相続カウンセラー*やすらぎ さん プロフィール

  •  
相続カウンセラー*やすらぎさん: 相続こころの整理術
ハンドル名相続カウンセラー*やすらぎ さん
ブログタイトル相続こころの整理術
ブログURLhttp://ameblo.jp/e-family88/
サイト紹介文業者の説明会が苦手、士業への相談も敷居が高いという方に、人生の問題として相続問題に向かい合います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/09/24 19:11

相続カウンセラー*やすらぎ さんのブログ記事

  • ウェブが大の苦手の50代が書くブログは恥との戦い
  • 自分でもよくブログを書いていると思うほど、ウェブが苦手です。 私が育ったころ、パソコンなどなかったのですから、子ども世代と同じように出来るわけがありません。(言い訳です) 更にパソコン操作とは関係なく、リアルでも絵は全く描けません。元スマップのリーダーが描く絵とほぼ同じレベルです。図を用いても、配色や配置などのセンスはありません。 パソコン操作も絵や図もダメ、というダブルのハンデを持ちつつ、時にペ [続きを読む]
  • 帰省の季節 
  • 今年は台風の影響で、青空でなく、大雨で8月がスタートしました。迷走している台風の動きが気になりますね。 さて、8月と言えば帰省の季節。 楽しみに待っていてくれる家族との嬉しい再会があります。 夫の夏休みを待たず、ひと足早く子を連れて実家へ帰省する母親もいて、私の住むマンションでも夏は人口が減ります。子どもが小さいうちは帰省を優先できますし、親も実家では羽を伸ばせるかもしれません。 でもちょっと [続きを読む]
  • 若い終活カウンセラーが表舞台に登場
  • 「終活なんて、まだまだ先でいいよ。」これは70代の方からも、よく発せられるフレーズです。どうしても終活というのは、人生の最後のことというイメージが強いのですが、人生楽しむための概念でもあることをご存知でしょうか。 いつも自分らしく。最期まで自分らしく。 自分にとって大切なモノ・コトは何か・・最後のことを考えることで、浮かび上がってくることがあるはず。そして自分らしく生きるために終活を採用することが [続きを読む]
  • どんなにしっかり者でも自分自身では出来ないこと
  • 自分で自ら出来ないこと。それが今日のテーマです。認知症、あるいはその他の理由で意志表示が出来なくなった場合、全て判断を家族や後見人に託すしかありません。そしてもう一つが、自分が亡くなった後のことです。これは誰が考えても無理なのはお分かりでしょう。その代表的な事に遺品整理があります。残念ながら、最後の後始末は、本人は行えないのです。プライバシーを守るも何もなく、全ては人の手に委ねられます。まさか生 [続きを読む]
  • 2017年夏  暑中お見舞い申し上げます
  •   暑中お見舞い申し上げます 梅雨が明けて、夏本番を迎えました。今年は梅雨明け前から高温注意の出されることが多く、もはや夏バテ気味の人もいらっしゃることと思います。どうぞ体調管理にお気をつけて、元気にひと夏乗り切って下さい。 さてこの夏は、相続の民法改正に関して、動きのある夏でもあります。それについては、こちら。   ↓http://87life.net/2017/07/20/%e6%b0%91%e6%b3%95%e3%81%ae%e7%9b%b8%e7%b6%9a%e5%8 [続きを読む]
  • 80歳過ぎて身体も記憶力も使う仕事
  • 今日のタイトルですが、身体も張りますし、頭も使う。個人ではなく、チームで進めていく仕事・・・もうお分かりでしょうか。私が50歳を越え、体力・機能・・・色々と衰えを感じ始めた頃、この職業の人はすごい!と思ったものです。 もちろん、90歳過ぎて農作業をしている高齢者の方々、料理など家事を続けている一般の方々も尊敬しますが、あちこち移動して、指示を受け、記憶力や動作が求められるこの仕事は、特別だと思いま [続きを読む]
  • 女優さんが終活資格を取得していました
  • 今日はテレビをつけたところ、フジテレビ『バイキング』の番組で、芸能人の終活について取り上げていました。とてもユニークなアイデアをお持ちの方がいたり、それぞれ、個性豊かです。 詳しくはこちら。    ↓http://87life.net/2017/07/13/%e8%8a%b8%e8%83%bd%e4%ba%ba%e3%81%ae%e7%b5%82%e6%b4%bb%e4%ba%8b%e6%83%85/ ぜひ参考にして、自分らしい終活を始めてみてはいかがでしょうか。 [続きを読む]
  • 30年にたったの3回・・・
  • 夫婦がうまくやっていくのは、お互いの努力なしでは難しいことです。家庭の中には地雷がいっぱい存在します。有名人になると、その動向が取材され、私たちも報道によって耳に入ることがあります。最初は、夫婦の片方が、〇衣装部屋・支度部屋〇台詞を覚えるためなどという理由で、自宅の他にもう一つの家を持ったりしますが、本当の理由は不仲による別居だった、と後で分かることもありますね。 様々な理由でセカンドハウスを持つ [続きを読む]
