多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真) さん プロフィール

  •  
多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真)さん: 多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真)
ハンドル名多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真) さん
ブログタイトル多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/golitama
サイト紹介文名前の通り多摩川の話題ブログ。それとなぜか保守の立場から政治・社会も取り上げますのでこちらもどうぞ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供723回 / 365日(平均13.9回/週) - 参加 2014/09/25 18:01

多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真) さんのブログ記事

  • 歌舞伎観劇外国人客ウォッチング
  • 最近は外国人訪日客で歌舞伎を観劇する人、増えています。国立劇場には悪いがやはり知名度からか歌舞伎座で目立ちます。ただ殺陣やトンボの派手なアクションなしの世話物純歌舞伎とかに運悪く(?)当たった人はさぞ退屈では。それでも反応を観察していると、台湾香港人のようなアジア系は多少は勘で分かるようです。それと西洋人でも向こうで演劇慣れしている人もそれなりに楽しめるようです。要するに訳が分からない前衛劇と割り切 [続きを読む]
  • ここにも「報道しない自由」と中国配慮…劉暁波氏死亡ニュース
  • 蓮舫の国籍問題が騒がれています。しかし蓮舫や習近平のような権力執着の中国人がいる一方で、劉暁波さんのような中国人もいます。中共の暴虐支配と戦った偉大な人です。この人、先週亡くなりましたが例によってマスコミは報道しない自由・隠す自由を行使。世界の指導者も中共がこわいのか、殆ど触れませんでした。移民受け入れ・多文化共生だのとうわべはキレイゴトを言いながら、実際は外国人労働者を低賃金で搾取し中共に媚びて [続きを読む]
  • 猫はお昼寝、カラスは死んで…多摩川夏景色シリーズ
  • 一昨日、猛暑の多摩川のカラスの記事を投稿しました。暑いからカラスも大変だろうという趣旨のことを書きましたが、案の定というか、昨日、土手の上でカラスが死んでいました。やはりカラスに夏の暑さはかなりこたえるらしい。それにひきかえ写真の多摩川猫。暑さと戦う意志などまったくなし。多分、この方が進化はしなくても長生きするでしょう。 [続きを読む]
  • 最大の被害者は台湾? 蓮舫国籍問題
  • 蓮舫の二重国籍問題です。ハッキリ言って蓮舫の言っていることの中身などどうでもいいが、注目したいのはあの詭弁と権力執着心。中国四千年の権力者の典型で、習近平も蓮舫も基本は変わっていない。そして外国人が代表の政党とはどんなものか、これでヨーク分かりました。民進党もそういう蓮舫を絶対やめさせないでこれからも前面に立て続けて欲しい。ただこの騒動で気の毒なのは台湾の親日的な人たち。この事件を機に台湾も中共も [続きを読む]
  • 石破さんはなぜ保守の人に嫌われるか?
  • 保守の人は石破茂さんを嫌います。石破さん、国防への危機意識や憲法改正の主張、保守の考え方と大して違わないというかむしろしっかりしているにもかかわらず、です。なぜか?それは安倍さんが困っているときに助けようとせず、それどころかそんなタイミングに限って石でうつような発言をするからでは。これでは安倍流保守の後継者となるのは難しい。安倍支持層を引き継ぐのは難しく、石破支持の保守層をゼロから作らなければなら [続きを読む]
  • 真夏のカラスは馬鹿なのか?
  • この写真、少し前のですが多摩川のカラスです。黒色でしかも漆黒テカテカの羽が実に暑苦しい。本人たちも暑さはかなりこたえるらしく、暑いと変な飛び方をしたりするようです。カラス、鳥の中では賢いが真夏に真っ黒のあの姿、絵に描いたような馬鹿に見える? [続きを読む]
  • あやしい「保守の人」に気をつけよう
  • 例の関西の「100万円おじさん」ではありませんが、最近は保守優勢もあってか保守にもいろんなのがいます。そこで自分の経験ももとに保守の不審人物の特徴をまとめると…保守の著名人に接近したがる、あるいはそういう人物とつながりがあると称する保守の思想家の名言などをやたらと引用したがる上とも関係あるが肝心の当人の思想信条は意味不明、支離滅裂学歴・経歴・所属組織は不明かあるいは隠す目立ちたがる、仕切りたがる以上 [続きを読む]
  • クマゼミが増えている?
