delta さん プロフィール

  •  
deltaさん: 中国でのいろいろ
ハンドル名delta さん
ブログタイトル中国でのいろいろ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/akira_delta
サイト紹介文中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/09/25 19:10

delta さんのブログ記事

  • 蘇州 シルク博物館
  • 蘇州のシルク(絲綢)博物館は1991年に開館した博物館で、蘇州の名産品である絹織物やその歴史などを展示しています。人民路を挟んで北塔寺の対面にあります。昨年2016年に全面改装されて再オープンしました。入館は無料です。改装された館内はとても綺麗で、カフェスペースもあります。蘇州は古来から絹織物の生産で栄えてきました。今でも街中には絹製品を扱う店を見ることができます。(モノはピンキリです [続きを読む]
  • 宜興 鍾乳洞めぐり 霊谷洞
  • 霊谷洞は、張公洞から車で10分ほどの場所にあります。張公洞と同じ201路のバスが使えます。霊谷洞で下車です。唐代の詩人、陸亀蒙が発見したと言われています。入場料は65元、休閑カードがあれば無料です。なんと言っても一番のお気に入りは、洞窟に入ってすぐにもうめっちゃ涼しい!!洞内は適度な照明があり、足元も割と平らで歩きやすいです。洞窟の全長は1200mです。こちらも賑やかな3原色の照明 [続きを読む]
  • 宜興 鍾乳洞めぐり 張公洞
  • 先週は気温が40度越えの日もあった蘇州。。でも、じっと引きこもってばかりも何なので、ちょっと涼しい観光地をいくつかご紹介します。天然で涼しい場所と言えば洞窟。でも、太湖西山の林屋洞は何度も行ってるし、別の場所を探してみると宜興市(yi xing)に鍾乳洞が多くありそう。。しかも休閑カードが使える場所もある。という訳で、体感温度45度越えの中、出かけてみました。まずは、宜興市湖父鎮の張公洞へ。漢代 [続きを読む]
  • 蘇州 点心 美美港式茶餐庁
  • 美美港式茶餐庁は、新区だと泉屋さんに、園区は、李公堤、新天地や誠品居所、円融時代広場にある、広東・香港料理、点心のお店です。格式ばった雰囲気ではなく、どちらかと言えばファミレスっぽいお店です。点心なので一品一品の量は少なく、いろいろな料理が楽しめます。(大きめサイズの料理も探せばあります)年に1回ぐらい行くかなぐらいのペースで利用しています。ちょっとずついろんな料理でビールを飲みた [続きを読む]
  • ハルピン 東北虎林園
  • 東北虎林園は、太陽島のある松花江の北側にあります。放し飼いにされている虎の姿が見られます。日本ではシベリア虎やアムール虎と呼ばれる東北虎をメインに、700頭以上飼育されており、絶滅が危惧されている東北虎の繁殖や、自然に戻すための取り組みも行われています。入園料は90元+観光車代です。車に乗って虎を見学します。観光車は、普通のマイクロバスが20元で、金網で囲ったオープンタイプが40元でし [続きを読む]
  • ハルピン 長春から日帰り小旅行
  • 長春からハルピンへは高鉄を使えば1時間ほどで行るので、たまにお手軽日帰り旅行に出かけます。今回は、東北虎林園へ虎とサーカスを見に行ってきました。ハルピンは、現在地下鉄3号線が部分開通しており、高鉄ハルピン西駅構内から地下鉄に乗れるようになっています。地下鉄1号線へは、医大二院駅で乗り換えできます。以前はバスかタクシーを使わないとどこにも行けませんでしたが、これでずいぶん便利になりました。 [続きを読む]
  • 長春 新ルールでビザ更新
  • 中国では2017年4月から、外国人の就労ビザ取得・更新に関する規定が正式に変更されました。一部の都市では既にテスト的に施行されていましたが、4月からは全国で新ルールが適用されています。新ルールについて詳しく知りたい方は、領事館、商工会、JETROなどから情報が提供されたり、銀行やコンサルタント会社のセミナーが催されたりしています。また、駐在者の方々から情報発信されているのも見かけますので、そちらを参 [続きを読む]
  • 蘇州 拙政園の蓮
  • そろそろ蘇州では蓮の花が咲き始めます。公園やマンション中庭の池でも咲き始めたと聞いたので、先週、拙政園の蓮はどんな感じなのか見に行ってきました。一応咲いてます。でもはっきり言ってまだちょっと早い。蕾は膨らんできています。それでも望遠レンズの付いた一眼レフを持って撮影している人も結構見かけました。相変わらずの人人人。。ちょっと写真を撮ろうと思ってもなかなかうまくいきません。拙政園 [続きを読む]
