多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真) さん プロフィール

  •  
多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真)さん: 多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真)
ハンドル名多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真) さん
ブログタイトル多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/golitama
サイト紹介文名前の通り多摩川の話題ブログ。それとなぜか保守の立場から政治・社会も取り上げますのでこちらもどうぞ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供718回 / 365日(平均13.8回/週) - 参加 2014/09/25 18:01

多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真) さんのブログ記事

  • 音楽脳と野球脳とどちらが馬鹿か?
  • まず結論。どちらも馬鹿ですが野球脳の方が深刻。理由。音楽の方は楽譜を読んだり外国語とか難しい歌詞に触れたりで、多少は論理的な思考力が身につきます。ただ低級音楽ではその限りではありませんが…。それと不幸なことに野球人はまじめで根性があると世間では思われている。その分、野球脳の実態が知られず、当人たちも自分らは問題なしと思い込んでいる。これに比べ音楽の方はそういうことが少ないから、ある程度は外の空気も [続きを読む]
  • それでも韓国は信用できない…北朝鮮危機で韓国は変わったのか?
  • 北朝鮮危機で南朝鮮、急に日本に協力的になっているようにも見えます。しかしそれはトランプに迫られたからに過ぎません。最近でも徴用工問題や南朝鮮系企業が反日妄言を吐いたように、南朝鮮の反日侮日DNAは何一つ変わっていません。北朝鮮危機で反日を控えるどころか、北に気を取られているのに乗じて反日策動を拡大しているようにすら見えます。反日には北朝鮮南朝鮮の違いなどありません。北朝鮮危機で南朝鮮も変わったなどと [続きを読む]
  • 台風が過ぎて…多摩川秋景色シリーズ
  • 台風が過ぎて今日は快晴。暑くなるぞと天気予報、ワメいていました。実際、温度も上り写真みたいに澄んだ空に強烈な日差しでしたがそれでも真夏に比べれば何のこれしき。ところで川の方、さほどではないが増水し少し濁って流れも速くなっていましたがそれでも連休だけあってか、釣りの人もいました。それと理由はよく分かりませんがなぜか自転車人がヤケに多い日でもありました。 [続きを読む]
  • 衆院解散で左翼を駆除…安倍政権
  • 今秋、衆院解散総選挙になりそうだとか。安倍さんのウマイ所はここと思えばためらわず解散をしかけてくることでは?衆院解散の本来の趣旨とは違うと反論があるかもしれません。しかし今の国会には相当数の左翼が巣食い、反日日本死ねの活動拠点にしています。そして既成マスコミも左翼と外国人の工作機関と化している。こうなれば衆院を頻繁に解散して、国会に巣食う左翼をその混乱・内ゲバに乗じて駆除するのもやむを得ないでしょ [続きを読む]
  • ??バテ猫…多摩川猫シリーズ
  • これもかなり前に撮ったが投稿しなかった蔵出し写真です。暑さに猫がバテています。ただ撮影の日付は8月30日で、9月が目前でもこんなに暑かった。それに比べ今年の多摩川沿いはやはり冷夏だったようです。それはさておきベンチの上の猫、存分に体を冷やしたいのでしょうけれどこれでは電車のシートに寝るのと同じでちょっと場所の取り過ぎでは? [続きを読む]
  • 憲法九条のせいで北朝鮮危機が起きた
