須磨アルプス さん プロフィール

  •  
須磨アルプスさん: 須磨アルプスのエネルギー問題に関するブログ
ハンドル名須磨アルプス さん
ブログタイトル須磨アルプスのエネルギー問題に関するブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ngyuu2013
サイト紹介文私はエネルギ-問題に興味を持って調べてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2014/09/26 08:05

須磨アルプス さんのブログ記事

  • 人手不足対策
  • 人手が足りない、とみんなが叫んでいる、一層の事、移民を入れろとの声も聞こえる、でもね人手不足で企業は省力化に力が入りぼつぼつではあるが省力化出来ているところもあるのですよ、人は困れば必ず対策を打てます。だから今後省力化はもっと進みます。困難を乗り切れず移民を入れればヨ-ロッパのようにテロが起きますよ。確かに移民を入れればいい面は確かにありますが、悪い面も確かにあります。沢山の同族が増えれば日本に溶 [続きを読む]
  • 電気は自給自足で
  • 電気は電力会社から買うより、自分の家の屋根で作る方が安いのは誰でもわかっている、しかし初期投資がしんどいという人もいると思う。そこでそうゆう人の屋根に太陽光発電を設置して、発電した電気を買ってもらう、それと同時に余った電気を新電力に買ってもらう、また足りない電気は新電力から買うシステムを作り上げれば安く電気を得る方法ではないかと思う。既存の原発を持った電力会社に立ち向かえるのではと思う。これ試して [続きを読む]
  • 日本経済を立て直すには
  • 日本経済を立て直すには日本に必要な物は日本で作り、外国が必要な物はその国へ行って作る、外国へ物を売って稼ぐという方法は歪を生みます。それでは貿易不均衡がおこり、問題が起きます、だから輸出で稼ぐのではなく、よその国へ行ってその国の産業を振興すると同時に少し利益をもらう、そんな産業政策にしないと外国からも疎まれます。そのよい例が中国です、とにかく安く売り込み儲けよとしますが今の時代一人もうけを独占する [続きを読む]
  • 地産地消が完成すれば資本主義はなくなる。
  • 今後は地産地消に向かい、エネルギ−は太陽光や風力に変わり、化石燃料は環境問題でやめなければならず、原発は最終処分場もなく論外で太陽光、風力を使わなければエネルギ−の取りようがなくなります。エネルギ-がなければ今やこの社会は成り立たず、太陽光や風力など自然の物からエネルギ−を得なければならず、それは広く薄くエネルギ−を集めることになり、地産地消が向いています。それに材料は鉄やアルミニュウムから炭素繊 [続きを読む]
  • 地方自治体で作りやすいのは再生可能エネルギーです.
  • 地方ではその地に職と金をうむ企業が必要です。それに最も適しているのが再生可能エネルギーです.例えば風力、設置には現地の人を使い維持管理には現地で教育して、その土地に供給する、そうすれば中央の電力会社に電気代として金を払う必要がなく、現地に金がとどまり地方に活気が出ます。それとおなっじ様に野菜や魚も中央卸市場を通さ無いで村の施設で調理し村の製品として個人に売り全国展開の販売で村の人を使い、村の収入を [続きを読む]
  • エネルギ−問題
  • ヨウロッパは電気自動車に走り出した、中国も大気汚染問題で電気自動車に動き出した。今化石燃料の消費は輸送用の機器の消費が90%を超えるようです。それを止めるべく動き出したのが電気自動車への転換です。この流れは止めようがないでしょう。それを見据えて産油国の中東の産油国では脱石油政策を進めています。それに引き換え日本政府ですが動きが鈍い、いまだ日本国内の自動車の電気自動車化の動きがなく日本の自動車会社もそ [続きを読む]
  • 北朝鮮がグアム付近にミサイルを打ったらアメリカは撃ち落とすだろう。
  • 北朝鮮がグアム付近にミサイル打ったら、アメリカはグアムを狙ったものとして撃ち落とすだろう、たとえ付近でも北朝鮮の技術ではグアムに落ちる危険があり、更には付近と言っても実際にはグアムを狙ったものかもわからない。だからアメリカが撃ち落としてもアメリカがグアムに飛んできたと言えば国際法には触れない。だから撃ち落とすと同時に北朝鮮へ総攻撃をかけるだろう。それで一気に北朝鮮問題は解決するだろう。だから北朝鮮 [続きを読む]