  • 蘇州 お散歩 環古城河健身歩道(人民橋〜新市橋)
  • 人民橋(人民路)から新市橋まで健身歩道を散歩してきました。距離は2km弱ほどです。途中に有名な観光地、盤門(盤門景区)があります。人民橋からスタートして最初に見えてくるのが蟠龍橋。蟠龍橋は2003年に架けられた新しい橋です。時代と共に取り壊されてしまった棗市橋という古橋を模して造られたらしいです。(ちょっと自信ない。。)蘇州の太鼓橋によく見られるレールというか溝も付いてます。これは自転 [続きを読む]
  • 蘇州 獅子林
  • 獅子林は、蘇州四大園林のひとつです。2000年に世界文化遺産に登録されました。拙政園のすぐ南側にあります。拙政園や留園と比べると小振りな庭園です。元代の1342年、禅寺の高僧であった天如禅師の弟子が、禅師のために造った庭園といわれています。天如禅師が浙江省の天目山の獅子崖で修行したことに因んで、獅子林と名付けられたそうです。獅子林といえば太湖石と太湖石の築山が最も有名です。庭園 [続きを読む]
  • 蘇州 新区イオンの小菜園
  • 新区イオンの中にある小菜園は、江南や広東の家庭風料理がメインのお店です。家庭料理だからかオープンキッチンにはおばちゃんの姿が。内装がちょっと変わっていて、若干レトロ風?店の中に電柱や電線があったり、自転車が置いてあったりします。料理名もそんなに奇をてらったものは少なく分かりやすいです。値段もごく普通の感じ。料理名が分かりやすいと楽しく中国語の勉強ができます。(かな?)という訳でちょっと [続きを読む]
  • 蘇州 お散歩 斜塘老街
  • 斜塘老街は、園区 金鶏湖の東側にあります。昔の街並みが再現されており、飲食店などが並んでいます。斜塘は歴史のある街で南宋時代の文献に地名が出ているそうです。松涛街の近くに一期目ができたのがもう3年ぐらい前になるかと思います。現在は四期、五期の工事もほぼ終わって星塘街までつながっています。行ってみようかとは、ずっと思っていたのですが、ちょっと不便というか他には何もない場所にあるので。。行 [続きを読む]
  • 浙江省 普陀山 紫竹林禅寺・不肯去観音院と南海観音
  • 今回の普陀山は、紫竹林禅寺や不肯去観音院に行ってみました。不肯去観音を日本語に訳すと「行かず観音」になります。去年あまり見かけなかった団体旅行客がものすごく増えてます。人出は去年の5割増しぐらいじゃないかと思います。紫竹林禅寺は明代に建立された寺院で、元の名は聴潮庵だったそうです。残念ながら元々あった寺院は破壊され、現在の姿は近年再建されたものです。普陀山入園券とは別に拝観料が5元 [続きを読む]
  • 浙江省 舟山の朱家尖へドライブ
  • 少し前の話ですが、清明節の連休に普陀山へ行ってきました。去年はバスで行ったのですが、今年は自分で運転です。蘇州から普陀山行きの船に乗る、舟山の朱家尖までの距離は、だいたい320kmぐらい。5〜6時間の道のりです。ちょっときついですが、自分で運転するなら日帰りも大丈夫です。中国では、長期連休に高速道路が無料になる場合があります。今年は、春節、清明節、労働節、国慶節が無料です。もちろん時間帯に [続きを読む]
  • 長春 長春駅北口にニセモノ吉野家オープン
  • 長春駅北口は新しくて綺麗なのですが、まだまだ南口に比べると人の流れは少ないです。小さなスーパーや携帯ショップ、飲食店などが、できては消えを繰り返す中、ついに”吉野家”がオープン!今まで駅構内だけにあって、切符を持っていないと食べに行けなかったのが、これで気軽に食べられる? と思って近づいてみると。。。色使いと字体は似てるけど、何かちょっと違う。漢字の”吉野家”はあるけど、”Yoshinoy [続きを読む]
  • 蘇州 お散歩 健身歩道(蛇門〜人民橋)
  • 蛇門から人民橋の区間は、旧市街南側の川沿いを歩きます。この区間は特に有名な史跡はありません。地元の人達の生活空間や散歩道になっています。距離は2km弱ぐらいです。なかなか時間が取れず、小刻みに健身歩道を散歩しています。蛇門のある桂花公園を出発して、川沿いに真っ直ぐ道は続きます。まず最初にある橋が南園橋。橋の下や周囲にある小さな公園は、お年寄りや子供達の遊び場です。この次にある橋が今 [続きを読む]
  • 蘇州 月季園