  • 憲法九条真理教信者は穏やかに話し合えば戦争は防げると思っているようですが、ISにも北朝鮮にも行って話し合ったとは聞きません。アントニオ猪木が行ったくらいです…。それはさておき憲法九条、今回の北朝鮮危機でいかに日本を危険に陥れたか、あらためてハッキリしました。外国の侵攻があっても日本は本土決戦になるまで殆ど何もできません。その結果、北朝鮮や中共を増長させ、尖閣侵攻・北の核ミサイル開発のような状況を招い [続きを読む]
  • 前よりはナンボかマシ? 東京ボランティア服
  • 例の東京五輪ボランティア服です。舛添のときの朝鮮風ボランティア服よりはマシだが、それでも人気は今一つのようです。確かにこの服を着たいからボランティアになりたいという人、まずいないでしょう。ではどこがよくないか?発想が観念的です。東京五輪のエンブレムが市松模様だからボランティア服もという発想、いかにも小役人が考えつきそうです。その市松模様ですが、似たのにカーレースで振り回す市松模様のチェッカーフラッ [続きを読む]
  • 二毛猫とはオレのことかと…多摩川猫シリーズ
  • この写真も以前投稿した猫写真の別テイクの蔵出し写真です。ところでタイトルですが二毛猫という語もあるようです。しかし意味はどうもハッキリしない。要するに白ベースにプラス一色なら二毛になるようですが、プラス一色には虎模様のようなのも一色とみなして含まれるらしい。ややこしい限りです。これなら日本猫の毛色についてのJIS規格でも制定しては? [続きを読む]
  • 米が対話に応じるまで続く? 北朝鮮のミサイル発射・核実験
  • 北朝鮮がまたミサイル発射です。発射の前、ニュースとしてあまり目立ちませんでしたが米元大統領のカーターが北朝鮮と対話しろと言いました。これは重要。ビル・クリントンが大統領のとき、北の核危機に際し武力行使せず交渉を開始しそこで訪朝したのがカーター。米国は脅せば交渉に応じると北朝鮮に覚え込ませたのは米民主党政権です。北朝鮮はこのことを忘れるはずがありません。中ロだけでなく米国にも対話容認論がある。だから [続きを読む]
  • 今月の目玉でしたが…『九月大歌舞伎』夜の部
  • 歌舞伎座の『秀山祭九月大歌舞伎』、夜の部です。実は昼より夜の部の方が今月の目玉であり問題作でもありました。まず『ひらかな盛衰記 逆櫓』は今月の出色でベストワンです。松右衛門の吉右衛門が渋く権四郎の歌六が講演で両者うまくかみ合っていました。『再桜遇清水』は吉右衛門の脚本です。清玄の染五郎は適役ですが各幕のバランスや話の展開の説明が十分でなく今一つ。夜の部は『逆櫓』とこれの演目二本だけで踊りなしですが [続きを読む]
  • 民進党崩壊しても左翼は死なず?
  • 民進党、解体崩壊の様相です。理由は多々あるでしょうが要するに左翼のコアというかDNAは変わらなかったことに尽きる。そのため保守化する日本についていけず受け入れられもしなかった。いかにマスコミが日本のリベラル政党に見せかけようとしても隠しおおせませんでした。ところでその左翼的コアとは言うまでもなく、反日日本死ね体質、中共朝鮮の手先、外国人ファーストなどなどです。そしてこの先民進党がどうなろうと知ったこ [続きを読む]
  • 自業自得…テレビの役割は終わった
  • テレビを見ない人が増えたそうです。保守の人からすればあれだけ反日左翼に偏向すれば自業自得、当然の報いと笑うことでしょう。ただ反日左翼偏向は別にしても、それ以前にテレビのニュース番組を見る生態系が変わっているというか失われています。昔は家族が茶の間で一緒に見て、テレビの内容について親が教えたり夫婦で話す環境がありました。例えば「太平洋戦争」で日本は「アジア」を侵略したというような馬鹿なことを流したら [続きを読む]
  • ちょっと印象が薄かった…『九月大歌舞伎』昼の部
  • 歌舞伎座の『秀山祭九月大歌舞伎』です。実は今月の目玉であり問題なのは夜の部なのですが、今回は順番に昼の部から。肝心の夜の部は次の機会に書きますから乞うご期待。『毛谷村』は染五郎の六助に菊之助のお園です。この作品、力があって迫ってくるような舞台にして欲しいのですが、染五郎はおとなしくそれに合わせたのか菊之助は目立たず、全体に印象が薄く二人のコラボで盛り上がりとまではいきませんでした。『道行旅路の嫁入 [続きを読む]
  • 韓国より台湾の方がリスク?
