相場師見習いY さん プロフィール

  •  
相場師見習いYさん: 魔法のバトン
ハンドル名相場師見習いY さん
ブログタイトル魔法のバトン
ブログURLhttp://ysouba.blogspot.com/
サイト紹介文資産運用状況、日々の生活、創作小説等、都内在住会社員の極めて私的なプログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供522回 / 365日(平均10.0回/週) - 参加 2014/09/23 20:38

相場師見習いY さんのブログ記事

  • 【コラム】株式投資には3つの利益がある
  • 株式投資に、2つの利益があることは広く知られている。売買に伴う譲渡益、キャピタルゲイン。出資した見返りに得る配当、インカムゲイン。だが、もう1つの利益があることは、意外と知られていないwもう1つの利益とは、企業の成長に伴い得ることができる利益である。本来の株価はBPS(1株当たり純資産)で、計算式は純資産÷発行済株式数。純資産100億円の企業が1億株発行していれば、BPSは100円になる。株価が100円より安ければ割 [続きを読む]
  • 【エッセイ】ゆっくりと流れる時間を楽しむ
  • 最近、充実した生活をしているなとつくづく思う。朝は日の出と共に目覚め、近くの公園を散策。仕事はほぼ定時で終えて、帰宅する。帰宅してからは自分が食べたい酒の肴を作り、晩酌するw休日でも基本的な過ごし方は変わらない。日の出と共に目覚め、近くの公園を散策する。家に帰れば朝食を作り、景色を眺めながら美味しくいただく。ゆっくりと流れる時間を、心ゆくまで堪能できているw格差社会といわれる中、仕事中心の会社人間 [続きを読む]
  • 【エッセイ】娘の彼氏に言ったこと
  • 自身は定時に帰宅して晩酌や洗濯を終えると、一服がてら近くの公園に出かける。先日も公園へ出かけると、公園のベンチに若い男女が座っていた。一服していると「お父さん」と声がしたので、振り向くと娘と彼氏がいた。ベンチの若い男女は、自身の娘と彼氏だったのであるw酔いのせいもあったのか、娘と彼氏にいった。「せっかくだから、家に上がっていけ」と。家に招き入れると、娘に金を渡してビールを買ってくるように命じた。普 [続きを読む]
  • 【コラム】金持ちの定義について考える
  • その人の欲求によって、金持ちの定義は異なると考えている。強欲な人は欲求を満たすため、多くのお金が必要になる。かたや質素な人は欲求も質素なため、少ないお金で事足りる。つまり、資産が欲求を満たすためのお金以上であれば金持ちともいえるw生まれつき使い切れない資産に恵まれる人もいるが、極めて少数だ。多くの人の生涯収入を含めた資産は限られている。そのことが解っているからこそ、人は欲求を満たすために他の物を我 [続きを読む]
  • 【コラム】今の相場に買いはなし
  • 自身の株式売買は年に数回あるかないかである。年によっては、1度も売買しない年もある。ちなみに今年になってからは、まだ1度も売買していない。いつものことだが、この相場で買っている連中はホントに下手だなと思うw株式投資の基本は「安く買って高く売る」、すなわち「Buy low,Sell high」今の相場は誰が見ても高値圏であり、決して割安ではない。株式投資をマネーゲームとして捉えた場合、最も気をつけなくてはいけないこと [続きを読む]
  • 【エッセイ】定時で退社すると夜が長い
  • 自身は基本的に定時で退社している。飲み会などがないときは、19時前には帰宅している。当たり前だが、19時前に帰宅すると夜が長い。普段の日の過ごし方について書いてみるw帰宅すると、スーツからカジュアルウェアとジーンズに着替える。洗濯機を回し、娘の食事と自身の酒の肴を作る。先日は、なぜか無性にポテサラが食べたくなったので作った。食べたいときに食べたいものを作って食すのは、この上ない幸せの一時であるw娘がバ [続きを読む]
  • 【エッセイ】私の監視銘柄
  • 自身が監視している銘柄について書いてみる。監視している銘柄は、9101 日本郵船㈱。1885年(明治18年)9月29日に創立された船会社。国内では1位、世界でも最大手の海運会社であるw自身は2014年に初めて9101を購入した。購入した理由は、偉大なる相場師たちが手がけてきた銘柄だからだ。最も多く保有していたときは、20,000株を保有していた。だが配当が無くなったので、昨年末の天井で全株を叩き売ってやったw今、9101の株価は [続きを読む]
