも「ちばぎんカップ」から。たた2月の試合観戦はまだまだ寒いです。目立った補強のなかった柏に対し、ビッグクラブにも在籍していたアルゼンチン監督を招聘した千葉。テクニカルエリアでは身振り手振りで指示する姿も見られましたが、 [続きを読む]
  • エコパスタジアム
  • 名称:静岡県小笠山総合運動公園スタジアム種類:陸上競技場収容:50,889人ジュビロ磐田の準ホームスタジアム。全面屋根付きの巨大な陸上競技場で、設備や環境面も豪華で清潔。サッカーやラグビーの日本代表戦も行われるくらい立派なスタジアムです。しかし巨大すぎる分、サッカー観戦では「遠さ」を感じてしまいます。ホームクラブが無いため稼働率も低く、この立派なスタジアムを持て余している感は否めません。1Fにはミュージ [続きを読む]
  • 第12回ボルダリング・ジャパンカップ
  • 大会:第12回ボルダリング・ジャパンカップ優勝:男子 藤井快 女子 伊藤ふたば場所:国立代々木競技場第二体育館 観衆1641ボルダリングのジャパンカップ。東京オリンピックの競技種目にもなり、マスコミに登場する機会も増えました。この日の試合会場も大盛況。イケメン選手も多いですし、十分人気スポーツになる可能性を秘めていると思いますよ。決勝戦のボルダー壁。競技中はDJの方の解説や、軽快が音楽が流れています。決勝に [続きを読む]
  • で愛ドーム
  • 名称:岐阜メモリアルセンター で愛ドーム種類:多目的アリーナ収容:4,572人岐阜メモリアルセンター内にある多目的アリーナ。円形のドーム型が特徴的で、Vリーグやボクシング、相撲巡業なども行われています。館内はやや薄暗い印象を受けましたが、背もたれ付きの座席で観戦環境は標準的。音響設備やステージ照明設備なども整っているようです。すぐ隣には同じ形をしたサブアリーナ「ふれ愛ドーム」が並んでいます。こちらの収容 [続きを読む]
  • 東京エクセレンス vs 茨城ロボッツ
  • 大会:B2リーグ 第15節結果:東京エクセレンス 85−77 茨城ロボッツ 場所:小豆沢体育館 観衆714「2部リーグ」と「B2リーグ」、同じ意味でも「Bリーグ」の冠が付くと、だいぶ印象が変るものですね。中地区5位東京と、東地区4位茨城との対戦。試合は一進一退の展開が続きましたが、茨城がジリジリと点差を広げ、第3Qにはこの日最大の9点差に。しかしここで流れを変えたのが、東京のキャプテン西山選手でした。スピー [続きを読む]
  • 日本体育大学 vs 早稲田大学
  • 大会:第25回全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝結果:日本体育大学 1−2 早稲田大学場所:味の素フィールド西が丘 観衆3281とんでもない寒さの中でのインカレ決勝。試合は序盤から日体大が優勢の展開に。ワンタッチパスや裏への抜け出しなど、攻撃パターンが豊富な日体大。38分には10番布施選手が、豪快なミドルシュートを決め先制します。前半押され気味だった早稲田は、50分にセットプレーのチャンス。多少距離があり [続きを読む]
  • アルウィン
  • 名称:長野県松本平広域公園総合球技場種類:サッカー・ラグビー兼用競技場収容:20,000人松本山雅FCのホームスタジアム。日本アルプスに囲まれた雄大なスタジアムで、見やすさ、臨場感は専用スタジアムならでは。そしてこのスタジアムが真価を発揮する時は、やはり松本山雅のホームゲームでしょう。地方の球技場が「山雅劇場」へと一変。「Crowd Chant」で始まるオープニングもカッコいいです。しかし最大の問題点はアクセスの悪 [続きを読む]
  • バルドラール浦安 vs ヴォスクオーレ仙台
  • 大会:Fリーグ 第27節結果:バルドラール浦安 4−3 ヴォスクオーレ仙台場所:浦安市総合体育館 観衆1012Fリーグ、7位の浦安と12位仙台との対戦を現地観戦です。前半は守り合いの展開。10分にセットプレーから浦安が先制しましたが、仙台の体を張ったディフェンスが光りました。その後は追加点を与えずに、後半に望みを繋ぎます。すると後半開始早々、仙台のカウンターが決まり同点。しかしこの得点によって、試合は一気に [続きを読む]