Performance76 さん プロフィール

  •  
Performance76さん: スポーツ観戦日記
ハンドル名Performance76 さん
ブログタイトルスポーツ観戦日記
ブログURLhttp://sports-watch.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文スポーツ観戦の感想と試合内容の独自採点です。
自由文スポーツ観戦の感想と試合内容の独自採点です。観戦理由はズバリ「面白い試合を観たい」。映画と同じで、良い試合もあれば、ハズレの試合もあります。世紀の名勝負に出会うため、中立の立場で現地観戦していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2014/09/20 17:55

Performance76 さんのブログ記事

  • なでしこジャパン vs ブラジル
  • 大会:2017 Tournament of Nations結果:日本 1−1 ブラジル場所:テレビ観戦「勝ちにこだわる」と言いながら、勝ちきれない試合が続きますね。新しい選手を試しながら、結果も求めていく難しさ。鮫島選手のセンターバックなど驚きの起用もありつつ、試行錯誤が続く高倉ジャパン。佐々木ジャパンと高倉ジャパンの大きな違いは、サイド攻撃の割合。左サイドから崩した籾木選手の得点は、この試合唯一とも言えるサイドからの攻撃 [続きを読む]
  • HARD OFF ECOスタジアム新潟
  • 名称:新潟県立鳥屋野潟公園野球場種類:野球場収容:30,000人新潟アルビレックスBCのホームスタジアム。プロ野球も毎年のように開催され、2010年にはオールスターゲームが行われるほどの立派な野球場。設備は豪華で清潔。座席間もゆったり、内野席は屋根までついています。地方球場としては抜きん出た快適なスタジアムなのですが、それだけにプロ野球のフランチャイズ球場になっていないのがもったいないくらい。試合の無い日でも [続きを読む]
  • 鹿島アントラーズ vs セビージャFC
  • 大会:明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017結果:鹿島アントラーズ 2−0 セビージャFC場所:県立カシマサッカースタジアム 観衆28308派手さはなかったですが、随所に両チームらしいプレーが見られた味のある試合。ドルトムントと違い、一週間しっかり日本で調整したセビージャを完封したことは、けっこう凄いと思いますよ。ドルトムントもセビージャも、普段はのらりくらりとサッカーをしているように見えるのですが [続きを読む]
  • 町田市立総合体育館
  • 名称:町田市立総合体育館種類:総合体育館収容:2,784人ペスカドーラ町田のホームアリーナで、Vプレミアリーグや大相撲巡業などでも利用されています。キャパシティ2800人と、日本の屋内スポーツにとっては最適な大きさ。大きすぎず小さすぎず、ほどよい広さで見やすさも十分です。座席は背もたれ付きでアリーナ席もありますが、座席間はやや狭い印象。1989年竣工ながら、それほど古さは感じず設備も綺麗ですが、大型ビジョンは [続きを読む]
  • 浦和レッズ vs ボルシア・ドルトムント
  • 大会:明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017結果:浦和レッズ 2−3 ボルシア・ドルトムント場所:埼玉スタジアム2002 観衆583272年前の川崎戦。ドルトムントの強さには素直に「スゲー」と思いましたよ。特に攻撃のスイッチが入った時のスピードと迫力。ただ今日の試合では、チームとしての強さはまだまだ未完成の印象。それでもエムレ・モル選手の2ゴールなど、個のチカラは見せてくれました。2−3というスコア [続きを読む]
  • 駒沢第二球技場
  • 名称:駒沢オリンピック公園総合運動場第二球技場種類:球技場収容:1,618人駒沢オリンピック公園内にある第二球技場。1964年の東京オリンピックでは第二ホッケー場として利用されました。座席はメインスタンドのみで設備も簡素ですが、近くで試合観戦が楽しめるのは球技専用ならでは。人工芝のため、サッカーで使用されるカテゴリーは限られていますが、ホッケー、ラクロス、アメリカンフットボール、ゲートボールなど、様々な球 [続きを読む]
  • オルカ鴨川FC vs スフィーダ世田谷FC
