あなたとお花と猫とエコと健康 さん プロフィール

  •  
あなたとお花と猫とエコと健康さん: あなたとお花と猫とエコと健康
ハンドル名あなたとお花と猫とエコと健康 さん
ブログタイトルあなたとお花と猫とエコと健康
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/turbocornutu
サイト紹介文道端や、庭先で見掛けた花を写します。
その他、思いついた事をあれこれ書いています
自由文気になった事を思いつくままに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/09/25 18:08

あなたとお花と猫とエコと健康 さんのブログ記事

  • 築地市場移転問題の感想です
  • 都知事選に立候補した際の小池都知事について、以下は7月28日のネット記事ですが【小池百合子氏は築地市場移転について、「(移転先の)豊洲の土壌汚染問題を懸念している。情報公開することが第一ではないか。なかなか(豊洲)に移らないのはむしろ後継ぎの問題だと思います」と都庁でのぶら下がり会見で述べた。17日の豊洲での街宣でも演説後に「検討中」と答えただけで、見直しを明言しなかった。】      その後都知事 [続きを読む]
  • 小池新都知事 初登庁 都議会との行方
  • 選挙の疲れも見せず、堂々とした感じで初登庁した小池都知事最初に見たのは、就任会見でしたが、記者達の質問にテキパキと答えていました昨日、テレビで聞かれた小池知事(言葉は若干うろ覚えですが)     ↓質問「いつ頃、立候補しようと思ったのですか?」小池「猪瀬都知事が辞職した時です。その時に石原(慎太郎)さんから都知事に出ないか?と言われました石原さんは『覚えてない』とおっしゃられていますがその時に、そ [続きを読む]
  • 小池新都知事と猪瀬前都知事他 選挙のうまさ
  • 昨日投票時間終了と同時に出た小池候補の当確決定驚き呆れ、ガッカリしました前回も書きましたが、舛添前都知事と猪瀬前都知事は意図的に悪事をバラされて、都知事を辞めさせられたようなのです猪瀬前知事がテレビに出ていましたが、舛添前都知事の辞職後猪瀬前都知事がテレビ出演をするようになりました「舛添よりマシなのでは?」という声がチラホラ出始めた頃猪瀬前知事は、明らかにある「権力」によってはめられた?かのような [続きを読む]
  • 小池百合子候補 非核都市宣言 「致しません」と宣言 
  •   鳥越  「小池さんは元々核武装の必要性を言ってますが非核都市宣言できますか?」  小池  「核武装が必要だなんて言ってません。  週刊誌報道で捏造とおっしやってましたけど、これこそ捏造ですね」  鳥越  「いやいや、言ってるよ」  小池  「日本語が読めるなら言ってないと分かるはずです」  鳥越  「言ってるよ。私、その本持ってるもん」  小池  「鳥越さんのそのお考えには敬意を表しますが」  [続きを読む]
  • 鳥越さんの健康、知り合いの占い 小池・増田さんの実態
  • 私はこの猛暑の中、鳥越さんだけではありませんが候補者の健康状態が気にかかっています選挙まであと3日、熱中症に注意、と言われる中どの人も60才を過ぎています過酷な選挙活動と言わざるを得ません特に、小池さんに「病み上がり」などと言われた鳥越さん(ちなみに「病み上がり」とは、過去の病歴を示す言葉ではなく病気が治ったばかり、という場合に使う言葉なので聞いた時には、私は違和感を覚えたのですが)ガンはストレス [続きを読む]
  • 都知事選 情報操作、印象操作、騙しの多い昨今・・
  • 私がネットを始めてから17年位が経ちます何も知らないままに始めたネットですが相手が見えないなりに、普通に話をしていたつもりでした「掲示板」というものに出会って、です私は用があって書き込んでいたのですが、匿名・顔の見えない状態において、私は何も知らずに「本音」を出して書いてしまいましたつまり、面と向かってならば、口に出さないようなこともつい、本音で話していました相手が見えない以上、相手のことも相手の [続きを読む]
  • 都知事選 小池さんなど その内情は?
