ウーロン さん プロフィール

  •  
ウーロンさん: ウーロンblog(福島のラーメン食べ歩き)
ハンドル名ウーロン さん
ブログタイトルウーロンblog(福島のラーメン食べ歩き)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/uuron2000/
サイト紹介文福島県を中心としたラーメン食べ歩きブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/09/20 19:06

ウーロン さんのブログ記事

  • 本丸@二本松
  • 二本松市金色の完熟らーめん本丸 金色店です。東(あずま)の店舗が綺麗に改装。市内2店舗目、県内3店舗目となる本丸です。 ▲黒丸らーめん@650円たっぷりと粒状の背脂が浮く、濃厚寄りの豚骨醤油スープ。こってりですが、口当たりはさらっとライトな感覚。背脂もコクと甘みを増す存在。麺はナチュラルウェーブの中細麺。あっつあつに茹で上げられた麺が濃厚スープに絡む絡む。トッピングは、崩れる煮豚に穂先メンマに海苔にきざ [続きを読む]
  • ありがとう@郡山
  • 郡山市昭和の会津地鶏ラーメン ありがとうです。ようやく2回目。この日は、ちょうどお昼に待ち客無しと奇跡のタイミングw ▲中華そば@650円あっさりですが、円やかで分厚い旨みの醤油スープ。直球の鶏ダシというより重ねられた旨みの感覚。麺は、はりっはりのストレート中細麺。スープの持ち上げはもちろん、食感と喉越しも抜群。トッピングは、ほとんど崩れるような肩ロースチャーシューに、こりっこりの太メンマに海苔に2種類 [続きを読む]
  • きむらや@会津若松
  • 会津若松市湯川町のきむらやです。なんとこの日は、12時台で完売と驚きのスピードwこれって会津でもトップクラス。 ▲みそラーメン@650円お初のみそ。あっさりとした口当たりですが、コクのある味噌スープ。味噌にマスクされない、きむらやの魚ダシ感覚。味噌でこれだけ魚ダシの存在感を醸し出すって凄いのひと言。麺は、会津らしい多加水のもっちもち中太麺。トッピングは、脂身とろっとろのバラチャーシューにメンマにナルトに [続きを読む]
  • 伊藤商店@福島
  • 福島市吉倉の伊藤商店です。福島市で朝ラーが楽しめる貴重なお店。しっかり認知されていると伺える客入りにも安心。やややっ、魅惑の新メニューが登場。伊藤商店のつけも気になりますが、今回はこちら。 ▲白の中華そば@710円背脂入りの白。きりっと効いた塩味と円やかな旨みのスープ。たっぷりと降られた背脂も甘みとコク増し効果。喜多方でいえば、霜降かじとじとと同クラスの感覚。麺はもっちもち食感が楽しい多加水中太縮れ [続きを読む]
  • 丸徳@郡山
  • 郡山市大槻のラーメン丸徳です。 ▲タンメン@850円スープも野菜もたっぷたぷ。きりっと強めに効いた塩味と旨味の塩スープ。たーっぷり盛られたスープ煮の野菜群は、モヤシにキャベツに玉ネギにニンジンにメンマにキクラゲ。麺は平打ちの自家製中細麺。色白でぺたぺたっと優しい食感。そして麺量も多々。食べても食べても減らない感覚も嬉しい悲鳴。お腹いっぱいタンメンが食べたくなったら、丸徳のタンメンはどストライク。野菜 [続きを読む]
  • 一二三食堂@本宮
