タヌゥーの温泉日記 さん プロフィール

  •  
タヌゥーの温泉日記さん: タヌゥーの温泉日記
ハンドル名タヌゥーの温泉日記 さん
ブログタイトルタヌゥーの温泉日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/chem_yt
サイト紹介文秘湯・名湯などを紹介していきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/09/25 18:08

タヌゥーの温泉日記 さんのブログ記事

  • 鶴亀屋食堂(青森県青森市)
  • 青森県青森市にある「鶴亀屋食堂」へ行ってきました。こちらは、山盛りのマグロ丼で有名なお店です。中(3,000円)、小(2,500円)、ミニ(2,000円)の三種類のサイズがあります。今回は、小サイズを注文しました。仕入状況等によって、メバチマグロかキハダマグロのどちらかが提供されます。今回はメバチマグロでした。それにしても量が多い。最初の内は幸せ一杯で刺身を頬張るのですが、途中から飽きてきます。ミニサイズがおス [続きを読む]
  • 亀乃家(青森県五所川原市)
  • 青森県五所川原市にある「亀乃屋」へ行ってきました。家族経営の蕎麦屋です。しかし、今回は蕎麦が目的ではありません。亀乃家で考案された「天中華(700円)」を食べに来ました。「天中華」とは、ラーメンの上に「ホタテのかき揚げ」が乗っているラーメンのことです。食べてみると、想像以上にラーメンと相性が良くて驚きました。ホタテのかき揚げは、かぶりつく必要がなく食べやすい。そして、良い意味でラーメンに特徴がないの [続きを読む]
  • 高増温泉 不動乃湯
  • 青森県板柳町にある高増温泉「不動乃湯」へ行ってきました。共同浴場のように利用されているようで、地元の年配者が多く訪れます。不動乃湯は、男女別内湯しかありませんが、湯船は広めです。写真ではわかりませんが、一番奥に不動明王が鎮座しています。泉質は、源泉温度43.3℃、pH=8.4のナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉です。透明度のある濃い黄色の湯で、匂いはありませんが、舐めるとほんのり薄めの甘みと塩未が感じられま [続きを読む]
  • 自然房 万作庵(青森県弘前市)
  • 青森県弘前市にある蕎麦屋「万作庵」へ行ってきました。各メニューに加え、十割蕎麦(+200円)、田舎蕎麦(+100円)、二八蕎麦のいずれかを選ぶシステムです。今回は、天ぷらせいろの田舎蕎麦(1,600円)を注文しました。蕎麦の産地が店内に表示されており、好感が持てます。しかし、その表示をみると、県外のそば粉をしていました。味もよく、食べ終わった際に干し柿をサービスしてくれるなど、とても素晴らしい蕎麦屋には間違い [続きを読む]
  • 光風温泉
  • 青森県つがる市にある「光風温泉」へ行ってきました。おそらく「こうふう」という読むのだと思います。自動車整備工場が目印です。この光風温泉は、自動車整備工場が運営している日帰り温泉施設のようです。そのため、工場建屋の横に温泉建屋があります。湯船はシンプルです。泉質は、源泉温度50.5℃、pH=6.95のナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉です。濃い黄色のお湯は、弱モール臭がし、舐めると弱塩未があります。湯船が奥側と [続きを読む]
  • 三本柳温泉
  • 青森県弘前市にある「三本柳温泉」へ行ってきました。こちらは、日帰り温泉施設ではなく一軒宿です。浴室は湯気が充満しています。湯船はシンプルな長方形です。泉質は、源泉温度42.2℃、pH=6.8のナトリウム・マグネシウム−塩化物・炭酸水素塩泉です。味はなく、弱い鉱物臭がします。源泉は自噴しており、加熱、加水なしの源泉か掛け流しです。人間が適温と感じる温度で自噴する、なんとも贅沢な温泉です。湯船の中の湯は緑がか [続きを読む]