  • 月季園は、相城区の盛沢湖にある比較的新しい公園(バラ園)で、入園料は20元です。月季とは中国原産のバラです。日本ではコウシンバラ、チャイナローズと呼ばれています。園芸用に品種改良され、多くの種類があるそうです。昔から漢方薬にも使用されています。蘇州市内から行くには、地下鉄2号線の蘇州北駅(高鉄蘇州北駅)から866路、または、蘇州北バスターミナルから86路のバスで、蓮港橋下車です。ど [続きを読む]
  • 蘇州 木読の霊岩山
  • ちょっと天気の良かった日、木読の霊岩山へ出かけてきました。そんなに高くない山なので気軽に登れます。が。。ちょっと勾配がきつい所もあるので、スニーカーで行くことをお勧めします。登り口は2ヵ所あって、こちらの庭園のある景区入り口(中山西路×霊天路)と、ここから西の方へ5分ほど歩いた所(穹霊路)にある、お寺の山門から入れます。以前、庭園側は有料だったのですが、無料で入れるようになっていま [続きを読む]
  • 蘇州 耦園(ou yuan)
  • 耦園は、清代末期の官僚で蔵書家である、沈乗成によって造られた私邸です。庭園の南北と東が川になっていて、北側には船着き場があります。入園料は20元です。(旅行シーズンは25元)2000年に世界文化遺産に登録されました。地下鉄1号線の相門駅から、生活道路を通ってみたければ、倉街を綺麗な遊歩道を通って行きたければ、相門から川沿いの健身歩道を10分ほど北に歩いた場所にあります。もともとこの場所 [続きを読む]
  • 蘇州 東北料理 東北小厨
  • 園区イオンにある東北料理(東北菜)の店、東北小厨に行ってみました。値段はお手頃です。ごく普通の東北料理ですが、味付けはちょっと薄めに調整してある気がします。窓際には小さなテーブル席が多く用意されていて、少人数で利用しやすいお店です。醤大骨(1本10元)。大きな骨付肉の醤油煮込み、手づかみで食べます。これぞ東北、The東北菜です。手抓扇骨(1本10元)。こちらも骨付き豚肉。濃いめの [続きを読む]
  • 江蘇省 興化市の菜の花畑
  • 興化市の千?(qian duo) 風景区は、菜の花畑で有名な観光地です。見ごろは蘇州より遅く、3月末から4月末頃です。蘇州や上海からは、ちょっと遠くて行き難い場所ですが、見渡す限り広がった菜の花畑は一見の価値ありです。蘇州から車で約230km、3〜4時間ぐらいです。鉄道だと高鉄と動車を使って、南京乗り換えで泰州まで乗車時間が4時間、千?風景区へは、泰州駅から車を使ってさらに1時間ほどかかります。乗 [続きを読む]
  • 蘇州 陽澄湖 美人腿の菜の花
  • 江南地方は3月中旬から4月にかけて菜の花がとても綺麗です。蘇州近郊では、陽澄湖周辺、同里、太湖の西山や三山島などが名所です。お手軽に行ける陽澄湖の美人腿に行ってみました。ちょうど今が見ごろです。現在、菜の花畑の面積は小さくなりましたが、昔から菜の花の栽培が盛んで、菜種油を採っていました。美人腿で、比較的纏まった菜の花畑を見るなら、清水生態園が良いかと思います。公共交通は、蘇州北バス [続きを読む]
  • 蘇州 お散歩 環古城河健身歩道(相門〜蛇門)
  • 環古城河健身歩道の、相門から蛇門までの間を散歩してみました。距離は2km弱ぐらいです。相門橋から南の方向へ進みます。蘇州大学の横を通るのですが、健身歩道の入り口は大学の反対側です。相門の方からしか入れません。たぶん学生寮なのかと思われる建物の横を進みます。この辺りは木も植えられていて気持ち良くスタートできます。また、屋根が設けられている場所もあるので、暑い時にはちょど良い休憩場所にもな [続きを読む]
  • 蘇州 杭州料理 弄堂里(nong tang li)
  • 弄堂里は、杭州をメインに上海、蘇州、北京などに展開している、杭州料理のチェーン店です。蘇州新区に年末開業したIfMall易生活広場の店に行ってみました。IfMallは、園区の星海広場と同じような雰囲気で、地下鉄の塔園路に直結した、飲食店が中心のショッピングモールです。1階の間口が小さいので、こぢんまりした店かと思ったら、2階が広くて席数はかなり多く、少人数から大人数まで大丈夫です。価格 [続きを読む]
  • 蘇州 香雪海の梅
  • 光福鎮の香雪海に梅を見に行きました。太湖の西山にある林屋梅海と並び、香雪海は蘇州で最も有名な梅林です。香雪海は、中国四大梅園のひとつだそうです。蘇州駅や新区からなら64路のバスが使えます。また地下鉄の木読駅からなら65路のバスも使えます。普段の入園料は20元ですが、梅のシーズンは30元になります。この時期は、とにかくものすごい人です。。梅の木の数や規模では、林屋梅海の方が見事だと思いま [続きを読む]