  • クマゼミが増えているといっても岡山の話です。昔はこのセミは高い木にいて子どもが捕まえるのは容易ではありませんでした。セミの捕りやすさは、ニイニイゼミ・アブラゼミ・クマゼミ・ヒグラシのような難易度の序列があった。サイズも大きいのでセミの王者的な存在でした。ところが最近はセミと言えばクマゼミという状況。それにセミとりの子どもなど最近はいないからか人が近づいても平気。とにかく増えています。 [続きを読む]
  • 核武装しても崩壊? 「北朝鮮崩壊説」のワナ
  • 暴虐政治で人民を苦しめている北朝鮮はいずれ崩壊する。こうした見方は以前からあり、いつ崩壊するのかも今も色々と予測されています。しかし北の核の脅威が深刻化してくると、この「崩壊説」、別の意味を帯びてくる。それはいずれ国家が崩壊するから、核武装を放置しておいても核攻撃する主体がいなくなるから大丈夫という理屈になってきます。要するに北の核の脅威から目をそらすために「北朝鮮崩壊説」が利用されるというわけで [続きを読む]
  • ハンゲショウの季節です
  • ハンゲショウの季節というよりハンゲショウの季節もそろそろ終わりです。この前のムクゲもそうですが、ハンゲショウは夏の茶花のイメージ。茶室の中の床柱の一輪とかの姿で光ります。その点、写真みたいに外に生えているままのはドクダミの親類みたいでどうもパッとしません。 [続きを読む]
  • 「嫌マスコミ時代」がやってきた
  • 保守の人、最近では嫌韓や中共に対する警戒、さほど主張しません。また民進党や共産党など左翼に対する批判もあまり目立ちません。しかしその中で間違いなく強まっていることがある。それはマスコミに対する批判です。批判より嫌悪と言った方がいいかも。森友や加計など防衛や経済などに比べさほど重要でない問題をネタに、左翼と連携して安倍政権を批判。安倍政権はいかにも悪辣で「世論」なるものの批判にさらされていると印象を [続きを読む]
  • 一見涼しげな水辺? 多摩川夏景色シリーズ
  • この写真、少し前ですが登戸付近の多摩川です。ご覧のように写真だけ見れば一見いかにも涼しげです。動画にすれば水音も加わってさらに涼しそうになる。しかし涼しげなのはそこまで。このあたりもそうですが夏の河原は実際は湿気が強くて蒸し暑く日を遮る木陰もなく、風が吹いても熱風。世の中、見かけ通りにはいかないものです。 [続きを読む]
  • 国会議員は自身と両親祖父母の国籍を公表すべきです
  • 二重国籍問題の蓮舫さんが戸籍を公開するそうです。この問題の元は正体不明の外国人が日本の国会議員になることへの不安。特に中共や南朝鮮のような反日国出身者が議員になり国政を左右するなど問題外。そこで提案。国会議員は自身と両親祖父母の国籍公表を義務化すべきでは?そして日本に帰化したのなら帰化の経緯も公表すべきです。国会議員は資産公開が義務付けられていますが、家族の国籍と帰化経緯の公表、これと同じで当然の [続きを読む]
  • もう梅雨明けでいいのでは?