  • 台湾は親日と思っている保守の人は多い。ですからタイトルを見て何をバカなと思うでしょうが、個々の台湾人の親日と中華民国台湾のリスクとは別の話。分かりやすいのが台湾・韓国ともお得意の電子産業。台湾は確かに親日ですが台湾の電子産業の経営者がすべて親日とは限らない。華人であれば特に中共の信奉者でなくても、儲かると見れば中共とも組みます。これに比べ南朝鮮の電子産業にとって中共はマーケットではあるが競合であり [続きを読む]
  • 昭和の食堂
  • タイトルは昭和ですが写真は平成です。ただ平成に入って10年くらいの写真ですから、まだ昭和があちこちに残っていましたと強引な説明。この写真も多摩川沿いのとある町の食堂です。お値段は今とあまり変わらないなどと思ったりしますが、598のような今どきのケチな値付けよりキリのいい値段が懐かしい。それとフォークが宙に浮いているおなじみのサンプルですが、下に敷いている人工芝(?)みたいなのも懐かしく昭和の実感がありま [続きを読む]
  • 韓国の方がマシ? 媚中沖縄が有事になれば…
  • 今回の北朝鮮危機で目立つのは北朝鮮と米国ですが、観察していると南朝鮮もなかなかおもしろい。最初は北と中共・米国の三股外交でもできるくらいに思っていたようですがそんなの不可能に決まっています。それで仕方なく米国に従うことに。最近では自分より下と見ていた北朝鮮に主導権を取られるのがくやしいのか、対北朝鮮で腹をくくってきているようです。この南朝鮮の対応を見るにつけ、有事になったらどうするのか気になるのが [続きを読む]
  • ??蔵出し猫…多摩川猫シリーズ
  • この写真の猫、かなり以前に投稿しました。しかしこの写真ではありません。写真を撮ればお分かりでしょうけれど、1枚だけ撮って終わりというのは少なく念のため何枚か撮ります。そうすると投稿するのから選び漏れたのが出てくる。さかのぼればそういう写真、結構たまっているのでそこからまた選んで順次投稿しますので乞うご期待! [続きを読む]
  • 防衛の流れがまた変わる…尖閣侵攻から北朝鮮危機へ
  • 石破さんが日本への核配備に言及しました。保守の人は嫌うが石破さんの防衛についての見識は一考に値します。それはさておき北朝鮮危機での防衛のテーマは二つ。第一は北朝鮮危機を機に防衛の枠組みが変わろうとしていることです。民主党政権時代の中共の尖閣侵攻で変わったのと同じように、です。今にして思えば集団的自衛権もテロ等準備罪もあのあたりが発端でした。今回もその転機が訪れています。そして日本の核配備・核武装検 [続きを読む]
  • グローバルIT企業の傲慢と偽善
  • 移民受け入れでトランプと対立しているのがグローバル、特にIT企業です。人種差別反対と多文化共生のため戦っているつもりなのでしょう。しかしグローバルIT企業が移民を積極受け入れするのは最もパフォーマンスのいい労働力だから。人類の普遍的価値観からなどではありません。グローバルIT企業、日本では時代の変革者のような好意的イメージをもたれていますが、実際には何をやっているか?個人情報を隅から隅まで抜き取り、貧乏 [続きを読む]
  • 不倫は左翼が誇る文化です
  • 例の民進党不倫事件です。一般人の常識からかけ離れていますが、左翼にとってはごく自然なことです。まず政治の仕事と私事とは混同すべきでないという考えは彼らにはありません。もっともアホ保守にもこの点をはき違えているのもいますが…。それは別として政治活動の中で男女が出会い恋愛を謳歌というのは彼らにとっては文化です。ですから例の安倍死ね国会前デモにしても保守の人からすれば政治上の示威行動でしょうけれど、あれ [続きを読む]