  • あたご温泉
  • 青森県弘前市にある「あたご温泉」へ行ってきました。平日の朝に立ち寄ったのですが、既に何人か先客がいました。湯船は広いのに、常に湯がオーバーフローしています。この大きな湯船の他に、温泉の水風呂もあります。泉質は、源泉温度58.8℃、pH=7.9のナトリウム−塩化物泉です。透明で無味ですが、弱モール臭がします。湯量が多く、広い湯船でも源泉かけ流しが実現されています。なお、湯量が豊富なようで、シャワー(カラン) [続きを読む]
  • 土湯温泉 奥つちゆ 川上温泉
  • 福島県福島市の土湯温泉街をさらに進んだところにある「奥つち湯 川上温泉」へ行ってきました。土湯温泉なのか川上温泉なのか混乱しますが、「川上温泉」は屋号だそうです。川上温泉には、「穴湯・半天岩窟風呂」、「立湯・万人風呂」、「木湯・あすなろ風呂」、「華湯・家族風呂」の4種類の浴場があります。「岩窟風呂」は、大きくて迫力があります。日本秘湯を守る会の『「日本の秘湯」ガイドブック(第20版)』の表紙にもなって [続きを読む]
  • 皆吉(山梨県甲州市)
  • 山梨県甲州市にある「皆吉(みなき)」へ行ってきました。訪問した時間帯が良くなかったのか、小一時間ほど待ちました。待っている間、もつ煮を勧められ、「馬もつ煮(500円)」を選びました。いつも食べているもつ煮よりも、歯ごたえがあります。おいしいのですが、絶対に注文すべきものか聞かれれば、そうでもありませ。野菜、きのこ、鶏肉、豚肉とメニューが豊富で迷ったので、「特製皆吉ほうとう(1,850円)」を注文しました。 [続きを読む]
  • SENDAI光のページェント
  • どうせイルミネーションを観るならば、規模が大きいものを観たいと思い、仙台へ行ってきました。仙台駅から少し離れたところに、「定禅寺通り」という並木道があります。12月になると、この通り(東二番丁通〜市民会館前) が60万個の電球で装飾されます。これが、「SENDAI光のページェント」です。18時、19時、20時に「スターライト・ウインク(約1分間の消灯の後、一斉に再点灯)」があります。これが人気のようです。訪れた23日 [続きを読む]
  • 丹野こんにゃく番所(山形県上山市)
  • 山形県上山市にある「丹野こんにゃく番所」へ行ってきました。こちらでは、こんにゃくを使用した料理が食べられます。そう聞くと、玉こんにゃく等の典型的な料理をイメージしてしまいがちですが、違います。こんにゃくを使用したコピー食品がメインとなります。原則として懐石料理として注文し、値段によりコースが分かれます。今回は、1,500円のコースをお願いしました。ラ・フランスのこんにゃくゼリーです。大体、口に入れると [続きを読む]
  • 蔵王温泉 上湯共同浴場
  • 山形県蔵王温泉には、3つの共同浴場があります。今回は、「上湯共同浴場」へ行ってきました。料金ボックスに入浴料を入れ建屋にはいると、6名程度は入れる湯船が目に飛び込みます。泉質は、源泉温度54.0℃、pH=1.6の酸性・含硫黄−アルミニウム−硫酸塩・塩化物泉です。泉温が高いため加水はされていますが、加温なし、消毒なしの源泉かけ流しです。強い硫黄臭がし、舐めてみると、酸っぱい中にほのかな渋みがあります。強酸性の [続きを読む]
  • 痰が野湯
  • 下諏訪温泉の9つの共同浴場の1つ、旦過の湯(たんがのゆ)に立ち寄りました。旦過の湯は、下諏訪温泉の共同浴場のうち最も熱いそうです。ここは、2012年12月にリニューアルされたようで、作りが小奇麗になっていました。露天の他、内風呂には、やや熱めの湯(44℃調整)、熱めの湯(46℃調整)がありました。46℃に入らずに出ることは許されないので、チャンレンジ。肩まで沈んで30秒が限界でした。受付前で涼んでいると、地元民A [続きを読む]
