雪逢 さん プロフィール

  •  
雪逢さん: Love Bomb
ハンドル名雪逢 さん
ブログタイトルLove Bomb
ブログURLhttp://lovebombyukie.blog.fc2.com/
サイト紹介文おふたりの物語をマイペースで綴っております。 ホミンしかありませんのでご了承ください♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2014/09/25 19:08

雪逢 さんのブログ記事

  • magenta…35
  • 先日告知した通り今回は閲覧注意のお話しとなります死ネタを含むため苦手なかたお話しでも死ネタは嫌なかた閲覧は自己責任でお願いします読んでからのクレームは受け付けませんそれでも大丈夫なかただけお進みください目の前で起きてる出来事がまるで夢でも見ているかのように現実味が無くてだけど確実に俺以外の人間は慌ただしく動いている「あなた‼彼の知り合いですか!?」「…ぁ、はい…」「彼は何か病気ですか!?」「…あの…」 [続きを読む]
  • magenta…34
  • 仕事を終えてチャンミンにメールを入れるきっと今頃はお手伝いのチェさんは帰ってしまったからひとりでテレビでも見ながらボンヤリしてるんじゃないかなあれも駄目これも駄目って過保護なんだよ‼って言うけど女性と違って流産しやすいらしく安定期に入るまでおとなしくしていて欲しい訳チャンミンは大丈夫だよって言うけど俺は心配でならない最寄り駅に到着すると見慣れた顔が俺を見付けて笑った「ユノヒョン‼」「テミナ、どうし [続きを読む]
  • magenta…33
  • 過保護が酷くなった…そんな気がする。あの後ユノは僕が妊娠したのを泣きながら喜んでくれてそれから…おかしくなった…いや、愛されてるなあって思うしそれはそれで幸せな事なんだけど何だかくすぐったいというか一応僕だって男なんだからそこまで過保護にしなくても大丈夫なんだと思うんだよね確かに女性と違って流産のリスクはとても高いだけどそんな心配ばかりしてたら暮らせないよユノはお手伝いさんを雇い僕は何をするでもな [続きを読む]
  • magenta…32
  • 次の日になってもチャンミンの熱は下がらず流石に病院に行かないと…と思っていたらちゃんと行くから仕事に行けと言われた確かに仕事は大切だだけど、心配だだからと言ってその為に仕事を休む事はできない「…はぁ…」そんな俺は一目でテンション駄々下がりだったのがわかる程だったらしく社長に心配されてしまった社長は何処かに電話をすると俺をチラチラと見てニヤニヤとしていてきっと情けない俺の事を誰かと話してるんだろうと [続きを読む]
  • magenta…31
  • ミノ君の部屋それは落ち着いた雰囲気で居心地は良さそうだ「…座ってください…」「……。」椅子に座ると彼も同じように椅子に座りまるで祈るように両手を合わせた「…あれは…チャンミニヒョンの…」「ボタンのひとつも無いワイシャツだ」ビクリそう効果音でも出そうな程に動きの止まったミノ君は静かに息を吐き出した「…チャンミニヒョンは…初恋のヒトなんです…」「…ぇ…」「あれはいつだったのか、なんて覚えて無い程に昔し [続きを読む]
  • magenta…30
  • 無理をさせてしまったのかチャンミンは熱が出てしまい月曜日だというのに仕事を休む事に社長にそう伝えるとどうやら誰かが看病に来てくれるようで安心して仕事に向かう夕方、気付けはチャンミンからのLINEそこには母親が来て掃除と洗濯をしてくれたと書いてあり晩御飯も作ってくれたらしく母親の手料理が待ってますと笑っていた「ユンホ君」「はい」「チャンミンの事だが…」「はい…」深刻そうな声に俺の心臓が跳ねる「引き継ぎが [続きを読む]
  • magenta…29
  • 『殴りたい』と思っただけど、そんな事で解決しようだなんて最低な人間のする事チャンミンや会社に迷惑をかける訳にはいかないしグッと堪えただけど彼の言葉は鋭い凶器となってチャンミンの心をズタズタに引き裂き今なお鮮血を流したままのチャンミンの心をどうしたら癒してあげられるのだろうか?*****玄関のドアを閉めると靴も脱いでいないチャンミンを壁に押し付けてキスをする「ちょっ、ゆ、ユノ…」…好き……大好き…… [続きを読む]
  • 師走となりました。