  • 【コラム】自己超越についての考察
  • 米国の心理学者にアブラハム・マズローがいる。マズローは「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」と仮定した。その仮定に基づいて、人間の欲求を5段階の階層で理論化した。いわゆる「マズローの欲求段階説」と称されるものだwマズローが提唱した人間の基本的欲求は、「自己実現の欲求」、「承認(尊重)の欲求」、「社会的欲求/所属と愛の欲求」、「安全の欲求」、「生理的欲求」である。マズローは晩年、5段階の階層の上に [続きを読む]
  • 【エッセイ】生涯年間400万円の所得を得る方法
  • 自身の老後はまだ先である。以前からそうだが、自身には老後に必要な貯蓄額が思い浮かばない。なぜなら、医療の進歩で益々、寿命が延び続ける可能性が高い。公的年金にしても、増えるよりは減る確立が高いw先行き不透明であれば、老後に必要な貯蓄額などわかる訳がない。ましてや、自身の老後のライフプランはまだ決まっていない。年初に自身は将来のシミュレーションをした。収入を得続ける仕組みを作るためには、どうすればよい [続きを読む]
  • 【コラム】お金を増やすには知恵と勇気が必要
  • 偉大なる相場師の1人、邱 永漢氏は自著で以下のように述べている。「お金を増やすには知恵と勇気が必要」だと。ここでいう「知恵」とは何か。Wikipediaによると「道理を判断し処理していく心の動き」であるwWikipediaでは「筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力」とも述べている。この2つの解説には、共通のワード「処理していく」がある。道理を判断し、筋道を立て計画しても、実行しなければ意味がないのである。つまり [続きを読む]
  • 【エッセイ】住んでわかったタワーマンションのメリット
  • 現在、住んでいるタワーマンションは都民住宅である。都民住宅は都営住宅と同じ東京都住宅供給公社が取り扱っている。都営住宅は収入が一定以下の低所得者を対象としているところが、都民住宅は収入が一定以上の所得者を対象としているwタワーマンションで、初めて連休を過ごして気づいたことがあるので書いてみる。タワーマンションの入居者の多くは、連休を家で過ごしていることだ。近所の公園に出かける人を見るくらいで、旅行 [続きを読む]
  • 【エッセイ】連休中に感じた社会格差
  • 連休中に感じた社会格差について書いてみる。現在、住んでいるタワーマンションは環境がよい。近くには多くの公園があり、区によって常に手入れされている。そのせいか鳥も多く、朝は鳥の鳴き声で目が覚めるほどであるw自身はタワーマンションへ引越してから、毎朝、公園を散歩するのが日課になった。公園では鳥の鳴き声を聞きながら、森林浴を楽しんでいる。大げさかもしれないが、リゾートホテルにいるような気分になる。しかも [続きを読む]
  • 【エッセイ】賢者は中金持ちを目指す
  • 先日から、ある違和感がある。違和感の原因は、時間が経つ遅さである。明らかに時間が経つのが遅くなっていると感じるのである。今もそうだが、時計を見るとまだこんな時間かと思うことが多いw何故なのか考えていたが、ようやく答えらしきものが見つかった。おそらくだが、自身は現状の暮らしに満足しているのである。仕事を始め、株式投資や不動産賃貸の資産運用も順調で資産は増え続けている。資産運用が順調なので、老後への不 [続きを読む]
  • 【エッセイ】今年の大型連休の予定
  • 今年の大型連休は、自宅で過ごす予定だ。なぜなら、出かける必要がないからである。自身は23区内の駅近のタワーマンションに住んでいる。現在、住んでいる環境が良すぎて、出かける必要がないのであるwリビングの窓からは、スカイツリーや都心を望むことができる。また別の部屋からは、パノラマビューで公園の風景を見渡すことができる。例えるなら、都内のシティホテルなどから見る風景と同じなのである。自宅にいながら、シティ [続きを読む]
  • 【エッセイ】世帯支出ピークの中で思うこと