  • 2017年後半のスタート
  • 2017年も半分が過ぎました。7月を迎え、今日から後半のスタートです。 つい1か月ほど前に花を咲かせていた栗の木。    昨日前を通ってみたら、たくさんの実をつけていました。     まだ親指の先ほどの小粒の実ですが、イガイガを持ち、はっきり栗の実だとわかります。     子どもの頃の一日は長かった・・。50歳を過ぎると、いっそう加速度を増しながら、時間が過ぎていく感覚を覚えます。ぼーっとしていても時間は [続きを読む]
  • お参りの仕方を学びました
  • 神社やお寺を訪れることはあると思うのですが、きちんとしたお参りの仕方を知っているかどうかと言うと・・自己流でしかお参りしてきませんでした。今月、あるツアーでお参りの仕方を学べるというので、参加をしてきました。ツアー参加者は10名。訪れたのは東京・代々木八幡宮。道路から階段を上がり、一歩踏み入れると、もうそこは都会の雰囲気とはまったく別世界でした。    石器時代から人が住んでいた所で、遺跡が出て、 [続きを読む]
  • ブログの力  言葉の力
  • 昨夜、小林麻央さんが旅立ちました。    34歳という若さ。幼い二人の子たちを残して逝かれたことを思うと、母親として心残りだったろうと思います。病気が公表された後、麻央さんは自らブログを始める決意をし、ずっと更新をしてきました。 取材を受けて、第三者のフィルターを通して伝わるのではなく、自ら言葉を直に伝えることの出来るブログ。今回ほど、ブログの力を感じたことはありません。そして言葉の力も。きっと麻 [続きを読む]
  • 終活ができる有難み
  • 当たり前のように終活をテーマに記事を書いていますが、この国には、終活を開始されたものの、ご自身の希望やご家族の承認だけでは行えない方がいらっしゃいますね。 ・法律を作らないと、お役目から退くことが出来ない。・退いたあと、どこに住むかも自ら決めることが出来ない。    私は皇室の専門家ではないので、難しい事は分かりません。この先、もっと細かい事までが検討され、決められていくのだろうと思います。その長 [続きを読む]
  • 2017年 梅雨
  • 今日の神奈川は梅雨空。関東地方は、先週梅雨に入りました。    梅雨と言えばアジサイ。この時期に色鮮やかに咲き、写真をアップされる方も多いのですが、この花も梅雨に関係していると知りました。     栗の花です。ある情報番組で、「栗花落」と言って、この花が落ちる頃に梅雨入りする、と気象予報士さんが伝えていたのです。 実は自宅から見える空き地に栗の木があるのです。今から一週間前には、咲いていた花ですが・ [続きを読む]
  • 「食」「運動」の他にシニアが取り入れたいもの
  • シニア世代になると、「食」や「運動」について関心を持っていきます。前回の記事でも、その様な話題をシェアしました。 しかし、いくら食に気をつけ、運動を心がけても、いつも無表情の人だったり、苦虫を噛みつぶした様な表情だと、あまり幸せそうではありません。 シニアからは、どの様な気持ちで過ごすかによって、寿命にさえ影響していくのでは?という気がしています。 私も50代・・ということで、意識して「あるもの」 [続きを読む]
  • 身体の調子・バランスは食べた物で作られる
  • イライラしている子どもや旦那様をDNAレベルで改善する方法があるというのをご存知ですか? その方法を伝授して貰えたのは、左近明子氏の「遺伝子セミナー」。 食を見直そうとすると、禁止事項ばかりが増えて、今の社会では続けにくい・実際ムリ、という壁が現れますよね。 このセミナーでは、血糖値を急上昇させないための、取り入れやすい工夫を伝えていただけました。 血糖値が急上昇する時に眠くなり、下降すると苛立つ。こ [続きを読む]
  • 残り少なくなりましたが5月のご連絡
  • 明日はいよいよ横浜ボヌールフェスタです。 http://bonu.fes.yokohama/ 主催・共催が夫婦問題を扱う団体ですので、今回の出展は、 終活カウンセラーがやさしく解説する「離婚した親の子に降りかかる相続リスク」〜子を守るためにまず親が知りましょう〜というテーマで行います。離婚は前に進むためのものですが、子への配慮も必要です。明日は無料で簡単アドバイスをさせて戴く予定です。もちろん離婚に関係なく、 [続きを読む]
  • 女性を幸せにするためのイベント @横浜・関内
  • 突然ですが、「ボヌール」という言葉をご存知ですか。フランス語を勉強したことがなくて、初めて聞いたのですが、「幸せ」という意味の言葉なのだそうです。来週、女性を幸せにするための、こんなイベントが開催されます。「ボヌールフェスタ」    日時  5月28日(日) 10時〜18時 場所  神奈川・横浜  関内駅より徒歩5分 料金  入場無料・相談無料小さなお子様連れ大歓迎で、授乳・オムツ替えスペースが完 [続きを読む]
  • 多種多様の終活カウンセラーが増えています! 終活で生活に彩りを!
