愛すべき子どもたち さん プロフィール

  •  
愛すべき子どもたちさん: 愛すべき子どもたち
ハンドル名愛すべき子どもたち さん
ブログタイトル愛すべき子どもたち
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sanai3200
サイト紹介文笑いあり涙あり、児童養護施設「さんあい」での出来事や社会的養護の必要な子どもたちと職員の声を代弁でき
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/09/25 15:53

愛すべき子どもたち さんのブログ記事

  • さんあい「ふれあい家族」
  • さんあい「ふれあい家族」とは親の離婚、病気、出産、親からの虐待など様々な事情により家庭で生活できない子ども達がさんあいで生活しています。ふれあい家族との生活を体験することは、今後の子ども達の成長においてとても大切なことだと考えています。さんあい「ふれあい家族」は、施設で生活している子どもを、学校などがお休みの時期に、皆様のご家庭でホームステイ(数日間の宿泊)をさせていただくものです。交流する子ど [続きを読む]
  • バザー用品求む!
  • さんあいでは、今年もタイの貧しい地域の子どもたちを支援する。その支援金は、5月28日(日)に開催されるさんあい祭り(創立記念祭)の際に出店される店やバザーの売り上げを充てる。昨年は創立40周年記念であったので多くのバザー用品が集まったが、今年は少々不足気味である。特に、新品で使わなかったシーツ、タオル類、使わなかったお歳暮やお中元品、レトルト、缶詰、調味料等の食器、化粧品等があれば是非ご連絡ください。因み [続きを読む]
  • BBQ大会
  • 深谷東ロータリークラブ主催(正田会長)、深谷ライオンズクラブ、深谷JC共催で、深谷市内のもう一つの児童養護施設「はなこみち」にてBBQ大会を開催して頂きご招待に預かりました。見たことの無い他施設に興味を持ち、はなこみちの子ども達ともバスケットボール等をして楽し く交流できました。小島進深谷市長(写真)も来て御挨拶をされました。終了後、深谷東ロータリークラブ様より、BBQコンロ4台、炭5箱、参加児童 [続きを読む]
  • 夏のソフトボール大会に向かって
  • 埼玉県下22の児童養護施設の子どもたちが参加する夏のソフトボール大会は、今年も8月下旬に開催される予定である。昨年はさんあいは、職員が2名まで入れる混合チームの部で準優勝、そして全参加チームの中から「ベスト・チームワーク賞」をダブル受賞した。今年は、有力な経験者が抜けた穴を埋めるため、早くも練習を開始した。エネルギーが有り余っている子どもたち、そのエネルギーを良い方向にまとめ、そして達成感や成功体験を [続きを読む]
  • イースターのお祝い
  • 昨日はキリストの復活を祝うイースターでした。さんあいの小学生たちは、地元のキリスト教会に行き、聖書のお話やイースターランチで楽しみました。イースターは、クリスマスほどは日本になじみがありません。さんあいの子どもたちも教会学校の先生のわかりやすいお話で、イースターの意味を知ることができました。イースターランチでは、子どもたちの歌を披露しました。 [続きを読む]
  • 入園・入学を祝う会
  • さんあいでは、毎年4月の中旬に新しく保育園や小・中・高校に入学する子どもたちの門出を祝って、「入園・入学を祝う会」を行う。今年は4月12日にそれぞれの入学式の終わってから行った。まだ緊張して通園・通学している子どもたちであるが、祝う会ではリラックスして職員や他の子どもたちのお祝いの言葉を受けていた。また祝会では、新人職員や新しい子どもたちも一同に会しそれぞれを知る良い機会だった。料理は、食べ物に恵まれ [続きを読む]
  • トカゲが現れる季節
  • さんあいの中庭に咲く水仙の花が終わるころ、トカゲやカナヘビが陽だまりの花壇の縁石やブロックの上に姿を現します。さんあいの子どもたちは、これらの爬虫類が大好きです。学校から帰ってくると、一生懸命に虹色トカゲを探します。この光景はさんあいの春の風物詩になっています。今年もきれいな花壇にトカゲが現れ始めました。ご近所さんから太った深谷ネギが沢山差し入れられるのも、さんあいの春の風物詩です。 [続きを読む]
  • グランドのネット
