いろはに踊る さん プロフィール

  •  
いろはに踊るさん: いろはに踊る
ハンドル名いろはに踊る さん
ブログタイトルいろはに踊る
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sqq123
サイト紹介文 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみた
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2014/09/25 18:43

いろはに踊る さんのブログ記事

  • 建物の兄弟
  •  建物の状況を見るとその建築順序が分かる。不思議なもので長男は一番小さく、次男は長男よりやや大きく、三男は次男より大きな家が建ち時代と共に高さは上昇していく!  [続きを読む]
  • キノコ繁殖!
  •  この雨続きで異変が起きている。桜の切り株に黄色い色をしたキノコがどんどんと大きくなって繁殖している。白と黄色のコントラスが見事で鮮やかな色を演出している。    [続きを読む]
  • 水面に浮かぶ怪物は何者か?
  •  早朝の大岡川に何かしら黒い物体が移動している。反対側を移動しているので何者かはわからない。黒い物体で時折体を動かし移動しているかと思うと動きを止めて水の流れにのっている。鯉かボラかそれとも「エイ」か?鯉がその物体に近づきすうっと離れていく!とすると鯉やボラではなさそうだ。その正体わからずその場を離れたがどうしても気にかかるので反対側の岸に移動ししばし物体を捜したところ大きなエイの姿を発見した。あ [続きを読む]
  • 横浜ダンスパーティー
  •  先日、「ホテル横浜ガーデン」で開催されたダンスパーティーに仲間5人と参加した。参賀者限定50名のところ開催初日と猛暑のためか参加者は思ったより少なかったが、参加した女性はとても楽しかったと喜んでくれた。8月は16・24・30日開催し9月は6・11・20・25日開催される。料金は5,500円、食事1時間、ダンスはたっぷりの3時間である。フロアはとてもよく音楽はCDであった。         [続きを読む]
  • オオカミの狛犬・三峰神社
  •  三峰神社は、奥秩父三峰山頂、標高1102mに鎮座し、当日はくもり空であったが中腹あたりから霧が発生し杉林にかかる霧は幻想的であった。礼拝者が多く参拝まで多くの時間を要した。参加者の一人が迷子になったのはこの場所で上ってきた道と反対側へ下りてしまった。迷子を捜すのに添乗員の方は大変であった。携帯を持つ人であれば簡単に連絡がついたのだが、携帯の有り難さを味わった50分間であった。当神社は、ヤマトタケル伝説 [続きを読む]
  • 狛犬・秩父神社
  •  先日バスツアーで「三峰神社・秩父神社・宝登山神社・秩父三社巡りに出かけた。大型バス2台92名の参加と大人気であった。ハプニングは一人の方が迷子となり50分ほどの遅れとなった。最近のバスは、前の席と後ろ席については特別料金を取るようになったが、私の年齢を考慮してか予約していないのに前から三列目の席をいただいた。秩父神社は町中にあるが30分の見学時間は短かった。ここの狛犬は普通の形をした姿だった。     [続きを読む]
  • 横浜港の夜景
  •  老人会25名での横浜港クルージングに参加し2時間ほどの海上からの夜景を楽しんだ。懇談の後に船上に出て夜風を受けながら刻々と変わる夜景を楽しんだ。乗船にはカラオケ設備がなくカラオケ愛好者には物足りなく下船後三々五々カラオケ店に向かったが私は参加せずいい気持ちになって帰宅した。                       [続きを読む]
  • 横浜港の大アジサイ
  •  横浜に設置されている大観覧車は時刻表とともに夜になると様々なライトの色が港を飾る。一瞬一瞬の変化は夜景として見事なものでまるでアジサイの変化を見るようだ。「あぢさゐは赤より紫青に白今ピンクなり七色変化(河原なほみ)」               [続きを読む]
  • トンボとセミ
  •  この異常な暑さに昆虫類も青息吐息のようだ。セミが道路でひっりかえっているかと思えばトンボもまた同じように力尽きている。確実に温暖化が進んでいる。クマゼミの鳴き声も大きく聞くようになった。セミもトンボも土へ返した。      [続きを読む]
  • 私は材木商
  •  私は材木商です。看板には次のような文字で木材の販売を業としています。さて? 梻…シキミ・シキビ・もくれん科の常緑木 写真の仏は略字で辞書には出てこない。 楢…ナラ ブナの落葉高木 椛…モミジ 栓…セン 穴をふさぐ木のくぎ 桂…ケイ クスノキ科の常緑高木でモクセイ、ニッケイなどの芳香樹の総称   椈…キク ブナ科の落葉高木 朴…ボク ほおのき 楠…クス クスノキ科の常緑高木で5月ごろ黄白色の小花をつ [続きを読む]
  • ダンス・ミニ暑気払い
