小路てくてく さん プロフィール

  •  
小路てくてくさん: まがりかどの先に
ハンドル名小路てくてく さん
ブログタイトルまがりかどの先に
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/meikyuryojin
サイト紹介文まがりかどの先にはきっと良いことがあると信じ、目の前の人生の小路をてくてく歩き続ける雑記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供275回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2014/09/25 18:13

小路てくてく さんのブログ記事

  • PC弄り三日間の成果
  • 雨続きの三日間、PC弄りをして分かった備忘録。<東芝PCのBIOS起動>Escキーを押しながら、電源オン。そのあと、F1キーを押す。PCによって起動方法はいろいろで、わが家のLenovoは、F2+電源。マウスコンピューターは、F11キー+電源。普通、BIOSをいじることはないけれど、必要な時は、取説などがあればまずそれにあたってからの方が混乱しないと思う。ほとんどの場合、ないから困るんだけれど。1万円PCのBIOS画面は、ス [続きを読む]
  • あれ、ない!
  • 今日も雨で、引きこもりじいさんをやっている。昨日作ったUbuntuのブート用USBメモリを1万円PCで使ってみることにしたが、結果はいつもの(;´д`)トホホである。そうとう若い頃の記憶で、1.BIOSを起動する2.BOOT(OSを読み込むデバイスの順序)の変更をすればいいと見当をつけて作業に入ったが、(;´д`)トホホの連続。まず、若いころの記憶で、BIOSはPC電源を入れた直後から、『F2キー』を押していると起動したの [続きを読む]
  • UbuntuをUBSメモリで動かそうという目論見
  • 今日もどんよりした曇時々雨。7月末の土用からこっち、まるで梅雨のようだ。梅干を干す前段までの準備はできたのだが、これでは天日干しができず、空を見上げている。UbuntuをHDDにインストールすることなく、USBメモリに展開して使用できるというので、午前中はそんな情報集めや作業を行った。OSのisoファイルは、Ubuntu Japanese Teamのホームページにあり、日本語で解説されているのでたいへん助かった。日本語 Remixのub [続きを読む]
  • 道具は必要且つ十分であればいいのでは
  • 1万円PCは、Windows7ProからWindows10に移行したものの、おそらく古いハードドライバーの問題で、「Threshold(スレッショルド)」のバーションから進むも戻るもできない状態にいる。立ち上がり前の画像に、最新のビルドでないから早く更新しなさいというメッセージがでるようになったが、更新したくでもできないのだ。今のVer1511のセキュリティサポートの終了は、この10月などという話も出はじめ、このPC、どうしようか?の [続きを読む]
  • ゲルマラジオでラジオ日経が
  • 寝床ラジオで使っている自作のゲルマラジオのセラミックイヤフォンが破損してしまったので弄っている。いたずらパーツでもっていたものがあったので、交換したら簡単に復旧できた。ゲルマラジオは部品数が少なく、構造は”見たっきり”のラジオなので、壊れても自分で直せるのもなんだかいい。普段この時間はNHKR1が弱く入感する程度なのだが、今日はラジオ日経RN1、RN2がゲルマラジオにしては”ガンガン”状態で聞こえ [続きを読む]
  • 戦争と平和
  • 終戦の日を前に、戦争と平和について考える話題がテレビラジオ等で取り上げられている。今朝のラジオでも、戦争の対義語は平和ですか?、という話題が流れていて興味深く聞いた。平和とは、物質的にも機会的にも満たされ、物を奪われる恐怖がないことで、人はその平和を守るという大義のもとに、戦争をしてきた。だから、戦争の対義語は平和ではなく、平和を守るというのは、戦争と近い言葉なのだという話だった。確かに今隣 [続きを読む]
  • ロト6の数字生成アプリをつくってみた
  • 朝からものすごい暑さである。開墾した畑の夏草は強烈に大きくなり、開墾前のような様相を呈してきたが、熱中症で倒れても(;´д`)トホホなので、外作業は中止。ずっとジャンボ宝くじを買ってきたが、3000円→300円の交換ばかり。最近はお金もないので小銭がポケットにあるときロト6を数枚かって、当たったらどうしようというドキドキ感を楽しむようになった。クイックピックを使ってきたが、あまりにも主体性がない。時 [続きを読む]
  • 北の大地、北海道に上陸!