  • この写真、多摩川沿いでもなく撮ったのも少し前ですが梅雨時の典型的夕暮れです。撮った時点では今日あたりもこんな日が続いていると思っていたことでしょう。しかし実際はご存じの通り。そろそろというか、もう少し前にでも梅雨明けにしてよかったのでは? [続きを読む]
  • 石破茂さんの有効活用法
  • 石破茂さん、安倍さんの次を狙っているとみてか保守の人、石破さんを嫌っています。しかし石破さんと言えば防衛通。これを利用しない手はない。逆に言えば石破さんを政権に取り込まず防衛相としての手腕を生かさなかったため、色々と問題が起きた。この人、麻生さんや岸田さんのように安倍政権の防衛担当を続けていてもおかしくなかった。そこで提案。対中共・南北朝鮮で安倍さんの路線より絶対に後退しないという条件付きで石破さ [続きを読む]
  • フウランの季節です
  • そろそろ終わりですが、この時期、フウラン(風蘭)の季節です。写真のは多摩川沿いのでもなく、銘のついたブランドものでもなし。栽培はそんなに難しくないですが、知名度は今一つ。何せ蘭のことで奥が深く趣味の世界として完成されていて、完成され過ぎて気軽に入りにくいのかも? [続きを読む]
  • 移民歓迎ドイツの偽善…ビル・ゲイツのドイツ批判
  • ビル・ゲイツがドイツの難民開放政策を批判したそうです。ドイツは移民積極受け入れとカッコいいことを言っているが、その結果、かえってアフリカの故郷を離れて欧州を目指す人が増えている。そんなことよりアフリカの貧困解決に力を入れろ、という趣旨です。確かに欧州に渡る難民船が遭難し死者が出ています。移民に紛れて渡ってくるテロリストや、渡った後にテロリスト化するのがいるのもいうまでもない。そういう移民難民を発生 [続きを読む]
  • ムクゲは日本の花です
  • ムクゲと言えば南朝鮮の花のイメージ。ということで保守の人にはムクゲを目の敵にしている人もいるかも。しかしそれは坊主憎けりゃ袈裟まで憎いというもの。ムクゲは日本では茶花などに使われてきました。写真の花も、その名も日の丸ムクゲです。 [続きを読む]
  • 「築地再整備」という発想
  • 豊洲移転後も築地市場を再整備して築地ブランドを生かそうという動きがあるそうです。築地の場外市場は外国人観光客にも人気スポットですが、あれを再整備して一体どういう風にしたいのだ?いかにも小役人や「有識者」の考えつきそうなことですが、こぎれいだがまったく特色のないSCや地下街、テーマパークみたいなものができることでしょう。しかし場外市場の人気は今の姿だからであって、それを壊せばまったく別物になります。実 [続きを読む]
  • 日本人はケチである…インバウンド節約?
  • 新幹線で中国・韓国人とかの外国人観光客を観察してみました。結果は日本人より金遣いがいい。売店では一番高いビールを買い、車内販売も迷わず買う。対して日本人。食べ物は大抵持ち込みで車内販売で買うのもせいぜいコーヒー。グリーン車の客も似たようなもので、無料の電源でスマホをせっせと充電しています。バブル崩壊以後、日本人はこうしてケチ進化(?)し続けてきたのでしょうか?おかげでリーマンショックみたいに個人の消 [続きを読む]
  • 食われるのは自民か左翼か…小池都民の国政進出
  • 小池百合子の都民ファーストが国政進出するとか。憤慨している保守の人も多いようですが、冷静に考えてみよう。小池都民は真正保守とは言えないにしても共産や民進党のような真正左翼でもない。そして国政進出すれば確かに自民の票も奪うでしょうけれど、民進党もかなり食われるはず。都議選と同じパターンです。次の総選挙では自民は減るでしょうけれど、その自民の減った分がごっそりすべて左翼にいくのとどちらがマシか考えた方 [続きを読む]
  • ヤマバトという鳥
  • この写真、岡山のヤマバトです。キジバトともいい、かつては深山でしか見られない貴重な野鳥でヤマバトは特急の愛称にもなっていたが数が増加。今ではどこにでもいます。さらに最近ではジビエで食べようという動きもあるとか。貴重な野鳥だったのが食材に…。まあ人間の都合のいいようにされてきた鳥ではあります。野鳥なのに人を恐れないので増えたのかもしれませんが、それでも写真みたいによく見ると野性味、まだまだ残っていま [続きを読む]
  • グローバル化で浮かれるとこうなる…ヒアリ日本侵入
  • 各地でヒアリが見つかっています。外来生物が日本の環境を破壊するのはヒアリに始まったことではありません。なかにはペットとして輸入したのが害を与えているのもいますが、ヒアリのように貿易や人の行き来の活発化で入ってきたものも結構います。グローバル化・ボーダーレス化推進、移民歓迎・多文化共生などと浮かれているとこういうのも一緒に入ってきます。保守の人は外国からの「人」は警戒するが生物までは目が届かないかも [続きを読む]
  • 海老蔵はうまいかヘタか?
  • 何かと話題の海老蔵クンです。注目度はさておき、肝心の芸はうまいかヘタか気になるところ。ただ個別の演目について触れれば長くなるのでまず結論。以前はヘタだったが最近は上達して海老蔵独自の味もでるようになっている、しかしまだまだの部分も。当たり前過ぎる結論ではあります。以前は危なっかしくて観てられないこともあったが、なかにはそれが海老蔵のおもしろ味という人もいたから人は色々です。最近はそういうのがなくな [続きを読む]