  • 戦争はなくならない
  • 北朝鮮はキムジョウンの生き残りのため、その体制が壊れるのを恐れて人道非難されるのを恐れ、その場合最も恐ろしいアメリカから人道非難されたり体制非難されるのを恐れて、核保有国といつ対等の立場を作ることを一生懸命努力してきた、そこにたどり着けると思って今必死で頑張ってる、その峠だと思ってる、だからその批判を恐れずもう一息で峠を越えれると思っているのだが、世界はそんなキムジョウンを許そうとしていない。そこ [続きを読む]
  • AIの汎用ソフトは2030年ころまでにできるそうです。
  • AIは囲碁等の専用に使う専用ソフトと人間のように何にでも通用する汎用ソフトとあるそうで、その汎用ソフトはまだできてないそうです。ただ汎用ソフトが出来ると人間並みに仕事ができるそうでほんとに人間のする仕事がなくなります。すると収入のない人が多数出ます。それは困ったことでその時代になるとべ−シックインカムにしないと社会が成り立たなくなります。でもその財源は富裕層や企業、資本家から税金で取らないと成り立 [続きを読む]
  • 日本は脱化石燃料に舵を切らないと景気は良くならない
  • 日本が脱化石燃料に舵を切れば石油やLPG輸入が減り、それだけ太陽光や風力発電の設備費が日本に落ちます。それだけ日本国内の産業育成につながり石油やLPGで外国に支払った金が日本に落ちることになり日本経済にプラスに寄与します。その金を介護や医療に回せば福祉厚生に金が回り福祉関連の介護士や医療関係に金が回りだします。ということはその金がショッピング等に回り国内に金が回りだします。即ち経済が回りだすという [続きを読む]
  • 軍艦島は朝鮮人だけを酷使したのではない
  • 軍艦島や戦時中の日本国内の工場で働いた人は朝鮮人だけでなく日本人が大方であった、朝鮮人はその一部である。それにその時は朝鮮人も日本人として扱っており、朝鮮人だけ強制労働させられたという朝鮮人の考え方は間違いである。当時は戦時中で物資がなく男性は軍にとられていて、とにかく労働者が欲しく、学生も中学生くらいから工場労働していた。それがいまだにひがみ根性で自分達だけ労働を強要されたと誤解してる韓国人達は [続きを読む]
  • どの企業も人減らしに進まないとやって行けなくなる。
  • 今、日本が直面する人手不足は少子高齢化ですが少子化を憂える必要はないのです、少子化して人口が減れば需要も減ります、だとすると仕事も減るので別に憂える事ではないのですが高齢化が問題なのです、昔は姥捨てという、年寄りが口減らしのため自分から山に入り自死していたのですがさすがに今の時代それが出来ません、だから年寄りが邪魔なのにいつまでも長生きすると医療費も増えるし、生活費も増え困ると思っている人が多いと [続きを読む]
  • 通訳ロボット
  • 言葉はどこの世界でも重要です、その言葉だが世界にはいくらの言葉があるのか知らないけどそれがすべて翻訳出来ればどんなにか便利か、それは国を問わずみんなが望むところですが、一方ではそんなのが出来たら、言葉が通じないふりをして黙秘を続けることが出来なくなり、不逞の輩には困った問題ではある。しかし今ある通訳器ではまだ店で買い物したり道を聞く程度では使えますが病院とかでは使えないようです。それもよく使われる [続きを読む]
  • 余宛にしてないけどトランプさんが北朝鮮と戦争するそうです。
  • もう行き詰まってる北朝鮮問題、トランプさんが戦争も辞さずと、公言してるそうですが、トランプさんは口ばっかりで今まで実現したのはTPP不加盟のみで肝心のオバマケア廃止もものになりませんでした。でもオバマケアは大事な政策でこれが無かったら貧乏人は病気になっても医者にもかかれません。だからオバマケア廃止反対決議が通ったのは良い事で、アメリカ国民はトランプさんなんかあてにしていません、アメリカ国民がみんな [続きを読む]
  • 北朝鮮は今年は干ばつと洪水で作物が不作です
  • 北朝鮮は今年は飢饉で大勢の餓死者が出ます。今年の冬が問題です。でも今年は援助してくれる国がありません。頼みは中国だけなのですが中国は援助するかどうかわかりません。中国も人道支援の名目で援助すると思われますがそれでも中国一国でやり切れるかどうかそれほどひどい作物不作なのです。それでも核開発やロケット飛ばすことに熱中している姿は何とも不思議で、そんな国へ人道支援と言っても援助していいものか考えさせられ [続きを読む]