  • 7月の日本一周歩こうかいは、296,000歩余、210Km進んで、北海道に上陸。北桧山(きたひやま)周辺を歩いている。コース全体の進捗は66%になった。ここ数年、7月は痛風発作を起こしたり、強い不整脈が出たりと不健康な日々の中で過ごしてきたが、今年はまずまずの調子でウォーキングも日々の活動もできたことになによりも感謝だ。シルバーバイトの少ない収入で最低限の生活。趣味というか生活の中心が家事や菜園、ウォーキン [続きを読む]
  • LibreOfficeマクロ操作ポイント (備忘録)
  • 『日本一周歩こうかい』に登録している歩数データ使わせていただき、スタートからの累計や一日平均を出してウォーキングの励みにしてきた。毎月行う手順も固まってきたので、集計に使っているLibreOfficeでの手順のマクロ化を行ってみた。じきに忘れてしまうので、自分用にLibreOffice(Ver5.3)マクロ操作のポイント(手掛かり)を備忘録としてまとめてみた。<マクロを使えるようにする>LibreOffice(リブレオフィス)では [続きを読む]
  • 遅くて安いのがあってもいいんじゃなかなぁ
  • 昨日アマゾンにプリンターのインクを発注した。小さなインクカートリッジが2つ入った大きな箱を、今話題の多いクロネコさんがさっそく持ってきてくれた。実はこのインク、そう急いで欲しいものではなく、一週間くらい先でもかまわなかったものだ。配達担当のみなさんの処遇改善に、”値上げ”の動きが盛んなようだけれど、なんでも翌日に届けるのではなく、一週間くらいの配達猶予を設けて配達数をならして作業負担を減らす [続きを読む]
  • 出羽三山参り 月山登山
  • 右足のダメージはまだ少し残っていたが、地域の皆さんと一緒に出羽三山のお参りに行ってきた。近所の先輩にもう十年近くも前から会社を終わったら行こうと誘われてきたが、数年前に定職を自主的に終わりにしたにも関わらず、人間関係不得手の私はのらりくらりと不参加を決め込んできた。長時間バスという小さな空間で過ごせば、話題がなければ『私(個人的な)』の話になる。どこに住んでる?歳はいくつ? ○○って知ってる [続きを読む]
  • バイト休んで安息中
  • 右足の打撲は動かなけれぼ痛みがない程度に快復してきたもの、とても靴を履いて作業等ができる状態ではない。バイトが入っていたので今日は休んだ。脚立を出しっぱなしのコニファーの刈込みも中止。痛み止めを飲み、シップをはって、患部を冷やして退屈だが、ひたすら休んでいる。痛風発作などの時にも感じるが、体にはほんと、無駄な機能はない。普段意識せずに使っている手足などは、動かなくなるとてきめんに有難さを感じす [続きを読む]
  • 階段を踏み外して
  • 昨日の夕方、二階にあった古い本箱を持って階段を下りてきた際、最後の一段を踏み外して床に右足親指の先から落下。本箱を落としては、と踏みとどまったこともあり、強烈に打ち付けた。爪の先端から出血、その時はアドレナリンがたっぷり出たのか、それほど打撲の痛みは感じなかったが、今朝になってどうもいけない。靴を履くこともできなくなり、整形外科を受診した。骨折はない、一週間位痛みが続くのでは、との診断だった。(;´ [続きを読む]
  • 女性の時代、その姿勢
  • 蓮舫さん、稲田さんが辞意を表明した。昭和生まれの女性たちが今リーダー層の年代に入り、その姿勢が問われる時代になったようだ。重責をおったお二人の辞任劇だけれど、ものすごく対照的。蓮舫さんはいろいろ攻撃を受けるけれど、これはある種の妬みで、彼女は生まれも良いし、地位権力を望むというのではなく、本当に世を憂い、直球勝負の活動をしているように見える。政治家というより、戦士だ今回の辞任も潔く見えた。 [続きを読む]
  • 久々にPC三昧
  • 昨日雨乞いでもと思っていたら、今日は地に浸みるほど雨が落ちてきた。これでまた草もぐっとくるだろうが、作物もひと段落という感じた。八月のお盆も近くなってきているので、家事の日はこのところ家周辺の雑木、竹の整理をしているが、今日はそれもお休み。久々に一日、もうみな古くなってしまったPCをいじって過ごした。使用頻度の高いLenovoのフレックス10(Windows8から乗り換え)にWindows10クリエーターズアップデート [続きを読む]
  • 雨乞いでもしようかな!