  • 本宮市上町の一二三食堂です。通し営業が嬉しいこちら。この日も時間帯を外しに外して伺います。その1。麺メニュー。その2。ご飯ものメニュー。こんな魅惑の新メニューも。で、今回はこちら。 ▲ピリカラチャーハンセット@850円一二三オリジナル。ぴりっとした辛さのピリカラチャーハン。どこか焼肉ダレを連想させる風味が食欲をさらに倍増。付け合せは、かりっと香ばしい唐揚げに葉物のレタスと郷愁系のマカロニサラダ。程よい [続きを読む]
  • まる家@いわき
  • いわき市平の濃厚つけ麺まるや 本店です。今や、県内外に7店舗を展開するまるや。こんなに増殖中とはw ▲塩つけめん(並)@860円基本ベースは、つけの塩・醤油・味噌。やっぱりオススメの塩。取っ手の付いた、まるや謹製の土鍋。写真では分かり難いですが、ぐっつぐつに煮えたぎって登場。すでに火傷の予感(笑期待を裏切らない、濃いめ仕立てであっつあつ・とろっとろの濃厚な鶏白湯スープです。きりっと〆られた太麺。もちもち [続きを読む]
  • やまき@二本松
  • 二本松市若宮の支那そば やまきです。なんと12月で開店10周年を迎えるやまきさん。そんな今年は精力的に新メニューを開発中。 ▲煮干しそば(温)@750円やまきオリジナル。上品に煮干しを効かせた、支那そばのさらに上を行く和風のテイスト。いやはや、一切の雑味を排除したようなクリア感。麺は、しっとりとした食感の中細麺。これってスープとのバランスを考えた軟らかめの茹で加減。トッピングは、低温調理のしっとりチャーシ [続きを読む]
  • タイショー餃子店@須賀川
  • 須賀川市森宿のタイショー餃子店です。須賀川のお気に入り店。くくくっ。今回は積年の念願叶ってこれとこれ。 ▲海老餃子(六個)@450円丸く成型された皮厚めであっつあつのタイショー餃子。これを頬張ればもちろん。 ▲ビール(中瓶)@500円こちらのビールはアサヒスーパードライ。大きめのコップもしっかり冷え冷え。アテの餃子が何個でもイケそうw ▲中華そば@550円そして、〆の中華そば。たっぷりと注がれた あっさり和 [続きを読む]
  • トクちゃんらーめん@郡山
  • 郡山市桑野のトクちゃんらーめんです。郡山の大御所ラーメン店。この日のトクちゃんはスタッフさんとの談笑に夢中w ▲トクちゃんらーめん@700円+煮玉子@100円たっぷりの油層を纏った分厚い旨みの醤油スープ。動物系と魚介系の積み上げられたバランス感覚。濃いめ仕立ても力強さを後押し。麺は、手打ちの良さが生きる平打ちで縮れの入った中太麺。コシもあって喉越しも良好。トッピングは、醤油タレのしみたバラロールにメンマ [続きを読む]
  • 北〇@仙台
  • 仙台市青葉区の北〇です。1年ぶり。実は未食店をまわるのを優先して、ずーっと我慢していたこちら。 ▲中華そば@680円あっさりながら、エッジの効いた塩味と引き寄せられるような旨みの清湯スープ。こんなにも煮干し感を出しながら雑味は皆無。もっと言えば煮干しのダシが旨みを重ねていく感覚。麺は、手もみの加えられた細ちぢれ麺。啜って納得。このマッチングってもはや絶妙の域。トッピングは、平で仕上げられたバラチャーシ [続きを読む]
  • きらら@郡山
  • 郡山市富田町の新函館ラーメン きららです。郡山が誇る塩ラーメンの雄。聞き耳を立てていると、しお大盛のオーダー率も半端じゃありませんw ▲しお@700円いつものしお普通盛。透明感のある黄金色の塩スープ。幾重にも感じる旨みが、すーっと沁みこんでいくような癒しの感覚。麺は、ぷつりぷつりと硬質感のあるストレート細麺。これ、しなやかで滑らかな喉越し。トッピングは、ちょいロゼ色の肩ロースチャーシューの美味しさにも [続きを読む]