  • 私は政治にもあまり詳しくないですが、最初圧政の自民党から、果敢に「一人で」名乗りをあげた小池百合子さんに、何やら「同情めいた」気持ちから頑張れ、などの気持ちが起きましたですが・・・、冷静になって考えた時私はあまりの右寄りな小池さんを好きではなかったそれで、やはりその行動に疑問を抱くようになりました彼女が何故、自民党に逆らって都知事候補に名乗りをあげたのかそれはおそらく、もう芽の出る機会がここしかな [続きを読む]
  • 都知事選 増田寛也という人 他感想
  • 都知事選について、小池百合子さんが先頭を切って自民党の承諾を得ずに出馬表明をしました自民党は「(自民党の)言うことを聞かない小池さんはダメ」と、いう事で、さて、自民党の言うことを聞きそうな櫻井俊さんを立てようとして、失敗し小池さんに「引いて欲しい」の一点張りの自民党ながら小池さんは「絶対に引かない」というので櫻井さんがダメになった自民党が人選に苦慮しつつ白羽の矢を立てたのが「増田寛也」さんという人 [続きを読む]
  • 都知事選 櫻井俊という人
  • 嵐の櫻井翔さんの父親という、櫻井俊さんが「家族に迷惑がかかるから」という理由で「都知事選には出ない」、と固辞しました「自分はその器ではないし」と   最初見た印象は、真面目そうで実直な人に見えましたですが、何故都知事になると息子に迷惑がかかるのか?まぁ、色々な事で叩かれたり、問題になることもあるからなのだろうか?と思いましたが先日ネットで見かけた情報にびっくりしましたNHKのクローズアップ現代で長ら [続きを読む]
  • 夏目伸六 「父 夏目漱石」 2
  • 父夏目漱石に怯える少年時代を過ごした、漱石の次男夏目伸六氏の著書からの引用、つづきです------------------------------------------------------「でも伸六ちゃんのこと、割合に可愛がっていたのじゃない?だってね・・・・・あんたが泣くとお父様きまって書斎から出てきたわよ」       姉や母の話によると、私は泣き虫の青んぶくれの、その上手の付けられない癇持ちの、一言にしていえば全くどこといって取柄のない、 [続きを読む]
  • 夏目伸六著「父 夏目漱石」より一部掲載(1)
  • 以下、夏目漱石の次男、伸六氏の著書「父 夏目漱石」からの文です夏目伸六氏は、数え年九才の時、父漱石を亡くしました       ですので、幼い時代しか父漱石と暮らしたことはなく小さい子供と父、という関係でしか過ごせなかった大人になっての、漱石と父と子の関係は持つことができませんでしたですので、父漱石との関係、感情は、その幼い時の体験が元になっています以下、引用です------------------------------------ [続きを読む]
  • 夏目漱石3 生い立ちと性格
  • 夏目漱石 ウィキより↓1867年2月9日(慶応3年1月5日)、江戸の牛込馬場下に名主・夏目小兵衛直克、千枝の末子(五男)として出生。父・直克は江戸の牛込から高田馬場一帯を治めている名主で、公務を取り扱い、大抵の民事訴訟もその玄関先で裁くほどで、かなりの権力を持っていて、生活も豊かだった。 母は子沢山の上に高齢で出産した事から「面目ない」と恥じたといい、漱石は望まれない子として生まれたといえる。当時は明治維新 [続きを読む]
  • 夏目漱石2「こころ」「門」「それから」友人との女の取り合い
  • 先の投稿の写真、今回の写真もですが、左腕に喪章が巻かれています この喪章は何なのだろう、と気にかかっていて検索したら漱石が敬愛する明治天皇崩御の大葬の礼の日に喪章をつけて写真館に行って撮ったものだそうです「こころ」の先生は、自殺しました乃木将軍は、明治天皇崩御に際し、殉死という形を取って奥さんと共に自殺、自害をされましたが、その殉死に倣い、先生は「明治の精神」に殉ずる形で自殺する、と [続きを読む]
  • 夏目漱石の小説「こころ」題名について
  • 昔、中学校の国語の教科書に、夏目漱石の「こころ」が載っていました    教科書で「こころ」を読んだ人は多いようです私はその感想文を発表した記憶があります発表というか、授業でそれを読み上げたような記憶です何について書いたか、一つだけ覚えています「なぜ作者は題名を『こころ』と平仮名にしたのか『こころ』と平仮名にすることによって・・・」後はよく覚えていませんとにかくこの「こころ」というひらがなの題名が何 [続きを読む]
  • 「拡大解釈 戦争への道」 武村正義(元官房長官・蔵相)
  • 「戦える国に変質」言わねばならないこと 東京新聞 2016年5月29日 朝刊 戦後七十年余り、平和な日本が続いた。国民の多くは平和日本に納得し、これに疑念を持っている人はほとんどいない。よそから与えられた平和でなく、日本人があの戦争を深く反省して再出発し、その国民の意思を反映した七十年だった。 だが、ここに来て、安全保障関連法が施行され、他国を武力で守る集団的自衛権の行使に一歩踏みだした。この方向は平和 [続きを読む]
  • 「ためしてガッテン」終了 → リニューアルの真相?
