節分草 さん プロフィール

  •  
節分草さん: 節分草の挽歌
ハンドル名節分草 さん
ブログタイトル節分草の挽歌
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/namatyagasukidayo
サイト紹介文夫が旅立った後の家の舵取りを、一人でこなしてなんとか生きています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/09/25 11:50

節分草 さんのブログ記事

  • 勤務時間にお花見(2)
  • 新しい職場の、道路を挟んで向こう側にコーヒー工場がある。その敷地に桜の樹があって、職場にいながらにしてお花見ができる。昨日からの雨でだいぶ散ってしまったが、デスクから振り向けば窓越しにこんな風景。なんともしあわせなことでしょう。 [続きを読む]
  • 真央ちゃん、ありがとう!
  • 真央ちゃん、今まで本当にありがとう!主人が旅立ってからの5年間、本当に本当に励まされました。あなたの様な選手は、もう出てこないと思います。2014年の世界フィギュアは、忘れません。さいたまスーパーアリーナに駆けつけた私に、最高のSPを見せてくれましたね。長男と同い年の真央ちゃん、これからは20代の女性に相応しい楽しみを一杯味わってくださいね! [続きを読む]
  • 歓迎会と復活会
  • 新しい職場で、お昼にフレンチ弁当で私の歓迎会と、休んでいた人の復活会をやっていただいた。朝ごはんを抜いて出勤したけど、お腹一杯になりました。窓の外では桜が開花。ありがとうございます。これからがんばってまいります。 [続きを読む]
  • 春雨降る日
  • 春雨降る土曜日、新しい職場に移って初めての休日、片付けものをしていたら、20代のまだ結婚前のころ、静岡のデパートで夫に買ってもらった銀の指輪が見つかった。銀製だから見つかった時は真っ黒になっていたけど、ネットで調べた通りにアルミホイルを敷いた鍋で煮たら、ピカピカになった。一緒に、新婚旅行の時の香港ドルや中国の人民元、赤ん坊の長男を連れて行った台湾の硬貨も見つかった。私達は結婚指輪を交換しなかったので [続きを読む]
  • ピンクのバラに誓う
  • 明日は新しい職場に初出勤。う〜ん緊張する。先月30日に年上の友人に就職を報告しに行った。仕事の事を相談できる人を紹介してくれるなど、いろいろとお世話になったから。就職祝いにお花をいただいた。奇しくも私の大好きなピンクのバラだった。ありがとう、これからがんばって参ります。 [続きを読む]
  • 小さなしあわせ見つけ
  • 3月1日から、次男が帰省している。来年度の前期は、週一回の講義に自宅から電車で通学する予定だ。福井にアパートの部屋を残したままで。彼が大学を続けるかどうかは、いまだに定まらない。なんともすっきりしない宙ぶらりんの状態だが、三人で夕飯を食べれば六人前の蕎麦がこのとおり。20代男子の食欲たるや見事なものである。これも小さなしあわせとしてみようかな。 [続きを読む]
  • 小さなしあわせ見つけ
  • 3月1日から、次男が帰省している。来年度の前期は、週一回の講義に自宅から電車で通学する予定だ。福井にアパートの部屋を残したままで。彼が大学を続けるかどうかは、いまだに定まらない。なんともすっきりしない宙ぶらりんの状態だが、三人で夕飯を食べれば六人前の蕎麦がこのとおり。20代男子の食欲たるや見事なものである。これも小さなしあわせとしてみようかな。 [続きを読む]
  • 3月11日に
  • 昨日は3月11日。午後、あの日とおんなじ早春の良く晴れた日で、あの日とおんなじように私は早く乾いた洗濯物を取り込んでたたんでいた。 14時26分、蝋燭に灯をともし、長男と黙祷。6年前のあの日、あの人はまだ生きていた。信号もテレビも一瞬でつかなくなった街のなかで、治らない癌をその体に宿して気づかないまま、それぞれの居場所にいた私達家族の無事を思ってくれていたあの日。おんなじ気持ちでいる人たちも、たくさんいる [続きを読む]
  • 3月11日に
  • 昨日は3月11日。午後、あの日とおんなじ早春の良く晴れた日で、あの日とおんなじように私は早く乾いた洗濯物を取り込んでたたんでいた。 14時26分、蝋燭に灯をともし、長男と黙祷。6年前のあの日、あの人はまだ生きていた。信号もテレビも一瞬でつかなくなった街のなかで、治らない癌をその体に宿して気づかないまま、それぞれの居場所にいた私達家族の無事を思ってくれていたあの日。おんなじ気持ちでいる人たちも、たくさんいる [続きを読む]
  • お雛まつり
  • 明日はお雛祭り。で、早速うちのお宝雛さまたちにご登場していただきました。必要なものは与えられるというけれど、去年、本当にこんなお雛さまが欲しいと思っていた矢先に突然届けられたお雛さまなのでした。雛菓子を供えて感謝の気持ちを添えました。また黒壁スクエアに行きたくなってきたぞ。 [続きを読む]
  • お雛まつり
