佐渡の翼 さん プロフィール

  •  
佐渡の翼さん: 佐渡の翼
ハンドル名佐渡の翼 さん
ブログタイトル佐渡の翼
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sadoriko3tomo8kan9
サイト紹介文佐渡の観光名所紹介、佐渡の飲食店や東京レストランの食べ歩記、島のスナックの飲み歩記、人気宿の実力評価
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供371回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2014/09/26 00:14

佐渡の翼 さんのブログ記事

  • カサ・ミラ       投稿者:佐渡の翼
  • カサ・ミラは、バルセロナのグラシア通り (Passeig de Gràcia) に面している。ガウディが54歳の時に設計し、1906年から1910年にかけて実業家のペレ・ミラとその妻ルゼー・セギモンの邸宅として建設され、1984年にユネスコの世界遺産に登録された。カサ・ミラは直線部分をまったくもたない建造物になっていて、壮麗で非常に印象的な建物である。あたかも砂丘か溶岩の波のような雰囲気をもっており、一般的な現代建築の様式とは、隔 [続きを読む]
  • 熱串彦神社(佐渡市両津)   投稿者:佐渡の翼
  • 熱串彦神社は恐ろしく分かりにくい場所にある神社だ。両津に秋津という地区がある。両津から国道を金井方面に向かうと、この近辺の右手にこんもりとした林が田園の中にポツントあるのに気づく。この林の中にくだんの神社がある。つまり国道沿いからは全く見えない位置に神社はひっそりと隠れるように建っている。両津冷機工業所と書かれた会社の駐車場に車を停め、そこから徒歩であぜ道を林の方へ向けて歩いて行くと、表門の鳥居と [続きを読む]
  • 中華料理「南園「(京王プラザホテル)   投稿者:佐渡の翼
  • 2015年9月の欧州旅行でバルセロナへ行った時、ガウデイ作のコロニア・グエル教会を見ようと、列車でコロニア・グエル駅まで行った。結果的には、その日はバルセロナの祭日だったため、午後3時に閉園である事を知らず、午後5時頃に訪問したため教会内部を見学する事は叶わなかった。そしてバルセロナへと向かう帰りの列車の中で、EOS5DSを座席の横に付属している飲み物置き場のような小テーブルの上に置いた。カメラを手で支えずに [続きを読む]
  • 2015年5月6日の佐渡グランドホテルの朝食     投稿者:佐渡の翼
  • 翌日の朝食は午前6時50分開始予定であったが、中学合宿組を早目に入場させたため、6時40分に朝食会場への入場を許された。いつものようにバフェ形式の朝食で、中学生用にと、焼きそば、ソーセージ、焼売などの子供メニューがふんだんにテーブルに並べられていた。先に来て待っていた中学生達は、全員がテーブルに付くまでお預けを食らわされていたが、筆者はそんな彼らを尻目に「どうだ、美味そうだろう」と言う表情をこれ見よがし [続きを読む]
  • 2015年5月5日の佐渡グランドホテル     投稿者:佐渡の翼
  • 2015年5月5日、午後5時54分筆者は両津加茂湖畔にある佐渡グランドホテルに到着した。そしていつもの、別館5階にある4541号室へと案内された。いつものと書いたのは、筆者が黄金週間にこのホテルに宿泊する際は、支配人氏は必ずこの部屋を割り振ってくれるからだ。二畳ほどの応接セットが付属した十畳の和室には既に布団が敷かれていた。このホテルにも「あおきや」さん同様、新潟県内の中学生の合宿集団が宿泊していたが、彼らは本 [続きを読む]
  • ピアノバー「Bar del Majestic」その1    投稿者:佐渡の翼
  • 午後8時丁度にホテルマジェステイックへ戻った筆者は、ロビー階にあるピアノバーへと向かった。丁度ピアノの生演奏が始まったところであり、ウエイター氏にルームキーを示した後、ピアノの後方の席に座った。例に寄って、ジントニック二本と生牡蠣(56.36EUR=7890円)を注文した。おつまみとしてポテトチップスが付いてきた。ダリオと言う名のウエイター氏が「どこから来たのか」と問うて来たので「東京だ」と答えた。すると彼は「 [続きを読む]
  • グラシア通りその9      投稿者:佐渡の翼
  • カサバトリョのイベント撮影をするスタッフを指揮するおじさんスタッフ達に細かく指示しているようだイベント開始時のカサバトリョカサバトリョの隣は集合住宅のようだカサバトリョからスモークが出たバルコニーがカエルの顔のようにも見える轟音と共に周りの木々のライトアップが始まったカサバトリョの左隣の三角形状の建物はカサ・アマトリェールである。この建物は、カタルーニャの伝統を再生する建築家「ジュセップ・プッチ・ [続きを読む]