  • たかまる@郡山
  • 郡山市並木の竹打ち麺工房たかまるです。この日も夕方前のアイドルタイム。通しで営業されている貴重なお店です。 ▲ビール@540円こちらはアサヒスーパードライ中瓶。くぅー。キンキンのグラスも嬉しい配慮。 ▲ワンタン麺@810円1年ぶりのワンタンに目が釘付け。あっさりで透明感のある清湯スープ。じんわりと伝わる旨みに癒される感覚。麺は青竹で打たれた縮れ麺。これって麺の美味しさを素直に味わえる麺。トッピングは、小 [続きを読む]
  • 二郎@会津若松
  • 会津若松市のラーメン二郎 会津若松駅前店です。ようやくの会津二郎。オープンからもうすぐ3年と順風満帆。 ▲小ラーメン@700円コールはニンニク。もやしとキャベツのもっさり野菜群に、醤油の効いた微乳化豚スープ。ごりっごりのジャンクなタイプではなく、どちらかというと大人しめ。このへんが会津で受け入れられているポイントかも。麺はややデロっとした極太麺。スープを纏うことで、これって止まらない感覚。ごろっごろの [続きを読む]
  • もりや食堂@二本松
  • 二本松市根崎のもりや食堂です。出前もこなす、地元密着型の老舗食堂。この日もお客同士の会話が実にローカルw ▲タンメン@680円なんと10年ぶりのもりやのタンメン。すっきりとした老舗の清湯スープ。優しく感じる野菜の甘み。ぴりっとした辛みもアクセント。麺はぺたっぺた食感の細麺。このコシとは無縁のずんだれ感がもりやの持ち味。癖になります。トッピングは、ちょびっと盛られたボイル野菜をはじめ、ぷりぷりのモモチャー [続きを読む]
  • ねぎ坊@本宮
  • 本宮市の麺や ねぎ坊です。カウンターにテーブルに座敷の大箱店。さらに、通し営業が伺いやすさに輪をかけます。 ▲野菜つけ麺(みそ)@730円たっぷりのつけタレは、しゃばっしゃばのあっさり味噌スープ。ちょい加えられた酸味がつけ麺風。炒め行為の入った野菜群もたっぷりめで嬉しいスタイル。水で〆られたナチュラルウェーブ麺は、1.5玉以上の大盛り感。ざぶっと浸けて、ずずっとすするのもつけ麺の醍醐味。今回は、つけ麺だ [続きを読む]
  • 玄龍@ララガーデン長町店
  • 仙台市の麺匠玄龍ララガーデン長町店です。 あの玄龍がこの手の複合商業施設に出店するとは(驚ちなみに、隣のリンガーハットより開放感があり過ぎてちょい引きw ▲あごだし醤油(煮卵なし)@734円美しい黄金色の醤油スープは、魚ダシの効いたバランス系。まったく荒々しさのない静かな水面ってこれのこと。麺はかん水控えめの、はりっはりとした食感の中細ストレート。麺の美味しさが際立つ感覚。トッピングは、しっとりめの [続きを読む]
  • なるき@郡山
  • 郡山市富久山町の中国飯店なるきです。 ▲タンメン@850円なるきと言えばこれ。がっこんがっこん炒め煮された白濁スープ。ほっておくと油膜が張るほどの濃厚系。焼きの入った豚肉や、しゃっくしゃくの野菜群も絶妙の火通し加減。麺は、なるきの誇る自家製極太麺。むっちむちのぶりっぶり。これ、初めて食べる人は驚くこと請負い。この麺が無ければ、なるきのタンメンは完成しません。一品ものやご飯ものにも惹かれつつ、いつもタ [続きを読む]
  • 火山@郡山