  • 先週、娘の国民年金1年分、約20万円を前納した。その前の週は、自動車教習所の費用、約30万円を支払った。大学の学費が約150万円なので、今年は娘だけで約200万円の支出である。考えてみれば、今年は最も娘の支出が多い年なのかもしれないw4月から家賃10万円超のタワーマンションへ引越した。今年度の娘の支出を除いた支出額を試算したところ、約400万円だった。つまり今年度の我が家の年間支出額は、200万円+400万円=約600万円と [続きを読む]
  • 【エッセイ】4月最後の休日
  • 4月最後の休日、今日は1ヶ月待った娘のベッドが届く日だった。家具屋で見たときに、娘はよほど気に入ったらしく、1ヶ月待ちをOKした。搬入から組立てには、自身が立ち会ったが、手際よく短時間で組立て終わった。このような肝心なときに、いつも娘はどこかに出かけているw今、マンションの1部屋は娘の服に占領されている。娘いわく、ベッドの下に大容量の収納がある。ベッドが届いたら、服は全てベッドの下に収納すると。だが自身 [続きを読む]
  • 【コラム】大手企業のしつこい勧誘を止める方法
  • 大手携帯会社や大手ネット企業の勧誘はしつこい。一度、断っても、連日のように電話や郵送で勧誘してくる。自身も断ったにも関わらず、連日のように電話や郵送で勧誘されていた。だが、ある方法を使ったところ、ぴたりと勧誘が止まったwある方法とは、先ず各企業のIR担当へ下記の内容を伝えるのである。「個人投資家のYと申します、御社の株式購入を検討していました。しかしながら、この度の対応で御社の株式購入を見送ることと [続きを読む]
  • 【エッセイ】貯まる口座「貯まるくん」稼動
  • 今月から、ある口座を稼動させた。具体的には、貯まり続ける口座を作ったのである。1つは、給与の振込口座に引き落としできる生活費を集中させた。あと1つは、賃貸マンション専用口座であるw特筆すべきは、賃貸マンション専用口座だ。振り込まれる家賃から、管理費や固定資産税等の経費を引き落とす。毎月、プラスなので、何もしなくても残高が増え続ける。何もしなくても貯まる口座、名づけて「貯まるくん」であるw賃貸マンショ [続きを読む]
  • 【コラム】大手企業の呆れた対応
  • 先日、某大手携帯会社のキャンペーンに、WEBから申し込みをした。ところがキャンペーン内容が契約内容に反映されてなく、解約手続きをした。次に以前から使っている大手ネット会社に契約継続を申し込んだ。申し込んだあと、開通工事が1ヶ月先といわれ、契約継続を断ったw普通なら、これで終わり、めでたしめでたしである。ところが、未だに2社から電話があり、手紙が届く。「登録手続きが未完了です」、「継続キャンペーンのご案 [続きを読む]
  • 【エッセイ】引越しの挨拶について考えたこと
  • 自身は今まで住んでいたマンション近くのタワーマンションへ引越しした。引越しした日に、両隣と上下階の住戸へ引越しの挨拶を行なった。娘と一緒に挨拶に出向いたのだが、見事に全て留守だった。仕方ないので、集合ポストに手紙を添えた挨拶の粗品を入れておいたw後日、女友達と話す機会があり、引越しの挨拶についての話になった。女友達もマンション住まいなのだが、挨拶する人としない人がいるらしい。一定期間、隣もしくは上 [続きを読む]
  • 【エッセイ】口座の出入金額の桁が変わってきた話
  • 自身はいわゆるタダ株を保有している。タダ株の評価額は日々、増減している。増減の額が数万円で済むことは少ない。日によっては、給与以上の額が増減したりするw今年になって、口座の出入金額の桁が変わってきた。賃貸にしたマンションのリフォーム工事費、100万円超の出金。マンションを借りてくれている法人からの敷金並びに家賃、数十万円の入金。立て替えていた入院している嫁の医療費、100万円超の入金wちなみに来月も娘の [続きを読む]
  • 【エッセイ】あの頃の思い出
  • タワーマンションへ引越して、1週間になる。証券会社のホームページから、住所変更の手続きをした。登録情報は自身が株式投資を始めた頃のままである。金融資産を登録する欄があるが、「300万円未満」のままだったw自身は10年以上前の2005年に株式投資を始めた。嫁が、結婚してからの家計は任せろというので、嫁に任せていた。ところが、自身の嫁はザルだったのである。住宅ローンを抱えていたにも関わらず、貯蓄はほぼゼロだっ [続きを読む]