  • 明日はお雛祭り。で、早速うちのお宝雛さまたちにご登場していただきました。必要なものは与えられるというけれど、去年、本当にこんなお雛さまが欲しいと思っていた矢先に突然届けられたお雛さまなのでした。雛菓子を供えて感謝の気持ちを添えました。また黒壁スクエアに行きたくなってきたぞ。 [続きを読む]
  • 桜満開
  • 今週月曜日に胃潰瘍で病院を受診し、翌日火曜日に胃カメラを飲んだ。続いて今日はエコー検査。仕事を12時で早退して、午後3時から病院入り。昼食抜きなので時間があり、職場近くの神社兼公園に寄る。早咲きの河津桜が満開だった。あいにくの雨模様だが、きれいに咲いていた。ついでに次男のためにお参りもした。念が通じたのか、検査が終わって病院から帰ろうとした時、次男から電話があった。相変わらずの文句たれっぷりだが、ほ [続きを読む]
  • 桜満開
  • 今週月曜日に胃潰瘍で病院を受診し、翌日火曜日に胃カメラを飲んだ。続いて今日はエコー検査。仕事を12時で早退して、午後3時から病院入り。昼食抜きなので時間があり、職場近くの神社兼公園に寄る。早咲きの河津桜が満開だった。あいにくの雨模様だが、きれいに咲いていた。ついでに次男のためにお参りもした。念が通じたのか、検査が終わって病院から帰ろうとした時、次男から電話があった。相変わらずの文句たれっぷりだが、ほ [続きを読む]
  • スノードロップのように
  • 庭でスノードロップが咲き始めた。白くて、小さくて、厳冬の時期にうつむき加減にひっそりと咲くこの花が大好き。華やかさやあでやかさはないけれど、きっとこの清楚な花が好きな人が他にもいるはず。主人は誕生日に万歩計や登山靴をプレゼントしてくれる人だった。気張ってハイヒールなんか履いたりすると、「何その魔女みたいな靴」っていわれたりした。そんな人だから、きっとこの花も嫌いとは言わないはず。この花みたいに、小 [続きを読む]
  • スノードロップのように
  • 庭でスノードロップが咲き始めた。白くて、小さくて、厳冬の時期にうつむき加減にひっそりと咲くこの花が大好き。華やかさやあでやかさはないけれど、きっとこの清楚な花が好きな人が他にもいるはず。主人は誕生日に万歩計や登山靴をプレゼントしてくれる人だった。気張ってハイヒールなんか履いたりすると、「何その魔女みたいな靴」っていわれたりした。そんな人だから、きっとこの花も嫌いとは言わないはず。この花みたいに、小 [続きを読む]
  • バレンタイン
  • 庭に、クリスマスローズのバレンタイングリーンが咲きだした。緑がかった清楚な白い一重咲きの美しい花だ。昨日はバレンタインデー。主人にもひとつ、チョコレートを買った。あの人に初めてチョコレートをプレゼントしたのは、19歳の時。あの頃の私にかえって、気持ちだけでもね。毎年バレンタインデーになると、生徒達から山の様なチョコレートを貰って来ていたね(みんな私と子供が食べました)。独身時代は、生徒から付き合ってと [続きを読む]
  • バレンタイン
  • 庭に、クリスマスローズのバレンタイングリーンが咲きだした。緑がかった清楚な白い一重咲きの美しい花だ。昨日はバレンタインデー。主人にもひとつ、チョコレートを買った。あの人に初めてチョコレートをプレゼントしたのは、19歳の時。あの頃の私にかえって、気持ちだけでもね。毎年バレンタインデーになると、生徒達から山の様なチョコレートを貰って来ていたね(みんな私と子供が食べました)。独身時代は、生徒から付き合ってと [続きを読む]
  • 雪道走りたい
  • 主人が残した車を15年は乗ると決めた。山と温泉を愛する主人は、当然のことながらスタッドレスタイヤも用意していた。今年もしっかり付け替えたが、なにせわが家は2階から太平洋が見える。遠くに出掛けて行かなければ、去年の様に無駄な付け替えになってしまう。そこで静岡では寒冷地の御殿場に出掛けて行ったのだが、日陰や道路脇に雪はあるものの、道路にはない。もちろん夜には道路が凍結するから、確かにスタッドレスタイヤは [続きを読む]
  • 雪道走りたい
  • 主人が残した車を15年は乗ると決めた。山と温泉を愛する主人は、当然のことながらスタッドレスタイヤも用意していた。今年もしっかり付け替えたが、なにせわが家は2階から太平洋が見える。遠くに出掛けて行かなければ、去年の様に無駄な付け替えになってしまう。そこで静岡では寒冷地の御殿場に出掛けて行ったのだが、日陰や道路脇に雪はあるものの、道路にはない。もちろん夜には道路が凍結するから、確かにスタッドレスタイヤは [続きを読む]
  • 今朝久々に主人の夢を見た。私は汽車の中、主人は遠ざかる向かい側のプラットホームで自分の生徒らしき女の子と話していた。女の子は障害を持っているようだった。なんで遠ざかっていく設定なんだろう・・・?おまけに、折角会えたんだから、出掛けないでしっかりそばに行って寄り添えばいいのになんて思いながら夢を見てるじゃない。 ???なんでこんな夢を見た?・・・命日が、近いんだな。 [続きを読む]