  • 大会:なでしこリーグカップ2部 第6節結果:オルカ鴨川FC 0−0 スフィーダ世田谷FC場所:鴨川市陸上競技場 観衆547昨シーズンは3部リーグながら、スタンドを満員にして話題となったオルカ鴨川。地域の熱い後押しもあって、トントン拍子で2部リーグまで昇格。現在もリーグ戦3位に位置するなど、どんなサッカーをしているのか興味のあるところでした。しかしその内容はいたってシンプルで、攻撃の起点はゴールキーパーの [続きを読む]
  • FC東京 vs 鹿島アントラーズ
  • 大会:JリーグD1 第18節結果:FC東京 2−2 鹿島アントラーズ場所:味の素スタジアム 観衆429792年ぶりにチケット完売したという味スタ。代表戦並みの観衆が集まれば、Jリーグリピーターを増やして欲しいと思うのがサッカーファンの心情。それだけに前半30分までの試合を続けられていたらゾッとしましたよ。しかし30分以降は打って変わってアクティブな展開に。東京は47分に橋本選手が逆転ゴールを決めると、鹿島も負け [続きを読む]
  • 川崎フロンターレ vs 浦和レッズ
  • 大会:JリーグD1 第13節結果:川崎フロンターレ 4−1 浦和レッズ場所:等々力陸上競技場 観衆22561試合前から浦和4バックの噂は出ていましたが、まさか本当に川崎相手にトライしてくるとは。まぁそれくらいペトロヴィッチ監督も追い詰められているのでしょうが、結果は予想通り散々たるものでした。3バックだろうが、4バックだろうが、ド真ん中でボールを奪われれば、そりぁ失点に直結しますよ。守り方の問題というよ [続きを読む]
  • ヤフオクドーム
  • 名称:福岡ドーム種類:ドーム型野球場収容:38,585人福岡ソフトバンクホークスのホームスタジアム。開閉式のドーム球場で、コロシアムのような外観は迫力があります。球場内の設備も立派で、特に5面構成のオーロラビジョンは圧巻。勝利の花火やイベントなど、ファンサービスも充実しています。ただ傾斜は緩めで、上段の席ほどグランドから遠くなり、特別見やすい球場とは言えないでしょう。試合の無い日でもドームツアーが行われ [続きを読む]
  • ジャパン vs アイルランド
  • 大会:リポビタンDチャレンジカップ2017結果:ジャパン 13−35 アイルランド場所:味の素スタジアム 観衆29354世界ランク3位、アイルランドとのテストマッチ。サッカーではめっきり強豪国と対戦できなくなってしまいましたが、ラグビーはワールドカップ日本開催の特権。この機会を利用して、どんどん強豪国とのマックメイクを組んで欲しいものです。監督が変わればラグビーも一新されますが、やはりロングキックは増えた印象を [続きを読む]
  • 武蔵野陸上競技場
  • 名称:武蔵野市立武蔵野陸上競技場種類:陸上競技場収容:10,192人東京武蔵野シティFCのホームスタジアム。メインスタンドと体育館が一体となったインパクトのある構造になっていますが、それ以外は標準的な市営の陸上競技場。客席はメンスタドのみで座席はベンチシート。芝生席は傾斜がありますが、あまり手入れはされていない様子。時計やスコアボードは無く、トイレも少ない。鳴り物も禁止されているなど、興行場所として適して [続きを読む]
  • 丸岡RUCK vs ユニアオレディース
  • 大会:日本女子フットサルリーグ 第2節結果:丸岡RUCK 16−0 ユニアオレディース場所:浦安市総合体育館 観衆220街のフットサル場で、男子相手にチンチンにしていた女子を見かけたことがあったのですが、「柔よく剛を制す」とか「牛若丸」とか、小さい者が大きい者に立ち向かう姿は、日本人好みの痛快さがあります。そんな夢のありそうな「日本女子フットサルリーグ」が今年から開幕。しかし実際に観戦して見ると、やはりと [続きを読む]
  • バルドラール浦安 vs ペスカドーラ町田
  • 大会:Fリーグ 第2節結果:バルドラール浦安 2−2 ペスカドーラ町田場所:浦安市総合体育館 観衆956Fリーグ第2節。試合開始7分で5ファールになるほど激しい序盤戦。一進一退の展開が続きましたが、浦安のミスから森岡選手が抜け出すと、落ち着いて決めて先制。この人にフリーで持たせたら、そりゃあ簡単にやられてしまいますよ。町田は10分にも金山選手が追加点を決めて2リードで折り返し。浦安は町田の5ファールを [続きを読む]
  • なでしこ vs ベルギー
  • 大会:国際親善試合結果:なでしこ 1−1 ベルギー場所:テレビ観戦3バックの新システムをテスト。一歩間違うと5バックになりかねない布陣ですが、両ウィングバックの中島選手と杉田選手の位置は高く、それなりに機能していた前半でした。阪口選手が落として横山選手がシュート。惜しくもクロスバーに弾かれましたが、良い攻撃の形も何回か見られた序盤。それだけに前半のうちに得点したかったですが、ベルギーも序所に対応す [続きを読む]