  • お久しぶりです気付けば師走です…(T-T)私は相変わらず慌ただしい日々を送っております先日息子がインフルエンザになりまして学校を休むわけじゃないですか必然的に私も仕事を休んで家に居たわけですすると、何だか暇だなぁ…となりまして何かしようと考えるわけですそこで『magenta』を書いてみようかと思いちょっと頑張ってみました思いの外書けたのですが何だか重々しい雰囲気になってしまいました…ラブラブになる前の大事件と [続きを読む]
  • 『CUSTOMIZE』あとがき
  • いつもありがとうございます終わりました『CUSTOMIZE』短いお話しでしたが、いかがだったでしょうか?色々ご心配をおかけした後だったという事もあり精神的に少し病んでいたのか不思議なお話しが書き上がりました時系列がよくわからないという事でしたので補足しますとチャンミンがユノをカスタマイズしてからユノがチャンミンをカスタマイズするこんな流れでしたなので最後チャンミンがサイトに行くと老婆は『随分とお久し振りで [続きを読む]
  • CUSTOMIZE…7
  • 毎日のようにチャンミンの部屋に泊まり勝手に新婚生活を満喫するそれはとても楽しい日々でカスタマイズをして良かったと本当に思うそれが何日も続いたある日「ユノヒョン、僕、今夜はキュヒョン達と飲んできますね」「ぇ、あ、そうか…わかった飲み過ぎるなよ?」「大丈夫です」スタッフさん達の居る前での会話だから甘さとか寂しそうな気配とか全く無くて何だか俺の方が寂しい……そうか、そうだよチャンミンをもっと、もっとカス [続きを読む]
  • 本日
  • いつもありがとうございます本日21時CUSTOMIZE第7話更新させていただきますよろしくお願いします♪ [続きを読む]
  • CUSTOMIZE…6
  • …生きる、とは修行だ。「…はぁ…」今まで何とも思わなかったのに好きだと自覚したら眠れなくなってしまったしかも調子にのって近くで寝たりしたものだからちょっと興奮してる…チャンミンは俺に背をむけていて見えるのは後ろ姿だけどなだらかな首筋が何だか美味しそうだ例えば今この首筋に唇を落としたとするカスタマイズされている彼はきっと怒りはしないだろうだからといって恋人でもないのにそんな事をするなんて人としてどう [続きを読む]
  • CUSTOMIZE…5
  • 「…彼女なんて、いないですけど…」「…知ってる…」「なら、なんで、そんな…」「…いいから、ほら、毛布貸して」「…意味わかんないから…」…わからなくて結構だ俺だって何でこんなにモヤモヤしてるのか、よくわからないんだからチャンミンは大きく溜息を吐くと「そもそも、毛布なんて余分に無いですし…」そう言ってバスルームに消えてしまった「…はぁ…」ソファーに座ってぼんやりと天井を眺める昔はひとりで寂しいから早く [続きを読む]
  • CUSTOMIZE…4
  • 仕事が終わったのは日付が変わってからだったくたくたになりながらも充実感に満ちていて心地よい疲れが眠りを誘う…「…ヒョン…」あぁ、チャンミンが呼んでる移動車を降りるにはまだ早くないか?うっすらと目を開けると困ったように微笑む彼…可愛いなぁ…「…泊まって行きます?」「…うん…」可愛らしい彼の問いかけに思わず『うん』と言ってしまった「もう少しで着きますからね?ちゃんとご自分で歩いてくださいよ?」「…ん… [続きを読む]
  • CUSTOMIZE…3
  • 仕事を終えて帰宅すると真っ先にPCの電源を入れた上着を脱いでベッドに放り投げまだ立ち上がらないPCに舌打ちをする「…早くしろよ…」『ようこそいらっしゃいましたチョン・ユンホ様』またあの老婆が画面に映り妖しく微笑む『未来は貴方様次第…』前回の俺の入力したものを少し変更させてみる・俺だけに優しくなる・俺だけにツン封印・俺以外の人には普通ここまで入力して、ふと気付いた俺はチャンミンをどうしたいんだよただの仕 [続きを読む]
  • 今の気持ち…です。
  • こんばんはいつもありがとうございます先日の記事『近況報告と、お知らせ…。』『コメントを〜』記事コメント、拍手、それからLINE全部で95件のコメントをいただきましたいつものかたから初めましてのかたまで本当に沢山のかたからのコメントが。ひとつひとつ読ませていただき沢山の想いを感じる事ができましたこの反響の多さにあの記事自体を書くのでは無かったと後悔しましたいただいたコメントにショックを受けた事それによって [続きを読む]
  • CUSTOMIZE…2
  • なにやら揺さぶられる感覚に目を醒ますとチャンミンが微笑んでいてまだ夢を見ているのかと思う「朝ですよ、ほら、起きてください」なんて言うからまるで新婚の夫婦みたいだ朝から甘い雰囲気に俺は上機嫌でマネージャーがそんな俺を見て『何だか気持ち悪い』と言った…失礼な…今まで大量過ぎたツンデレのツンは鳴りを潜め嬉しい程にデレばかりそんなチャンミンの笑顔の破壊力は半端なく同性だというのに何だか胸が苦しいこれが胸キ [続きを読む]