  •  昨日は土曜開催のサークル23名が参加しひと時を楽しんだ。このサークルには名会長が存在しすべての行事を一人で企画立案し実行している。ダンス旅行、暑気払い、新年会などその細やかな計画などに頭が下がる。通常ではまねのできない事柄である。今回の「ミニ暑気払い」と称してダンスが行われた。23名の総当たりになるよう順番表を作成し、音楽は71分用CDを作成し28曲、時間などを示す「29年暑気払い『71分』」の表まで作成し上 [続きを読む]
  • シラサギの朝食
  •  引き潮時の大岡川は、岸壁に貝の付着部分が現れる。シラサギはその中にいる虫を狙っているのか水面の小魚を狙っているのかなかなか食事に有り付けない。水面を覗き込みながら移動するシラサギの朝食風景である。      [続きを読む]
  • 外務大臣河野氏に不安・不安!
  •  新聞辞令だが今回の組閣に不安を感じる。防衛大臣、文科大臣は信頼できる人で申し分ないと思っている。しかしよりによって外務大臣は河野氏とのことで、この組閣は失敗だと思っている。河野氏の父親は慰安婦問題をこじらせた張本人である。人格は違うと言えど外国に対してはそのような意思は通じないであろう。今後の外交に注目したい。前任者の働きを思うと何故、外務大臣を河野氏にしたのか?外交が劣勢にならないことを願うの [続きを読む]
  • ごみを川へドボン!
  •  朝の大岡川沿いを散策していると後ろのほうでドボン!という音が聞こえ振り返ると中年男子がビニール袋に入れられたごみを投げ捨てたところだった。驚きました!本当に驚きました!水面にごみ袋はぷかぷかと流されていく。捨てる人の心が知れない。   [続きを読む]
  • 8月・葉月・心の健康
  •  振り向くな、振り向くな、後ろには夢がない。(寺山修司歌人、劇作家1935〜1983)「解説」よく「私は昔、こんなことをした」と、昔語りをする人がいます。思い出やこれまでに成し遂げてきたことはもち路大切です。しkし、もっと大切なことは、これからをどういきるかではないでしょうか。 また、「自分にはこんな夢がある」と、希望を語る人を見ると、周りの人も元気をもらえ、明るく前向きな気持ちになるはずです。 自分の目 [続きを読む]
  • フウセントウワタ
  •  早朝散歩の途中、ある家に珍しくも大きな風船を見つけた。カメラを向けて写真を撮っているところに玄関の扉があいて男性が現れた。一瞬、とがめられるかと思いながら珍しいフウセンなので写真を撮りました。この花の名前はと尋ねたところ、かがみ込んでここを写真に撮ってくださいと名前を記した札を指さし新聞受け箱から新聞を取って家に入っていった。 名札には「ふうせんトワール」と記されていた。この花を確認したところ「 [続きを読む]
  • ピンクの顔でおはよ〜!
  •  蒔いたわけではないがあちこちに花を咲かせる。種が自然に飛び散り時期になると花を咲かせる。とてもきれいな色の花で朝の出会いは明るい対面である。生命力強くおとなしくも華やかである。    [続きを読む]
  • クマゼミ鳴く・孵化に失敗したセミ
  •  朝の散歩で見かけたセミの孵化の状況である。今朝初めて「クマゼミ」の鳴き声を聞いた。本来横浜には生息しないセミである。南地方に生息し地球温暖化の表れの一つの現象だと思う。また、セミの孵化を失敗した状態を二件も今朝確認した。一匹は羽が逆になり、もう一匹は羽の元が弱く飛ぶと地上に転落してしまう。この現象も地球温暖化の影響を受けているのだろうか?身近なところに温暖化の影響と思われる現象が生じてきている。 [続きを読む]
  • 横浜・南まつり
  •  7月22日(土)〜23日(日)蒔田公園で南まつりが開催され多くの人出でにぎわった。輪になって踊ろう盆踊りに家内も加わり一時楽しんだ。毎年恒例の学生作成による行灯が飾られ見ごたえのある風景であった。                                [続きを読む]
  • どぶ川に魚浮く
  •  連日の猛暑のため大岡川はどぶ川と化して歩くと川周辺に異臭が漂う。始めは陸方面を気にしていたがそのうちに魚の腐った匂いとなった。水面を眺めると小魚が白い腹を出してあちこちに浮いている。原因はどろ川と魚の腐敗が混じった異臭であることが分かった。横浜は雨が少ない。自伝現象は恐ろしい脅威を我々に与えている。              [続きを読む]
  • どぶ川となり魚浮く
  •  連日の猛暑のため大岡川はどぶ川と化して歩くと川周辺に異臭が漂う。始めは陸方面を気にしていたがそのうちに魚の腐った匂いとなった。水面を眺めると小魚が白い腹を出してあちこちに浮いている。原因はどろ川と魚の腐敗が混じった異臭であることが分かった。横浜は雨が少ない。自伝現象は恐ろしい脅威を我々に与えている。 [続きを読む]
  • 鵜が涼む・お食事たくさん!
  •  この暑さで鵜も自分の羽を広げて涼んでいる。その目の前をボラの子が群れを成して泳いでいる。朝食には事欠かない群れである。十分に体力を養ったか水に入りしばらく泳いだ後もぐり水面に顔を出した時にはくちばしをぱくぱくさせながら朝食に有り付いていた!                 [続きを読む]