  • さんあいの子どもたちは、元気いっぱいです。少しでも時間があると中庭やグランドに出て遊んでいます。時にはボールがフェンスを超えてお隣さんの野菜畑に飛び込んでしまいご迷惑をかけていました。そこで、今年の2月グランドを囲こむ高いネットを張りました。狭いグランドですので少々圧迫感はありますが、防犯上にも有効なので思い切って設置しました。今まで忍耐をもって対応して下さったお隣さんに心より感謝です。これか [続きを読む]
  • 世界一の桜
  • さんあいのまわりの桜が満開です。さんあいのお隣さん宅の桜もきれいに咲きました。この桜のは、さんあいの子どもたちが学校の行き来で必ずくぐる木で、いつも子どもたちを見守ってくれています。今日あたりは、桜吹雪でみんなを楽しませてくれますが、大人たちは、散ってゆく桜を見ると少々物悲しいくなります。さんあいの子どもたちと職員にとっては世界一きれいな桜です。 [続きを読む]
  • 行く年度、来る年度
  • 本格的な春だ。さんあいでは、古い年度は、「卒園・卒業を祝う会」で一つの節目を終える。高校を卒業し、施設を退所し就職や進学をする者、さんあいでの生活を終えて里親の下で生活を始める児童、家庭に復帰する児童、新しく小学・中学・高校に進む児童。大きな節目をみんなで祝う。そして3月末で退職する職員の労も共にねぎらう。様々な想いがある。でもなるべく振り返ることをしないで、前を向かって歩んでほしい。そしてさんあ [続きを読む]
  • じゃがいも植え
  • 春休みに入って、やっとぽかぽかと暖かくなってきた日の午後小学生低学年の児童と幼児さんを中心に畑にジャガイモの種芋を植えました。まずは説明を聞いて、、、あらかじめさくをきっておいた畑に種芋を並べていきます。小さな子供達にはなかなか難しい作業でした。小学生の子たちには大きなジャガイモを包丁で半分に切ってもらいました。包丁も上手に使っています。3か月後のジャガイモ掘りが今から楽しみな子どもたち!おいしい [続きを読む]
  • ひな祭り
  • さんあいでは、お正月、七草、お節句、七夕、お月見等、日本の伝統行事に伴う伝統食を子どもたちに味わってもらうために「行事食」という特別食を用意する。最近の子どもたちは、伝統食が苦手なことからデザート等をアレンジしたり、食べやすそうなものを取り入れたりして、日本の文化を楽しんでもらっている。3月3日は、「ひな祭り」であった。ひな祭りのお祝いに欠かせない「ちらし寿司」「はまぐりのお吸い物」「ひなあられ」 [続きを読む]
  • カーブス様からの寄贈
  • 児童養護施設では、措置費により児童の食費は確保されているが、支援者からの食料品の寄付もありがたい。特に保存がきく調味料やお米、粉、麺類は、食費のやりくりに大いに役立つ。この度、女性専用の会員制フィットネスクラブを運営する、「カーブス」深谷店様から沢山の食料品の寄付があった。会員の方にお声掛け頂いて、集められたものを箱づめにして届けて下さった。 お米や乾麺、調味料や缶詰、お菓子など段ボール20箱以上 [続きを読む]
  • 幸せを感じる長さ
  • 大人が、欲しいものを得たときに感じる幸福感の長さを以下のようにあらわした人がいる。*欲しかったスマホを買った ―1週間*欲しかった車を買った ―1ヶ月*欲しかった家を買った ―1年さんあいの子どもであれば、、、、*欲しかったおもちゃを買ってもらった ―1週間*欲しかったゲームソフトを買ってもらった ―2週間*欲しかったスマホを得た ―1ヶ月もので幸福感を得ようとするのには、限界があるようだ。逆 [続きを読む]
  • 掃除機を頂きました
  • 茨城県つくば市にありますカスミグループ労働組合連合会・カスミユニオン様より寄付の申し出があり、こちらのリクエストに応えてくださるとの事で掃除機4台を頂く事にしました。今、使用している掃除機がだいぶ古くなってしまい、新しい掃除機が頂けるのは本当にありがたい事です。わざわざ掃除機を届けに来てくださいました。カスミユニオンさんでは毎年、こうして色々な施設に希望を聞いて寄付をしてくださっているそうです。こ [続きを読む]
  • 1日の感謝
  • 世界一自然災害の多い国に生活する日本人は、必然的に他の国の人に比べたら明日のことを心配する傾向にある。 子育ても同様に親は子どもの明日のことをことを大変に心配する。 心配も度が過ぎると、心配する本人も、子どもに対しても精神的な悪影響を及ぼす。つまり子どもの成長の喜びを味えない子育てに疲れたり、自分の成長を信じてもらえない子どもが不安になったりする。大丈夫、子どもは毎日成長してゆくのだ。聖書には、「 [続きを読む]
  • 子どもの自立