  • CUSTOMIZE…1
  • 俺の可愛い弟は気付けば綺麗な弟になっていて気にしないようにと思っても気になって仕方がないだけどそんな俺の事が少し疎ましいのかたまに毒づくんだ勿論それは彼の本心なんかじゃなく照れ隠しとかそんなたぐいツンデレ属性の彼だけど最近はツンデレのツンが発動しっぱなしそんな事が続くと気持ちが折れそうになるそんな時に見つけた広告『あなたの好きな人をカスタマイズしませんか?』全く意味がわからなかったけどとりあえずPC [続きを読む]
  • 初、新大久保(笑)
  • いつもありがとうございますタイトルから察していただけると思うのですがお話しではありません。それでも大丈夫なかたどうぞ、お進みください。つい先日tottoko SPACEのはむ太郎さんからお誘いがありまして本日、新大久保まで行って参りました実は雪逢、初、新大久保(笑)迷子になったらどうしようとか色々な事を考えてました駅に着いてはむちゃんに連絡したけどわかんなくてそしたらはむちゃんが見つけてくれました(笑)とても助か [続きを読む]
  • コメントをくださった某様へ
  • コメントありがとうございました色々とおっしゃってましたが確かにその通りです申し訳ありませんでした。ですがひとつだけ。私は言われっぱなしでいなくちゃいけませんか?反論する事をしてはいけませんか?私はここに書く意外、あなたとコンタクトが取れません鍵コメで、連絡先も無しでは何も言えません。もしも物語の過程で感想や意見を述べるのは言論と表現の自由の範囲内とおっしゃるのならばブログを公開している私にもそれは [続きを読む]
  • 近況報告と、お知らせ…。
  • お久しぶりですお元気でしょうか?ひとつ前の記事はここの二周年を知らせるものでしたあれからひとつき。多忙につき書けていないというのもありますがちょっと胸に刺さるようなコメントをいただきまして書けないんです。ここは私の場所だから好きなように書けばいいのはわかってますそれに、最初に書いてあるように本物のユノと違うと言われましてもそりゃそうです。だって私が書いてるんだもん。それしか言えないんですよ。私は本 [続きを読む]
  • 2年…です。
  • こんばんは♪いつもありがとうございます、雪逢です実は今日、ここを立ち上げて2年になりました2年前の今日、百日愛を更新しましたかなりおっかなびっくりだった記憶がありますやはり特殊なお話しだと自覚していたのでこわいコメントとか貰ったらどうしようってずっと考えてましたでも、ここで貰ったコメントは本当にあたたかいものばかりで私の宝物です( 〃▽〃)最初の頃はコメントをちゃんとお返ししていたのですが途中からで [続きを読む]
  • magenta…28
  • 「なに、後輩とメシ?」「まぁ、そんなトコです」ユノはまるで僕を守るように後ろに下がらせ僕の事を単なる後輩としパートナーとして紹介してくれなかった今まで異性愛者だったわけだしちょっと言いづらいのもわかる「ユノは今何してんの?」「今はSIMで色々と…」「SIM!?大手だなぁ〜(笑)SIMと言えば社長の息子知ってるか?」「ぁ、いえ…」少し酔ってるだろうと思われるその人の口から出たのはSIMの社長の息子それは僕の事だ「噂 [続きを読む]
  • magenta…27
  • 僕の知らない子と仲良さそうに話してるユノ何だか胸がムカムカしてモヤモヤしてこれが嫉妬だなんてわかってるだから落ち着かなくちゃ、そう思ってもなかなか落ち着けなかったのにそんな僕を心配して言った言葉が『悪阻か?』だなんて…「んふふ」ユノにとって僕はそういった対象であるという事であの彼は挨拶で終わる程度の相手「んふ、んふふ」僕にだって友人や後輩が居るそんなのあたりまえだだから彼に嫉妬するなんてくだらない [続きを読む]
  • magenta…26
  • 無事ミノ君を家に送り届け俺とチャンミンは帰宅した「チャンミナ…」「…どうかしましたか?」リビングへと続く廊下でチャンミンを抱きしめる「ごめん、俺、もしかしたら凄くやきもちやきなのかも知れない…」「…え?」「もう、今度からミノ君を送ったりして欲しくないよ…」「…ユノ…」例えば俺が怒りに任せてミノ君と二人きりになるなと言えば勘の良いチャンミンの事だ俺がワイシャツに気付いた事に感づいてしまうだろうそれで [続きを読む]