  • 日本 vs イラク
  • 大会:FIFAワールドカップ アジア最終予選結果:日本 1−1 イラク場所:テレビ観戦開始8分で先制点が生まれたことで、後は「勝つ」ことに専念した試合展開に。攻撃では攻め急がずに無理はしない。守りでは前線からプレスに行かずしっかりとブロック。リスクを賭けた攻撃はしないので、当然シュートシーンは少なく、チャンスらしいチャンスも無し。かと言ってイラクの攻撃にも迫力があるわけではないので、なんともつまらない [続きを読む]
  • ペスカドーラ町田 vs デウソン神戸
  • 大会:Fリーグ 第1節結果:ペスカドーラ町田 4−1 デウソン神戸場所:国立代々木競技場第一体育館 観衆18982017シーズンFリーグ開幕。ホームゲームではチームごとにチアリーダーなどの演出があるのですが、セントラル開催はけっこう地味目。せっかくの開幕戦、Bリーグくらいド派手な演出があってもいいと思うんですけどね。さて、やっぱりフットサル界の顔は今年も森岡選手。開始1分で先制点を奪うと、攻守で圧倒的な存 [続きを読む]
  • なでしこ vs オランダ
  • 大会:国際親善試合結果:なでしこ 1−0 オランダ場所:テレビ観戦やはりシーズン前のアルガルベカップの時とは違い、コンディションが上がればこれだけやれるんですよね。前回対戦時に散々苦しめられた右サイドの選手には、鮫島選手と中島選手2人で対応。ベンチワークも含めて、オランダ対策もばっちりハマりました。ただ攻撃面では物足りなさも残ります。横山選手のスーパーゴールが生まれましたが、これは完全に横山選手の [続きを読む]
  • 日本 vs シリア
  • 大会:キリンチャレンジカップ2017結果:日本 1−1 シリア場所:東京スタジアム 観衆43608スタジアムには町田ゼルビアのユニホームを着たサポーターがチラホラ。マスコットのゼルビーも訪れるなど、なぜかと不思議に思っていたら、加藤選手繋がりだったんですね。その注目の加藤選手はスタメン入りせず、ほとんどベストメンバー的な顔ぶれ。テストしないテストマッチに始めは心配にもなりました。試合開始早々に香川選手が負 [続きを読む]
  • 後楽園ホール
  • 名称:後楽園ホール種類:多目的ホール収容:2,005人後楽園ホールビルの5Fにある多目的ホール。ボクシングやプロレスなどでは定番の会場で、「格闘技の聖地」とも呼ばれています。やや狭さも感じますが、熱気溢れる空間はまさに格闘技観戦にぴったりの場所。演芸ホールとしても利用されていることから、リングサイドの席よりも、南側の席のほうが豪華なシートでゆったり観戦できます。しかし、ロビーは狭くトイレも混雑必至。東 [続きを読む]
  • サンフレッチェ広島 vs 鹿島アントラーズ
  • 大会:JリーグD1 第14節結果:サンフレッチェ広島 1−3 鹿島アントラーズ 場所:エディオンスタジアム広島 観衆15781鹿島は大岩監督の初陣。石井監督の後で上手くいくかは未知数ではありますが、思い返せば石井監督もコーチからの昇格。才能ある若い日本人監督が、新たに発掘されるのならば、それはそれで良いことです。両チームともに、カウンターを狙う縦に早いサッカー。ゴール前からゴール前まで一気に進むカウンター [続きを読む]
  • ACLの価値を高めた石井監督の電撃解任
  • 鹿島の石井監督の電撃解任。それはそれは驚きましたよ。なんと言っても昨年の優勝監督。今シーズンも混戦状態の中での7位ですから、十分に優勝を狙える位置。この成績で解任されていたら、監督なんていなくなってしまうほどの思いっきりぶり。しかしこれまでの解任劇と一線を画すのは、ACLでの敗退を受けてということ。恐らくACLの結果で解任されるケースは初。鹿島側のアナウンスでは「総合的な判断」とありますが、広州恒大戦敗 [続きを読む]
  • 浦和レッズ vs 済州ユナイテッド
  • 大会:AFCチャンピオンズリーグ2017 ラウンド16結果:浦和レッズ 3−0 済州ユナイテッド場所:埼玉スタジアム2002 観衆191493得点を奪うことは絶望的にも思えますが、一方で2−0は危険なスコアとも言われます。鍵を握るのは早い時間での得点。それだけに興梠選手が決めた先制点は、とてつもなく大きかったです。相手が5バックで守りを固める中で、興梠選手と李選手の連係は効果抜群。李選手は貴重な2点目を決め、済 [続きを読む]