  • 子育ては、子どもの自立を助けることだが、自立といっても身体的、経済的、精神的など様々な要素があり子どもが何歳になったら親の役目は終わりということにはならない。 一般家庭であれば、親子は濃淡の違いはあれ継続的な関係を維持できるが、施設ではそうはいかない。基本的には、高校を卒業すれば児童は退所し施設としての親の役割は一つの区切りをつけざるを得ない。そんな現実を踏まえて、子どもの自立計画を立て長・短両面 [続きを読む]
  • 嵐の3学期
  • 三学期は、間違いなく児童養護施設の子どもたちにとっては、嵐のような時といえる。それは4月から家庭復帰や進学・就職で退所する子にとって、受験にチャレンジする子にとって、新中高生となる子にとって、新しく入所する子にとって、今生活しているユニットを変わる子にとって、そしてお母さん役をしている職員の退職でお別れをしなければならない子にとって、まさに嵐のような経験をするからだ。 中でも退所や職員との別れの時 [続きを読む]
  • お餅つきと同窓会
  • 1月7日(土)快晴の空のもと、さんあい恒例のお餅つきが行われました。見事なお餅つき日和です!小さな子も一生懸命つきました。そして、ついたお餅は栄養士さんたちによってあんころ餅、きなこ餅、磯部餅、納豆もち、からみ餅になりました。今年は子供たちのリクエストによって「デザート餅」が登場!小さくちぎったお餅に、ジャムやクリームチーズ、生クリームなど好みの物をトッピングしてデザート餅の完成。恐る恐る食べてみる [続きを読む]
  • 年末、新年、そして3学期が始まる。
  • さんあいの年末年始も、たくさんのイベントがありました。家族や親戚のもとに帰省した子どもたち、さんあいで過ごした子どもたちも、特別な時間を楽しんだ。大晦日の夜に、近くのお寺に除夜の鐘を突きに行った子どもたち、元旦は、お年玉をもらい、早速大型ショピングモールや初詣に行った子どもたち。そして7日は、新年の恒例行事のお餅つきを楽しみました。特に今年の餅つきは、卒園した子どもたちと元職員の同窓会が行われ、大 [続きを読む]
  • カットボランティア
  • 12月27日(火)今回は2人の美容師さんが、都内から電車でカットボランティアとして、子ども達の髪の毛をカットしに来てくださいました。火曜日がお休みの美容師さん達が、子ども達の長期休暇に合わせて夏休み、冬休み、春休みと都内から来てくださいます。多い時には10人程で来て下さることもあります。会議室が即席の美容室に早変わり。大人気美容室なので、子ども達も順番待ちで、カットしてもらうのを楽しみにしていま [続きを読む]
  • クリスマスメッセージ
  • クリスマスは、救い主イエス・キリストがお生まれになった、喜びや希望を分かち合う時です。そこにクリスマスプレゼントの意味があります。この時期、さんあいの子どもたちは個人や企業から沢山のプレセントをもらいます。子どもたちにとっては、自分たちのことを思ってくれている大人たちがいることを感じるのは良いことです。しかし、それだけでは、私たちの養育目標の「思いやりのある子」には育ちません。クリスマスの時期に、 [続きを読む]
  • クリマス会
  • さんあいの子どもたちが全員参加する年間行事の中で、クリスマス会は一番重要で楽しい行事です。今年は23日の夜に普段お世話になっている沢山のゲスト(法人役員、学習ボランティア、その他の支援者等)をお招きして、みんなでイエス様のお誕生日をお祝いしました。また、今年から受けるばかりでなく与えることを具体的に行動に移すこととして、シリア難民の子どもたちのために参加者全員が献金することにしました。世界の子どもた [続きを読む]
  • たくさんのご支援ありがとうございます
  • 今年もクリスマスに子ども達へのたくさんの贈り物が届きました。チュチュアンナ様からはモールソックス20足を頂きました。もこもこフワフワで幸せな気分になります。全国シャンメリー協同組合様からは、妖怪ウォッチシャンメリー1ケース(20本)を頂きました。クリスマス会でみんなでおいしく頂きました。ほっともっと様からはDVD「ズートピア」「ドクタードリトル」と頂きました。。子ども達が楽しみにそれぞれのお部屋で順番 [続きを読む]
  • サンタが今年もやってきた!
  • 皆様、クリスマスおめでとうございます。 さんあいでは、ここ数年クリスマスイブの聖夜に、そっとサンタさんが訪問してくれ子どもたちにプレゼントを置いて行ってくれます。今年も子どもたちが寝静まった深夜に、さんあいの玄関先にそっとプレゼントが置いてありました。 おそらくご近所の方だと想像しますが、。本当に感謝なことです。そして、自分たちのことを思ってくれる見知らぬ人がいるのだという希望と勇気を子どもたちに [続きを読む]