  • 瑞巌寺と松島(宮城県松島町)
  • 宮城県松島町にある国宝「瑞巌寺」へ行ってきました。本堂は写真撮影不可のため、写真は外のみです。伊達正宗が朝鮮出兵の際に持ち帰ったとされる「臥龍梅」がありました。ついでに、松島を観光しました。五大堂からの風景です。あまりに絶景なので、一句詠んでみました。「松島や ああ松島や 松島や」宮城県宮城郡松島町松島字町内91拝観料 大人700円 [続きを読む]
  • 岳温泉 あだたら山 奥岳の湯
  • 福島県二本松市にある岳温泉「あだたら山 奥岳の湯」へ行ってきました。安達太良山ロープウェイ乗り場(スキー場)の駐車場のところにある日帰り温泉施設です。奥岳の湯には、男女別の内湯と露天があります。新しい施設であるため、脱衣所や浴室は非常に綺麗です。泉質は、源泉温度56.7℃、pH=2.5の単純酸性泉です。注がれる湯は無色透明ですが、湯船に入ると少し濁りが生じるようです。また、無臭ですが、舐めるとさわやかな酸味 [続きを読む]
  • 鎌田温泉 ほっこりの湯
  • 群馬県にある丸沼高原スキー場の帰りに、鎌田温泉「ほっこりの湯」へ立ち寄りました。なお、寄居山温泉とも言うようです。ほっこりの湯には、男女別内湯のみです。スキー客が来るとすぐに一杯になってしまう5〜6人ぐらいの湯船があるのみです。しかし、内湯とは思えないほど景色がよいです(下の写真は、浴場からの写真ではありませんが、同じ風景が見られます。)。泉質は、源泉温度51.1℃、pH=8.5のアルカリ性単純温泉です。無 [続きを読む]
  • 郡上八幡(岐阜県郡上市)
  • 岐阜県にある郡上八幡(ぐじょうはちまん)を観光しました。郡上は、内助の功で有名な、戦国武将である山内一豊の妻「千代」の出身地です。嫁入りの持参金で一豊の欲しがった名馬(鏡栗毛)を購入し、主君織田信長の馬揃えの際に信長の目に留まり、それが元で一豊は加増されたということです。郡上八幡の町並みの特徴のひとつの隣家との間に「しきり」があります。袖壁と呼ばれるもので、屋根の軒出しを支えるとともに長屋のように [続きを読む]
  • 遠刈田温泉 神の湯
  • 宮城県刈田郡蔵王町にある遠刈田温泉(とおがったおんせん)の開湯は約400年前とされています。古くは「湯刈田」(とうがった)を地名としていたそうです。遠刈田温泉には、「神の湯」と「壽の湯」の2つの公衆浴場があります。今回は、「神の湯」へ行ってきました。平成18年にオープンした、内湯のみの新しい共同浴場です。裏手には、源泉と遠刈田神社があります。建物に入って正面に、券売機と受付があります。入浴券を購入し、受 [続きを読む]
  • 丸沼高原スキー場(2回目)(2016-2017)
  • 1週間経たないうちに、丸沼高原スキー場を再訪しました。元々は、たんばらスキー場へ行くつもりだったのですが、9km手前で大渋滞。原因は不明ですが、おそらく車のスリップで道が塞がれていたのだと思われます。急遽、そこから近い川場スキー場に目的地を変更します。途中のセブンイレブンで、おばちゃんに「昨日はリフト券を買うだけで2時間待ちだったみたい」言われ、勧めによりリフト券を購入。その後、川場スキー場へ向かうも [続きを読む]
  • 中華亭 分店(宮城県蔵王町)
  • 宮城県の遠刈田温泉街から車で5分ほどのところにある「中華亭 分店」へ行ってきました。一番シンプルなメニューは中華そば(650円)です。今回は一番豪華なメニュー「メンマチャーシュー(950円)」を注文しました。非常にシンプルな昔ながらの醤油ラーメンです。確かにおいしいのですが、これといって特徴がないのが特徴なのかもしれません。宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉七日原478−1営業 11:00〜16:00(火曜日定休) [続きを読む]