  • 水害で苦しんているエリアもあり、”雨あめ降れふれ”を願うのは不謹慎だけれど、房総半島にはいっこうに雨が降らない。わが家の菜園も、風呂の残り湯や上水道を使って水やりをしてきたけれど、サトイモの葉も枯れだし、夏野菜もシオシオだ。私の野菜の時間は、食うためではあるけれど、生業ではないので、なるがままを見、感じていればいいのだけれど、専業のみなさんはかなり深刻で、上流の堰の水門を開き、河川から水をくみ [続きを読む]
  • 歴史小説
  • 何年かぶりに、池波正太郎さんの鬼平犯科帳を手に取った。このシリーズはもうなんども読み返していてストーリーは覚えてしまっているが、読むたびに新しい発見、思いがある。落語をきくような作品だ。二話の本所・桜屋敷の話は、若かりし頃の平蔵と岸井左馬之助が高杉銀平道場で剣術を学んでいた頃の回想から始まるが、道場周辺の描写はみごとで、物語にどんどん引き込まれていく。道場隣の桜屋敷のお嬢さん、ふささんを、 [続きを読む]
  • 強い横綱、強い力士
  • 相撲の今場所は強い横綱白鵬が優勝したが、良い取り組みも多く、記録への話題もあり楽しめた。今場所で横綱白鵬が最高勝ち数のトップに立ったが、新聞に歴代のデータがあり、これをみたとき、強い横綱だけが人に感動を与えているのではないと感じた。データは、少し違っているかもしれないが、こんな感じ。 勝ち数負け数休場場所数白鵬 1048 219 58 [続きを読む]
  • 関東ふれあいの道(千葉15)ひとりウォーク
  • 関東ふれあいの道(千葉15)九十九里の砂をふみしめて歩くみちは、JR外房線東浪見(とらみ)駅を起点に、九十九里浜の終端東浪見海岸に出て砂浜の道を太東埼迄進み、太東海浜植物群落を経て、JR外房線長者町(ちょうじゃまち)駅に至る、11.8kmのコースである。この周辺は、2015年03月に『房総駅間ひとりウォーク(JR上総一ノ宮〜JR太東(たいとう)駅 営業キロ6.3Km)』で歩いたことがある。今回は、この時期、国指定天 [続きを読む]
  • 放送出力
  • 早く目がさめてしまった朝はゲルマラジオでNHK R1の放送を楽しんでいるという記事を以前書いたが、今朝は5時まで全く聞こえず残念だった。寝床ラジオになるようなポケットラジオはいくつかもっているので、放送コンテンツを楽しむだけならそれで用は足りるのだけれど、このところゲルマラジオできく静かな音にすっかりはまっている。ポケットラジオで周波数を合わせてみたら、放送はされている。さて?ハンダがはがれたか [続きを読む]
  • 小銭貯金
  • 貧乏性なので、子供の頃から小銭を空瓶などに貯める癖がある。ちまちまそんなことをしている反面、無駄遣いばかりの時間を過ごしてきたが、ちまちまはこれからもなおらないようだ。財布をのぞいて重い硬貨を瓶に投げ込むと、一年もすると案外な金額になる。時々瓶から出して積み重ね、ウッシシ、貯まった貯まった\(◎o◎)/!趣味道楽の無駄遣いをしようと密かに目論んでいると、いつの間にかカミさんがどっかに持って行ってしま [続きを読む]
  • スマートスピーカーの時代が来る!?
  • 昨夜、乾杯!しながら夕涼みにbyfmで金つぶをきいていたら、『スマートスピーカー』という聞きなれない言葉が聞こえてきた。なんだかすごく便利になるらしい。自宅Wi-Fiにつながるスピーカー(音声認識アシスタント アマゾンエコーなど)で、音声認識で音楽をきいたり、家電品を操作したり、調べ物をしたりという時代が来るような話だった。そうなればもう、リモコンもキーボード入力にも悩む必要がなくなるし、難しい英語 [続きを読む]
  • きっといい勉強になっているはず
  • 昨日、夏の高校野球千葉大会1回戦で拓大紅陵が秀明八千代を相手に11―0で大勝した。「春夏通算で9度甲子園に出場している拓大紅陵が、笑顔なき1勝」という記事が目にとまったが、今猛暑のグラウンドにたつ拓大紅陵の子たちは、まさしく針の筵で、複雑な気持ちで、それでも目の前の課題に向き合って必死に戦っているのだろうと思う。今までであれば、即、出場辞退という大人にとって都合のよい形の責任の取り方で収めてき [続きを読む]
  • 暑中見舞いはがきが届いた
  • 今年はから梅雨で連日30℃ごえの日が続いているので、時期としては最適だけれど、私信の暑中見舞いはがきが1枚ポストに届いていた。以前勤務していた会社の後輩のゴツゴツした大きな字、朴訥な数行の挨拶文だけのはがき。彼の人柄を実によく伝えてくれる手紙だ。早期退職してもうじきまる3年になる。もう忘れてくれていいのにと思う反面、どういう思いからかずっと時候の挨拶をくれる彼の”手紙”に、磁気データにはない [続きを読む]
  • 拓大紅陵の判断
  • 一言で言えば、今の与党の驕りのような事件が千葉県の高校野球界でおきてしまった。昭和の千葉の高校野球といえば、銚子商業、成東など県立高校が覇を競っていた。憧れを持って一般受験し、そこで花を咲かせる時代だった。平成になり、勝つことを目的とした私学の時代になり、木更津の拓大紅陵もそんな一校だ。実態は知らないが、おそらくスポーツ推薦のような形で、全国から集まった子たちは、出身エリアではスターでも、拓 [続きを読む]