  • この間、NHKの「ためしてガッテン」が最終回を迎え、レギュラーだった山瀬まみさんが「卒業」しましたで?ガッテンが終わっちゃうの?と心配したら時間を変えて「ガッテン!」と名を変えて再登場では、司会は?と見ると、志の輔さんと小野アナウンサーはそのままただし山瀬まみさんは卒業していなくなってしまう       私は不審に思って、これって、大幅に変わるのは山瀬まみさんが抜けるためにやったも同然に見える・・・ [続きを読む]
  • オバマ大統領 広島訪問
  • やっと米大統領の広島への訪問が決まったようです私は政治も戦争にも詳しくはないのですが耳に入った知識や、思った事を書きます    まず、アメリカの大統領が、アメリカが落とした原子爆弾の被害地を訪れる事が何故こんなに騒がれ、しかも戦後70年を経た今になってやっと実現することに、大騒ぎをしている事が何となく納得が行きません戦争は色々な思惑でなされるものらしいとわかりましたがその原因の多くは「経済問題」な [続きを読む]
  • 現憲法「戦争放棄」は、アメリカの押し付けではなかった
  • 「戦争放棄」はGHQの発案ではなく、幣原総理大臣だった        今までは、アメリカから押し付けられた憲法だと信じ込んでいたのですが、又安倍総理もそう言っていますところが事実はそうではないのだと・・昨日のテレビ報道で初めてその事を知りました下記の記述はその事を間違って信じた故に出てきた発言なのではないでしょうかケントギルバートさんの意見> 彼らが愛してやまない日本国憲法第9条は、強すぎた旧日本軍に [続きを読む]
  • 秘密保護法 言わねばならないこと 古今亭菊千代(落語家)
  • 「集団的自衛権」 東京新聞 2015年3月29日 朝刊    武力で平和守れない 昔は憲法について考えたことはなかった。二〇〇〇年から国際交流のNGO「ピースボート」の船で世界各地に行くようになり、九条のすごさ、こんなに世界の人から認めてもらっている憲法を日本は持っている、空気みたいに守られていると知った。 中でも前文と九条は、日本が戦争中にしてきた間違ったこと、嫌な目に遭わせた人へのおわびと、二度とそ [続きを読む]
  • 五十肩(本当は、石灰沈着)その後
  • 一昨日、又整形外科に行ってきました骨粗鬆症の検査に必要な尿持参と、その後の肩まだ、2割位肩の痛みが残っていて、手を上げたり、後ろに回したりなどすると、ひっかかりが・・何となくまだ痛みが残っているという感じなのですがその旨お医者さんに報告ついでに「坐骨神経も痛いのですが」とでも、お医者さんは何もする気なしで「痛み止めが出ていますが、あれは一番軽いものですからそれを飲めば、坐骨神経の方も・・・」肩の注 [続きを読む]