  • エネルギ−革命
  • 今問題なのは政府と石油会社の融着です、今の世界の趨勢はガソリンやディ−デルの化石燃料で走る自動車を廃止し電気自動車に変えることが提案されてますが、日本ではそれは石油業界にとって痛手で、今それに切り替えるとは言えないと言ってます。これは明らかに石油業界に対する政府の忖度です。電気自動車にしてもその電気の一部は石油やガスで発電されており、石油が即廃止とゆうわけではないのです。でもガソリン自動車より電気 [続きを読む]
  • 信用を失った人を再び支持するような寛容な日本人はいない。
  • 安倍さんがどんなに言葉で取り繕っても加計問題、森友問題は安倍さんが指示したと国民は見ている、それを否定しても官邸みんなで取り繕っていると国民は見ているのだから、正直にそれを認めこれをすべて白紙に戻し、もう一回最初からやり直すことです。ただ今白紙に戻し再募集しても応募者は加計しか居ないでしょうけど、もう一回やり直すべきです。国民が納得する形で納めないと支持率は下がる一方です。御友達や近親者に利便を図 [続きを読む]
  • 蓄電池で日本は負けてる。
  • アメリカのテスラは蓄電池価格が日本の半値らしい、なんでこんなに価格が開くのか日本のメ−カ−もその真相を調べるべきで、このままほおって置くと日本産業の地名所になる。蓄電池は今後絶対に必要な技術です、例えばロボットこれのエネルギ−源は蓄電池だし、自動車もガソリンやディジェルエンジンから電気自動車に代わりつつあります。その電源も蓄電池ですし、今後は蓄電池が必要不可欠のものとなっていく時代に取り残されてし [続きを読む]
  • 加計学園問題
  • 安倍首相の友人が獣医学部新設に決まってもそれが問題になるのではない、それよりそれを決めるに当たって首相が斟酌したかどうかなのであって、それを決めるのはそこへ導く方法が問題になるのでその決め手は首相官邸が文部省に示した公募基準を決めて加計しか当確できないよう決めたのは誰なのかをもっと追及せよ、それが分かればおのずからこの趣旨が分かる。それによってこの問題は片付く。 [続きを読む]
  • AIで生活が豊かになる夢を見るけど
  • AIで生活が豊かになるような気はする。でも今の私は少しもそんなのが入ってきてない、いや待てよパソコンが私の孤独を癒してくれてる。ニュ−スを見る、わからないことを調べる、ロト6や7を買う、すべてパソコンである。それに買い物もどこへ行って買ったら良いのかわからないものもパソコンで買う。でも最も欲しいのはパソコンの使い方を教える指導員である。その指導員がロボットになって私の横でどこを押してどうやれと指示し [続きを読む]
  • 原発はほんとに安いのか
  • 原発は安い、安いというけれど、ほんとに競争すればそれが分かる、関電は原発が稼働しだしたから値段を下げるといった、そうしたら新電電はもっと値下げした、そうほんとに競争すればいいのだ、安いか安くないかはその値段でわかる、どちらか倒れるまでやればいい、原発はこれ以上安くできないはずであるが、太陽光や風力は燃料がいらないのでもっと安くできる、競争の結果で決めればいい。その時問題になるのが政府の原発補助金で [続きを読む]
  • 山本大臣の言い分は通らない。
  • 獣医師会は記録の残して、大臣はこういったと記録が残ってる、しかし山本大臣側は記録を残してないという、これは不利だから出せないいいわけであると国民は見る、それが嫌なら記録を出せ出せないのなら獣医師会の言い分を認めたことになる。これさえわからない人は大臣の資格なし直ちに辞任しろ。馬鹿大臣 [続きを読む]
  • 日本が生き残る道
  • 日本が生き残る道は人口減を克服することです、その方法はオ−トメ化で人間が働かなくて機械がやってくれるシステムを作ることです、そのためには自給自足社会を作り出す仕組みが必要です。そのためには人間の基本である食べることと、労働の基本エネルギ−を自給自足することです。まず食べることですが自給自足するためには生産性を高めなければなりません生産性を高めるのは人当たりの生産性と面積当たりの生産性、それに費用当 [続きを読む]