  • 週末、終活カウンセラー協会勉強会から企画された、セミナーに参加してきました。(聞く立場です。)場所は都内の武蔵小山という初めて降りる駅。この日はかなりの雨で、会場を探しながら雨の中歩くのが少し気が重い・・と思っていたら、道案内で見ている道は、アーケードの商店街でした。   8分ほど歩きましたが、このアーケードの商店街はずっと続いていて、ほとんど傘を差さずに会場にたどり着くことが出来ました。   実は [続きを読む]
  • 終活をしないと破壊力は大きい・・相続人でない家族がもめた例
  • 先日『相続離婚』について書きましたが、今の時代、終活をしないと、実際どんなことが起こるのでしょう。教訓となる実例をご紹介します。 登場する家族は、日本海側出身の男性Aさん。   親族たちは達はみな地元で暮らし、Aさんと、父親側のおば・Bさんの2人が関東に出てきて暮らしていました。            おばのBさんは、結婚して東京市部に自宅を所有していました。そのBさんが亡くなったことで、Aさん一家は [続きを読む]
  • 一年前のリベンジをするため再び向かったのは・・
  • 大型連休真っ最中ですね。私は昨日が唯一、丸一日リフレッシュ出来る日で、昨年も訪れた富士芝桜まつりへ再び行ってきました。昨年はどんよりと灰色の空でしたが、今年はお天気に恵まれました。そして見て下さい。    昨年は全く見えなかった富士山がくっきり。絵葉書のようにきれいに撮れてしまいました。   本物の富士山が見えると、ダブル富士写真も写せます。   今年の芝桜の開花はまだ五分咲きとのことでしたが、 [続きを読む]
  • 現実に起きています なので『相続離婚』という言葉を作りました
  • 『相続離婚』私自身はまだ誰の口からも聞いたことがありませんし、この文字を見たこともないのですが、ひとくくりに『熟年離婚』と言われている中には、『相続離婚』がある、と実感しています。当ブログでも、相続時の夫婦問題をテーマに、いくつもの記事を書いてきましたし、これから益々増えると予測しています。相続というのは、家族の問題が一気に噴出します。ある所には、一家族でもありますし、しかも、実家・結婚後の家族、 [続きを読む]
  • 有料老人ホームの見学と入居にまつわる夫婦の話
  • 今月、高齢者住宅について学ぶ機会があり、その講師の先生とのつながりのご縁で、有料老人ホームを見学することが出来ました。訪れたのは南町田にある「ひまわりガーデン南町田」です。医療法人が運営する介護付き高齢者住宅です。(東京都町田市)   ロビーには入居者の作品なども品良く飾られていました。これは俳句の作品ですが、他にも日本画やガラス工芸など、力作がありました。    説明会が行われたのは、とても [続きを読む]
  • 春の呼びかけ 実家の固定資産税の額を知りましょう
  • 今年の桜。長く楽しむことができました。   さて本格的な春が来ると、固定資産税の納税通知書が届くというイメージが出来ております。そして、新しく来て下さっている訪問者に向けて、毎年この時期に呼びかけを行っています。   実家が持ち家であり、かつ親が高齢となっていたら、実家不動産の固定資産税額くらいは把握しておきましょう。同居している子がいる場合は郵便物のチェックも出来ますし、スムーズかと思いますが、 [続きを読む]
  • 新感覚体験! 花祭りの日にお坊さんのライブへ
  • 4月8日は「花祭り」でした。お釈迦さまの誕生日です。この日、夜に行われたHANA-MATURIライブに行ってきたので、そのご報告です。本物のお坊さんたちの『坊主バンド』のライブです。   手元にはミニサイズの木魚、ポクポクといい音がします。写真を見れば想像がつくと思いますが、あまり羽目を外すと重鎮から叱られる様で、トークも自虐ネタ、開き直りネタで大盛り上がり。おりんの「チーン」というソロも効果的で、笑いが起 [続きを読む]