  • 郡山市図景の石焼らーめん火山です。なんと8年ぶりと久しぶり。石焼と言えば、こちらの専売特許的。 ▲醤油つけ麺@918円石鍋の温度は300℃以上とあっつあつ。スープ投入後しばし待ちます。節を感じるこってり醤油ベース。これがこれが、予想以上にぐっつぐつ。吹き出す湯気も圧倒的。通常470gという縮れの入った太麺。難なく、つけ麺の最課題とも言うべき つけタレの温度低下を回避しちゃう代物。実はこんなつけ麺を探していまし [続きを読む]
  • ちゃらんぽらん@二本松
  • 二本松市郭内の焼酎ダイニングちゃらんぽらんです。暖簾をくぐってみると、入り口すぐで金髪の店主が作業中。に、ちと驚くwスープは鶏ガラと豚骨の2種類をベースに、この日の麺は、春よ恋、華梓、南部地粉、スローブレッドクラシックの国産小麦使用の4種類。 ▲コク旨醤油ら〜めん@650円あっさりめですがコクを感じる清湯スープに、麺は主にパンに使用されるというスローブレッドクラシックを選択。手打ち感の出た平打ちテイスト [続きを読む]
  • 増田や@仙台
  • 仙台市青葉区のらーめん増田やです。地下鉄北四番丁からちょい。今回は、難関だったお昼営業14:00までをクリア。 ▲さばだし中華そば@680円さばダシの効いた円やかな旨みの醤油スープに、米沢ライクなちりちりっとした細ちぢれ麺。あっさりスープに軽い食感の麺がハマる感覚。ちなみに、よもやこのタイプの麺を合わせているとは思っていなかったため軽い衝撃wトッピングは、肉々しいジューシーなチャーシューにこりっこりの細メ [続きを読む]
  • 金丸本店@本宮
  • 本宮市中條の鳥料理専門 金丸本店です。本宮のメインストリートにお店を構える老舗食堂。この日は、まずこれっ。 ▲鳥から揚げ2個@300円かりっかりの衣に、じゅわっと広がる肉汁とやわらかな鶏肉の食感。これ、鳥料理専門に恥じない逸品の唐揚げ。ウマウマ。 ▲鶏塩らーめん@650円やっぱり、鶏塩も外せません。見入ってしまうような美しい黄金色の鶏スープ。ぐぐっと惹きのある旨みに飲み込まれる感覚。麺は、ナチュラルウェー [続きを読む]
  • 晴天@福島
  • 福島市南矢野目のらぁ麺屋 晴天です。カウンターとテーブルの広々とした小奇麗な店内。出迎えから案内まで、スタッフさんの接客もすこぶる丁寧です。 ▲醤油らぁ麺@780円この時点で美味しいの決定w淡麗を謳うスープは、ぐいぐいと押し寄せるような旨みとカエシ強めの強力仕立て。これ、すっきりとしていながら力強いスープ。麺は、はりっはりのストレート細麺。もうちょい太くても合いそうですが、この辺はご店主のバランス感覚 [続きを読む]
  • 麺や@猪苗代
  • 猪苗代町の世界のガラス館 麺やです。R49の猪苗代の観光名所。の、敷地内。今年ver.は、さらに屋外フードコート的。うぅ、地ビールにソーセージの文字w ▲ラーメン(しょうゆ)@700円邪念を振り切って初志貫徹。ごりっと煮干しの効いた清湯スープ。あっさり寄りながら、どっしりとした旨みの存在。麺は、むっちむち食感でつるっつるとした喉越しの中太麺。啜るたびに広がる煮干しの風味も本格派。トッピングは、平で仕上げられた [続きを読む]
  • マルイチ神田軒@福島
  • 福島市宮下のマルイチ神田軒です。大正13年創業の老舗。店内はテーブルと小上がり。和風の落ち着く空間です。 ▲ラーメン@500円+ミニチャーハン@350円自前半チャンラーメン。では早速。極オーソドックスなラーメン。あっさりに寄り切った清湯スープ。創業以来、化学調味料不使用を貫かれているってのも凄い拘り。さらに麺は自家製麺。これ形の揃った平打ちタイプ。中華麺というより細うどん的かも。トッピングも煮豚チャーシュ [続きを読む]